庭の整備(62)敷石の据え付け(踏み石を再利用)

前回、立水栓の設置と、それから伸ばす形でパイプ(塩ビ管)を敷設しました。

ところで、上写真のとおり配管を立ち上げたところ(井戸ポンプを接続予定)で塩ビ管が露出した状態になっています。
いずれ井戸ポンプを設置すればちゃんと保護するつもりですが、それまでの間、紫外線劣化を防ぐため何らかの形で養生しておいたほうが良さそうです。
と言うことで、竹の節をくりぬいて被せておきます。

塩ビ管は合成樹脂製ですが、合成樹脂は竹製品を駆逐した経緯があります。
こうしたこともあって合成樹脂と竹は相容れない存在のように扱われることが多いですが、案外相性が良いのかもしれません。

さて、配管関係についてはとりあえず芝張りに支障になるところはできたことから今春はここまでとして、次に通路部の敷石(下図で朱色)を施工することにします。

敷石は、以前のブログ記事に書いたとおり米蔵に使われていた踏み石を再利用することにし、既に昨年中に石材屋さんに加工(長手方向に挽き割り)してもらってあります。

石材屋さんに頼む際、「切断面は裏にして使うため荒れた状態で構わない」と言ってお願いしたのですが、上写真のとおり綺麗な鏡面に仕上がっています。
せっかくなので、この切断面を表にして使うことにします。
このほうが周囲に並べるゴロタ石とコントラストが大きくなって面白そうです。

施工に先立ち計画ラインに水糸を張ります(縦段勾配は下写真で上側にある排水溝に向かって僅かに下げています)。
また、敷石を据え付け箇所の横に仮置きして並びの状態を確認します。

敷石の直線が出ている面を外側に向けるようにしていますが、こうすると通路の輪郭がスッキリして良い感じになりそうです。

敷石を据え付けるには地面を15cm程度掘らなければなりませんが、砂利敷きのため締め固まって容易に掘り起こせません。
そこで、電動ハンマーを使って表層部をくずしておきます。

この電動ハンマーは4年ほど前に土間コンをハツるのに入手した中古品です。
入手時は電動ハンマーなんて持っていても使う機会がないだろうと思っていたのですが、予想外に活用しています。

これでスコップでも掘りやすくなりましたので、敷石のサイズより幾分大きく掘ります。
掘り起こした砂利混じりの土は、フルイにかけ、砂利の部分を敷石の基礎として使います。

フルイの目を通った土の部分は、後で芝を張る際に目土として使うことにします。

敷石の側面を水糸にあわせて据え付けます。

敷石の天端高は、芝刈りを考慮して地面(水糸高さ)と面一にします。

敷石の周りを埋め戻して1個目の完了です。

同様にして2個目に取りかかります。
ところが、地面を掘っていると浅いところから庭木(カイヅカイブキ)の根が出てきました・・・(下写真で緑色破線)。

根が横断していることは分かっていたのですが、まさかこんなに浅い位置にあるとは思っていませんでした。
根は手首ほどの太さのものが2本と、それよりやや細い1本で、いずれも敷石の支障になります。

根を切って除去する手もありますが、ここは樹木を優先して敷石の配置を見直すことにします。
一旦作業を中断して配置を再検討。
結果、下図のとおり変更することにします(細めの根1本はすぐ先までしかっていないため切り詰めます)。

これにより先に据え付けた1個目の敷石の位置も変わり、一からやり直しになりますが仕方ありません。
事前調査がいかに大切かと言うことが身に沁みます・・・。

また、配置の変更に伴い敷石の1個を短手方向に2等分することになります。
長手方向の切断は自分では無理でも短手方向であれば可能です。
まずは、ディスクグラインダー(ダイヤモンドホイール装着)を使って外周に切り込みをいれます。

切り込みにタガネを打ち込めば中心部もうまく割れてくれます。

改めて敷石を据え付けます。

いずれは敷石に囲まれた部分にゴロタ石を並べて石畳にするつもりですが、輪郭のところに敷石があるだけでもスッキリした印象になりました。
ゴロタ石については100個近く必要になるかと思います。
踏み石を再利用したことでゴロタ石の必要数が2/3程度に減ったとは言うものの、適当な大きさで、かつ平らな面をもつゴロタ石をたくさん集めるには時間がかかりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。