月別アーカイブ: 2016年11月

薪ストーブの導入(37)初焚き

前回でようやく薪ストーブの導入工事が終わりました。

img_4502

いよいよ初焚きをおこないます(^_^)

ストーブ本体に付属の取扱説明書に従って準備します。

まずは、炉内に5cm程度の灰を敷きます。
(取扱説明書には、灰がない場合はダンボールを重ねて敷いてもよいとあります。)

灰は以前、土蔵を整理した際に火鉢に入っていたものを保管してありますので、それを使うことにします。

img_4499

これからは新しい灰が手に入りますので、古いものは処分(畑への散布)してしまいましょう!

薪ストーブ本体(モキ製作所 MD80Ⅱ)はシンプルな構造で、その操作も前面にある1箇所の空気調節口を操作するだけです。

焚付け時、空気調整口は全開にしておきます。
焚付け用の小枝や細い薪を投入します。
いよいよ点火ですが、その前に「火の神様」(荒神様)に感謝します。

点火!

img_4516

ダンボールを着火剤としていますが、ダンボールは灰が飛散しやすいため、他のものを使ったほうが良さそうです。

しばらくすると、焚付け用の小枝や細い薪が十分に燃え、熾ができてきました。
太い薪を3、4本投入します。

img_4518

ここまでは焚口扉を全開でしたが、ここで半開にしています。

img_4622

煙突のドラフト(上昇気流)が強いのか、ガスバーナーのようにボーという音を出して勢いよく燃え出します。

間もなく太い薪にも火が着きました。

img_4520

ここで焚口扉を締めています。

かなり火の勢いが増してきましたので、空気調節口を絞ります。

img_4521

良い感じで燃えています。

今回は初焚き(試し焚き)ということで、薪の追加はおこなわずにこのまま燃え尽きるまでとしました。

あとでメーカー(モキ製作所)の担当者さんに教えていただきましたが、初回時でもしっかり燃やして、塗料の焼き付けを行なったほうがよいそうです。
確かに今回の薪3、4本程度では不足だったようで、その後ストーブ表面で500℃近くまで上げた際にも塗料の焼き付けの匂いがしました。

写真ではわかりにくいですが、炉内で暖かな炎を出して燃えているところを見ると本当に「感動」の一言です。
そもそも薪ストーブを導入したのは里山整備や廃材処理のためであり、私自身は「一体、薪ストーブのどこが良いのだろう?」と思っていました。
これまでの導入工事においても随分と手間がかかり「労多くして益少なし」ではないかと思ったりもしましたが、今回の初焚きだけでこれまでの苦労が吹き飛びました。
薪ストーブや直火には単なる暖かさだけでなく、何かしら心を豊かにしてくれるものがあるようですね(^_^)

<続きます>

薪ストーブの導入(36)完成!

前回、天井用のメガネ板を自作しました。

img_4592

煙突はストーブ手前まで配管できています。
一方のストーブ本体は仮置きとなっています。

img_4418

ストーブの脚が角形の鋼材であるため、とりあえず脚の下に板を敷き養生してあります。
炉台のタイルは天然スレートで表面に凹凸があるため、直置きすると不平均力でタイルが割れるかもしれません。
(煙突設置時に誤って厨子二階から炉台にカナヅチを落としてしまいましたが、タイルは無傷でしたので大丈夫なのでしょうが。)

荷重を分散させて、なおかつクッション材となるようなものがないか?
もちろん不燃材でなければなりません。

ホームセンターを見て回っていたところ、オフィスなどの天井材として使われている「ソーラトン」(ロックウール化粧吸音板)が目につきました。

solaton
(画像は、吉野石膏HPより)

実物を触ってみると、ケイカル板などに比べ、かなり柔らかく軽量です。
使えそうですので、2尺角のものを1枚(160円)だけ購入。

ソーラトンだけではストーブの脚がくい込んでしまいますので、上部にタイル(荷重分散用)、下部にソーラトン(緩衝用)の2層構造とします。

ソーラトンをタイルの大きさ(100×100mm)で切断します(カッターナイフを使用)。
そして、接着剤でタイルと接着します。

img_4421

ストーブの脚の下に敷きます。

img_4503

いよいよ、ストーブと煙突の接続です。
既にストーブに繋げてあるスライド管を伸縮させて上部の煙突に接続します。

img_4500

これで、ようやく「祝」完成です!

img_4502

薪ストーブの導入だけでブログの掲載回数がなんと36回になりました・・・
細切れのブログ記事ではあるものの、それでも実際の施工において手間や時間がかかりました。

薪ストーブ屋さんにお願いすると、設置条件にもよりますが100万円以上というのが相場かと思います。
その金額だけをみると薪ストーブ屋さんが暴利を貪っているのではないかと疑ってしまいますが、実際に自分で施工した今では十分納得できる金額だと感じています。

さて、今回の薪ストーブ導入に要した費用(概算)は次のとおりです。

・煙突瓦及び屋根貫通  4万円(主屋改修工事と一連、当方のミスで2回分)
・煙突部材       12万円(煙突固定金具などの付属品を含む)
・ストームカラー    0.1万円(トタン板)
・煙道         1万円(野縁材+ケイカル板)
・天井用眼鏡板     0.1万円(トタン板)
・炉台・炉壁      1万円(ケイカル板+モルタル材料、タイルは頂きもの)
・ストーブ本体     20万円(マイナーチェンジ前)
(合計)       約40万円弱

相場の100万円に比べ安価(約40万円)ですが、今後定期的に点検管理するものとして、部材を省略したり、グレードを落としているところがあります。
例えば、薪ストーブ屋さんであれば雨漏り防止のため屋根貫通部にフラッシング(水切り)を使うと思いますが、それを省略して10万円近くコスト縮減しています。
煙突についても、我が家の場合は直線配管が可能で安く(12万円)すみましたが、通常は材料だけで20万円はするかと思います。
こうしたところを追加していけば材料費だけで70万円程度、それに施工費などを加えると100万円程度になっても不思議ではありません。

40万円が限界価格だと自負していたところ、同じ時期に施工されてみえた「素人大工」さまはなんと15万円以内!!で本格的な薪ストーブと二重煙突のものを導入されました。
ブログ「古民家改修と物置セルフビルド」で貴重な内容を公開されています。
当方との大きな違いは、二重煙突を自作することでコスト縮減を図ってみえます。
費用面で薪ストーブの導入を躊躇している方には大変参考になると思いますよ。

<続きます>

薪ストーブの導入(35)天井用眼鏡板の自作

前回で煙突の配管ができました。

img_4478

上写真のとおり、1階天井(=厨子2階床)の煙突用開口が開いた状態になっています。
ここを塞いでおかないと、ストーブを焚いても暖気が逃げてしまいます。

こうした開口を塞ぐ目的の「眼鏡板」が市販されているのですが、それだけで2、3万円します。
我が家の場合、2階側は煙道で囲われており、眼鏡板の上に人が載ることもありませんので、それほどしっかりしたものは必要ありません。

そこで、眼鏡板を、またもやトタン板を使って自作することにします。
これまでにトタン板を使ってストームカラーなどを作りましたので、少しはトタン板の扱いにも慣れました。

必要となる大きさを確認し、絵を描きます。

floor_plate1

貫通するのは二重煙突部分ですが、眼鏡板が熱されることがないように念のため煙突と接しないようにしています(煙突φ200mmに対してφ206mmの貫通穴、約3mmの離隔)。

また、煙突用(φ206mm)とは別の穴(φ104mm)を設けていますが、これは天井付近に溜まった暖気を床下に送風するためのダクトを通すためのものです(将来計画)。
昨年の改修工事において床組みを作り直した際に、建築士さんのアイデアで床下にそのための仕掛け(下写真)がしてあるのです。

img_1439

床下に、自宅敷地内にあった「ごろた石」を入れてあります。
天井からの温風で床を温めるとともに、石に蓄熱する考えです。
今年はなんとか薪ストーブが導入できそうですので、来年は、この床暖房システム?を使えるようにできればと思っています。

img_1431

閑話休題

眼鏡板の展開図です。

floor_plate2

点検などで眼鏡板だけを取り外すことができるように二つ割としています。
また、材料のトタン板は3尺角のものが安い(900円程度)ため、それに収まるように無理しています・・・

展開図のとおりトタン板に罫書きます。

img_4536

罫書いた面は裏面で、表面は黒色になっています。
煙突(黒耐熱塗装)と合うように黒色のトタン板を選びました。

罫書き線に従って切り取ります(万能鋏を使用)。

img_4537

組み立て(ハンドリベッターを使用)、仮置きしてみます。

img_4550

トタン板は薄く(0.8mm)、約3尺(870mm)の長さがあるため、中ほどで垂れるのではないかと思っていました。
4辺を曲げることで補強になっているため、それほどの垂れ下がりはないようです。

しかし、少し心許無いように感じますので、アングルを沿わせて補強します。

img_4551

強度は必要ありませんので、安価な建材アングル(L12×12×2,000、200円程度)を使っています。
トタン板とアングルとの接合はブラインドリベット(ハンドリベッターを使用)です。

本設します。
まず、2つに分割した眼鏡板どうしをボルトナットで連結します。
そして、眼鏡板の外周を床板にビス留めします。

img_4586

煙突との隙間(離隔3mm)はこの程度です。

img_4587

吸気用の穴はとりあえずは使いませんので、余ったトタンで仮蓋を作ります。

img_4585

タッピングビスで取り付けます。

img_4590

1階側から見上げると、このような感じです。

img_4592

眼鏡板は黒色で煙突と馴染んでいます。
仮蓋で塞いだ吸気口の穴も目立ちません。

しかし、遮熱用として念のために貼り付けたケイカル板の色(白色)がどんなものでしょうか。
黒色で塗装するという手もありますが面倒です・・・
敢えて縁取りとして設けたということにしておきます(^_^;

<続きます>

薪ストーブの導入(34)屋内部の煙突設置

前回、屋内部の煙突を設置しました。
しかし、支え脚(下写真でシルバー色の金具)では煙突がしっかり固定されないため、より強度のある固定金具(朱線で加筆のもの)を追加することにしました。

stove1-21

chimney_fittings

固定金具は、上図のとおり煙道の柱部分を利用して取り付けます。
ここで板材(750mm×160mm、厚みが1寸程度)を使いますが、同じ主屋で使われていた古材を再利用することにします。

その古材は、先に行った天井の張り替えで発生したものです。

img_0540

マツ材で白太部分に虫食いがあり処分したものも多いのですが、比較的状態の良いものは倉庫に保管してあります。

反りがあるため、電気カンナで削って、ある程度平らにします。

img_4441

img_4442

表面を削ると、虫食いは白太部分に集中していることがわかります。

img_4444

木取りします。

img_4449

端材が生じたので、さらに丸ノコ盤の傾斜定規(マイターゲージ)の当て板として利用しました(マツよりケヤキなどの硬木のほうが良いのでしょうが・・・)。

img_4446

まさか100年以上昔の天井板がこのように使われるとは、当時のご先祖様は思ってもいなかったことでしょう!

煙道の柱部分に取り付けます。

img_4480

念のため、棚受け金具で補強しています。

煙道の内側から先の板に対して煙突固定金具を取り付けます。

img_4471

固定金具に煙突を取り付け、配管していきます。

img_4478

以前の支え脚に比べ、しっかり固定されるようになりました。

img_4476

<続きます>

薪ストーブの導入(33)屋内部の煙突設置

前回、ストーブ本体に接続することになる煙突(スライド管、シングル構造)に後付けダンパーを取り付けました。

煙突は、トップから屋根貫通部まで(屋外部分)は既に設置してあります。

img_4496

img_4165

今回、残り(屋根貫通部からストーブ本体)の煙突を設置します。
上部から煙突を繋いでいき、最後にスライド管で調整しながらストーブ本体に接続することにします。

直管と45°曲管(2連使い)を繋ぎます。

stove2-15

45°曲管の2連使いにより線形をシフトさせていますが、このため上写真に示すとおり煙突固定金具(屋根貫通部)を中心に回転する力(M)が作用します。
また、下方への重力(G)も働きます。

これらの力に対抗するため、煙突支え脚(写真で銀色の部材)を取り付けています。

しかし、二重煙突は意外と重く、この支え脚だけでは十分に支えきれず(特に重力方向)、しばらくすると煙突が動いてしまいます。
ストーブ本体まで煙突を接続すれば、ストーブ本体が支えにはなるため、煙突が移動(落下)することはありません。
しかし、煙突は上部から吊り下げるのが基本で、メンテナンスなどでストーブ本体を外すことがあっても、煙突はしっかり保持された状態であるべきだと考えています。

煙突を購入したノザキ産業さまにも相談したところ、煙突取付金具を追加してはどうかとの助言をいただき、部材(下写真)をすぐ手配していただきました。

img_4470

これならしっかり煙突を保持してくれそうです。
問題は、この取付金具をどこに設置するか?

大和天井の梁がありますので、そこに取り付けることができます。

stove1-20

ただ、室内から無骨な取付金具が見えてしまいます・・・

そこで、少し手間がかかりますが煙道内に取り付けることにします。

stove1-21

煙道の柱(野縁材ですが)がありますので、それを利用します。

chimney_fittings

<続きます>

薪ストーブの導入(32)後付けダンパー取り付け

前回、ストーブ本体を据え付けました(仮置き)。

img_4418

それから、ストーブ本体の煙突接続口にダンパーを接続できないことが分かりました。

stove1-19

通常のシングル管はストーブ本体に接続できますので、シングル管の部分(スライド管)に後付けダンパー(下画像)を取り付けることにしました。

damper

後付けダンパーを購入したのは「Hearth&Home 暖炉家」さま。
6インチ(≒150mm)用が、税・送料込みで1,800円。
他の店舗では同じものが大体5,000円程度ですので、良心的な価格設定ですね(^_^)

取り付け方法がこちらに紹介されていますので、それに従って取り付けます。

まず、取り付け位置にドリルで穴(φ6mm)を開けます。

img_4466

スライド管に取り付けますので、将来スライド長さを変更することがあっても(そのようなことはないでしょうが)大丈夫なように、スライド(重なり)部分を外したところに取り付けることにしました。
あと、取り付ける管の長さにもよりますが、真ん中あたりにすると作業がしづらい(手が届かない)です。

特に問題なく取り付け完了。

img_4467

上から覗くと、このような感じです。

img_4468

全閉にしても煙突との間に隙間があり、密閉されるわけではありません。
ストーブ燃焼中に誤操作で煙突を密閉すれば大変なことになると思いますので、その辺りの配慮がされているのかもしれませんね。

スレンレス管への取り付けになりますので、肉厚のスチール製ダンパー(6,000円程度)に比べると貧弱な感じがしますが、コストパフォーマンスは素晴らしいです!

<続きます>

薪ストーブの導入(31)ストーブ本体据え付け

前回、炉壁の背後の壁を漆喰で仕上げました。

これでストーブ本体を据え付ける準備が整いました。

導入する薪ストーブ(モキ製作所 MD80Ⅱ、鋼板製)の重さは約70kgと、薪ストーブとしては相当軽いです。
それでも持って運べる重さではありませんので、事前に台車を用意し、配達業者さんにそこへ載せてもらうことにしました。
あとは台車ごと屋内へ運び入れます。
(配達していただいたヤマト運輸さまは運転手とは別にもう1名がついてみえましたので、女性や高齢者なら宅内まで運びいれてもらえるのかもしれません。家財宅配便?)

完成したばかりの炉台に据え付けます(仮置き)。

img_4418

ストーブ本体は、カタログの写真だけでは分かりませんでしたが、想像していた以上に重厚な造りです。
炉台や炉壁、そして古民家とも馴染んでいるように感じます。

以前にも書きましたが、このストーブは昔、我が家にもあった「おくどさん」(カマド)を彷彿させるものがあります。
このストーブは、欧米の薪ストーブの流れを汲むものではなく、ひょっとすると日本のカマドから独自に進化したものなのではないでしょうか。
焚口扉や空気調整口のデザインはまさにカマドです(^_^)
これに羽釜を載せられるようにすればカマドになると思いきや、そうした商品(モキ製作所 MD30K)がちゃんとありました・・・

このようにシンプルで素っ気ないデザインですが、鋼板同士の溶接など地味なところを見ると素人見でも丁寧な仕事がしてあるのが分かります。
「さすが Made in Japan !」と、こういうときだけ愛国者です(^_^)

img_4419

煙突との接続は今後行いますが、ストーブ本体に直接接続することになるダンパー(ホンマ製作所)との接続を確認してみます。

img_4416

うーむ、接続できそうにありません・・・
写真ではわかりづらいですが、ストーブ本体の煙突接続口のうえにダンパーが載っている状態です。

ストーブ本体のメーカー(モキ製作所)に確認すると、煙突接続口は内挿し方式(煙突を接続口の内側に挿し込む。煙突掃除などで煤が漏れないなどのメリット有。)となっており、その内径はφ154mmとのこと。

md80_design
通常の煙突は外径φ150mm程度ですので、うまく挿し込めます。
しかし、ダンパーだけはスチール製で管の肉厚が大きいため、その外径はφ154mm以上になっています。
このためストーブ本体と接続できないわけです。

stove1-19

ダンパーを購入した店舗を通じてホンマ製作所さまに確認していただいところ、ストーブ本体のメーカーによっては接続ができないとのこと。
もちろんホンマ製作所さまのストーブであれば接続できるはずで、おそらくホンマ製作所さまのストーブは煙突接続口が外挿し方式となっているのだと思います(未確認)。
当方の確認不足ですが、ダンパーの購入店舗に事情を説明し、返品させていただけることになりました。

ダンパー(L=210mm)がなくなっても、スライド煙突の伸縮範囲(L=700〜1,100mm)にあるため、煙突との接続は可能です。

chimney_design2

しかし、我が家の煙突は屋根抜きで曲がりがほとんどないため、ドラフト(上昇気流)が強すぎるかもしれません。
そのため、ダンパーをつけることにしていました。

ネットで調べると、既存の煙突に取り付けることができる「後付けダンパー」なるものがあるようです。
それをシングル管の部分(スライド煙突)に取り付けることにします。

<続きます>