月別アーカイブ: 2018年4月

庭の整備(26)進入路の植栽(第二期)②

進入路の三角隅切り部(下図で朱色着色箇所)を植栽すべく、前回、盛り土するところまでできました。

土を落ち着かせるため、この状態で雨に当てることに。

その後、雨天の日があったため排水状況についても確認しておきます。

三角隅切り部は盛り土の傾斜に従って排水されています。
ただ、その上流側に水溜まり箇所が残っていますので、その延長(L=1.8m)を測っておきます。

翌週末、上記の1.8m区間にも盛り土をして水が溜まらないようにします。

客土する山土には肥料分が含まれていないため、盛り土する際に牛糞と草木灰を若干加えています。

均して盛り土完了。

これで植栽する準備が整いましたが、問題は「この三角隅切り部をどのような感じに植栽するか?」です。
ここは我が家へのアプローチになりますので、花壇のようにすると良いかもしれません。
しかし、ズボラな私に花の世話は無理です・・・。
それとコンクリート擁壁のキワでもあることから、以前と同様、日陰に強いタマリュウを植え付けるのが無難そうです。
全面にタマリュウを植え付けるには数が必要になりますので、周囲をタマリュウで囲み、その中はコケを植えることにします。

周囲の延長を測り、ポット苗の必要個数を算出します。
@150mmピッチで植え付けるとし、60個のポット苗を市内の石黒植物園さまで購入(昨秋と同じ)。

鈴鹿市はタマリュウの産地として有名なのですが、実はこのことを知ったのは恥ずかしながら最近のことです。
それどころか、そのことを叔父と話していたら、なんと叔父の実家もタマリュウを栽培されていたのでした(他にサツキやシバザクラなども)。

昨秋に植え付けたもの(下写真で上側)を、今回購入したもの(下写真で下側)と比べると・・・

昨秋に植え付けて冬の間はほとんど成長していないと思っていましたが、意外にも大きくなっています。
これなら@150mmピッチより広く植え付けても大丈夫そうですので、倍の@300mmピッチに変更することにします(残るものは他の場所に使用)。

三角隅切り部の周囲に@300mmピッチで植え付け。
この植え付けが最も楽しい作業ですね(^_^)

タマリュウで囲まれた中はコケを植えるつもりですが、改めて観察すると擁壁の影に入っているのは一部で、大半は日当たり良好です・・・。
今の時期(春)でこれですので、太陽の高度(仰角)が高くなる夏にはさらに日陰が狭くなります。
この環境はコケには厳しすぎますので、コケはやめて中もタマリュウで植栽することにします(タマリュウは日向もOK)。

これで全ての植え付け完了。
順調に生育して緑の絨毯で覆われた三角隅切り部ができますように。

土がある程度締まるまではネットと竹を使って野良猫が侵入しないようにしておきます。

その後、再び降雨があり、その時の様子が下写真です。

写真では分かりづらいですが、水溜りが生じることもなく、うまく排水できています。

<続きます>

庭の整備(25)進入路の植栽(第二期)①

昨秋、雑草対策(草は草でもって制す)として、進入路の擁壁沿いにタマリュウを植栽しました。

その後、タマリュウは冬を無事越えて順調に生育しています。


(2018年3月)

葉の色艶も良くて土地に合っているようですので、植栽範囲を広げることにします(植え付け時期は春と秋)。
昨秋に植栽したのは下図で緑色着色箇所で、今回はその上流側の三角隅切り部(下図で朱色着色箇所)になります。

現況は下写真のとおりで、三角隅切り部にはドクダミや笹と言った根を張る雑草が蔓延っています。

ドクダミが繁茂しているとおり、ここは凹地となっていて年中湿気っているのです。
上写真のとおり隣接する進入路が砂利敷きになっていますが、長年に渡って砂利を補充し続けたことで路面が高くなり、その結果、凹地が生じたわけです。
ちなみに砂利は4年前にも全面的に補充しているのですが、既にタイヤが通るところを中心に土が現れてきています。
砂利(砕石ビリ)を補足するのに1回3万円以上かかりますし、こうした排水不良の原因にもなりかねませんので、今後は違った舗装方法(Co.やAs.は論外)を検討していきたいと思っています。

さて、この三角隅切り部の排水性を改善するためには、路面を元の高さに下げれば良いことになりますが、今更そうするには大掛かりなことになってしまいます。
そこで、逆に三角隅切り部を路面より高くするようにし、下写真のとおり客土すれば良さそうです。

方針が決まったところで、作業に掛かります。
軽く除草したうえ耕起します。

わざわざ耕起したのは地中に蔓延っている笹の根(一部)を除去するためです。

笹やドクダミが多いのは以前、除草剤を使用していた影響だと思います。
除草剤は表面的には効果てきめんですが、その裏では笹やドクダミと言った根を張るものだけが勢いを増し、結局は厄介なことになるのかもしれません。

三角隅切り部は先述のとおり勾配をつけるため、その縁に土の流出防止の目的で土留めを設置します。
土留めには、敷地内に転がっているゴロタ石を使います。
タイヤの軌跡(下写真で朱色破線)を確認し、その外側に平面的に弧を描くように設置します。

一方、縦断的には石の天端が下流側(下写真で左側)に向かって低くなるようにします。
また、石の天端高は、緊急時にはタイヤを乗り上げられるように路面から30mm以内にします。

緻密に施工しているかのような書きぶりですが、実際には曲線のため水糸を張るわけにもいかず感覚頼りです・・・。

土留め石を設置できたところで、客土用の山砂を近くの建材屋さんで購入。

軽トラ1車(積載量350kg)で千円程度(配達ではなく直接購入)。

奥に向かって勾配がつくように盛り土。

この状態で一旦、雨に当てて落ち着かせることにします。

このままでは野良猫の格好の糞場になってしまいますので、ネットを被せておきます。

<続きます>

耕作放棄地の再生(23)雑木林

前回までで、水田の北側(下写真で正面)についてはとりあえずのところ整備を終えることができました(ここまでに3シーズンを要す)。

今後は少なくとも現状を維持し、隣地に迷惑を掛けないようにしていく考えです。
また、余裕があれば山の奥側に向かって竹を後退させつつ、雑木林に移行できればと思っています。

あとは、水田を挟んで反対の南側(下写真)です。
こちらは昨シーズンから整備を始め、昨シーズンは水田にせり出している樹木の伐採や笹刈りを行いました。


(2017年4月)

竹(モウソウチク)は侵入しておらず雑木林の状態とは言え、中は蔓がはびこって下写真の状態です。

蔓に巻きつかれて枯れている木もあり、それらを整理するつもりで昨シーズン、蔓の根元を切っておきました。
1年後の現在、蔓の枯死とともに枯れ木が倒壊しています。

これらの枯れ木を玉切りし、邪魔にならないところに積んで腐るのを待ちます。

本来なら持ち帰って薪にするなり、畑に置いて堆肥化したいところですが、なかなかできないものです。

続いて、生きている木に巻きついている蔓も整理していきます。

上写真で中央付近に直立しているのが木(カシ?)で、その他はすべて蔓です・・・。

既に枯死している蔓(昨シーズンに根元を切断)が多く、意外と作業が捗ります。
蔓を整理し、笹を刈ると一気に雑木林らしくなってきます。

昔、夏になると里山でカブト虫などを採ったことを思い出しますが、当時(昭和50年代)はまだこんな感じで中へ入っていけるところがあったものです。

木立の間からは対面の山や水田を見通せるようになりました。

田面側から見ても下写真のとおりスッキリしたように感じます。

まだ一部しか整備できていませんが、暖かくなり、そろそろマムシが活動し始めますので、今シーズンはここまでとします(ブログ記事は遡って書いており、実際には3月下旬のこと)。
来シーズンは薪用に樹木を伐採しつつ整備を続けたいと考えています。

最後に、昨年に見つかった進入路跡の笹刈りをして完了
(と言っても、これからの季節は田面の草刈りが待っています・・・)。

<続きます>