月別アーカイブ: 2016年10月

薪ストーブの導入(13)天井張り替え

前回、煙道の絵を描きました。

flue

煙道は厨子(ツシ)二階に設けます。
その厨子二階の床(=一階の天井)は、以前張り替え作業を始めましたが、断熱材を入れたところで止まっています。

stove1-11

煙道の造作をしやすいように、先に床板を張ってしまうことにします。

厨子二階の床(=一階の天井)の構造は下図のとおりです。

ceil

今回張る床板は上図で最上段の部分になります。

厨子二階は電気配線など管理用の空間として使うだけですので、とりあえず歩ければ十分です。
そのため、ちゃんとしたフローリング材を使う必要はなく合板で十分です。
しかし、合板は可能な限り使いたくありません・・・
そこで野地板を使うことにします。
野地板であれば、ホームセンターで1束(約1坪分)1,700円弱と合板並みの価格で入手できます。
何より無垢材ですので、廃棄するときには燃やすこともできれば、山のなかに積んでおくことも可能です。

とは言っても、荒材なのでそのまま床板として使うのは辛いものがあります。
また、曲がりなどがあるため、継ぎ合せ部分に隙間ができ、ゴミや埃が落ちてしまいそうです。
そこで、片面だけ自動カンナ盤でカンナがけすることにします。
また、隙間防止のため溝切りカッターを使ってアイジャクリを施し、継ぎ合わせます。

img_2219

加工した野地板を張っていきます。

img_2413

クギとカナヅチを使っています。

どんどん張っていきます。

img_2503

薪ストーブの導入とは関係ありませんが、上写真の真ん中の開口はトップライト用に設けたものです。

ガラス瓦から採り入れた自然光を1階に落とします。

img_2536

開口部にはゴミなどの落下防止と断熱のためポリカプラダンを被せてあります。

1階側には自作の障子をはめ込んでいます。

img_2540

このように開ければ屋根まで吹き抜け?となります。

img_25072

<続きます>

薪ストーブの導入(12)煙道の設計

前回、煙突瓦用のストームカラーを作製・設置しました。

これで屋根貫通部のもろもろの作業は完了です。

続いて煙突を設置していきたいところですが、煙突設置前にやっておくべきことがいくつかあります。
そのひとつに煙道の設置があります。

ストーブメーカー等の煙突設置ガイドを見ると、小屋裏においては、二重煙突の使用に加え不燃材で覆われた煙道を設けるとしています。
我が家のような厨子(ツシ)二階の場合、この二階部分が小屋裏に該当するのか、それとも居室になるのか疑問に思います。

そこで、煙道を設置する根拠を確認してみます。
煙突(煙道)の構造に関しては、建築基準法施行令や消防法(に基づき規定される自治体の火災予防条例の条項)などに規定されています。

○建築基準法 第百十五条
三  煙突は、次のイ又はロのいずれかに適合するものとすること。
イ 次に掲げる基準に適合するものであること。
(1) 煙突の小屋裏、天井裏、床裏等にある部分は、煙突の上又は周囲にたまるほこりを煙突内の廃ガスその他の生成物の熱により燃焼させないものとして国土交通大臣が定めた構造方法を用いるものとすること。

上記のとおり、小屋裏においては、たまったホコリが燃えるといったことがないように特段の構造を求めています。

厨子二階と言っても、我が家のようなボロ屋の場合は、いつの間にかホコリが堆積している可能性があります・・・
また、万が一煙突で問題が生じたときには、煙道により煙突が不燃材で囲われた状態になっているため、延焼を遅らせる効果もあると思います。

そこで、厨子二階は小屋裏とみなし、二重煙突に加え煙道を設置することにします。

煙道は煙突を不燃材で囲ったものになります。
今回煙道を設置する箇所は、煙突が曲がり配管になっていることや障害物(屋根の梁)があることから、ややこしくなりそうです・・・

stove2-7

煙突と梁との離隔は200mm以上ありますが、煙道を設けることでより安全が確保できそうです。

煙道のサイズは、煙道内を点検できるように大き目(煙突外面と不燃材との離隔を300mm確保)とします。

煙道の骨組みは木材(可燃材)で作り、その内側にケイカル板(不燃材)を張ることにします。
煙道の内側(煙突側)に木材が表れないようにするには、単に4本の柱(木材)を立てるだけではうまくいきません。
さらに梁を覆うように天側にも木材を組む必要があります。

頭のなかだけでは混乱しますので絵を描いてみます。

flue

思った以上にややこしいです。
「厨子二階なので煙道はいらないよ!」と悪魔が囁きます・・・

<続きます>

薪ストーブの導入(11)ストームカラーの自作

前回、ストームカラーを自作することにし、その図面(展開図)を作製しました。

storm_collar_design

今回は実際に作製します。

まずは展開図を原寸大で印刷し、トタンを切るための形紙とします。

img_4119

トタンは安価とは言え、いきなり作るとサイズが合わず無駄にしてしまうおそれがあります。
そこで、原寸大のモデルを作って試すことにします。
トタンの代わりに廃材の繊維強化樹脂?(トタンより切断が容易)を使います。

img_4120

形紙を貼り付け、ハサミで裁断します。

巻きます。

img_4121

形紙だけを見ていると、円錐の下部が本当に斜めカットになっているのか確信が持てなかったですが、ちゃんとなっています!

では、実際に煙突瓦に取り付けサイズを確認します。

img_4125

ちょうど良い感じですので、このサイズで決定です。

ではトタンを使っての本番です。
先ほど作製したモデルの輪郭をなぞって罫書きます。

img_4128

罫書き線に沿って万能鋏(または金切り鋏)で切り取り、組み立てます。

img_4130

綴じ合せは、将来の交換時に容易に外せるようにボルト(SUS)締めとしています。

取り付けのために屋根に上がってみると、養生のために被せてあった薄いシートに雨水が溜まり破れそうになっています・・・
早く上部の煙突(Pトップ等)を取り付けなければなりませんね。

img_4158

煙突上方から被せるようにして取り付けます。

img_4160

煙突とストームカラーとの隙間(片側1mm)の充填(シーリング材使用)は、上部の煙突を取りけてからにします。

今考えると、余裕をみて隙間を設けましたが、隙間なしでボルトできつく締め上げたほうが良かったように思います。
あと、うっかりして綴じ合せ箇所を長いほうの母線にしてしまいましたが、短いほうにすべきですね!

<続きます>

庭木の剪定(4)マキ垣&カキの木

先日から朝活(朝の1時間を利用)として、マキの垣根(マキ垣、L=50m)を剪定しています。

img_4325

約10日(計10時間)かかって、ようやく終わりました。

img_4380

makikaki

上写真の中央付近で垣根の天端が窪んでいるところがあります。
ここには昨年までカキの木があったため、その日陰になり成長が抑えられていたようです。

このカキの木は甘柿でよく実っていたのですが、道路に近接しているため、落ち葉等でご近所に迷惑をかけることがないように昨冬に伐倒しました。
太い木ではなかったのですが、幹を保管してあります。
相当古い木のようですので、挽き割れば黒柿だったりして!?

天端です。

img_4378

来年4月に新芽が出るまでの約半年は、この状態が維持されます。

マキは寒い時期に剪定すると風邪を引くと言いますので、他の庭木に先行して剪定しているところです。
マキは垣根のほかには仕立てものが1本あります。

img_4383

引き続き、この剪定に取りかかるつもりです。
こちらも垣根と同様に刈り込み鋏を使って刈り込むだけとします。
(2、3年に1回は透かしたほうが良いと言われています。)

その前に、こちらのカキの木(干し柿用の渋柿)。

img_4384

この木もご近所に近接していますので、落ち葉が少なくなるよう、落葉前に剪定して葉を少なくしておきます。

img_4385

カキは切り詰めると翌年結果しませんので、徒長枝の切り詰めや間引きを中心に行いました。

薪ストーブの導入(10)ストームカラーの設計

前回、シーリング材を使って屋根貫通部の防水処理を行いました。

img_4113

その後、降雨がありましたが、雨水が侵入することはありませんでした。

しかし、シーリング材だけでの雨仕舞いは少し心もとないように感じます。

煙突メーカーのカタログをみると、煙突に対して襟のように取り付けるストームカラー(storm collar)というものが市販されています。

collar_flushing

しかし、上の写真のとおりフラッシング専用のものであり、煙突瓦には合わないかもしれません。
ストームカラー自体は6,000円程度ですが、煙突瓦に合わなかった場合、ゴミになってしまいます・・・

そこで、市販のものを参考にして煙突瓦用のストームカラーを自作することにしたいと思います。

storm_collar_image

材質は市販のものはステンレスです。
ステンレスに比べ耐久性は劣りますが、安価で加工も容易なトタンを使うことにします。
以前、トタンを使って自動カンナ盤用の集塵フードを作製しました。
木材ではなくトタンを使ったのは、薪ストーブの導入においてトタン(不燃物)を使う場面があるだろうから慣れておきたいという思いがありました。
今回、その練習の成果が出ると良いのですが(^_^)

形状は円錐をベースとし、その上部を水平にカットし、下部を屋根勾配にあわせて斜めにカットすれば良さそうです。

stove2-5

・上部の直径: φ202mm(煙突の外径φ200mm+α)
・下部の直径: φ290mm(煙突瓦開口部の襟の外径+α)
+α分の隙間はシーリング材を充填します。

トタンを巻いて作製しますので、展開図が必要になります。
中学校(小学校?)で習った数学をかろうじて覚えていますので円錐の展開図は描けそうです。
しかし、問題は下部の斜めカットです。

残念ながら高等数学を駆使するような学はありませんので、力技で描きます。

storm_collar_design

詳細には触れませんが、図を見ると描き方が分かるかと思います。
(左が断面図で、片側について10等分しています。それぞれの母線の長さを測り、右側の展開図に写し取っています。)
CADを使っていますが、手書き(コンパスと分度器)でも可能です。

展開図(上図の右側)はできましたが、原寸大でトタンに罫書くのは大変です。
こういうときにCADは便利で、原寸大で紙に出力することもできます。
そして原寸大で出力したものを形紙としてトタンを切ることにします。

大型プリンター(プロッター)を所有していませんので、家庭用プリンターで出力できるようにA3用紙2枚に配置したものを作ります。
(本当は3枚必要ですが、紙の節約のため2枚に収めています。そのため一部が欠けています。)

1枚目

storm_collar_print1

2枚目

storm_collar_print2

<続きます>

薪ストーブの導入(9)屋根貫通部の防水処理

屋根貫通部の煙突設置により煙突位置が確定したため、前回、煙突の本設計を行いました。

一方、煙突の屋根貫通部に関して、煙突瓦の貫通部の口径φ215mmは、煙突の外径φ200mmに対して若干大きくなっています。
この隙間から雨水が入り雨漏りの原因となりますので、防水処理を行うことにします。

stove1-8

昔あったカマド用の煙突は陶製であったため、煙突瓦との隙間には漆喰を充填していたそうです。
しかし、スレンレス製の煙突に漆喰は付着しませんので、シーリング材を使用することにします。

シーリング材は、瓦との接着の強さを期待して瓦用のものを選びました。

img_4108

耐熱シーリング材も売っているのですが、二重煙突ですので、そこまで必要ないでしょう。
瓦用シーリング材も真夏の炎天下にさらされるものであり、パッケージに耐熱性が謳われています。

まずはバックアップ材としてアルミホイル(不燃物)を隙間に詰めます。

img_4110

バックアップ材を支えにしてシーリング材を充填していきます。

img_4113

離れてみると、このような感じです。

img_4115

煙突瓦を使用している事例はほとんどないと思いますが、すっきりした収まり具合です。

ちょうど瓦屋さんがシールしたところが目につきました。

img_4114

さすが本職、迷いが感じられない塗り方をされています。

まだ煙突は屋根貫通部の1本だけしか設置していませんので、煙突上部にビニール袋を被せ養生しておきます。

img_4118

<続きます>

薪ストーブの導入(8)煙突の本設計

前回、屋根貫通部(だけ)の煙突を設置しました。

これで煙突の正確な位置を把握できるようになりました。
今回はその位置を計測し、以前行った煙突の概略設計を正確なものにします。
そして残りの煙突部材を注文するため、数量を拾い出すことにします。

煙突に下げ振りを取り付け、正確な水平位置を計測します。
まずは南北方向です。

img_4101

右側に見える丸太の桁とも離隔が確保されています。
壁(改修工事で新設、幅3尺)の中心から外れていますが、炉壁(設置予定)の幅がそれより広く(4尺)で、その中心になる予定です。

計測した結果を煙突設計に反映させます。

chimney_design1

続いて、東西方向です。

img_4104

概略設計で検討したとおり、煙突をまっすぐに下ろすと壁面と近接してしまいます。(→45°曲管の2連使いで壁から離します。)

設計に反映させます。

chimney_design2

この結果、必要となる煙突部材は上図面の左側に示すとおりになりました。

使用する煙突は、口径φ150mmの二重煙突(二重管の口径φ200mm)です。
二重煙突にはシングル煙突に比べるとかなり高価ですので、全部でいくらかかるのか気になります。

積算すると、高機能な溶接タイプで約19万円(煙突固定金具等を含む)となります。
一方、一般的なハゼ折りタイプだと約12万円(煙突固定金具等を含む)です。

迷うことなくハゼ折りタイプで決まりです(^_^)

一般的に煙突はストーブ以上にお金がかかると言われています。
我が家の場合、厨子(ツシ)二階で屋根が低いことや、屋根貫通で大体まっすぐに煙突を配管できたことから、煙突延長が短く(約5m)なり、比較的安価に収まりました。

これで残りの煙突部材を注文できます。

<続きます>