投稿者「里山古民家」のアーカイブ

サイクロン集塵機の自作(14)テーブルソーと接続

自作サイクロン集塵機について、前回までで、とりあえず本体は完成しました。

各種電動工具をサイクロン集塵機に接続して使用することになりますが、今回の改良において集塵ホースをアルミダクトからダクトホース(φ75mm)に変更したため電動工具側の接続口もそれにあわせないことには接続できません。
そこで、電動工具側の接続口を変更することにし、まずはテーブルソーから行います。

テーブルソーとの接続については、現状はテーブルソーの下に塩ビ管を取り付けた板(下写真)を敷き、塩ビ管に集塵ホースを繋いでいます。

以前、ブログのコメントにて同機種のテーブルソー(マキタ2708)を使っている方から「塩ビ管の取り付け位置をもう少し後ろにしたほうが集塵効率があがる」との助言をいただいたことがあり、次に改良する際にはそうしたいと思ってきました。

また、このテーブルソーは集塵ホース(ダクトホースφ75mm)を接続できるようにオプションで集塵フードが用意されているものの、一体、テーブルソーのどこに取り付けるのだろうかと疑問に思っていました(集塵フードの価格が結構して買うつもりがないのでメーカー等に問い合わせられず・・・)。
そうしたところ、ヤフオクで集塵フード付きの2708が出品されており、その写真から接続方法を知ることができました!

テーブルソー背後の下端に高さ3cm程度の隙間があるのですが、なんと、その隙間が接続口だったのです。
確かにテーブルソーからは粉状のおが屑しか発生しないため3cmの高さがあれば十分なわけです。
そして、ブログコメントでも教えていただいたとおり、鋸刃の回転方向から粉塵は後ろに飛ぶため集塵フードの取り付け位置は背後の下端が良いわけです。

と言うことで、テーブルソーの接続口は全面的に改良することにし、メーカーオプションの集塵フードを参考にして(パクリ!?)、下図のものを自作することにします。

同じ形状のものをトタン板で作ることも考えましたが、ダクトホースの自重に耐えられそうにないため合板を使用するとともに、テーブルに固定することにしました。

それでは作っていきます。
合板の端材から各部材を木取り。

天板のカット(2辺)において鋸刃を26°傾斜させてカットしています。

この角度はCADから算出していますが、CADを使わずとも、先に側板をカットし、その角度にあわせて鋸刃をセットすれば良さそうです。

組み立て。

テーブルに固定できるように裾を取り付けます。

塩ビ管(VU65A)を取り付け。

合板に挿し込むだけでは安定しないため下写真のとおり小ネジ2本で下の合板と固定しています。

テーブルに固定して集塵フードの完成です!

集塵ホース(ダクトホースφ75mm)を接続します。

ダクトホースの自重に対しても全く問題ありません。

サイクロン集塵機を動作させて、テーブルソーで試し切りしてみると明らかに以前よりも集塵能力がUPしました。
集塵機自体のパワーが上がっていることもありますが、集塵口の位置を変えたことも大きいように感じます。

刈払機のエアフィルターを自作・交換

先般、ヤフオクで入手したUSEDの充電式クリーナを分解・掃除しました。

分解方法がわかったついでに、ブログには書いていませんが、従来使っているもの(同一機種)も同様に分解・掃除しました。
その際、エアフィルター(下写真で朱色矢印)の劣化が気になりました。

こうしたエアフィルターも、マキタ社のクリーナーのため電動工具の部品と同様に取り寄せられます。
取り寄せて新品に交換するつもりだったのですが、価格が1枚約250円で、3枚必要になるため1,000円弱。
管理費や輸送費を考えれば良心的な価格設定だと思うものの、DIYerとしては、たかがスポンジ(ウレタンフォーム)の小片を1,000円で買うのは恥です!

と言うことで、MonotaROでバイク用の汎用エアフィルターを購入しました。

サイズは400mm×250mm×t10mmで、価格が400円弱です。
送料や手間を考えれば、マキタ純正部品を買うのが吉かも!?

さて、購入した汎用エアフィルターは1枚のシートのため、それから切り出す必要があります。
そこで、既存のものをもとに型紙を作ります。

型紙にあわせて切り出せばクリーナー用エアフィルターの完成です。

エアフィルターは別形状のものもあるため、それも同様にして作ります。

実はエアフィルターはもう1種類あり、それは下写真で朱色矢印で示す箇所(配線を通す切り込み)に使われています。
このエアフィルターは普通のものとは少し違うことと、価格も20円程度と超良心的な価格だったためメーカーから取り寄せました(指で掴んでいるもの)。

取り付け。

このような細かいところにまでフィルターを設置するなど細心の対策が講じられていても、埃はクリーナ内に侵入して埃まるけになってしまうとは、恐るべし埃。

そして、自作のエアフィルター(下写真で朱色矢印)も取り付けて完了です!

ところで、MonotaROで汎用エアフィルターを購入する際、商品レビューを見たところ「刈払機のメンテナンスに使っている」と書き込みがありました(MonotaROの商品レビューは結構参考になります)。
確かに、刈払機のエアフィルターもスポンジで厚さが10cm程度のものが使われています(下写真で朱色矢印)。

と言うことで、この機会に刈払機のエアフィルターも交換することにします。

ちなみに、この刈払機は亡き父が使っていたもので(農業用のプロ仕様)、私が使うようになったときに、ひと通り点検整備しました(購入から20年近くが経つと思いますが調子良好)。
そのとき、エアフィルターが無くなっていたためメーカーから取り寄せて取り付けたのですが、かなり劣化していてヤバイ状態になっています・・・。

早速、先のシートから切り出してエアフィルターを自作します。

以前メーカーから取り寄せたときは、このスポンジの小片が1,000円ほどしたように思います(農機は電動工具に比べ、全般的に高めの価格設定・・・)。
一方、汎用エアフィルターから自作すればタダみたいなもので、これなら気軽に交換できます。

取り付けて交換完了!

残りのエアフィルターは型紙とともに光の当たらないところに保管して次の出番に備えましょう。