里山古民家 のすべての投稿

井戸の再生(41)散水栓とホースリール

先般、井戸の配管を延伸したことにより、手水鉢(3年前に外便所跡地に整備)でも井戸水を使えるようになりました。

この手水鉢へは地面に設けた散水栓にホースを繋いで水を送っています(ホースは竹の筧の中に通してあります)。

せっかく散水栓があるのに、手水鉢への給水に使うだけでは勿体ないように感じます。
散水栓にホースリールを繋げば、芝庭の水やりやガーデンニングにも井戸水を使えるようになります。
自動車の洗車も、これまではガソリンスタンドで洗車機にかけていましたが、散水栓とホースリールにより自宅でも洗車しやすくなりそうです。

と言うことで、倉庫内で埃まみれになっていたホースリールを引っ張り出してきました。

屋内保管のためホース自体に問題はなさそうですが、ノズルのほうが劣化しているのか通水するとノズルの根元付近から漏水します。
ノズルだけでも市販されていますので(500円程度)、新しいもの(上写真で黄緑色のほう)を購入して付け替えました。

反対の蛇口側については、蛇口に繋ぐためのコネクタがホースリールに付属しており、それを下写真のように散水栓に取り付けられます。

離脱防止用のネジもありますが、水圧がかかったり引っ張ったりすれば外れてしまいそうな感じです。

ところで、散水栓はどのメーカーのものでも先端にホースを直接繋ぐためのカップリング(継手、下写真で左側)が付いています。

このカップリングは散水栓本体と管(クダ)用ネジで接合されており、取り外すことができます。
そこで、このネジの仕様を調べてみると、1/2in.サイズの平行ネジ(G)です。
と言うことは、このカップリングの代わりに、同じネジ(G1/2)を有する蛇口ニップルを直接、取り付けられることになります。

そこで、蛇口ニップル(上写真で右側、ホームセンターで100円程度)も購入し、散水栓本体に直接取り付けることにします。

散水栓と蛇口ニップルとは管用ネジで接合されていますので、これなら水圧や外圧がかかっても外れることはありませんし、見た目もスッキリしました。

この蛇口ニップルがあることで、ホース側のコネクタとワンタッチで繋げられるようになります。

手水鉢用のホースにもコネクタ(ホームセンターで100円程度)を購入して取り付けておきました。
こうしておけば、手水鉢とホースリールとの切り替えが容易に行え、さらに井戸水を活用できそうです。

庭の整備(38)播き芝(切除したランナーを利用)

今春、播き芝により芝生を拡張したところに前回、目土入れを行いました。

この調子だと、来夏には張り芝したところと変わらないぐらいになりそうです。
このように芝の成長力は旺盛で、土間コンや敷石との境界ではそれらを越えようとランナーを伸ばしています。
こうしたものは惜しい気持ちもありますが、ハサミで切除しておきます。

ところで、今春に行った播き芝はホームセンターで購入した芝(1束)を小さく切り分け、それらを点状に植え付けるようにして行いました。
しかし、本来の播き芝は完全にほぐし、バラバラになったランナーを播いて行うそうです。
とは言え、バラバラにほぐすのは案外手間が掛かるもので、今春に行ったときは横着して小さく切り分けたわけです。

先に切除したランナーを見て思ったのが、これを使って本来の播き芝が行えるのではないかと言うことです。
芝生は草取りや草刈りの負担軽減のために更に広げたいと思っており、こうして増やせられれば新たに芝を購入しなくても済みます(芝はそう高いものではないのですが、自然の力で芝が成長する過程こそが面白いように感じます)。

そこで、実験的に先のランナーを使って播き芝を行ってみることにします。
ただ、播き芝用の場所を準備していませんので、とりあえず水稲用の苗箱に山砂を敷き、そこにランナーを播きます。

水稲の場合も同様にして種籾を播くのですが、種籾の代わりに芝のランナーを播くとは変な感じです。

これまた水稲苗と同じように山砂を薄く被せて転圧したうえ、たっぷり水やりします。

稲も芝も同じイネ科の植物ですので、同じ育苗方法が通用するのではないかと思うのですが、どうなることでしょう?

先に「芝生を更に広げたい」と書きましたが、その場所は主屋(古民家)周りで、以前は除草剤により草一本生えていない状態にしていたところです。
主屋の南側については既に芝庭になっていますが、その反対の北側(鉄骨倉庫との間の通路、下写真)は除草剤をやめたことで雑草が生い茂っています。

雑草が生えていることで雨後のぬかるみができにくくなりましたし、流水による表土の流出も少なくなったに違いありません。
また、雑草(定期的に草刈り実施)も遠目に見れば芝生のようにも見え、これはこれでアリかもしれません。
しかし、この光景を綺麗好きだった亡き祖母(手取りによる除草)や父(除草剤による除草)が見れば卒倒するに違いありません・・・。
そこで、雑草を芝に置き換えることで見た目的にも良くしたいと考えているのです。

ところで、この下流には今春に整備した雨水浸透排水路なるものがあります。

今のところ、降雨時に排水が滞ることはなく、通常時も水はけが改良されたのか付近の感じが良くなったように感じています(以前はジメジメした感じ)。

このため、この雨水浸透排水路をさらに上流へと延伸させ、主屋隣接箇所の排水や水はけも改良したいと考えています(下写真で水色の線)。

芝の生育には「水はけ」の良さが欠かせないため、雨水浸透排水路の整備は芝の生育にも寄与してくれることでしょう。
芝の生育にはもうひとつ重要点があり、それは「日当たり」です。
ここは主屋の北にあたり時刻によって影が生じるため、日当たりの面で条件は良くありません。
このため、主屋側に排水路を配置し、これを縁としてこの北側を芝生とすると良さそうです(上写真で朱色点線の範囲)。

切除したランナーはまだ余っていますし、播き芝ができる時期(春と秋)は限られていますので、今秋に少しでもやって様子を見ることにします(9月2日実施)。
大きな石だけを取り除いたうえ、ランナーを播きます。

山砂を薄く被せて転圧、散水して完了。

<<その後、20日経過>>

播き芝後、20日経過した状態が下写真です(9月22日)。

緑が目立つようになり、元気に生育しているようです。

一方、苗箱を使ったほうは緑が消えています・・・(土の一部が流出しているのは庇の雨だれが当たったためです)。

これは水が欠乏している状態だと思います。
水やりは定期的に行っていることから、芝の生育にはこのような薄い土の層と水分だけでは不十分なのでしょう。
芝の生産農家も出荷のことを考えれば苗箱で栽培したほうが省力になるのでしょうが、このような栽培はしていないことからも、そもそも無理があったようです。

ランナーは茶色くなって枯れたようにみえますが、水の欠乏によって休眠状態に入っているだけでしょうから、直播きし直しておきます。

<<さらに20日経過>>

播き芝後、40日経過した状態が下写真です(10月16日)。

一段と成長する一方、芝の間からは冬草も生えてきています。
この場所が芝の生育に適していれば、雑草は芝に駆逐されていくはずですが、果たしてどうなることでしょう?(芝の生育に適していない場合は草取りに四苦八苦することに・・・)。

庭の整備(37)播き芝のその後と目土入れ

今夏も草刈りに明け暮れて終わっていったように感じる今日この頃です。
草刈りや草取りの負担軽減をひとつの目的として2年前に芝庭を整備しましたが、もちろん芝も成長するため定期的な芝刈りが欠かせません。
芝刈りは敷地内の草刈りのついでに刈払機(ジズライザー装着)を使って行なっている程度ですが、我が家にとっては十分なレベルの芝生になっています。

この芝庭を上空(離れの2階)から遠望したのが下写真です。

敷石(石畳)付近の芝生が点状になっていますが、この箇所は今春に播き芝により芝生を拡張したところです。

近づいて見ると、ひと夏で随分と成長して裸地部分が無くなりつつあります。

<播き芝直後の状態>

さらに下写真の箇所は、2年前に芝張りしたところからランナーが侵出してきていたため、今春、目土を入れておいたところです。
そうしたところ、旺盛に成長し出し、今では芝張りしたところと変わらなくなっています。

<目土入れ前の状態>

「目土入れは芝の成長促進や不陸地(凸凹)の整正などを目的に行う」とされていますが、先の成長具合から実感するところです。

と言うことは、今春に播き芝したところにも目土入れを行うと良いかもしれません。
下写真のとおり播き芝箇所(点)から四方にランナーを伸ばしていますので、この部分を重点的に目土を入れることにします(9月23日)。

目土の用土には山砂(今春、播き芝を行なった際に購入した余り)を使います。
山砂には肥料分が含まれていませんので、薪ストーブやボイラー(ATOウッドボイラー)で発生した灰を混入。

播き芝箇所に目土を入れます。

せっかく緑で覆われつつあったのが、目土を入れたことで外観上は裸地部分が現れて後退したかのようです。

たっぷり水やりして目土入れ完了です。

先般、井戸の配管を延伸し、この近くにある散水栓が使えるようになったばかりですが、さっそく水やりに利用しました。
井戸水には、水道水のような次亜塩素酸(滅菌目的)が含まれませんので、水やりに使うには最適のことでしょう。

<続きます>

井戸の再生(40)通水

前回、2箇所の床下点検口において配管を分岐するとともに上・下流側の既設管を接続しました。

これにより井戸から汲み上げポンプを経由して最下流の散水栓まで繋がったことになります。

そして、ようやく以前に整備した屋外の散水栓に水を送れることになります。

いよいよ施工時に閉じてあったバルブを開けて通水します(緊張の瞬間^_^;)。
そして、散水栓を開けると水が噴出!

感動の瞬間です!
以前に井戸ポンプを整備したときもそうでしたが、このときばかりは施工時の苦労も吹き飛びます。

昨年のボイラー(ATOウッドボイラー)導入時に敷設したパイプは半年以上、滞水した状態になっていたことになりますので、しばらく通水して汚れを流します。

この散水栓を設けた目的のひとつに、流し台では洗いづらい刈払機やスコップなどの道具を洗いやすくすることがあります。
早速、この日(9月2日)の午前中に使用した刈払機を水洗いしてみます。

井戸水が冷たくて気持ち良いです。
刈払機もキレイになり、また草刈りを頑張れそうです。

この下流には散水栓がもう1箇所あり、これは2年前に外便所(汲み取り式)を解体・撤去した際、その跡地に整備したものです。


(整備時の写真)

隣接する手水鉢に竹の筧で水を張れるようにしてあるのですが、これまでは水道水(自治体による上水道)が来ていたこともあり、ほとんど使うことがありませんでした。

既に井戸水の配管に切り替えてありますので、こちらも散水栓を開けて水を出します。

竹の筧を通って流れてきた井戸水が手水鉢に溜まります。

新鮮な水が張られているのを見ると気持ち良いものです。

こうした水溜めがあると、目に付いた草を取った際など、指先についた汚れを落とすのに重宝します。

ところで、今回の配管の一部は屋内(床下)を通っており、この場合に最も注意すべきは漏水かと思います。
このため、漏水する可能性が高いパイプ同士の継手は床下点検口以外には設けないようにしてあります(点検できない箇所は長尺の架橋ポリエチレン管を敷設)。
継手箇所については、先の通水後、しばらく(1週間程度)床下点検口から漏水の有無を確認してきましたが、問題なさそうです。
そこで、漏水がないことを確認できた給水管に対して保温材を施すことにします(給湯管については未通水)。
なお、給水管に保温材を施す目的は、当地は温暖地であるため冬季の凍結防止と言うよりも夏季の結露対策(特に井戸水は冷たい)のほうが大きいです。

給水管(金属製)にパイプカバー(発砲ポリエチレン製)を巻きます。

<床下点検口3>

床下で直射日光(紫外線)に晒される場所ではありませんが、念のためキャンバステープ(ビニール製)を巻いて養生しておきます。

床下点検口1のほうも同様に行います。

床上から覗き込んでの作業になるうえ、エルボやチーズなどの役物があるため手間取りましたが無事完了。

<続きます>

井戸の再生(39)配管分岐&既設管との接続

前回、床下に架橋ポリエチレン管(13A)を敷設しました。

この架橋ポリエチレン管は下図で床下点検口1(上流側)と同3(下流側)との間に敷設されていますが、その上・下流側の既設管とは未だ繋がっていません。

上図で床下点検口1において上流側の既設管(架橋ポリエチレン管)と、床下点検口3において下流側の既設管(塩ビ管)と接続すれば、先に整備した屋外散水栓を使えるようになります。
一方、今後の計画として屋内でも井戸水を利用できるようにする考えで、この場合、床下点検口において配管を分岐させて風呂などへ引き込むことになります(上図で朱色矢印)。
このため、作業が二度手間にならないように今回、床下点検口においてパイプ同士を接続するのにあわせて配管を分岐させておくことにします。

とは言え、床下点検口の狭い場所(45cm四方)で配管の分岐や接続を行うのは、私のような素人にとっては容易なことではありません。
そのうえ、パイプも輻輳(最大4条)していることから図に描いて検討したうえ作業することにします。

まず床下点検口1ですが、ここでは上・下流側ともに架橋ポリエチレン管(13A)と接続します。
また、台所(流し台)で井戸水を使えるようにするため(将来計画)、給水管と給湯管のいずれも分岐箇所を設けておきます。
さらに給水管にはもう1箇所分岐箇所を設け、今夏導入した冷風扇(ナカトミBCF-30L)に直接、冷たい井戸水を給水できるようにします。

これらを考慮して描いたのが下図になります。

ここは左側に暖房用の配管(往路・復路の2条)も走っていることもあり、なんとかスペースに収まるような感じです(暖房用の配管も分岐できるように右下のスペースはあけてあります)。

ちなみに、配管の分岐や接続には金属製の継手類(エルボ、チーズ等)を用います。
金属製と言っても鋳鉄製や黄銅(真鍮)製、青銅(砲金)製、ステンレス製などがあり、後者ほど価格が高くなります。
安価な鋳鉄製を使いたいところですが、耐食性や接続するパイプ(架ポリ管及び塩ビ管)の継手(青銅製)との関係(異種金属接触腐食)、入手のしやすさからステンレス製を使うことにしています(ボイラーのシステム全体で統一しています)。

次に床下点検口3ですが、ここでは上流側は架橋ポリエチレン管(13A)と、下流側は塩ビ管(13A)と接続します(下流側は給水管のみ)。
また、風呂用と洗面・洗濯用に分岐箇所を設けておきますが、給湯管については下流側に接続する必要がないため終点を風呂に引き込むようにします。

給水管の本管にバルブを設置していますが、これは将来的にもう一つの井戸を再生した際、このバルブを閉じることで両者の井戸がカバーする範囲を区分するためです(バルブの右側:1号井を使用、左側:2号井を使用)。
こうしたことが自治体の上水道との間で行うことができればパイプを共用できて良いのですが、汚染防止のため水道法等で固く禁止されています(クロスコネクション)。
今回は我が家が管理する井戸同士ですので、そうした制約がかからず自由に行えます(上手くいくとは限りませんが・・・)。

なんとか配管できる目処が立ちましたので、図面から必要となる管材の数量を拾います。

上記管材を購入。

気になる費用ですが、上写真のもので1万2千円ほどです(1箇所当たり約6千円)。
ステンレンス製にしていることもありますが、それなりの金額になります。
パイプ自体(架橋ポリエチレン管)は安価(50mで約1万円)なのですが、こうした継手類が意外に高くつくのです。
その点、塩ビ管は継手も樹脂製(接合には接着剤を使用)のため、非常に安く施工できるわけです(塩ビ管が屋内で使われることが少ないのは、価格面のメリットの反面、種々のデメリットもあると言うことなのでしょう)。

床下での作業は最小限になるように前もって組んでおきます。
接合箇所のほとんどはテーパねじ(R1/2)ですので、ねじにシールテープを巻いたうえねじ込んで接合します(小型のモーターレンチを使用)。

様々な種類の部品(継手類)を組んで必要とする形にするわけですが、まさに幼少の頃に流行った「水道管ゲーム」のイメージです。

続いて、床下点検口において既設管と接続します。
先に組んだものの両端は架橋ポリエチレン管(13A)との接続アダプター(R1/2)になっていますので、床上からでも少し力は要るもののワンタッチで接続することができます。

<床下点検口1>

<床下点検口3>

これで井戸からポンプを経由して最下流の散水栓まで繋がったことになります。

<続きます>

井戸の再生(38)架橋ポリエチレン管敷設

前回、下図の床下点検口2を設置しました。

<床下点検口2>

今回、この床下点検口からパイプ(給水管&給湯管の2条)を挿入して敷設することにします。
パイプについては、昨年にボイラー(ATOウッドボイラー)を導入する際、架橋ポリエチレン管(13A)を1ロット(50mで約1万円)購入しましたので、その残りを使います。

<架橋ポリエチレン管とスタッド:昨年に施工したもの>

架橋ポリエチレン管自体は可とう性がありますが、ブレ止めのために添えるスタッド(軽天材)には可とう性がありません。
つまり、床下点検口から入れられるスタッドの長さには上限があることになります。
その最大値を床下の断面図(開口サイズ及び床下高)から求めると924mmとなります。

一方、床下点検口間の距離は約2.5m(床下点検口1〜2)及び約1.4m(床下点検口2〜3)と、スタッドの長さ(max.924mm)を超えます。
そこで、複数のスタッドを下図のとおり繋いで所定の長さにすることにします。

820mmまたは660mmのスタッドを床下に入れ、これらを床下で連結して2.5mまたは1.4mにするわけです。

スタッド同士を繋ぐためには連結板が必要になりますが、本来スタッドはこうした使い方をするものではないため専用のものは市販されていません。
自作せざるを得ず、いつものトタン板(GL生地)を使って作ることにします。

スタッドの断面形状は先の写真のとおり角形で、今回使用するもののサイズは45mm×40mmです。
このため、連結板の形状は溝形(幅:42mm、高さ30mm)とし、この展開図をトタン板に罫書きます(3個分)。

カットして組み立てます。

これをスタッドに対してタッピングでビス留めし、スタッド同士を連結させるわけです(修理・交換等で取り外すことを考慮してビスを使用)。

準備が整いましたので、スタッドに架橋ポリエチレン管を固定したうえ床下に挿入していきます。

架橋ポリエチレン管の固定に以前は電気工事などで用いられるロックタイを用いました。
しかし、ロックタイは幅が狭いため、締めると架橋ポリエチレン管の保護材(上写真でピンク色のもの)に食い込んでしまうのです。
幅広のものがないかと探したところ「ビックタイ」(幅20mm)と言う商品名のものを見付けたため今回はこれを使用しています。

スタッド1個(820mmまたは660mm)分を挿入すれば、次のスタッドを床下に入れて両者を連結します。
そして奥に送りつつ、スタッドに架橋ポリエチレン管を固定していきます。

同じ手順を繰り返し、床下点検口1〜3の区間へのパイプ(給水管&給湯管の2条)の敷設が完了。

こうしたマニュアル的なものがない作業は、事前に綿密な計画を立てたとしても実際に上手くいくかはやってみなければわからないものです。
そんなことで無事敷設できてホッと一安心です。

<続きます>

井戸の再生(37)床下点検口C設置

前回、屋内(床下)の配管について検討した結果、下図の点線で示すルートでパイプ(給水管&給湯管の2条)を敷設することにしました。

また、このルートで配管するには中間に床下点検口を設ける必要があることが判明し、設置場所を下写真に示す箇所に決めました。

今回、この箇所に床下点検口を設置することにしますが、床下点検口の設置はこれで3箇所目になります。

1、2箇所目の設置についてもブログ記事にしてありますので、同一の作業内容については項目を示すに留めたいと思います。

設置予定箇所に墨付け。

床板を切り抜きます(ジグソーを使用)。

床板を切り抜く際に根太を2本切断しましたので、その代わりとなる根太を開口部の両側に入れて補強する必要があります。
根太は通常、大引き(下写真箇所は土台兼用)上に載せますが、運悪く柱の位置と重なってしまいます。
そこで、根太掛け(1寸厚)を取り付けたうえ根太を設置します。

根太掛けをビス留めするだけのことなのですが、床上から覗き込んでの作業となり苦戦・・・(上写真で左下に写っているようにジャッキまで動員)。
たまたま手の届く範囲であったため作業できたものの、遠くなら根太の補強は諦めざるを得なかったと思います。

なんとか無事に設置。

反対側(こちらは大引き上に設置)も設置完了。

枠(床下点検口)の受け材を取り付け。

枠の取り付け。

続いて、蓋を作ります。
フローリング材を流用するため、切り抜いた床板から剥がします。

取っ手を取り付けるため穴をあける際、大失敗!

3箇所目と言うこともあって気が緩んで横着した結果(捨て板の固定が不十分)、この有り様です・・・。

傷が大きく、金具を取り付けてもカバーできません。

そこで、フローリング材の強い味方「かくれん棒」を使って補修することにします。
クレヨン形状のものをドライヤーで溶かしながら損傷部に擦り込みます。

それなりに目立たなくなりました。

蓋の完成。

開口部(枠)に蓋をはめて床下点検口の完成です。

3箇所目のDIY施工とは言え、何やかやと手間取りました。
床下点検口と言えば、以前シロアリ防除の見積もりを取った際、床下点検口の設置費が1箇所当たり5千円となっていたのを覚えています。
この金額から、床下点検口は容易に設置できるものなんだと思っていたのですが、自らで施工してみると5千円とは材料費しか計上されていないものだと言うことがはっきりわかります・・・。

<続きます>