里山古民家 のすべての投稿

遊休農地の活用(6)ヒラタケの植菌と丸太椅子

9月に襲来した台風(21号)により、山との境いにある大きなエノキの幹の一本が折れました。

折れた幹は薪ストーブの燃料にするために既に玉切り・薪割りしてあります(実際に使うのは2年乾燥させた後)。

薪だけにするのは勿体ないように感じ、直径10cm程度のところはキノコのホダ木として使えるように長め(約1m)に玉切りし、そのまま畑に置いた状態になっています(下写真で手前側のもの)。

そして先日、ホームセンターに行ったところ、各種キノコの種駒が販売され始めていました。
ここ数年、この時期にシイタケの種駒1箱(100駒入、原木3〜4本分)を購入して植菌しており、今年もシイタケの種駒を購入するつもりでいたところ・・・。
種駒のパッケージに記載されている樹種別の対応表を確認すると、なんとエノキは「−」で不適となっています。
見た感じはいかにもシイタケが上がりそうに感じていましたので意外です。
では、エノキに適したキノコは何かと確認すると、ヒラタケが「◎」で最適となっています(ほかにはエノキやクリタケが適)。
そこで、ヒラタケの種駒を1箱(100駒入、500円弱)購入。

ヒラタケの植菌について、この畑の近くで耕作されている方と話しをするなかで、ヒラタケは小口からも上がるため、下写真の太いところを輪切りしてホダ木にしたら良いのではないかと教えていただいました。

先に玉切り・薪割りが終わっているようなことを書きましたが、実は根元に近い太いところは倒した状態のままで放ってあるのです。
太いところは薪割りするのが大変なため、この冬の間にでも時間をかけて玉切り・薪割りすれば良いと思っていたのです。

ホダ木にするならチェーンソーで玉切りするだけで済みますので、割るのに苦労しそうなところを20cm程度の厚さで玉切り。

次に植菌用のドリルビットを使って小口面と樹皮面に穿孔し、種駒をハンマーで打ち込みます。

このような太径短木の場合、小口面に直径(35cm)の半数(15個)、樹皮面に直径の同数(30個)程度を植菌できるとのこと。
よって、太径短木2本と小径長木1本に植菌しました。

植菌後は、シイタケの場合と同様、すぐに仮伏せすることになりますが、太径短木の場合は植菌した小口面を重ねて2〜4段程度重ねて積むそうです(上写真の状態)。
そして、保温・保湿のためダンボールなどで包んでおきます(梅雨前の本伏せに移行するまで)。

こうしてホダ木に使っても原木はまだ残っています。
そう言えば、近くで耕作されている方が、「夏場、大きなエノキが木陰になって一休み(お喋り)するのに丁度良い」と話されてみえたことを思い出しました。
そこで、一番太い部分(50cm程度)を座るのに良い高さに玉切りし、丸太椅子を設置しておいてあげましょう。

下写真は上写真と同じ場所を今春に撮影したもので、当時は笹薮と化してエノキに近づくことすらできなかったのですが、それがエノキの木陰で一休みできる空間となりました。

最後に残った原木(それでも軽トラ1車分)は持ち帰り、薪とすることにします。

庭の整備(48)ヒメツルソバによるグランドカバー

今夏、排水路沿いに散水栓を設置しました。

その場所は現在、下写真のとおりピンク色の花で一面覆われています。

このピンク色の花を咲かせる植物はヒメツルソバ(タデ科)です。
同じタデ科のミゾソバなどのように水辺で旺盛に生育するようです。

元々はヒマラヤ原産の園芸植物のようですが、水路沿いなどで見掛けることがあるとおり野草化しやすく、上写真も野草化したものです。
野生化したものと言っても、雑草が生えやすい土水路にヒメツルソバが一面に広がってグランドカバーの役割を果たしてくれています(ほとんど除草を行わずに済んでいます)。

下写真は散水栓の施工時のものですが、施工に伴い石積みを一旦撤去したため、その部分だけヒメツルソバが無くなっています。

しかし、そんなのは一時のことで、すぐに元どおりに復活。

このように成長力が旺盛でワイルドな感じもしますので、ひとによっては雑草が蔓延って酷い状態だと感じるかもしれません。
しかし、土がグライ化(酸素不足による還元状態)しやすい水路において、通気性を確保して土中環境を改善するには植物の働きが欠かせないように思います。
また、我が家では井戸水を使っていることもあって、排水路は速やかに雨水を排出させるだけではなく、地中に浸透させて地下水を涵養する役割も期待しています。
さらには地下水の量だけではなく質的な向上も見込めるとなれば、以前は雑草としか目に映らなかったヒメツルソバがかけがえのないものに思えてきます。

ヒメツルソバも自生のものですが、下写真のモミジもこの場所に自生したものです。

地生えしたのちも無剪定で、この樹形です。
ほかの庭木を苦労して剪定しているのがバカバカしくなります(かと言って、これまで剪定していたものを放任すると無茶苦茶になってしまいます)。
庭木もグランドカバーも自然に任せるのが一番良いのかもしれませんね。

竹ボイラーの導入(36)ユニットバスへの配管方法

前回、風呂への給湯方法について検討し、下写真に示すとおりユニットバスの壁内に配管する案を考えました。

ユニットバスの壁の中には断熱材が入っており、それを取り除けば配管スペースを確保できるのではないかと思います。
そこで、壁の中の状態を確認すべく壁の分解を試みるもうまくいきません・・・。

分解方法が分かる資料がないものかと思っていると、ドア下にメーカー名や型式などが記載されたシールを発見。

このユニットバスはノーリツ製でXUB-F1616 Aと言う型式のようです。
この型式をノーリツ社のサイトで検索すると施工手順などが記載された工事書を入手できました。
20年近く前のものにも関わらずちゃんと掲載しているとは、アフターサービスのしっかりしたメーカーなのでしょうね。

入手した工事書を一通りザッと読むと、こうしたユニットバスは現場で専用の部材を指定の手順で組み立てて設置することになっています。
従って、壁部分のみを分解しようと思っても、組み立て時の手順の逆、つまり天井から順に解体しないことにはできないようです。

今晩も風呂は使いますし、さすがに天井から解体などしていられません。
こうなると、壁の背面側(脱衣室側)から切って確認するしかなさそうです。
そこで、壁内に配管する前提で開口範囲を罫書きます。

ジグソーを使って切断。

切断後の写真を撮り忘れていたため、上写真は少し後のものになります。
壁の背面側は複合素材(鋼板+発泡材)の板(厚3mm)で、ジグソーで容易に切断できました。

開口部から壁の構造を調べると下図のとおりです。

(断面図)

断熱材を取り除いて配管スペースを確保するとして奥行きは最大60mmです。
微妙なところですが、なんとか配管できるでしょう。

一方、壁の下側に目をやると、ユニットバス(防水パン)の構造部分が行く手を遮っています・・・。


(床下側から撮影)

床下から壁内にパイプを引き込むには、これに貫通孔を設ける必要がありますが、さすがに構造部分に穴をあけるのはマズいです。

これは弱りました。
何か良い方法が見つからないものかと浴室側からも確認することにし、浴槽のエプロンを外します。

浴室側を見ると、防水(浴槽)パンの一角に一段高くなっている箇所があります。
これは何用のものかと、先に入手した工事書を確認すると「配管貫通部」とあります。
つまり、ここに穴をあけて床下から浴室内にパイプを引き込めるようになっているのです。
本来は浴室暖房の配管用のようですが、ちょうどこれを使うことができます。

そこで、少し配管が複雑になりますが、この配管貫通部でパイプを浴室内に引き込んだうえ、一旦壁内に配管して水栓設置位置でパイプを取り出すことにしたいと思います。

(縦断図)

竹ボイラーの導入(35)風呂への給湯方法

昨冬、ATOウッドボイラー(暖房及び給湯の熱源)を導入しました。
昨冬は暖房部分を優先して整備したため、給湯については倉庫内の仮設給湯栓(下写真)でしか使えない状態です。

今冬からは風呂などでも使えるように主屋(古民家)へ給湯し始めたいと考えています。
ボイラー(倉庫内に設置)から主屋への配管については、今夏に散水栓などを整備するのにあわせて既にパイプ(給水管&給湯管の2条)を引き込んであります。

パイプには床下点検口において分岐箇所を設けてあります。

このため、あとは風呂などの設備に接続すればボイラーのお湯が使えるようになるのですが・・・。

ところで、風呂などではもちろん今でもお湯が使えるのですが、これは既存の配管系統(水源:上水道、熱源:ガス給湯器)から給湯されているためです。
これを新たな配管系統に切り替えることについて、ハード面では問題なくできそうです。
しかし、水源(上水道→井戸)や熱源(ガス→木質資源)が変わることからソフト面での問題が生じるように思います。
水源が上水道であれば、まさに湯水のごとく使えますが、同じ調子で井戸を使えば枯渇してしまうかもしれません。
また、熱源がガス給湯器の場合はスイッチひとつでお湯が沸きますが、ウッドボイラーでは手間を掛けて薪を焚く必要があります。
現代の便利なライフスタイルにどっぷり浸かっているなか、いきなり井戸と薪の生活に切り替えるのは無理があるのではないかと思います。
このため、当面はどちらも使えるように配管系統は完全に分けて整備しています。
風呂などの設備はさすがに二つ設けると言うわけにいきませんので、水栓(蛇口)を二つ設ける考えです。

さて、ボイラーの給湯先とする①流し台、②洗面・洗濯、③風呂のうち、今年は風呂への給湯を実現したいと思います。
風呂も、先に書いたとおり既存の水栓とは別のものを新設する考えです。
しかし、風呂はユニットバス(ノーリツ製)で水栓を二つも設けるような設計になっていないため、試行錯誤しながら進めることになりそうです。

まずは、水栓の設置場所を検討します。
既存の水栓はドアの対面の壁に設置されていますが、その近くにはスペース的に設置できそうにありません。
ドアの横の壁であれば設置スペースがあり、本管の分岐箇所からも近くて配管しやすそうです。

上図のとおり設置すれば、浴槽に直接お湯を張ることができ、吐水口の向きを変えれば洗い場でも使えます。

水栓の取り付け方法などを確認するため、資材カタログから浴室用のめぼしい水栓を選びます。

上写真のものはリクシル(INAX)社のサーモスタット付シャワーバス水栓(BF-WM145TSG)です。
希望小売価格は4万円ほどしますが、売りっぱなし(メーカー保障のみ)のネット店舗だと1万円以内で購入できそうですので、これを候補として仕様図を確認します。

上図から給水管と給湯管の配置を水平方向に200mm間隔とし、1/2BサイズのRpめねじ(水栓のPJおねじと接合)で取り出しておけば水栓を取り付けられるようです。

給水管と給湯管の取り出し位置は決まりましたが、問題はユニットバスの壁からどうやって配管を取り出すかです。
壁を横から見ると厚さがあります。

壁の中には断熱材が入っているのでしょうから、断熱材を取り除けば壁内に配管するスペースを確保できるかもしれません。
もし、壁内に配管できるのであれば、上図のとおり床下点検口内の分岐箇所から床下を配管し、壁下でパイプを立ち上げて壁内に引き込めば良さそうです。
こうすればパイプが露出することなく見栄えも良いですが、果たしてそんなに上手い具合にいくものでしょうか?

竹ボイラーの導入(34)仮設給湯栓の設置

昨年の今時分、木質資源(木や竹など)を燃料とするATO社のウッドボイラーを導入しました。
ウッドボイラーは給湯や暖房(温水循環)用途に使えるのですが、そのうちの暖房部分(簡易的な床暖房やパネルヒーター)を昨年、先行整備しました。


(床暖房パネル)


(パネルヒーター)

暖房部分を先行した理由のひとつに、ボイラーの水源としている井戸の汲み揚げ量を急激に増やすことは避けたいと思っていることがあります。

この井戸は長年使われていませんでした。
2年前に井戸ポンプを設置してから少しずつ汲み揚げ量を増やしてきているとは言え、ボイラーの稼働によりいきなり風呂・炊事・洗面などに大量の井戸水を汲み上げ始めれば、なんらかの影響があるかもしれません(自治体の上水道を水源にする場合と違い、直接、井戸と言う自然を相手にする場合、こうした考慮が欠かせないと思います)。
一方、暖房は温水を循環させるもので水の使用量が少なく、井戸への負担も小さいことから暖房を優先させたわけです。

その後、今夏には屋外の散水栓を整備するなどして、段階的に井戸水の汲み揚げ量を増やしました。

今のところ、井戸水が枯渇するようなことは起きていませんので、今後、給湯部分を整備して今冬には一部(風呂)の給湯を始めたいと考えています。

ところで、昨年にボイラーを導入する際、ボイラー周りの配管については二度手間にならないように暖房部分とともに給湯部分も一緒に施工しました。

つまり、ボイラー周り(鉄骨倉庫内)に限ってはすぐにでも給湯できる状態なのです。
そこで、倉庫内でちょっとした手洗いなどにお湯を使えるよう仮設の給湯栓を設けました。
この給湯栓は今後の本整備に伴い撤去する予定ですので、今回はこの仮設給湯栓の設置について書いておきたいと思います。


仮設給湯栓はボイラーから出る給湯管(上写真で朱色矢印)に蛇口をつないで設置します。
蛇口に混合栓を使えば湯温が調整できるようになりますが、安価なものでも6千円程度します。
仮設のために買うのも勿体ないですので、以前、屋外の立水栓に使われていた蛇口(単水栓:湯温調整不可)を再利用することにします。

蛇口は下写真のとおりパイプレンチを使って取り外してあります。

この蛇口を何らかの形で固定する必要がありますが、簡易的に2×4材(端材)を柱にし、これに取り付けることにします。

柱を合板の土台に固定します。

この合板の上に重りとして建築ブロックを載せる考えです。

柱に穴をあけ、ここにソケットを叩き入れます。
このソケットの前後に蛇口及びニップル(フレキパイプ接続用)をつなぎます。

この部分の配管を模式図で示すと下図のとおりです。

各管材は管用ねじでつなぐのですが、ねじの種類にはいくつかあり(上図でGとかRなど)、単純に「おねじ」と「めねじ」の組み合わせであれば全てつなげるわけではありません。
私のような素人にとって頭が痛くなるところですが、管材メーカーのサイトでわかりやすく整理した表を見つけました。


ミヤコ株式会社「ねじの組合せについて」

柱への固定に用いたソケットのねじは両口ともRp(管用テーパねじ用平行めねじ)となっています。
上表を確認すると、蛇口のPjねじやニップルのRねじをつなげることがわかります。

そんなことで仮設給湯栓が完成。
今回は蛇口や木材を流用できましたので、購入したのはソケットとニップルだけで費用は200円程度です(蛇口などを購入した場合は1,500円程度)。

ボイラーの給湯管と接続し、蛇口をひねると見事、温かい(熱い?:70℃程度)お湯が出てきました。

遊休農地の活用(5)道普請と古瓦のリサイクル

今春から新たに管理することになった畑(約3畝半)は自宅から少し離れているため(400m程度)、草刈りなどを行うときは軽トラに刈払機など積んで行くようにしています。

そして、畑に隣接する道は未舗装で、しかも私がここで軽トラを方向転換をさせるため、雨が降ると道がぬかるんで酷いことになります。
自転車やバイクだと乾燥後に残る轍にハンドルを取られかねませんので、酷くなる前に手当しておいたほうが良さそうです。

こうした道普請は地域の共同作業で砂利を置いたりしているのですが、面積が広いため水田のほうを優先せざるを得ず、畑のほうまでは時間的にできない状況になっています(今年は有志で後日実施)。
今回の場所は私にも責任がありますので、自宅から砂利を運んで轍を埋めておくことにします。

砂利は昨年、排水路を整備した際の残土をネットに入れて雨晒しにしてあるものがあります。

雨で土が流れ、ネット内に砂利だけが残るだろうと言う目論見です。

ところが、現地に運んで敷き均してみると、目論見は外れて土が混ざったままです。

このため、降雨後には元の木阿弥に・・・。

砂利は買わなければありませんし、何か身近にある材料を使えないかと思いついたのが古瓦です。
古瓦を細かく砕けば、砂利の代わりになりそうです。

今回使った古瓦は自宅敷地に長年放置されていたもので、おそらく昔の納屋に使われていたものだと思います。
納屋が建てられた当時(明治or大正)は町内で瓦の製造が行われていましたので、この古瓦の原料である粘土も町内で採土されたものであるはずです。
今回、道普請用の材料として使えば、再び町内の土として還してあげられることになります。

軽トラで運び、敷き均します。

軽トラはダンプ仕様なのですが、こうした場合に便利です。

降雨後に確認すると、今度はしっかり締め固まって良い感じです。

せっかく畑まで来ましたので、ひと作業してから帰ることに。
今春、山側から畑に侵入していた笹を刈りましたが、再び成長しているため低い位置で刈っておきます(3年程度続けると後退するはずです)。

刈払機を用いるため邪魔になる枯れ枝は前もって1箇所に集めておきました。

これもそのままにしておけば来夏には蔓草が絡みついて厄介なことになってしまいますので、持ち帰ってボイラー(ATOウッドボイラー)の燃料として焚くことにします。

瓦を土地に返しに行ったら、その代わりに柴を貰って帰ってきたと言ったところでしょうか。

庭木の剪定(27)マキの剪定と播種

前回、裏庭にある大きなアオギリを思い切って寸胴切りし、小さく仕立て直しました。

10月初めから始めた庭木の剪定も今シーズンはこれで完了です。
アオギリを別にすると(落葉を待って剪定)10月中には剪定を終えていましたので、剪定に要した時間は1日1時間(朝活)として計30時間程度になります。
4、5年前はこの倍程度の時間がかかっていましたので(植木屋さんに頼んでいたときで6〜7人工×8h)、以前に比べて相当縮減できたことになります。
その要因は、やはり庭木の伐採により本数が減ったことが一番大きいです。

自分のことだけを考えれば楽になって万々歳なのですが、その一方で伐採した樹木1本1本が果たしていた役割(地球環境から敷地のまで)はとてつもなく大きかったはずです。
このため、伐採した以上に新たに植樹したいと思っているのですが、植えたものを庭木として仕立てれば、いずれ剪定に四苦八苦してしまうことになります。
そこで、植樹は無剪定を前提にして畑や山に行うことにするつもりです(果樹を含む)。
屋敷内(庭を含む)については全く無剪定とはいきませんので、手間を要さず、木にとっても負担の小さい刈り込みにより剪定できるものを考えています。

その候補のひとつが(イヌ)マキです。
マキは既に生垣としてあり、年2回(春&秋)刈り込みにより剪定を行っています。

延長がある割には手間がかからず、剪定により畑のマルチ材(枝葉)が大量に得られるのも良いと思っています。

ところで、このマキ垣の剪定は10月下旬に行ったのですが、そのとき女木(雌雄異株)に果実がついているのを見つけました。

下写真のとおり緑と赤の団子状になっていて、緑色のほうが種子になります(右はハナミズキの果実)。

これを播いておけば来春に発芽し、いずれ苗木として植樹できるかもしれません。

ちなみに、春には剪定した枝葉を使って挿し木を行ないました。
現在の状態が下写真(朱色矢印は無関係)で、枯れてはいないものの活着するか微妙なところです。

マキの挿し木は難しいような感じで、おそらく植木屋さんは実生で苗木を栽培しているのかもしれません。

と言うことで実生でもチャレンジすべく、女木の近くに落ちている種子を拾ってきました。

とりあえず育苗ポットに播種しておきます(来春発芽するようならば竹製ポットに移植するつもり)。


(奥側はハナミズキ)

今年も夏の草刈り、そして秋の剪定をなんとか乗り切り、ヤレヤレと言った今日この頃です。
あとはマキやハナミズキが発芽してくれるのを春まで寝て待つことにしましょう(^_^)