里山古民家 のすべての投稿

庭の整備(42)門柱設置

前回、石柱(米搗きに使われた支柱)の活用策を検討した結果、郵便受けの基礎を兼ねて門柱として利用することにしました。

そして、重い石柱を丸太のコロを使って設置位置まで移動させました。

下写真で朱色枠のところに穴を掘って石柱を据えますが、この場所は今春にコケを移植したところです。

コケの生育はイマイチですが、穴を掘る箇所のコケを移植しておきます。

石柱の高さ80cmに対し、その下部の25cmを土中に根入れすることにします。
深さ25cmの穴を掘ります。

地山は綺麗な山砂(土に近い)です。

穴の底は山砂が堅く締まった状態ですが、念のため砂利を入れて基礎を設けておきます。

掘った穴に落とし込むようにして石柱を立てます。
前後左右に水平になっていくることをレベルで確認したうえ埋め戻します。

据え付けた石柱を離れてみると、少し違和感を感じます。
と言うのは、隣接する井戸の井桁も石材なのですが、その方向と少し違うのです。

また、今まで気づきませんでしたが、この井桁の向きは主屋と平行になっているのです。
と言うことは、門柱とする石柱も同じ方向にするほうが統一がとれてスッキリしそうです。

据えたばかりですが、修正することにします。
石柱を掘り起こしては大変ですので、偏位させる分だけ掘ります。

井桁と平行になるように少し回転させて方向を決めます。

縁石の方向も同様に修正しておきます。

ところで、上写真にも写っていますが、こうして汗をかいて作業している最中、井戸のうえで野良猫(ご近所の飼い猫?)が気持ち良さそうにして寝ているのです。
先に設置した睡蓮鉢は水呑み場になりつつあり、なんだか野良猫のために整備してあげているような感じです・・・。

いずれにせよ郵便受けの基礎を兼ねた門柱を設置できました。

先に設置の陶製臼(睡蓮鉢)とともに新たな利用方法と設置場所が決まって良かったです。

また、石柱と井桁と主屋の向きが平行になってスッキリ(自己満足・・・)。

石柱の上部には凹部がありますので、ここに電灯を入れれば通路の足元灯(常夜灯)にもなりそうです。
井戸ポンプを据える際に電気ケーブルを引くことになりますので、それにあわせて電灯も設置すると良さそうです。
とは言え、優先すべきは郵便受けの設置です。

庭の整備(41)石柱の活用策とコロ運搬

前回、睡蓮鉢として利用するため長年放置されていた米搗き臼(陶製)を移設しました。

亀裂から僅かな漏水が確認されるため、当面、水を張った状態で様子をみることにしています。
このため、睡蓮を植え付けるのは来春以降になりそうな状況です。

ところで、米搗き臼について以前にネットで調べたところ、実際の使われ方を示す写真を見つけました。


株式会社クボタ「田んぼの総合情報サイト:くぼたのたんぼ

この写真に杵を上下させるための石製の支柱が写っていますが、これも敷地内にあることがわかりました(この写真を見て初めて用途を知った次第です)。

臼だけでなく、この石柱も何らかの形で活用したいと思っています。

話は変わりますが、今春、玄関のアプローチに敷石(石畳)を整備するとともに、敷石の際まで芝生を拡張しました。

除草の負担軽減にもなって良かったと思っていたところ、ひとつ問題が発覚!
と言うのは、以前は郵便配達の際、玄関前にある郵便受けのところまでバイクで乗りつけることがてきたのですが、敷石を整備したことで郵便配達員の方は手前でバイクを降りて敷石を歩いて郵便受けのところまで行かなければならなくなったのです。
自分のことばかり考えていたら、この有り様です・・・。

そこで、郵便配達員の方がバイクから降りることなく投函できるよう、敷石の手前に郵便受けを移そうと思います。
敷石はさらに延伸する考えですので、これを見越して下写真の朱色で示す位置に郵便受けを設置すると良さそうです。

この手前は自動車が通る砂利道で広さもありますので、バイクでもUターンしやすいでしょう。

郵便受けは地べたに置くわけにいきませんし、バイクに乗ったまま投函しやすい高さに設置するには支柱などで立ち上げる必要があります。
支柱は根入れするとしても、安定させるには基礎を設けたほうが良いです。
その基礎として何か良いものがないかと考えて思いついたのが、先の石柱です。

郵便受けの基礎としてはこれほど大きいものは必要ありませんが、この場所なら門柱を兼用できそうです。
通路を挟んで反対側には現在、門冠りに仕立てている最中の松があり、その対として門柱が欲しいと思っていたのです(丸太でも立てようかと思っていました)。

石柱を活用できることになるため、早速にでもここに据え付けたいところです。
しかし、問題はこのような重量物をどうやって運搬するかです。
おおよその重さを掴むため、サイズを計測して体積を算出します。

800mm×380mm×200mm=0.0608m3

御影石(花崗岩)の比重を2.6とすれば、重さは158kg(=0.0608m3×2,600kg/m3)になります。

一人で持ち運べる重さではないため、どうしてもトラッククレーンや台車などを利用することに考えが向かいがちです。
しかし、敷地内などの狭いところで案外融通が利くのが原始的に丸太のコロを使う方法です。
古人はコロを使ってピラミッドや城郭の巨石を運んだことを思えば、158kgぐらい楽勝のハズです。

と言うことで、石の下に丸太を挟み込んだうえ、後ろから押して少しずつ動かしていきます。

私のような非力でも重い石を動かすことができ、本当にコロの発見は偉大だと実感します。

敷石や砂利敷きのところは合板を敷いて丸太を回転させやすくして移動。
そして無事、目的地に到達しました。

庭の整備(40)睡蓮鉢設置

裏庭の片隅に長年放置されていた陶製の臼について、前回調べたところ、明治後年に常滑(常滑焼きの産地)で作られ、精米用の米搗(こめつき)臼として使われたものであることがわかりました。

この米搗臼を井戸水とともに有効活用する方法として、水を張って睡蓮鉢として使いたいと考えています。
その設置場所について、もし睡蓮の花が咲くことにでもなれば見やすいところに設置したいものです。
そのような適地として思い浮かんだのが、下写真で朱色で示すところです。


(今春、敷石の整備時に撮影)

ここは三角状にスペースが空いており、現在は、今春の敷石整備で余った石などを仮置きしてあります。
ここなら通行の妨げになりませんし、通路(敷石)からも眺められます。
ただ、隣接する井戸の周囲を今後整備したいと考えており、その邪魔になるかもしれないのですが、とりあえずは設置してみて、どのような感じになるか確認することにします。

臼は陶製で分厚い(6cm程度)ため相当な重さがあるため、地面に合板を敷き、その上を転がして目的地まで移動。

陶製臼は地面にそのまま置いても良いのですが、ちょうど上写真で左側に写っている石臼も使うあてがないため、基礎として利用することにします。

ところで、陶製臼は精米のために杵で搗いて使われたもので「搗き臼」です。
搗き臼と言えば餅搗き用の臼が思い浮かびますが、昔は米の籾摺りも搗き臼を使っていたそうです(その名残りで今も籾摺りのことを臼摺りと呼ぶわけです)。
一方の石臼は製粉のために二つの石を擦り合わせて使われたもので「挽き臼」になります。
そんなことで、今回の睡蓮鉢は同じ臼でも搗き臼と挽き臼の合作と言った感じでしょうか。

閑話休題。

さて、何事も基礎が大事です。
水平になるようにレベルで確認しながら石臼を据え付けます。

その上に陶製臼を載せ、散水栓からホースを伸ばして井戸水を充します。

水が張られ、米搗き臼も生き返ったかのように見えます。

水を張った状態で側面を見ると、亀裂があるところが湿っています。

臼のなかの水が目に見えて減るようなことはありませんが、亀裂から僅かに水が漏れているようです。
もし、漏水が増えるようであれば止水する必要がありますので、しばらく水を張った状態にして様子を見ることにします。
このため、睡蓮を育てるのは来春以降になりそうです(今の時期はホームセンターで扱っていないこともあります)。

また、ただでさえ重い陶製臼に水まで張ったことで重心が高くなり、地震時に転倒してもおかしくありません。
そこで、臼の下部に天然石を回して支えとします。

見た目にも安定感が増したように感じます。

離れたところから見て、配置を確認します。

こうしたものは私のようなセンスがないものが無闇矢鱈と設置すると、ごちゃごちゃして悪趣味な感じなってしまうものです。
まあ、今回はこれもアリと言ったレベルでしょうか。

庭の整備(39)米搗き臼

庭の散水栓(井戸水を水源)を整備し、ホースリールも繋いで、いよいよガーデニングにも井戸水を活用できるようになりました。

とは言え、ガーデニングと言う洒落たものには縁遠い人間ですし、芝庭も余程の日照りが続かない限りは水やりの必要はありません。
特別に水を要するような植物は何だろうかと考えると、やはり水生(抽水)植物の睡蓮や蓮が思い浮かびます。
睡蓮や蓮を育ててみるのも面白そうですが、それには鉢や池が必要です。
鉢と言えば、裏庭の片隅に転がっている臼を活用できそうです。

上写真は立ち枯れした杉の木を1年前に伐倒したときのものですが、危うく割ってしまうところでした・・・。
刈払機を使って草刈りする際も、こうしたものがあると邪魔になるため処分するか有効活用するようにしたいと思っていたのです。

この臼は分厚い陶製で相当な重さがあります。
3年程前のことですが、ちょうど遊びにきていた甥っ子にも手伝って貰ってひっくり返したのが下写真です。

ひっくり返したことで、臼の上縁に刻印があるのを発見。

判読しづらいですが、どうやら次のとおり書かれているようです。

知多郡常滑村とありますので、お隣の愛知県は常滑焼の産地で作られたものなのでしょう。
また、屋川(屋号「やまや」)の堀本吉次郎なる人の手によるものであることも分かります。

昔であればここまで調べて終わりだったのでしょうが、ネット時代の今の世、カチカチとキーを叩いて「堀本吉次郎」で検索すると、なんとヒットするものがあります!

常滑市民族資料館「友の会だより 第14号」に「陶製米搗臼」について書かれた論文が掲載されており、そこに堀本吉次郎の名があるのです。
そして、この論文に掲載されている写真を見ると、まさに我が家と同じものが写っています。


常滑市民族資料館「友の会だより 第14号」、手水鉢に転用されている陶製米搗臼)

論文を読むと、この臼は明治後年に常滑で製造されたもので、精米用の米搗(こめつき)臼として使われたとのこと。
分厚い(肉厚6cm前後)のは米を搗いても割れないようするためで、そのため乾燥に6ヶ月以上も要するなど大変な労作だったそうです。
出荷先は三重・愛知・岐阜・大阪で、最盛期には年間1000個ほど売れたのだとか。
論文の末尾に、現在では思わぬところに転用されているとして、例として寺の用水甕、庭の造園用、植木鉢、手水鉢などが上げられています。
愛知県にある寺では立派な線香立(香炉)として活用されるそうで、我が家も睡蓮鉢よりも香炉にするほうが良いのかもしれませんね!?

ところで、明治後年に作られた米搗臼であることは分かりましたが、このような形状の臼を使って、どのように精米するのでしょうか?
餅つきのような感じで杵を使うのでしょうか??
私自身、生まれた時には既に電動の精米機が普及していた世代で、改めて考えると昔の人はどのようにして精米していたのか不思議に感じます。

そこで、またもやネットで「米搗臼」を調べてみると、株式会社クボタの「田んぼの総合情報サイト:くぼたのたんぼ」に写真付きで解説があるのを発見。

上写真のとおり足踏みにより杵を上下させて米を搗いていたのです。
「米搗きバッタ」の言葉だけは知っていますが、これを使って米を搗く様を呼んでいるわけです。
年長者にとっては当たり前のことでしょうが、恥ずかしながら今回の件で初めて知りました・・・。

ところで、上写真には柄の支柱に石製のものが使われていますが、これまた見覚えがあります。
下写真は先般、主屋の裏にを植栽したときのものですが、そこに同じようなものが写っています。

御影石を切り出したものですが、単純な直方体ではなくて一端が凹の形状に加工されているため、一体何に使ったものだろうかと長年思っていたのです。

この凹部に木の柄を通し、米搗き用の支柱として使われていたわけです。
まさか、これが先の陶製臼と一体のものだったとは、何十年とここに住んでいるにも関わらず初めて知りました・・・。

いずれにせよ、こんなところに放置されていては蹴つまずく原因になりますし、芝生を拡張する際にも邪魔になります。
処分するのもひとつの選択肢ですが、遠い将来には電気が使えなくなり、こうした精米方法が見直されるときが来ないとは限りません(我が家は100%玄米食なので、そもそも精米する必要すら無いのですが・・・)。
このため、陶製臼とともに石製支柱も残すべく、当面の活用策を検討したいと思っています。

井戸の再生(41)散水栓とホースリール

先般、井戸の配管を延伸したことにより、手水鉢(3年前に外便所跡地に整備)でも井戸水を使えるようになりました。

この手水鉢へは地面に設けた散水栓にホースを繋いで水を送っています(ホースは竹の筧の中に通してあります)。

せっかく散水栓があるのに、手水鉢への給水に使うだけでは勿体ないように感じます。
散水栓にホースリールを繋げば、芝庭の水やりやガーデンニングにも井戸水を使えるようになります。
自動車の洗車も、これまではガソリンスタンドで洗車機にかけていましたが、散水栓とホースリールにより自宅でも洗車しやすくなりそうです。

と言うことで、倉庫内で埃まみれになっていたホースリールを引っ張り出してきました。

屋内保管のためホース自体に問題はなさそうですが、ノズルのほうが劣化しているのか通水するとノズルの根元付近から漏水します。
ノズルだけでも市販されていますので(500円程度)、新しいもの(上写真で黄緑色のほう)を購入して付け替えました。

反対の蛇口側については、蛇口に繋ぐためのコネクタがホースリールに付属しており、それを下写真のように散水栓に取り付けられます。

離脱防止用のネジもありますが、水圧がかかったり引っ張ったりすれば外れてしまいそうな感じです。

ところで、散水栓はどのメーカーのものでも先端にホースを直接繋ぐためのカップリング(継手、下写真で左側)が付いています。

このカップリングは散水栓本体と管(クダ)用ネジで接合されており、取り外すことができます。
そこで、このネジの仕様を調べてみると、1/2in.サイズの平行ネジ(G)です。
と言うことは、このカップリングの代わりに、同じネジ(G1/2)を有する蛇口ニップルを直接、取り付けられることになります。

そこで、蛇口ニップル(上写真で右側、ホームセンターで100円程度)も購入し、散水栓本体に直接取り付けることにします。

散水栓と蛇口ニップルとは管用ネジで接合されていますので、これなら水圧や外圧がかかっても外れることはありませんし、見た目もスッキリしました。

この蛇口ニップルがあることで、ホース側のコネクタとワンタッチで繋げられるようになります。

手水鉢用のホースにもコネクタ(ホームセンターで100円程度)を購入して取り付けておきました。
こうしておけば、手水鉢とホースリールとの切り替えが容易に行え、さらに井戸水を活用できそうです。

庭の整備(38)播き芝(切除したランナーを利用)

今春、播き芝により芝生を拡張したところに前回、目土入れを行いました。

この調子だと、来夏には張り芝したところと変わらないぐらいになりそうです。
このように芝の成長力は旺盛で、土間コンや敷石との境界ではそれらを越えようとランナーを伸ばしています。
こうしたものは惜しい気持ちもありますが、ハサミで切除しておきます。

ところで、今春に行った播き芝はホームセンターで購入した芝(1束)を小さく切り分け、それらを点状に植え付けるようにして行いました。
しかし、本来の播き芝は完全にほぐし、バラバラになったランナーを播いて行うそうです。
とは言え、バラバラにほぐすのは案外手間が掛かるもので、今春に行ったときは横着して小さく切り分けたわけです。

先に切除したランナーを見て思ったのが、これを使って本来の播き芝が行えるのではないかと言うことです。
芝生は草取りや草刈りの負担軽減のために更に広げたいと思っており、こうして増やせられれば新たに芝を購入しなくても済みます(芝はそう高いものではないのですが、自然の力で芝が成長する過程こそが面白いように感じます)。

そこで、実験的に先のランナーを使って播き芝を行ってみることにします。
ただ、播き芝用の場所を準備していませんので、とりあえず水稲用の苗箱に山砂を敷き、そこにランナーを播きます。

水稲の場合も同様にして種籾を播くのですが、種籾の代わりに芝のランナーを播くとは変な感じです。

これまた水稲苗と同じように山砂を薄く被せて転圧したうえ、たっぷり水やりします。

稲も芝も同じイネ科の植物ですので、同じ育苗方法が通用するのではないかと思うのですが、どうなることでしょう?

先に「芝生を更に広げたい」と書きましたが、その場所は主屋(古民家)周りで、以前は除草剤により草一本生えていない状態にしていたところです。
主屋の南側については既に芝庭になっていますが、その反対の北側(鉄骨倉庫との間の通路、下写真)は除草剤をやめたことで雑草が生い茂っています。

雑草が生えていることで雨後のぬかるみができにくくなりましたし、流水による表土の流出も少なくなったに違いありません。
また、雑草(定期的に草刈り実施)も遠目に見れば芝生のようにも見え、これはこれでアリかもしれません。
しかし、この光景を綺麗好きだった亡き祖母(手取りによる除草)や父(除草剤による除草)が見れば卒倒するに違いありません・・・。
そこで、雑草を芝に置き換えることで見た目的にも良くしたいと考えているのです。

ところで、この下流には今春に整備した雨水浸透排水路なるものがあります。

今のところ、降雨時に排水が滞ることはなく、通常時も水はけが改良されたのか付近の感じが良くなったように感じています(以前はジメジメした感じ)。

このため、この雨水浸透排水路をさらに上流へと延伸させ、主屋隣接箇所の排水や水はけも改良したいと考えています(下写真で水色の線)。

芝の生育には「水はけ」の良さが欠かせないため、雨水浸透排水路の整備は芝の生育にも寄与してくれることでしょう。
芝の生育にはもうひとつ重要点があり、それは「日当たり」です。
ここは主屋の北にあたり時刻によって影が生じるため、日当たりの面で条件は良くありません。
このため、主屋側に排水路を配置し、これを縁としてこの北側を芝生とすると良さそうです(上写真で朱色点線の範囲)。

切除したランナーはまだ余っていますし、播き芝ができる時期(春と秋)は限られていますので、今秋に少しでもやって様子を見ることにします(9月2日実施)。
大きな石だけを取り除いたうえ、ランナーを播きます。

山砂を薄く被せて転圧、散水して完了。

<<その後、20日経過>>

播き芝後、20日経過した状態が下写真です(9月22日)。

緑が目立つようになり、元気に生育しているようです。

一方、苗箱を使ったほうは緑が消えています・・・(土の一部が流出しているのは庇の雨だれが当たったためです)。

これは水が欠乏している状態だと思います。
水やりは定期的に行っていることから、芝の生育にはこのような薄い土の層と水分だけでは不十分なのでしょう。
芝の生産農家も出荷のことを考えれば苗箱で栽培したほうが省力になるのでしょうが、このような栽培はしていないことからも、そもそも無理があったようです。

ランナーは茶色くなって枯れたようにみえますが、水の欠乏によって休眠状態に入っているだけでしょうから、直播きし直しておきます。

<<さらに20日経過>>

播き芝後、40日経過した状態が下写真です(10月16日)。

一段と成長する一方、芝の間からは冬草も生えてきています。
この場所が芝の生育に適していれば、雑草は芝に駆逐されていくはずですが、果たしてどうなることでしょう?(芝の生育に適していない場合は草取りに四苦八苦することに・・・)。

庭の整備(37)播き芝のその後と目土入れ

今夏も草刈りに明け暮れて終わっていったように感じる今日この頃です。
草刈りや草取りの負担軽減をひとつの目的として2年前に芝庭を整備しましたが、もちろん芝も成長するため定期的な芝刈りが欠かせません。
芝刈りは敷地内の草刈りのついでに刈払機(ジズライザー装着)を使って行なっている程度ですが、我が家にとっては十分なレベルの芝生になっています。

この芝庭を上空(離れの2階)から遠望したのが下写真です。

敷石(石畳)付近の芝生が点状になっていますが、この箇所は今春に播き芝により芝生を拡張したところです。

近づいて見ると、ひと夏で随分と成長して裸地部分が無くなりつつあります。

<播き芝直後の状態>

さらに下写真の箇所は、2年前に芝張りしたところからランナーが侵出してきていたため、今春、目土を入れておいたところです。
そうしたところ、旺盛に成長し出し、今では芝張りしたところと変わらなくなっています。

<目土入れ前の状態>

「目土入れは芝の成長促進や不陸地(凸凹)の整正などを目的に行う」とされていますが、先の成長具合から実感するところです。

と言うことは、今春に播き芝したところにも目土入れを行うと良いかもしれません。
下写真のとおり播き芝箇所(点)から四方にランナーを伸ばしていますので、この部分を重点的に目土を入れることにします(9月23日)。

目土の用土には山砂(今春、播き芝を行なった際に購入した余り)を使います。
山砂には肥料分が含まれていませんので、薪ストーブやボイラー(ATOウッドボイラー)で発生した灰を混入。

播き芝箇所に目土を入れます。

せっかく緑で覆われつつあったのが、目土を入れたことで外観上は裸地部分が現れて後退したかのようです。

たっぷり水やりして目土入れ完了です。

先般、井戸の配管を延伸し、この近くにある散水栓が使えるようになったばかりですが、さっそく水やりに利用しました。
井戸水には、水道水のような次亜塩素酸(滅菌目的)が含まれませんので、水やりに使うには最適のことでしょう。

<続きます>