月別アーカイブ: 2017年2月

耕作放棄地の再生(8)樹齢45年木の伐採

先般、山裾部分の竹(ほとんどが立ち枯れ)を伐採しました。

その結果、倒れている竹がなくなり、幾分スッキリしました(下写真)。

さらに、上写真で朱色の線で囲んだ箇所(2箇所)の竹も伐採していくつもりですが、左側については樹木(上写真で矢印)と交錯し竹を倒せない状態になっています。

この木は前方にせり出し、樹冠がお隣りの田を覆っていることもあり、この機会に伐採することにします。

樹高は10m程度ですが、竹の勢いに押されて、前方に光を求め幹が湾曲しています。
見てのとおり落葉樹ですが、樹種はエノキ(ニレ科)かと思います。

根元の直径は30cmと結構太いですが、エノキだとまだまだこれから大きくなるのでしょう(しかし、主幹の湾曲により余計な力がかかっているため、寿命は短いかもしれません)。

伐倒の際の障害物はなく条件が良いとは言え、私のような素人にとってはこの程度(樹高10m、根元直径30cm)が限界のように感じます。
そう考えると、ちょうど伐り時なのかもしれません。

昔の里山には、土地の筆界となる木や、御神木、暴風林などの特別なものを除き、それほど太い木はなかったと聞いたことがあります。
昔は人力で伐るしかなく、雑木でこのように太くなると伐るのが大変ということもあったのではないでしょうか。

今の世はチェーンソーを使ってアッという間に伐倒&玉切り完了。

細かい枝も大量に発生します。

このまま放置すれば、草刈りができず、草や蔓が繁茂して大変なことになってしまいます。

面倒ですが、バラして、少し太いものは焚き付け用に持ち帰り、さらに細かいものは草刈りの支障にならないように田面にバラまいておきます。

玉切りしたもので年輪を数えると、樹齢45年以上あります。

そうすると昭和40年代半ばから成長し始めたことになりますが、ちょうどその頃から里山に手が入らなくなったのかもしれません。
いずれにしても私の年齢以上に時間をかけて成長した木ですので、ストーブの薪として大切に使いたいと思います。

<続きます>

井戸の再生(17)地下水の流れ

前回、下図で井戸3とある古井戸の再生案を検討しました。

井戸1、2、3は下図のとおり地下水位高が同じであることから、同一の水脈であると考えています(あくまでも素人考えです)。

では、この地下水はどの方向に流れているのでしょうか?
地盤高は井戸1から3に向かって低くなっており、地下水の底となる不透水層も同様の勾配であると考えると、地下水は井戸1から3に向かって流れていることになります。

そう考えていると、その先の山裾に農業用のため池跡があることに気づきました。

ここは我が家の敷地ではありませんが、以前、土地の相続登記をおこなう際に法務局で交付してもらった公図(旧土地台帳の添付図)から地目が「ため池」の土地があることを知りました。
現状では薮と化しており、ため池があったとは思えません。
地元の長老に尋ねたところ、昔(昭和30年代頃まで?)は水田用に小さなため池があったと教えていただきました。

ということは、この周辺(山裾)から地下水が湧出しており、それを見た古人がここに農業用ため池を設けたように考えられます。


(水平・垂直方向の縮尺は異なります。実際の斜面は20°程度の勾配です。)

現地を確認すると農業用ため池らしき痕跡が残っています。

水は溜まっておらず、山側から湧水があるような気配もありません。
山は荒れ、井戸も使わなくなったことで、水みちも変わったのかもしれません。

井戸もため池も今の世にあっては無用の長物ですが、これらの遺構からは、古人が水の流れなど熟知し、うまく自然とつきあっていたことが偲ばれます。

次項も思いつき程度のものですが、地下水の流れがこの方向にあることを示しているのかもしれません。

  • 地下水の流出側になる山の斜面に竹が少ない
  • 下図で黄色の着色箇所は周囲に比べ竹が少ないです(感覚的に1/3程度の密度)。
    竹は成長に多量の水を必要にするにも関わらず、水の流れがあるところを嫌うということを聞いたことがあります。
    真偽は不明ですが、水の流れを嫌って竹が生えにくいのかもしれません。

  • 井戸の下流側にフキが群生している
  • 下図で緑色の着色箇所にはフキが群生しています。
    フキは沢筋など水が豊富で、半日陰のところに自生します。
    ただ、ここのフキは栽培種のような感じですので、戦前に祖父がこの場所に柿の木を植えたときにフキも植えただけなのかもしれません。
    それでも絶えることなく現在も群生しているということは水が豊富なのでしょう。

<続きます>

里山整備2017(4)伐採木の利用

前回、畑側にせり出している樹木の一部を伐倒しました。

上写真は樹高10m程度のシロダモです。

このシロダモの幹を薪用に玉切りしたのが下写真です。

太いもので直径25cm。
これだけ太くなるには長い年月がかかっているのでしょうが、薪ストーブの薪としてアッという間に無くなってしまうのでしょうね。

枝葉については、薪用と、細かい枝葉に分けてバラします。

1本の木からこんなにたくさん(一輪車の大きさと比較)の枝葉が発生しました。

細かい枝葉も、このまま置いておけば1年後には自然と枝と葉に分かれ、枝部分は薪ストーブの焚き付けとして使えます。
ただ、今シーズンは柿の木を大規模に剪定していることから、細かい枝の焚き付けは十二分に確保できる見込みです。

そこで、細かい枝葉は畑の畝に被せ、被覆材(天然のマルチシート)にすることにします。

雑草を(ほどほどに)防いでくれ、腐れば堆肥になって土に還るわけです。

作物の種を播いたばかりの時期だと発芽・成長の支障になりかねませんが、今の時期だと秋に播種した冬野菜や豆類は既に大きくなっているため、それらを囲うように枝葉を被せることが可能です。

<ビフォー>

<アフター>

ソラマメが霜のためにグッタリしています(早朝に撮影)。
しかし、こうすることで地面がむき出しになっている状態よりも霜の影響が小さくなることでしょう。

ところで、ほとんどの人はこの畑を見ても、とても作物を栽培しているとは思わないでしょうね・・・(私自身も、このような畑を見たことがありません)。
樹木の枝葉を利用する場合でも、普通はシュレッダーによりチップ化するかと思います。
しかし、これまでの3年ほど剪定屑をこのように被覆してきたところ、地力は年々増しているように感じています(化学肥料のような即効性はありません)。

3年前に化学肥料をやめたときは、ダイコンさえも育たない状態でした(発芽するものの、すぐに黄色くなって消滅)。
それが少しずつ地力が回復し、現在では下写真のとおりダイコン程度であれば育つようになっています。

肥料分が少ないためか、葉が小さいですね。

葉を見る限りあまり期待できませんが、引き抜いてみると十分食用になるレベルです(^_^)

<続きます>