月別アーカイブ: 2017年3月

果樹園の再生(9)ミカンの植え付け

今冬にモモスモモクリの苗木を植え付けました。
これらの果樹は落葉樹ですが、3月も下旬になりましたので常緑樹の果樹を植えることにします。

常緑樹の果樹と言えばミカンです。
ミカンは昨シーズンに3本(温州、伊予柑、デコポン)植えているのですが、今シーズンさらに2本(宮川早生、デコポン)追加します。

先般、近隣で自家栽培されている方から頒けていただいたミカンが美味しく、その品種が「宮川早生」(早生の温州ミカン)でした。
その方曰く、売り物のような肌ツヤの良いものにするには消毒しないと難しいとのことでしたが、当地の気候にも適しており、自家用なら無消毒でも十分ではないかと感じ「宮川早生」を選びました。

この「宮川早生」を植える場所は下図で38番です。

昨シーズン、この近くに「伊予柑」(32番)、「デコポン」(33番)を植えています。
ミカン同士を近接させていますが、ミカンは自家結実性があるため特段このような配慮は不要かと思います。
この場所は(冬の)風下側にお隣りの住居がありますので、落葉樹を避け、常緑樹のミカンを配置しているわけです。
しかし、風上側に防風林(竹)があるとは言え、風当たりが強いためミカンにとっては余り良い環境ではないのかもしれませんね。

では、穴を掘って苗木を植え付けます。

周囲が、伐採木の枝葉をバラしたもの(来シーズンの薪ストーブ等の焚き付けに使用)で山になっています・・・。
いずれ使って無くなりますし、とりあえず苗木への日当たりに影響はないでしょう。

腐葉土(らしきもの)で埋め戻して植え付け完了。

抑草&乾燥防止を期待して、表面を枯れ葉で覆ってあります。

ところで、上写真で奥に写っているのは、昨シーズンに植えた「デコポン」ですが、葉が黄色くなっています。
実は、早くも結果し、欲どしくも収穫しようとそのまま大きくしたため、果実のほうに栄養がいったようです(既に収穫済)。
栄養補給のため、薪ストーブで生じた灰をふり撒いておくと良さそうですね。

その「デコポン」ですが、オレンジのように甘く、しかも温州みかんのように袋ごと食べられるので大好きです。
そこで、今シーズンも1本追加することにします。

植え付ける場所は下図で39番です。

クローバーが生い茂っているところに植え付け完了。

これで今シーズンの果樹の植え付けは終わりです。
結局、今シーズンはモモ、スモモ、クリ、ミカン×2の計5本の苗木を植え付けました。
一方、カキの老木を中心に4本伐採しましたので、(苗木が枯れることなく成長すれば)トータルでは1本の増となり、多少は樹種の多様化と若返りを図れたように思います。

<続きます>

スイカの種蒔きと春の畑

先日、菜種梅雨に備えて屋根の樋を掃除しました。
菜種梅雨は、ナタネ(冬野菜)などの花が咲く頃に降る長雨のことを言いますが、一方でその頃、旺盛に成長するエンドウなどの春野菜にとってはまさに恵みの雨になります。
さらに、この雨は夏野菜に対しては発芽を促しているようにも思います。

ということで、夏野菜の種を蒔くことにし、今回はスイカを中心にポット蒔きするものを種蒔きします。
なお、キュウリ(地這い)やオクラ、ゴーヤなどは昨年生育していたものが自然生え!?してくれることに期待していますが、様子をみて適当に直播きするつもりです。

ポットに腐葉土(ワラのムシロが腐ったもの)をつめ、種を蒔いて完了。

スイカの種はホームセンターで購入したF1種(黒玉)と、自家採種(大玉)したものです。
購入したF1種はパッケージにたった15粒入って約500円。スイカは高いですね。

ところで、田舎のほとんど家では多かれ少なかれ野菜を栽培していますので、初夏のキュウリなどをご近所にお裾分けしても喜ばれません。
しかし、田舎でもスイカは喜ばれることが多いように感じますので、なんとか実ってほしいものです。
もちろん私もスイカが大好物です(^_^)

上写真には右端にダイコン(冬野菜)が写り込んでいますが、まだトウ立ちしておらず食べられる状態です。

下写真のダイコンはずいぶん太いと思いきや、頭部が3つに分かれています。

ダイコンは根割れ(二股ダイコン)しやすいですが、頭部も分かれるものなのですね。

実は、これらのダイコンはほとんど収穫していません(収穫が面倒!?)。
と言うのも、我が畑のダイコンやニンジン、ゴボウはほとんど自然生えのようなもので、なんの施肥も管理もしておらず、土地をタダで耕してくれる耕運機!?代わりなのです(必要なだけを抜いて食す)。

一方の春野菜(ソラマメ)の生育状況は下写真のとおりです。
春になり、まさにグングンと言った感じで成長しています。

ちなみに、上写真の場所は樹木の枝葉をバラしたものをマルチシート代わりに被せてあるため、雑草が比較的少ない状況です(下写真は今年2月に枝葉で被覆した直後の様子)。

枝葉で被覆していないところは現在、下写真のとおり畝が雑草で覆われていますので、枝葉のマルチシートでも相当な抑草効果が得られるということになりますね。

この畝を覆っている青々とした雑草は春草のカラスノエンドウやスズメノエンドウです。
マメ科の雑草がこれほど勢いがあるということは土壌に肥料分(窒素)が不足しているというなのかもしれません。
「どんどん茂ってタダで肥料を補給してもらうことにしよう!」
なんてことを言っていられるのは今のうちで、これから一雨あるごとに天に達するほどになることでしょう・・・。

マメ科の雑草だけでなく、こちらでは違う雑草が可憐な花を咲かせています。

この群落はヒメオドリコソウですね。
そばにはゴボウが点在していますが、わかるでしょうか。

下写真では、オオイヌノフグリがこれまた可憐な花を咲かせています。

そばにはトウ立ち間近の菜ものと、ソラマメが成長しています。
野菜だけではなくいろんな雑草が一緒に育っているのも案外良いものかもしれません。

雨水対策(1)雨樋の掃除

当地では冬季、北西の季節風(鈴鹿山脈から伊勢湾に吹き抜ける「鈴鹿おろし」)が吹きます。
そして、我が家は西に里山(防風林を兼ねる)があるため、木や竹の枯れ葉が敷地へと吹き飛ばされてきます。

そんな季節風も、過日の春一番のあとは弱まりつつある一方、間もなく「菜種梅雨」の時期を迎えます。
ということで、落ち葉がたまった雨樋を掃除して菜種梅雨に備えることにします。

まずは主屋の大屋根に掛かる軒樋から。
下屋の屋根に登って作業することになります。

主屋は厨子(つし)二階と呼ばれる形式で、通常の本二階に比べ大屋根の高さが低くなっています。
そのため、下屋の屋根に登るだけで容易に樋掃除ができます。

さて、落ち葉のたまり具合は。

上写真で手前が山側(西側)になりますが、やはり山側ほど堆積量が多くなっています。
たくさんたまっているとは言え、これでも里山整備(枯れ竹の除去や間伐)をおこなう前に比べると1/3程度に減っています(今回の樋掃除は今冬初めてですが、以前は2ヶ月も経たないうちにこのような状態になっていました)。

軒樋の落ち葉を取り除き、続いては、たて樋です(下写真は主屋の裏側)。
特に集水器付近がたまりやすく、棒で引っ掻く程度で取り除けるレベルではありませんので、たて樋をバラします。

たて樋は通常、接着剤を使って接合してあるためバラしにくいかと思います。
しかし、我が家は余りにも落ち葉が多いため、一部を接着剤を使わずに接合し、バラしやすいようにしてあります(たて樋は「でんでん」でも固定されているため、勝手に外れてしまうということはないようです)。

で、たて樋の中は。

なんとか雨水が流れる状態ですが、詰まるのも時間の問題ですね。

他にも土蔵や倉庫の樋を掃除して、ゴミ袋一杯分の落ち葉がたまりました。

本当はこれで終わりではなく、樋掃除ができていない建物が残っているのです。
その建物は最も山に近いところにある離れ(下図で左下)です。

上図には樋の位置と向きを矢印で示してありますが、そのうち赤色と黄色が落ち葉がたまりやすいところです。
離れは最も落ち葉がたまり掃除する必要性が高いのですが、実際には15年ほど前に新築して以来、全くできていない状態です・・・。

と言うのは、離れは2階建てで、所有している二連梯子(7m)を掛ければ届く高さなのですが、下図のとおり山の斜面が迫っていて足場を確保できないのです。

上図で梯子は75°の角度で掛けてありますので、もう少し立てればよさそうなものですが、実際には法肩の土が軟弱でとても梯子を支えられるような状態ではありません。

この斜面は昭和30年代に樋(先代の離れ)の故障から崩壊しており、再び崩れたときには離れ自体の倒壊につながりかねません。
そこで、とりあえずは軒下に板を並べて、樋から溢れ出る雨水の落下により地面が削られてしまうのを防いでいます。

これはあくまでも応急措置であり、ちゃんとしたものとして次のような方策を考えています。

  • 樋カバーの設置
  • 恒常的な足場の設置
  • 樋を撤去し、地面に雨水を受ける側溝的なものを設置

いずれにしても、斜面自体の強化(土留め及び植栽)とともに対策を講じていこうと思います。

<続きます>

薪ストーブの導入(51)ダンパー下方の煙突掃除

今冬に薪ストーブを導入してから既に煙突掃除を2回(約2ヶ月ごと)おこないました。

煙突掃除はシーズン後に1回おこなう場合が多いようですが、薪ストーブ初心者であることとと、松を中心とする古材をメインに焚いていることから少し慎重にしています。
そんなことで煙突の状態は良好だと思っていたのですが、先日、ダンパーを回転させると全閉位置で少し引っ掛かりがあるように感じました。

ダンパーの径は煙突内径に対して少し小さいため、煙突とダンパーとの間に隙間があります(下写真は導入時のもの)。

この隙間にススなどが付着しているため、ダンパーを回転させる際に引っ掛かりを感じるのかもしれません。

ところで、先におこなっている煙突掃除でススが取れていてもよさそうなものですが、実は煙突掃除はダンパーの手前(煙突トップ側)までしかおこなっていないのです。
というのは、煙突トップから煙突ソージ器を挿入してもダンパーが障害物となり、その先の掃除ができないからです。

ススなどが付着するのは外気に晒され煙突温度が下がる部分であり、ダンパーの下方のようなストーブ直近は大丈夫だと考え、これまでの煙突掃除ではおこないませんでした。
(と言いつつ、ダンパーの下方を掃除するには煙突を外す必要があり、それが面倒で横着していたというのが最大の理由かもしれません・・・。)

薪ストーブのシーズンも残り僅かですので、「シーズンオフになってから掃除すれば大丈夫!」という悪魔の声が囁きますが、ここは面倒がらずに掃除することにします。

さて、ダンパーの下方の煙突をどのように掃除するか?
ストーブ本体から煙突ソージ器を逆に挿入すれば良いように考えますが、使用している薪ストーブ(モキ製作所 MD80Ⅱ)は煙突接続口の下に「茂木プレート」なる鋼板があるため挿入できません。
そんなことで煙突を外すしかないのですが、こうしたことを想定して煙突を外せる設計にしてあります(標準設計通りです)。

上図で「スライド管」とある煙突が伸縮可能になっていますので、これを縮めることで抜き取れます。
ところで、煙突の一部を抜き取れば上から煙突が落ちてきそうですが、上方にある固定金具により煙突はぶら下がっている状態になっていますので落ちてくることはありません(ストーブ本体に煙突が載っているのではありません)。

そのようにして煙突を抜き取り、ススを落とさないように慎重に屋外に運びます。
さて、中の状態は?

見事に隙間が無くなっています・・・。
ススに加えて灰が付着しているようにもみえます(ストーブ本体に近いからでしょうか)。

煙突ソージ器で取り除くと、出るわ出るわ!
煙突1本でこの量です!!

このことから、ススは煙突の上方も下方も同様に付着すると考えたほうが良さそうです(煙突トップは別格)。

さて、ススや灰を落としてスッキリしました!

せっかくの機会ですので煙突を戻す前にストーブ本体の煙突接続口を覗いてみます。

真ん中に見える鋼板が「茂木プレート」です。
いくつかの孔があいた単なる鋼板ですが、これで乱気流を発生させクリーン燃焼(二次燃焼)を実現させているそうです。

煙突の再設置後には、周囲にススなどが散乱・・・。

これも掃除して煙突掃除完了です。

<続きます>

耕作放棄地の再生(11)ハゼの木の伐採

前回、竹の伐採が一区切りついたことから、既に廃道になっている世古道の現状(下写真)を確認しました。

こんな悠長なことをしていると今シーズンの作業が終わったかのようですが、まだ続きます・・・。

竹と樹木の伐採により、とりあえず上流側の隣地(下写真で手前側)には迷惑がかからない状態になったように思います(とは言え、まだ樹木の樹冠が隣地の上空にかかっているところがありますね・・・)。

隣地の方には何十年もの間、境界から我が家の耕作放棄地側に幅3m以上、草刈りをおこなっていただいていました。
本当にご迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした。

上流側(下図で左側)に続いては下流側です。

上図で「整備2」とある箇所の現状は下写真のとおりです。

説明するまでもありませんが、上写真で右側(上流側)が我が家の土地です。
土手に笹や灌木が生い茂り、そのうえ樹木の樹冠が隣地に大きくせり出しています。
現在は落葉していますが、夏になれば田面にまで影を落としているに違いありません。

7m程度の樹高がありそうですが、樹種は何でしょうか?
葉がないので見分けづらいですが、枝の様子を窺うと・・・。

この枝の付き方は、ウルシ科(ヤマウルシやハゼ等)のような。
しかし、ウルシ科であれば、この時期、枝先にブドウの房状の果実がぶら下がっていても良さそうなものですが、見当たりません。
というのもの、ヤマウルシやハゼは雌雄異株で、これは雄株のようです。

そして、ヤマウルシがこんなに太く大きくなることはないためハゼでしょう。
さらに細かくはハゼには「ハゼノキ」や「ヤマハゼ」がありますが、これは冬芽に芽鱗(下写真)があることから「ハゼノキ」のようです(素人判断ですので間違っているかもしれません)。

当地では、これらのウルシ科植物を(かぶれることから)「カブレ」と呼んでいます。
近所のおばあさんから「カブレは小さいうちに切っておけ」と聞いたことがありますが、ここまで大きくなってしまいました・・・。

こんなに大きいカブレの木を伐ったことはありませんが、意を決して!?切り屑を浴びながら伐倒することにします(私自身はこれまでにハゼでかぶれたことはありません)。

根元で伐っても、蔓が隣のカシなどに絡んで倒れてきません。

更に木屑を浴びて、ようやく伐倒完了。

根元付近で二股になっていたものの結構な太さがあります(鉈の刃渡りが18cm)。

この耕作放棄地は平成の初め頃までは町内の方に耕作していただいていましたので、それ以降に大きくなったのだと思います。
ハゼがここまで大きくなるのも驚きですが、成長の速さもスゴイものです。

伐倒したまま放っておくわけにはいきませんが、玉切りや枝のばらしなどの後始末は翌週末におこなうことにします。
ひょっとするとかぶれてしまっているかもしれませんので、念のため(^_^;

<続きます>

里山整備2017(7)剪定屑などのゴミ投機

里山内の竹の間伐・更新により、林内に光が射し込むようになっています。

竹の間伐・更新に加え、今シーズンからは樹木の伐採(林縁部)も始めました(下写真はその内の1本)。

その結果、これまで陰気だった自宅裏の様子が明るくなってきました(里山は自宅の裏手)。

下写真は、上写真と同じ場所を3年前に撮影したものですが、林内が暗く薄気味悪い状態でした。

裏庭がちょうど里山を借景?にする位置にあるのですが、里山が明るくなったことで、庭も明るくなったかのようです(下写真のビフォー・アフター)。

<ビフォー:2013年12月>

<アフター:2017年3月>

また、畑側から見ると、病気(テングス病)にかかった竹が密集し、いかにも荒廃した感が強かったのが、若々しい緑で覆われてきました(冬は竹にとっては夏のような季節で本来は元気があります。下写真のビフォー・アフター)。

<ビフォー:2014年1月>

<アフター:2017年3月>

以前は里山内で作業をしていると白昼でも薄気味悪く、お化けが出そうで怖いぐらいでしたが、今では逆に林内のほうが清々しさを感じるほどです。
ただ、今でも薄気味悪く感じる場所が1箇所残っています。
それは下図で朱色破線で囲む箇所です。

ここは谷状の地形になっています。
もともと谷状の地形だったところへ昭和30年代に斜面が崩れたことで、谷の法肩がさらに自宅側に近づいています。

谷状になっているためゴミを捨てやすく、またゴミで谷を埋める?目的もあり、3年前まではここを藪と呼んで剪定屑や草を投棄していました。
その結果、山のなかでは上から投棄されるゴミに押されて竹が倒れ、凄まじい状態になっていました・・・。

そこで3年前に剪定屑などのゴミを捨てるのをやめるとともに、倒壊している竹の整理をおこないました(下写真は3年前に整理した後の状況)。

上写真で斜面上部にある大きな塊がこれまでに捨てていたゴミです。
相当な量があり、剪定屑だけでなく丸太なども混じっているため、途中で引っ掛かって下まで落ちてきません。
竹や樹木を押し倒しながら、3年が経過した現在、斜面の中腹まで落ちてきています。

ところで、剪定屑などのゴミを谷に投棄すると、一見、谷が埋まった(盛土した)ようにみえます。
しかし、当然いずれは腐って体積がほとんど無くなるため、(現実的に)谷が埋まることはありません。
逆に、投棄され続けるゴミが覆いになり草や樹木が生える余地がなくなるとともに、土が肥える(軟弱化する)ことにより、斜面の強度は弱くなると考えられます。
ちなみに、道路や河川の土手は定期的に草刈りがおこなわれていますが、それは草を生やしつつも、土が肥えすぎて軟弱になるのを防いでいるのであり、それと真逆のことをやっていたわけです・・・。

自己弁護になりますが、このように山に捨てるようになったのはダイオキシン規制により田舎でも剪定屑などを野焼きしづらくなったことにも一因があるように思います。
そう思うと、田舎においてこそ剪定屑などの木質資源を有効利用できる薪ストーブやボイラーなどの必要性が高まっているのかもしれません。

閑話休題

今後、剪定屑などは山ではなく畑に捨て?畑の肥やしにしたり、燃やして燃料とするつもりです。
既に捨てられているものも、そう遠くない将来、自然に土へと還っていくことでしょう。
実はこの谷には、自然に還らないゴミ(本物のゴミ!)も投棄されているのです。
これがこの一帯を薄気味悪くさせているほか種々の問題を起こしています。
これについては次のブログ記事に記載したいと思います。

<続きます>

果樹園の再生(8)ビワの剪定&伐採

前回でカキの木の剪定が終わりましたので、続いてビワの木を剪定することにします。

ビワの木(下図で7番)は昭和50年代に植え付けたもので、老木が多い我が家の果樹のなかにあっては若い木(と言っても樹齢は40年近く)です。

40年で大木(樹高4m程度)になるとともに、不定期の剪定により樹冠内部で枝が密集&混乱してしまっているため、なんとかしたいと思っていました。

ところが3年前に積雪があったとき、雪の重さに耐えかねて主枝のひとつが根元付近で折れてしまいました(下写真は折れた主枝の切断・除去後)。

そして、その半年後にはさらに別の主枝(下写真で左側)が同様に根元付近で折れてしまいました。

なぜか、写真向かって左側ばかりが折れています。
さらに不思議なことに、この木(7番)の左側にもう1本、ビワの木(8番)があるのですが、こちらは右側の枝が衰弱しているのです。
おそらく、この2本の木の間に除草剤や農薬の濃いものが散布され、根が弱ったのではないかと思っています。

8番の木は、その後、枯死してしまいました。
一方、7番の木は外側に広がっていた主枝が折れて無くなったことで、樹冠の中央付近から芽生えた新しい枝(下図で黄色破線)を中心に勢いが回復しています。

樹勢が回復したため、外に広がり過ぎている主枝(上図で朱色破線)を落とすことでコンパクトに仕立て直すことにします。
ビワの開花期は冬で、現在、花が咲き終わり、結実し始めています。
このような果樹はいつ剪定するのか?と疑問に思いますが、今回のような強剪定の場合(結実のことを考えない)は春に向かって樹木の活動が活発になる今時分が良いように思います。

ということで、バッサリ剪定。

ついでに、山側からせり出してきているビワの木(自生)を伐採することにします。

さきほど剪定したビワも結構大きい(樹高4m程度)のですが、自生のものに比べると小さくみえます。

伐採完了。

ビワの木(自生)は今シーズン、3本目の伐採となりました。
自生のビワも新たなものが生えてきていますので、どんどん更新していきたいと思っています。

<続きます>