月別アーカイブ: 2018年8月

井戸の再生(32)掘削と配管

前回、地面を掘って地中に埋設されている横断管を調べました。

そして、これらの横断管をかわして下図の水色線で示すとおりパイプを敷設することにしました。

地面を掘るのを再開し、管底の高さまで掘削します。

雨水排水路の側面が石積みになっているため、掘削にあわせて石を一時撤去しています。

深さ(70cm弱)に対して幅が狭い(35cm)ため掘るのに手間取りましたが、粘性土のため側壁が崩れてくるようなことはありませんでした。

いよいよパイプを敷設していきます。
水道管や煙突などのパイプ類は流れの向き(上流→下流)で施工していくのが基本だと思いますが、今回は下流側の接続箇所が決まっているため、下流から上流に向けてパイプを伸ばす形で作業を進めることにします。

下流側で接続するパイプ(HIVP13A)は、現在、自治体の上水道から水が来ています。
これを下写真で朱色線の箇所で切断・止水し、反対側に新たなパイプを接続して井戸水が来るようにします(上水道と井戸水配管との直結:クロスコネクションは厳禁)。

上水道の元栓(止水栓)を閉じ、適当な蛇口を開けて止水されていることを確認したうえ作業開始。
塩ビ用ノコギリを使ってパイプを切断し、上水道側にキャップを取り付けて止水。
反対側にはエルボ(90°)を接合してパイプを伸ばしていきます。

パイプの色が既設と新設のもので異なるのは、同じ塩ビ管でも次のとおり種類が異なるためです。

  • 既設(青灰色):耐衝撃性塩ビ管(HIVP)13A
  • 新設(灰色):塩ビ管(VP)13A

両者は材質が異なるだけで外径等の仕様は同じため、相互に接合することができます(ただし、HIVP管とVP管を接合する場合にはHIVP用の接着剤を使う必要有り)。

上水道側にキャップを取り付けられたことから、上水道の元栓を開けて水を通し、水漏れがないことを確認しておきます。

引き続き、上流に向かってパイプを伸ばしていきます。
幼少の頃に流行った「水道管ゲーム」のような感じです。

散水栓を設置する箇所はチーズ(T字管)を使って配管を分岐し、立ち上げています。

一方の本管側は45°の勾配で敷設しつつ、複数の横断管(上:給水管&給湯管、下:汚水排水管)の間を通り抜ける設計としていますが、無事そのとおり配管できました。

塩ビ管は扱いやすいため私のような素人でもできたようなもので、金属管や架橋ポリエチレン管では難しかったと思います。

給水管(VP13A)にあわせて排水管(VU65A)も敷設することにしているため、一旦、排水管の底高まで埋め戻します。
このとき、一旦撤去した石積みも復旧。

排水管を敷設していきますが、給水管側に散水栓のスペースを確保するため、排水管のセンターを反対側に100mmシフトさせます。

排水管には90°エルボを2箇所使っていますので、これを下図のとおり傾けてやれば100mmシフトできることになります。

今回は排水管のほうをシフトさせましたが、給水管のほうをシフトさせる手もあります。
ただ、その場合、給水管は45°エルボを用いているため45°エルボを傾けると3方向(XYZ軸)の移動量が発生してややこしくなります。
とうの昔に三角関数(合成角→約45°)なんて忘れてしまっていますので、排水管側をシフトさせた次第です・・・。

<続きます>

井戸の再生(31)横断管の調査

前回、土間コンをハツリました。

パイプを敷設するため、早速にでも地面を掘りたいところですが、近くを見ると汚水排水管の桝(の蓋)があります。
汚水桝は複数あり、それらを結ぶと汚水排水管は今回の施工箇所を横断する形で地中に埋設されているようです(上図で灰色点線)。

汚水排水管は下流で自治体管理の下水道(公共桝)に接続されており、そこまで自然流下で流れるように上流側ほどパイプの埋設深さが浅くなっています。
今回の横断箇所(下図で朱色丸印の箇所)は上流側に位置するため、汚水排水管は浅いところにあると思われ、今回の施工に何らかの支障がありそうです。

いずれにせよ、まずは汚水排水管の付近をを掘り起こして位置を確認する必要があります。
ちなみに、この汚水排水管を含む水周りは全て20年程前のリフォームで新しくしたものですが、施工時の写真や図面類はありません。
汚水排水管は先のように汚水桝を手掛かりにしてルートを想定できますが、水道管(自治体の上水道を水源)についてはさっぱり分かりません。

想定外の埋設物があったり、想定外の場所に敷設されていてもおかしくありませんので(ガスや電気の配管がないことは確認済)、慎重に地面を掘削。

汚水排水管(VU100A)は想定の場所に埋まっていましたが、それより浅いところから水道管(給水&給湯)が出てきました。
給水管は塩ビ管(HIVP13A)で、給湯管は鞘管(φ22mm)に入っているため確定はできないものの架橋ポリエチレン管(13A)だと思います。

さらに外壁のキワから相当浅いところに敷設されている配管が2条現れました。

これは風呂を追い炊きするための配管(ガス給湯器からの行き・戻りの2条)のようです。

今回、下流側は既設の塩ビ管(現在は上水道を水源)に接続しますので、その位置も確認しておきます。
雨水排水路の底を掘ったところ水路底から20cm程度のところから塩ビ管が出てきました。

パイプをよく見ると表面の色が青みがかっていることから、塩ビ管のなかでも耐衝撃性に優れるHIVP管のようです(一般的なVP管は灰色)。

ちなみに、今回はVP管(安価)を使用する予定ですが、VP管もHIVP管も外径は同一ですので両者の接合は可能です(接着剤はHIVP管用のものを使用)。

掘削の結果、想定外に多くの横断管があることが判明したものの、果たしてこれらをよけて配管できるものか??
ここは慎重に検討すべく、横断管の位置を正確に測って縦断図に落とします。

施工の労力を考えると地面を掘るのを浅くしたいため、上図の水色点線で示すとおり既設横断管を上越しするように配管したいところです。
しかし、これだとパイプの土被りが10cm程度になってしまいます。
通路は人(重いものでも一輪車程度)が通るだけで、それほどパイプに荷重がかかるわけではありませんが、冬季の凍結なども考慮すれば最低20cmは確保したいところです。

そこで考えたのが下図の案です。

45°の勾配で既設横断管の間を通り抜け、そのまま下流側で接続するパイプのレベルまで下げるようにしています。
この場合、十分な土被りを確保できるものの、問題は地面を掘る量が多くなることです。
と言っても深いところで70cm程度のため人力で掘れ、かつ危険もないのですが、幅が狭いため手間取ることでしょう。
これ以外に良い案を思いつかないため、これで決定することにします。

一方、給水管と同時に敷設する排水管(VU65A)については、排水先の雨水排水路の水面より高くする必要がありますので、浅い位置(土被りが10cm程度)に敷設せざるを得ません。
そこで、通路下については同じ塩ビ管でも肉厚のVP管(VP65A)を用いることにします。

<続きます>

井戸の再生(30)土間コンのハツリ

前回、外壁(トタン板)に開口部を設け、配管を通せるようにしました。

外壁を越えたところは下写真のとおり通路(土間コン敷き)になっています。

さすがに通路上にパイプを敷設しては通行の妨げになってしまいますので、外壁を越えてから地中に埋設する考えです(下図は上写真とは左右の方向が逆になっています)。

<縦断図>

下流側で接続する既設管は雨水排水路の下に埋設されています。
このため、パイプの敷設時には雨水排水路の石積みなどを一旦撤去する必要があります。
せっかくそこまでするのであれば、雨水排水路のキワで配管を立ち上げて(分岐)、散水栓を設けると良さそうです。

散水栓は下写真のようなものが市販されています。

散水栓は一般的な立水栓とは異なり、地面に設置するようになっています(地面にボックスを設け、その中に格納)。

このような散水栓が雨水排水路のキワにあれば、外流し台(下写真で手前側)には載せづらい大型の農具(スコップや刈払機など)などが洗いやすくなりそうです。

散水栓を設けるとなると、それを格納するためのボックスが必要となります。
そこで、下図のとおり散水栓及びボックスを設置することにします。

<平面図>

ボックス(及び施工のための型枠)のスペースを確保するため、排水管(給水管と同時に敷設)のセンターを上図のとおりシフトさせています。

これで地面を掘るべき範囲が決まりましたので、その範囲を土間コン上に落とします(下写真で黄色のチョークライン)。

縁をコンクリートカッター(ディスクグラインダーにダイヤモンドカッターを装着)で切断したうえ、電動ハンマーを使って土間コンをハツリます。

電動ハンマーなんて使う機会は少ないだろうとヤフオクで中古品を購入しましたが、これまで年1回の使用頻度で、今回で3回目の出番です。

ハツったコンクリート殼は、土間コンを復旧する際に基礎材や生コンの骨材として再利用しますので、殻の大きさで分けて保管しておきます。

<続きます>

井戸の再生(29)床下換気口設置

前回、井戸を水源とする配管を拡張する前段階として床下点検口を設置しました。

この床下点検口の箇所で配管を本管から分岐させ、風呂や洗面でも井戸水を使えるようにする考えです。
本管のパイプは、この床下点検口に隣接する外壁を貫通させ、さらに下流側(屋外の散水栓)へと繋ぎます(下図で朱色の囲み)。

外壁の貫通方法を検討するため、床下点検口から外壁周りの詳細を確認したところ下図のとおりでした。
ちなみに、この外壁は20年程前のリフォームで新しくしたもので、土壁ではなく、トタン(外壁)+断熱材+石膏ボード(内壁)の構造になっています。

<縦断図>

屋内側の床下は土間コンが打たれていますので、パイプは屋外に出てから地中に潜るようにせざるを得ません。
そこで、外壁箇所は土台の上をパイプが越す形にしています。
一方の終点側について、接続すべき既設管(VP13A)の位置は分かっているのですが、そこへ行くまでの間に汚水管や水道管(上水道を水源)などの支障物が横断しているものと思われます。
これらをかわして配管する必要があるものの、実際に掘って確認しないことには分かりませんので、上図では適当に起・終点のパイプを結んであります。

同じ箇所を平面でみたものが下図になります。

<平面図>

外壁箇所は、土台に柱が3尺間隔で立ち、それらの間に間柱が入っています。
また、今回の給水管(VP13A)の敷設にあわせて排水管(VU65A)も一緒に入れておきたいと思っています。
そこで、間柱を挟んで給水管と排水管を配置しています。

外壁の貫通部を正面からみると下図のとおりです。

<立面図>

給水管と排水管を貫通させるには、外壁のトタン板を切って260mm角の開口(上図で朱色四角)を設ければ良さそうです。

上図のとおりトタン板をカット(ジグソー使用)。

土台や間柱が現れました。

この付近は20年前にリフォームしていたため、3年前の改修工事では一切手をつけていません。
このため、土台の状態(シロアリ等にやられていないか)が気になっていたのですが、状態が良くて一安心。

土台の木肌が綺麗なため20年前のリフォームで入れ替えたのかとも思ったのですが、古釘が打たれていることから元々の土台に違いありません。

また、この付近には床下換気口が存在しないため、この機会に設置しておくことにします(下図で朱色丸印)。

床下換気口には安価(1個500円程度)なステンレス製の丸ガラリ(φ100)を用います。

この丸ガラリに接続するパイプとして、これまでは一般的な塩ビ管(VU管:排水用)を使っていました。
しかし、換気用の塩ビ管(SU管:特殊薄肉管)もあることを知り、今回はこれを使っています。
ちなみに、それぞれの仕様は呼び径100mmの場合、次のとおりです。

  • VU管:外径114mm、内径107mm、肉厚3.1mm
  • SU管:外径106mm、内径100mm、肉厚3.0mm

丸型ガラリと接続する場合、塩ビ管がメス側になりますので、VU管だと内径が大きい分、両者の接合具合が弱くなるのかもしれません。
ちなみに、SU管はこうした用途用に20cmの長さでカットされたものが売られているため、切断の手間が不要です。

SU管の外径(106mm)で穴をあけます。

以前、土壁のところに丸型ガラリを設置したことがあるのですが、そのときは土壁に穴をあけるのに苦労しました。
そう思うと、トタン板も案外良いものです。

SU管を設置。

このとき、屋内(床下点検口)から屋外側(外壁)を見ると下写真のとおりです。

ガラリを挿し込み、外周をシーリングして完成です。

<続きます>

井戸の再生(28)床下点検口B設置

前回、井戸水を水源とする配管の拡張を検討した結果、昨年、ボイラーの導入に伴い宅内に引き込んである配管を延長することにしました(下図で水色・桃色の点線)。

この配管の延長では、主屋の外壁を何らかの形で貫通させて屋外(散水栓)の既設管に接続することにしています。

貫通箇所の配管については、宅内側(床下)は土間コンが打たれているため、外壁を越してから地中に潜ることになると考えています。
しかし、この外壁は20年程前のリフォームで新しくしたもので、どのような構造になっているか分かりません。
外壁のトタン板を剥がせば確認できるものの、それだけで大ごとになりそうです。

一方、この外壁の屋内側には、配管を風呂などに分岐させるために床下点検口(下図で朱色四角)を設置する考えです(漏水防止のため、床下点検口の箇所以外ではパイプの継ぎ手を設けません)。

この床下点検口を設置すれば、そこから外壁の構造を確認することができます。
そして外壁のトタンを剥がさなくても済みますので、この床下点検口を先行して設けることにします。
床下点検口は上流側に1箇所設置済みのものがあり、ここで配管を90°分岐させるものとし、ここから東側(上図で右側)に延長したところに新たな床下点検口の位置を設定しています。
また、床下に3尺間隔で設置されている大引きの(想定)位置も外すようにしています。

今回、床下点検口を設ける場所は風呂の脱衣所兼洗面所になっており、床にはクッションフロア(塩ビ系の床材)が貼られています。

このクッションフロアを含めてジグソーを使って床板(450mm角)を切り抜きます。
大引きに当たることもなく無事、切断完了。

根太については2本切断(開口のサイズ(450mm角)から根太(@303mm)を1本か2本切ることになります)。
また、根太や大引きの向きは東西方向で、前回の床下点検口の設置箇所(南北方向)とは異なっていました。

切り抜いた床から構造を確認しておきます。

<上部から>

  • クッションフロア:厚さ1mm強
  • 合板(2層目):厚さ12mm
  • 合板(1層目):厚さ12mm
  • 根太:55mm角

このうちクッションフロアだけは蓋に再利用しますので、破らないように慎重に剥がします。

切断した根太の代わりに補強用の根太を開口部の両側に設置します。
垂木材(1寸8分×1寸5分)を既設の根太の高さ(55mm程度)と同じになるように自動カンナ盤で調整。

補強用の根太を設置。

この補強用の根太に、床下点検口の枠を受けるための桟(適当な端材)を取説に記載の深さに取り付けます。

枠を取り付けます。

枠の色はブロンズとシルバーの2色の設定があります。
前回はフローリングの床に設置したためブロンズとしましたが、今回はクッションフロアのためシルバーしました。

続いて、蓋部分を作っていきます。
取説に記載のサイズでクッションフロアと合板を切断します。

合板は廃材の再利用で釘穴があったためパテで埋めています。

取っ手設置用の穴をあけます。

枠の高さの内寸は15mmになっています。
クッションフロア(厚さ1mm強)と合板(厚さ12mm)では13mm(=1+12)となり、枠に対して2mmほど厚さが足りません。

本来であれば不足分の2mm厚の板材を全面に張ったほうが良いのでしょうが、端材(サクラ)を2mm厚に挽き割り、それを周囲の4辺にだけ回すことにします。

挽き割った材(2mm厚)を木工用ボンドで貼り付け。

枠にはめ込み、取っ手や補強材を取り付けます。

蓋部分の出来上がり。

蓋をはめて床下点検口の完成です。

<続きます>

井戸の再生(27)拡張の検討

この夏、土蔵内で長年埃にまみれていた収蔵物(ガラクタ)を洗ったり、虫干ししたりしています。
この水洗いには、一昨年に再生(配管やポンプの据付)した井戸を使っています。

この井戸は、昨年に導入したATOウッドボイラー(竹などを燃料)の水源としても利用しています。

ボイラーは暖房利用を優先して施工したため、給水・給湯については未だ利用できる状態になっていません(ボイラーが設置してある倉庫内でのみ利用可)。
しかし、配管については二度手間にならないように給水・給湯用のものも同時に施工してあります(ボイラー関連のブログ記事は途中で止まっていますが・・・)。

と言うことで、あとは流し台や洗面、風呂などの利用箇所に接続すれば(下図で水色・朱色の点線)、宅内でも井戸水が利用できるところまで来ています(現在は自治体の上水道を利用)。

井戸水はこのほかにも、2年前に整備した散水栓(蹲)の水源にもしたいと考えています(現在は自治体の上水道を利用)。

井戸水を水源にするためには下図(朱色の囲み箇所)のとおりパイプを延長し、自治体の上水道と切り替えれば良いだけなのですが・・・。

実は、パイプを延長する区間にブロック塀があり、しかも、このブロック塀は石積みのうえに建てられていて不安定なため、その下を掘ってパイプを通すのが危険なのです。

パイプを延長する距離は短いものの、このブロック塀がネックになり、これまで計画を前に進めることができずにいました。
そうこうするうちに、先に書いたとおりボイラーの導入により別ルートから給水・給湯配管が伸びてきました。
そして、これをさらに延長すれば(下図で朱色の囲み箇所)、散水栓に接続できることに気付きました。

こうすれば危険な目をしてブロック塀の下を掘る必要がありません。

また、こうして宅内配管と接続しておけば、将来、別の井戸(1号井)を再生した際、逆方向に流すことで1号井の井戸水も宅内で使えるようになります。

今後、井戸水を宅内でも使うようになると使用水量の増加に伴い井戸への負荷が大きくなりますので、こうして水源(井戸)の複数化を考えておくのも意味があるかもしれません(両井戸とも浅井戸で同一水脈となりますので、片方の井戸が枯れればもう一方も枯れることになるのでしょうが)。

<続きます>

土蔵の修繕(7)収蔵物の洗いと虫干し

梅雨明け以来、酷暑が続いています。
この酷暑のなかでは、とても屋外で草刈りなどの作業はできません。
一方、暑くなるほど冷たい水が気持ち良く感じますので、井戸水(2年前に再生)で涼をとりつつ洗いものをすることにします。
洗いものの対象として思いつくのが、土蔵の中で何十年と日の目を見ることなく眠っているガラクタ類です。
埃にまみれて酷い状態ですので、洗えるものは水洗いし、洗えないものは虫干し(土用干し)してやるとサッパリしそうです。

ところで、土蔵については、その修繕の記録をブログ記事にするつもりが、ブログでは大工さんに柱・土台等(庇部分のみ)を取り替えていただいたところで中断しています・・・。
実際には、その後も修繕の範囲内でいろいろと行なっており、現在、下写真の状態まで進んでいます。

<Before>

(上写真で朱色矢印は、今回のブログ記事には関係ありません。)

<After>

また、外部だけでなく内部についても片付け・整理を断続的に行なっています。
当初は足を踏み入れる余地もないような状態だったのですが、今では普通に立ち入れるようになっています。

<Before>

<After>

ちなみに以前、ブログに書いた亡き父の五月人形も、この土蔵に長年仕舞い込んであったものです。

五月人形は今年の端午の節句にも飾り付けたのですが、我が家には分不相応のように感じ、市役所に活用策について相談しました。
その結果、最終的に市の資料館に引き取っていただきました(寄贈)。
引き取っていただく際、ほかに何かめぼしいものがあれば一緒に持っていってもらおうと学芸員の方に土蔵内も見てもらいました。
結局はガラクタばかりだったのですが、学芸員の方は土蔵内が片付いている様に大変驚いてみえました。
聞くと、我が家だけではなく、多くの土蔵が先の<Before>の写真のような状態になっているとのこと。
昨今、街中のゴミ屋敷が社会問題化していますが、広大な敷地と多くの建物がある田舎こそ、潜在的なゴミ屋敷が多くあるように思えてなりません。

閑話休題

土蔵に収蔵されているものは主に下写真のような器類です。


(「筑前」とあるのは伊万里焼のこと)

昔、慶事や法事などで人寄りがあった際に使われたものです。
骨董的な価値もなく、捨てても惜しくない代物ですが、今でも使おうと思えば使える状態です。
使えそうなものはとりあえず保管することにし、長年の埃や汚れを水洗いして取り除き、木箱は強烈な日差しに晒して虫干しです。

乾燥後、新聞紙で包んで木箱に保管。
木箱には蓋がありますが、長年の間に入れ替わってしまったのか、サイズが合っていません。

この際、補修しておくことにします。
サイズが合うように切断し、蓋を固定するための角材を古材から切り出します。

元々は木釘を使って留められていますが、木工用ボンドで代用。

たかが蓋ですが、こうして蓋がピッタリあっていると気持ち良いものです。

ほかにも虫に喰われて痛んでいる木箱や、そもそも木箱がないものもありますので、それらも追い追い補修していきたいものです。