月別アーカイブ: 2018年3月

庭木の剪定(18)チャボヒバの挿し木

サクラが満開になりました(写真は3/21撮影)。

このサクラは隣家の木なのですが、我が家の敷地との境界付近にあるため、我が家からも花見を楽しめるのです。
以前は、我が家の敷地から伸びた蔓が巻き付いていたため花も少なかったのですが、数年前に蔓を取り除いたところ多くの花を付けるようになりました。

そして、偶然にもピンク色のハートが浮かび上がっています(インスタ受けしそう!?)。

手前側は常緑樹を主体とする我が家の庭で、昨年までは上写真の角度で見てサクラの手前側にチャボヒバ(下写真で朱色矢印)がありました。

庭木が混雑していることから迷った挙句、昨年10月に伐採したのですが、サクラの花見ができるようなって結果オーライだったかも。

そのチャボヒバですが、伐採後、枝葉はバラして畑のマルチ材としました。
先日、スギの苗木を移植する際に目に付いたのですが、昨年10月の伐採から半年近くが経とうとしているにも関わらず、いまだに葉が青いものがあるのです。

地面に近いところにあれば水あげできるようです。

チャボヒバなどのヒバ類は挿し木できるものが多いですが、これだけ水あげが良ければ時期的に今から挿し木しても活着しそうです。
ちょうどスギを移植したことで空きスペースができましたので、そこに挿すことにします。

本来の手順(挿し穂を作り、水あげした後、鹿沼土などの用土に挿す。時期も、その年の新梢を使うため7月頃)に比べると相当いい加減ですので、その分、たくさん挿しておきます。

チャボヒバなどの針葉樹は伐採して萌芽更新させることはできませんが、こうして庭木を更新させる手がありますね。

<続きます>

里山再生:スギの移植

今冬も落葉果樹の苗木を数本、植え付けました

これで上写真のエリアについては下図の配置で全てを植えたことになります。

各樹間は5〜6mの距離をとっていますが、木が小さい現状ではスカスカの状態です。
また、雑草対策(&窒素固定)としてクローバー草生にすべく昨秋にクローバー(ラジノ)を播種しました。
それでも定期的な草刈りは欠かせませんので、そのモチベーションを上げ、かつ土地を肥やすようなことはできないかと考えたのが、上図の朱色丸印のところにスギの苗木を植え付けることです。

常緑針葉樹のスギであれば、落葉果樹とは競合しにくそうですし、常緑・落葉・針葉・広葉を混在させるほうがより自然に近いようにも思います。
とは言え、木が大きくなれば密接しすぎることになりますが、そのときが来れば、スギを伐採して杭などとして利用できるかもしれません。
針葉樹であれば伐採後に萌芽することはありませんし、残った根株は朽ちて土地を肥やしてくれるはずです。

畑には移植するのに適当な大きさ(樹高70cm〜100cm)のスギの苗木がありますので、これを植え付けることにします。

このスギは実生後3年が経過したものです。
畑に移植したのは2年前の春で、そのときは下写真のとおり10cm程度の高さしかありませんでした。

その1年後(昨年春)には30cm程度まで成長。

30cmの高さがあってもクローバーに巻かれてしまうぐらいで、上写真では苗木の周りのクローバーを刈り取っています。
その1年後(現在)には1m程度にまで成長し、ここまで来ればクローバーに巻かれることもありません。

ちなみに別の場所には実生4年のものがあるのですが、これは現在、樹高2mにまで成長しています。

ここまで大きくなると移植するのが大変です(場所的に大きくすることができませんので、遠からず伐採すると思います・・・)。

これらの成長過程を大まかにグラフ化すると下図のとおりになります。

2年を過ぎるあたりから急激に大きくなることがわかり、移植するタイミングとしては4年では遅過ぎ、3年が最も良さそうです。

この実生3年の苗木も春の到来とともに葉が緑色になりつつあります。

スコップで掘り起こし、計画箇所に植え付けます。

台風で傾き、その状態で成長したため曲がった状態になっていました。
南側に曲がり直すことを期待して植え付けましたが、S字になるかもしれませんね。

4本の植え付け完了。

雨水対策(12)リュウノヒゲの植栽

前回、シュロの伐採木を使って土留めを設置しました。

これで、とりあえずは土の流出を防ぐことができそうです。
ただ、この土留めはあくまでも一時的なもので、現状で土が剥き出しになっているところに雑草が生え、根を張ることで恒久的な地固めとなります。
雑草対策には苦労していますが、このような斜面に接すると雑草の有り難さをしみじみと感じるものです。

雑草はこのまま放っておいても生えてくるのでしょうが、これから植物が旺盛に成長する時期ですので何か根を張るような草を植えておければ早期に草で覆われるようになるかもしれません。
根を張る草と言えば芝、その芝のなかでも山野に自生する野芝であれば剛健で土留めや法面保護に最適です。
芝の生育には水はけと日当たりが求められますが、水はけについては斜面の肩であることから問題ありません。
問題は日当たりです。

この場所の横断面は下図(上写真と左右が逆)のとおりで、里山の反対側(東側)に離れ(二階建て)が建っているため日照時間が限られるのです。

里山の竹を間伐したため、以前に比べて明るくなっているものの、野芝が生えている水田の法面のようにはいきません。

そこで、日陰に強いものとして思い浮かぶのが、昨秋に玄関アプローチに植栽したタマリュウです。

擁壁の南側に位置することから、日陰でよく生育するタマリュウを選びました。
このタマリュウはキジカクシ科ジャノヒゲ属の多年草で、これまた山野に自生するリュウノヒゲ(ジャノヒゲ)の矮性種(草丈が短い)です。

このところ週末に耕作放棄地で作業することが多いのですが、ここにリュウノヒゲが一面生い茂っているところがあります。

上写真で緑色で着色したところになりますが、南側の法面で、なるほど日陰に強いリュウノヒゲが繁茂するのも頷けます。

法面一面に密生しています。

小規模に点在するリュウノヒゲはよく見かけますが、これほど広がっているのは珍しいような感じがします。
日陰、水はけ、適度な湿気、等々、余程環境が良いのでしょうね。
ちなみに上写真に写っているゴミは作業の最中に出てきたものを一箇所に集めたものです。

これだけ密生していれば、一部を土留め設置箇所に移植できそうです。
分散して採集し、育苗ポット12個分を持ち帰ります。

採集してきたものを適当に株分けして植え付けます。

法面のところも土が剥き出しになっていますので、ここにはクローバーの種(昨秋播種したものの余り)をばら撒いておきます。

里山に日差しが入り、ここから山の中の様子を眺められるようになって気持ち良いものです。

ちなみに上写真で朱色矢印で示す箇所にはシイタケのホダ木が積んであるのですが、春になって一気に上がってきました。

収穫しても一雨あれば元の勢いです。

冬の間も数は少ないもののコンスタントに上がってきていましたので、竹林内でのシイタケ栽培は案外良いのかもしれません。