月別アーカイブ: 2018年3月

庭木の剪定(18)チャボヒバの挿し木

サクラが満開になりました(写真は3/21撮影)。

このサクラは隣家の木なのですが、我が家の敷地との境界付近にあるため、我が家からも花見を楽しめるのです。
以前は、我が家の敷地から伸びた蔓が巻き付いていたため花も少なかったのですが、数年前に蔓を取り除いたところ多くの花を付けるようになりました。

そして、偶然にもピンク色のハートが浮かび上がっています(インスタ受けしそう!?)。

手前側は常緑樹を主体とする我が家の庭で、昨年までは上写真の角度で見てサクラの手前側にチャボヒバ(下写真で朱色矢印)がありました。

庭木が混雑していることから迷った挙句、昨年10月に伐採したのですが、サクラの花見ができるようなって結果オーライだったかも。

そのチャボヒバですが、伐採後、枝葉はバラして畑のマルチ材としました。
先日、スギの苗木を移植する際に目に付いたのですが、昨年10月の伐採から半年近くが経とうとしているにも関わらず、いまだに葉が青いものがあるのです。

地面に近いところにあれば水あげできるようです。

チャボヒバなどのヒバ類は挿し木できるものが多いですが、これだけ水あげが良ければ時期的に今から挿し木しても活着しそうです。
ちょうどスギを移植したことで空きスペースができましたので、そこに挿すことにします。

本来の手順(挿し穂を作り、水あげした後、鹿沼土などの用土に挿す。時期も、その年の新梢を使うため7月頃)に比べると相当いい加減ですので、その分、たくさん挿しておきます。

チャボヒバなどの針葉樹は伐採して萌芽更新させることはできませんが、こうして庭木を更新させる手がありますね。

<続きます>

里山再生:スギの移植

今冬も落葉果樹の苗木を数本、植え付けました

これで上写真のエリアについては下図の配置で全てを植えたことになります。

各樹間は5〜6mの距離をとっていますが、木が小さい現状ではスカスカの状態です。
また、雑草対策(&窒素固定)としてクローバー草生にすべく昨秋にクローバー(ラジノ)を播種しました。
それでも定期的な草刈りは欠かせませんので、そのモチベーションを上げ、かつ土地を肥やすようなことはできないかと考えたのが、上図の朱色丸印のところにスギの苗木を植え付けることです。

常緑針葉樹のスギであれば、落葉果樹とは競合しにくそうですし、常緑・落葉・針葉・広葉を混在させるほうがより自然に近いようにも思います。
とは言え、木が大きくなれば密接しすぎることになりますが、そのときが来れば、スギを伐採して杭などとして利用できるかもしれません。
針葉樹であれば伐採後に萌芽することはありませんし、残った根株は朽ちて土地を肥やしてくれるはずです。

畑には移植するのに適当な大きさ(樹高70cm〜100cm)のスギの苗木がありますので、これを植え付けることにします。

このスギは実生後3年が経過したものです。
畑に移植したのは2年前の春で、そのときは下写真のとおり10cm程度の高さしかありませんでした。

その1年後(昨年春)には30cm程度まで成長。

30cmの高さがあってもクローバーに巻かれてしまうぐらいで、上写真では苗木の周りのクローバーを刈り取っています。
その1年後(現在)には1m程度にまで成長し、ここまで来ればクローバーに巻かれることもありません。

ちなみに別の場所には実生4年のものがあるのですが、これは現在、樹高2mにまで成長しています。

ここまで大きくなると移植するのが大変です(場所的に大きくすることができませんので、遠からず伐採すると思います・・・)。

これらの成長過程を大まかにグラフ化すると下図のとおりになります。

2年を過ぎるあたりから急激に大きくなることがわかり、移植するタイミングとしては4年では遅過ぎ、3年が最も良さそうです。

この実生3年の苗木も春の到来とともに葉が緑色になりつつあります。

スコップで掘り起こし、計画箇所に植え付けます。

台風で傾き、その状態で成長したため曲がった状態になっていました。
南側に曲がり直すことを期待して植え付けましたが、S字になるかもしれませんね。

4本の植え付け完了。

雨水対策(12)リュウノヒゲの植栽

前回、シュロの伐採木を使って土留めを設置しました。

これで、とりあえずは土の流出を防ぐことができそうです。
ただ、この土留めはあくまでも一時的なもので、現状で土が剥き出しになっているところに雑草が生え、根を張ることで恒久的な地固めとなります。
雑草対策には苦労していますが、このような斜面に接すると雑草の有り難さをしみじみと感じるものです。

雑草はこのまま放っておいても生えてくるのでしょうが、これから植物が旺盛に成長する時期ですので何か根を張るような草を植えておければ早期に草で覆われるようになるかもしれません。
根を張る草と言えば芝、その芝のなかでも山野に自生する野芝であれば剛健で土留めや法面保護に最適です。
芝の生育には水はけと日当たりが求められますが、水はけについては斜面の肩であることから問題ありません。
問題は日当たりです。

この場所の横断面は下図(上写真と左右が逆)のとおりで、里山の反対側(東側)に離れ(二階建て)が建っているため日照時間が限られるのです。

里山の竹を間伐したため、以前に比べて明るくなっているものの、野芝が生えている水田の法面のようにはいきません。

そこで、日陰に強いものとして思い浮かぶのが、昨秋に玄関アプローチに植栽したタマリュウです。

擁壁の南側に位置することから、日陰でよく生育するタマリュウを選びました。
このタマリュウはキジカクシ科ジャノヒゲ属の多年草で、これまた山野に自生するリュウノヒゲ(ジャノヒゲ)の矮性種(草丈が短い)です。

このところ週末に耕作放棄地で作業することが多いのですが、ここにリュウノヒゲが一面生い茂っているところがあります。

上写真で緑色で着色したところになりますが、南側の法面で、なるほど日陰に強いリュウノヒゲが繁茂するのも頷けます。

法面一面に密生しています。

小規模に点在するリュウノヒゲはよく見かけますが、これほど広がっているのは珍しいような感じがします。
日陰、水はけ、適度な湿気、等々、余程環境が良いのでしょうね。
ちなみに上写真に写っているゴミは作業の最中に出てきたものを一箇所に集めたものです。

これだけ密生していれば、一部を土留め設置箇所に移植できそうです。
分散して採集し、育苗ポット12個分を持ち帰ります。

採集してきたものを適当に株分けして植え付けます。

法面のところも土が剥き出しになっていますので、ここにはクローバーの種(昨秋播種したものの余り)をばら撒いておきます。

里山に日差しが入り、ここから山の中の様子を眺められるようになって気持ち良いものです。

ちなみに上写真で朱色矢印で示す箇所にはシイタケのホダ木が積んであるのですが、春になって一気に上がってきました。

収穫しても一雨あれば元の勢いです。

冬の間も数は少ないもののコンスタントに上がってきていましたので、竹林内でのシイタケ栽培は案外良いのかもしれません。

自然農:ジャガイモと夏野菜の種播き

今年も雑草に追われる季節が近づきつつあります。
もちろん雑草だけではなく、作物も育つわけで、ジャガイモや夏野菜の種を播くことにします。

まずはジャガイモから。
ジャガイモは既に畑で野草化しているのですが、ナス科の雑草や作物の生育が良くなってきたことから、ジャガイモを少し増やすことにします。

ホームセンターで種芋(メークイン)を1kg(300円弱)購入。

これを畑の異なる場所に埋めておきます。

当地では、ジャガイモはそのままでも冬越ししますので、収穫しなければ野草化して増えていくことになります。
このため必ずしも収穫する必要はなく(気が向けば収穫する)、こうやって植えておいても負担にならないのです(雑草対策で負担減。サトイモも同様)。
その点、同じイモ類でもサツマイモはそのままでは冬越しさせられないため、秋に収穫しなければなりません。
たかがサツマイモ掘りなのですが、このような忙しい世の中では負担にもなりかねないため、今は栽培しなくなりました。

次に夏野菜の種播きです。
苗を仕立てて移植するものを準備します。
時期的に少し早いような感じがしますが、雨模様の休日(3/21)となって外での作業ができないため、倉庫内で種播きすることにします。

倉庫内に亡き父が買った培養土がありますので、それを使うことにします。

育苗ポットで36個もあれば十分でしょう。

培養土が乾いているため、一旦、外に出して雨に当てたうえで種播き。

播いたものは、カボチャ、キュウリ(地這い)、オクラ、ミニトマト、シシトウ、スイカです。
ミニトマト(F1種)以外は自家採種したものです。
ミニトマトも昨秋、実ったものを畑の至るところに置いておきましたので、地生えしてくれることを期待しています。

雨水対策(11)土留め設置(シュロの木を利用)

前回、斜面(昭和30年代に崩れたこと有り)の安定化策のひとつとして、斜面の肩部分に土留め(下図で朱色丸印)を施すことにしました。

自然を生かして斜面を安定化させたいと考えていますので、土留め材自体もコンクリートなどではなく自然に還るものを使いたいものです。
そうした土留めには丸太が使われることが多く、それで思い出したのが昨年伐採したシュロの木です。

シュロは上写真のとおり網状の皮を有していますが、それが伐倒の手間を取らせることもあって、近年では嫌われるようです(「シュロ」を「城」に掛け、もて囃されていた時期もあったことを思うと、本当に人間は身勝手なものです)。
しかし、土留めに使うのであれば、この網状の皮が土との一体化を促し、耐久性(耐水性)も上がるように感じます。

ちょうど昨年の今頃に伐採しましたので、下写真の状態で1年間置いてあったことになります。

これを土留め設置箇所まで運びます。
3m程度の長さで切ってあり、乾燥が進んで軽くなっていると思ったのですが、重さはほとんど変わっていないようです。
そこで思い出したのが、このシュロの木とは別のものになりますが、伐採後に同様に置いてあったところ、頂上部の葉が2年以上青い状態を保っていたことです。
シュロの生命力は相当強く、地面に接していれば、ある程度は生き続けることができるのかもしれません。

土留め設置箇所に仮置きします。

上写真を見ると、もっと山側(上写真で右側)に設置できそうに思いますが、山側にあるものは以前、投棄していた剪定屑が埋まっているもので、それで地面が続いているように見えるだけなのです。

剪定屑を(焼却)処分できず、この谷に投棄していたわけで、以前は山になって積み上がっていました・・・。

上写真で剪定屑の山で根元が埋もれているのが先般伐採したスギの木です。

スギの樹皮が湿気っていたため、1、2年ほど前に剪定屑の山を撤去したのですが、「時すでに遅し」だったのかもしれません(撤去した剪定屑は畑の堆肥や薪ストーブの焚き付けとして利用しました)。

少し離れた場所から土留めの位置と線形を確認します。

シュロの木を固定するため木杭を打ちます(下写真で朱色矢印)。

(上写真でいきなりツバキの花がたくさん散っているのは、実際には何日かに分けて作業しているためです。)

木杭で固定したシュロの木を足場にし、山側に堆積している腐葉土状の土を引き上げます。
引き上げた土をシュロの木の周囲に盛って一体化させます。

山の中のほうまで見通せるようになり、懸案が解消したかのようにスッキリします。
とは言え、上写真で奥の方に写っている白いものが不法投棄ゴミで、この片付けに数年(十年以上?)はかかりそうですが・・・。

土とともに山側から引き上げた剪定屑です。

投棄してから新しいものでも5年以上が経過していますが、太さや樹種によっては朽ちずに残っています。

これらの剪定屑は畑に運んで堆肥とします。

以前のブログ記事に書いたとおり、生ゴミを畑に還元する際に畝を作っています。
その際、畝の両側に溝ができるのですが、そこにこうした剪定屑や竹などを投入しています。
分解後に肥料分になることに加え、排水性の改良を期待しています。

<続きます>

庭の整備(24)芝生の目土入れ

一昨年の春、砂利敷きだった主屋(古民家)前を芝庭に変えました。


<昨年7月の様子>

芝庭と言えば管理が大変と言うイメージがありますが、これまでのところは夏季の芝刈りと目に付いた雑草を折々に取るぐらいしかしていません(特に問題なく生育しています)。
しかし、芝生管理のテキストを読むと、ほかにも施肥や目土入れ、エアレーションなどを行う必要があるとのこと。

この内の目土入れは、床土と同じ用土を定期的(年1回程度)に補足するもので、芝生を若返りさせるために重要な作業とされています。
用土が必要となりますが、門松を作る際に使用した山砂を残してありますので、それを使って目土入れを行うことにします。


(鉢に土入れするのに山砂を使用)

目土を入れる前に、除草と掃き掃除(落ち葉やサッチ)を済ませておきます。

目土は下写真の鉢に入っているものを含めて約30リットル分を用意。
芝生の面積(約50m2)から敷き厚は0.6mm(=30L/50m2)となります。
標準的な敷き厚3mmに比べると相当少ない(1/5)ですが、今シーズンはこれで様子を見ることにします。
ちなみに3mmにしょうとすると150リットルの山砂(ホームセンターの小袋入りのものだと約7袋)が必要となり、結構なボリュームになります。

目土を入れるついでに草木灰(薪ストーブで発生したもの)を混ぜて肥料分(石灰、カリ)も補うことにします。

花咲爺さんになった気持ちで灰入りの目土を均等な敷き厚になるように散布。

とは言え0.6mmの敷き厚しかありませんので、外観上の変化はほとんどありません。

この作業を行なっているときに地元の新聞屋さんが集金にみえたのですが、その方は以前ゴルフ場などで芝生の管理(キーパー)をされてみえたとのこと。
そこで色々と教えていただいたのですが、芝生で最も大切なのは除草をメインとする管理作業で、次いで排水性が良いことだそうです。
今回の目土入れでは山砂を使いましたが、年々積層していくことを考えると、より排水性が優れる川砂を使ったほうが良いことも教えていただきました。
ほかにも地元の建材屋さんで扱っている砂利のことなども教えていただいたのですが、こうして話しを聞くとやりたいことが増える一方です(^^;

<続きます>

雨水対策(10)自然植生による斜面安定化策

自宅敷地と里山との境界にあるスギが枯れたことから、先般伐採しました。

里山との境界は斜面になっており、この斜面は雨樋の故障や昭和30年代に起きた竹の一斉枯死を引き金として崩れたことがあります(下図で茶色矢印の円弧滑り)。

斜面崩壊の進行を食い止めるべく、亡き祖母が斜面の肩部分にスギの苗木(上図で緑色イラスト)を植えたのですが、その内の1本が先に伐採した木になります。
斜面がその後、再び崩れることはなく、スギが果たしてきた役割は大きかったわけですが、枯れたことで気になるのは今後の斜面のことです。

ところで、私自身は斜面が崩れたことや杉を植えたことは聞いて知っているだけですが、それでもこのエリア(下図で左下。偶然にも裏鬼門に一致します)は注意を払う必要があるように感じてきました。

現在の土木技術からすれば、この程度の斜面(h=8m弱)であればコンクリート製ブロック(間知ブロック)を積んで安定化させるのはそう難しいことではないと思います(ただし、費用は100m2×12千円/m2=120万円:仮設工事や経費を含みませんので、最低でも200万円はかかりますが)。

しかし、コンクリート構造物の強度は短期的には完璧であるものの、長期的に見れば自然には敵わないと思っています。
そこで、祖母がスギを植えたように自然の植生を生かした斜面安定化を図りたいと考えています。
具体的には、斜面の植生を次のようにし、それぞれの根の力を借りると言うものです。

  • 極表層:雑草
  • 表層:竹
  • 深層:雑木

要するに自然の山の状態で、本来はこのようになっても良いはずです。
しかし、剪定屑などの投棄による樹木・竹の倒壊や地盤の軟弱化、除草剤の散布や雨樋の故障による土砂の流出が進んでいることから、少し手助けしないことには上記の状態になってくれそうにありません。


(整備中の写真)


(整備前の写真)

これまでから取り組んでいる、里山整備(竹の間伐)や投棄ゴミの回収雨樋や排水路の整備は、この手助けのひとつだと思っています。

さて、枯死したスギですが、幸いなことに近くにはツバキなどの雑木が大きくなってきていますので、これらの力を期待できそうです。

これらの雑木の力に期待するものの、雨水が山側(斜面)に流れ落ちる際に土砂を流出させてしまう恐れがあります(離れの雨水排水は山側に流れないように昨年に雨樋や排水路を整備済)。

そこで、土砂を流出させないように、肩の部分に土留め(上図で朱色丸印)を施すことにします。

土留めを設置する区間は枯死したスギの木を挟んで南北それぞれ約10m(下図で黄・朱色線)とします。

スギの木の南側(上図で黄色線)については、昨年に既に土留めを設置していますので(下写真)、これを延長する形になります。

<続きます>