月別アーカイブ: 2016年12月

門松の作製(3)組み立て

前回、門松の竹を加工しました。

img_4889

上写真で3本の竹は、それぞれ下部に切り込みを入れ、そこを紐で縛っています。
竹は円筒状で表面がツルツルですが、こうしておくとしっかりと固定できます。

鉢のなかに竹を立て、土(余っていた山砂を利用)を入れて固定します。

img_4890

鉢は適当な大きさの植木鉢を再利用しています。
あとで藁コモを巻きますので、側面が直立しているものが良いです。

敷地内に生えているハラン(料理の盛り付けに使われるバランはこれを模したもの)の葉で飾りつけます。

img_4892

ハランを使っている門松なんて見かけたことがありませんが、なかなか合うように思います。
また、ハランは日持ちしますので、正月うち枯れることなく青々としています。

続いて、鉢に藁コモを巻きます。

img_4896

藁コモはホームセンターで購入したものです。
110mm×165mmのものが300円弱と安価です。

飾り付けは後で家族に楽しんでもらうとして、とりあえず完成です。

img_4897

ついでに部屋に飾るミニチュア版の門松も作りました。

img_4899

これで新年を迎える準備がひとつ整いました。

門松の作製(2)竹の加工

前回、門松用の竹を山から伐り出してきました。

img_4888

門松の竹は大中小の3本で構成されます。
それぞれの大きさは下図のとおりとします。

kadomatsu_design

・大: 径φ90mm、長さ1,200mm
・中: 径φ80mm、長さ880mm
・小: 径φ60mm、長さ650mm
(長さは、鉢のなかの根入れ220mmを含む。)

この大きさは特に決まったものではなく、過去の作製を踏まえて独自に決めたものです。

上部の斜め切りは節を挟むようにすると断面が笑顔のようにみえます。
斜め切りの角度は20°程度にすると良い感じになるように思います。

昨年までは竹用の手鋸で切っていましたが、20°を保ち、しかも節部分に合わせるのは意外と難しいものです。
そこで、今年は電動工具(テーブルソーやバンドソー)を使って切断することにします。

電動工具を使うには、円筒状の竹を保持し20°で斜め切りする治具が必要となります。

stove1-28-001

治具を合板などの端材を利用して作ります。

img_4900

治具を作った甲斐があり、20°かつ節を挟んで切断することができました。

img_4889

竹が笑っているかのようでホッコリします(^_^)

<続きます>

門松の作製(1)竹の伐り出し

先日から、今シーズンの里山整備を始めました(と言っても週末のみのため、これまでにおこなったのは2日程度です・・・)。

img_4853

間も無く新年を迎えますので、伐った竹を使って門松を作ることにします。

門松を作るのは今年で3年目です。
下写真は初めて(一昨年)作った門松です。

img_0461

ちなみに、門松と一緒に写っている猫は野良猫です。
藁が暖かくて気持ち良いのか、ここに寄ってきていました。

このときは1個しか作りませんでしたが、少し慣れてきたところで今年は1対(2個)作ることにします。

まずは、山から竹の伐り出しです。

門松は比較的太い竹を用います。
家庭用の場合、直径3寸(90mm)程度のものがちょうど良いように思います。

現在、整備している山の竹は真竹(マダケ)です。
真竹は孟宗竹のように太くはありませんが、それでも直径3.5寸(105mm)以上のものもあります。

太いものを選んで伐ります。

img_4887

同じ真竹の山でも、山の奥側は太いもの(親竹)が多い一方、里側(竹の前線)は細いのもの多くなっています。
上写真の箇所は山の奥側で、直径3.5寸(105mm)以上の太いものがほとんどです。
チェーンソーが写っていますが、竹でもこれだけ太いものになると手鋸では結構大変です。

1個の門松には、大中小の3本を1組として使います。
竹は元(地側)から末(天側)に向かって細くなっていますので、1本の竹から大中小の竹を採ることができ、竹によっては1対(2組)分を採ることができます。

このことを考慮して山で適当な長さに切ったうえ運びます。
(青竹は水分を含むため結構重いです。)

img_4888

<続きます>

里山整備2017(1)今シーズン開始

自宅に隣接して約3反(3,000m2)の里山があります。

map

里山と言うものの竹やぶと化しており、3年前から冬季の週末を利用して竹の間伐を中心に整備しています。
これまでに1シーズンにつき1,000m2程度の整備をおこない、竹に関しては昨年までに一巡することができました。

整備前の状況です。

img_0220

竹の勢いに押されて樹木が弱り、その樹木が倒れることで竹もなぎ倒されるという悪循環に陥っています。
人の進入を拒んでいるかの様相ですが、小動物すら生息できる状況ではありません。
遭遇するのはマムシだけといった有り様です・・・
(とは言え、作業中に何度かタヌキを目撃しました。なお、当地にはイノシシやシカは今のところ進出してきていません。)

これを、枯れ竹や老竹を中心に坪1本程度の密度になるように間引きました。
その結果、現在は下写真のとおり山のなかにも光が差し込むようになっています。

IMG_3047

竹やぶ対策として、タケノコのときに切り倒すと良いと言われています。
これを続けると山のなかは老竹ばかりが残り、いずれは消滅することになります。

竹はやっかいですが、この里山の竹や木は防風林の役目も果たしていますし、竹も木もなくなれば土砂崩壊に繋がる恐れもあります。

そこで、今年からは春にタケノコで収穫するほか一部は残すようにし、残した竹と同数程度の老竹(竹齢5年以上)を冬に伐ることにしています。
こうすれば、竹齢5年程度までの竹が坪1本程度の密度で維持されることになります。

ということで今シーズンの作業開始。
チェーンソーで伐って、鉈で枝を払っていきます。

img_4851

3年前に同じ場所を撮影したものが下写真です。

r0012544

竹は密集していますが、そのほとんどは稈(茎の部分)の表面が白く老竹です。

枝を落とした稈は山状に積んでおきます。

img_4853

枝葉部分は地面にバラまいておきます。

img_4854

間伐により光が差し込むようになり、その結果、草が生えやすくなります。
竹の枝葉を地面に被せておけば天然のマルチシートとして防草されます。

伐った竹のうち太さが1寸(3cm)程度のものは、使い勝手がよいため、後日まとめて倉庫に保管することにします。

img_4852

<続きます>

薪ストーブの導入(46)湯たんぽ

薪ストーブを焚くとヤカンのお湯は常に沸いた状態になっています。
お湯はお茶やコーヒーをいれるのに使いますが、それだけは勿体ないように思います。
そこで、就寝時に湯たんぽを使うことにしました。

湯たんぽは、土蔵の片付けの際に見つけた古いものを引っ張り出してきました。

img_4901

陶器製です。
昔の湯たんぽと言えばブリキ製のものを思い出しますが、これはそれ以前のものかもしれません。
重量があり、割れる恐れもあって扱いにくそうですが、蓄熱性は最高でしょう(^_^)

キャップも陶器製で、ゴムパッキンがはめられいます。

img_4884

少なくとも50年間は使われていなかったものです。
パッキンは硬化し、水密性を保てない状態です。

パッキンの内径を計測するとφ22mmですので、同径のものをホームセンターで購入してきました。

img_4885

上写真で左が古いもので、右が新品です。
まったく同じ大きさと厚みです。
昔からの規格品なのかもしれません。

パッキンを取り替え、お湯を注いで、布団のなかに投入。
久しぶりに使う湯たんぽは極楽です(^_^)

おやすみなさい(-_-)zzz〜

<続きます>

大豆の収穫

畑のダイズが収穫時期を迎えたため、先日(12月11日)に収穫しました。

ダイズの栽培はまったくの手間いらずです。
実際にこれまでにおこなったのは、種まきと草刈りだけです。
耕起や施肥、農薬散布はおこなっていません。
あと、除草しなくてすめば自然農法ですが、草刈りだけは・・・

そもそもダイズを作っているのも、草刈りのモチベーションを維持するためです。
夏の暑い中、草を刈るためだけに刈り払い機を振り回すのは、まさに徒労と言った感じで本当に疲れます。
それが何か作ってあるだけで草刈りのモチベーションは上がり、疲れも少なくなるように感じます。
当地ではこのような粗放的な栽培を「荒らし作り」と呼び、ひと昔前までは収穫の必要がなくても耕作放棄してしまうのではなく、とりあえず何でも良いので作っておいたそうです。
これも土地を荒廃させないための知恵で、土地を守り(もり)することの一つなのかもしれません。

今年のダイズ栽培を振り返ってみます。

<6月から7月上旬>
種蒔き(黒豆が遅くて7月上旬です)

img_3508

上写真の畑?には畝がありませんので、目印として竹を並べてあります。
これがないと草と一緒に刈り払い機で刈ってしまいます。

<8月上旬>
この頃には大きく成長しています。

img_3762

草も勢いよく成長します・・・

<8月下旬>
草刈り後。

img_3929

この頃は、隔週で週末に草刈りしていたような・・・

<9月中旬>
実がつき、大きくなりつつあります。

img_4099

<9月下旬>
枝豆としての収穫時期となりました(枝豆としてはほとんど収穫していません)。

img_4278

<11月下旬>
葉が落ち、莢もカラカラになってきました。

img_4684

同じ場所でダイズと入れ替わるようにソラマメが成長しています。
自然のダイナミックな移ろいを感じます。

<12月中旬>
いよいよ収穫です。

img_4772

下写真のように葉がすべて落ちて莢だけになっていると収穫が楽ですね。

img_4773

収穫するとこれだけの量がありました。
軒先でしばらく乾燥させてから脱穀することにします。

img_4774

この夏は少雨で、その影響かダイズが不作と聞きます。
我が家の出来具合が気になります。

<続きます>

倉庫の整理(8)電動ドライバー掛け作製

以前から断続的に倉庫を整理しています。

モノの片付けとともに、これまでに農具掛け剪定道具掛け、手工具掛けなどを設けました。
単なるモノ置きにするのではなく、利活用できるようにしたいと思っています。

IMG_3445

img_3994

電動工具は使わなくなった本棚に収納していますが、特によく使う充電式の電動ドライバーを壁掛け方式で収納するようにしたいと思います。

電動ドライバーは、「ドライバドリル(DF440D)」と「インパクトドライバ(TD131D)」を所有しています。
どちらもマキタのもので、ベルトに掛けて持ち運ぶためのフックがついています。

(ドライバドリル:DF440D)
df440d

(インパクトドライバ:TD131D)
td131d

このフックを利用して壁掛けすると良さそうです。

ベルト状のものとして、以前、炉壁の下地を作るのに使った軽天材(ランナー)の端材が使えそうです。

img_4243

ランナーはCチャンネル(溝型)ですが、両側の部分を折って重ねることでベルト並みの厚みになりそうです。

必要長さで切断し、折って重ねます。

img_4820

上写真の木片は、ランナーを壁からフカスためのもので、2〜3mmの厚みです。

本棚(電動工具入れ)の側板に取り付けます。

img_4821

良い具合に掛かります。

引っ掛けてある部分の詳細です。

img_4822

これで多少は楽しく安全に作業ができるようになるかもしれません(^_^)