自然農:自然生えのハクサイ

下写真は自宅に隣接する畑(自然農にて栽培)の現在の様子です。

ひと通りの冬野菜が栽培してありますが、粘土質の土壌改善を図るため自生えのダイコンやゴボウ、ニンジンと言った根菜類がメインになっています。

慣行農法から自然農法(無肥料、無農薬、不耕起)に切り替えて7年が経過し、地力の回復とともに多肥を要する野菜も育つようになってきています。
とは言え、冬野菜のハクサイが収穫できるようになるには、まだ時間がかかりそう。
例年、収穫には至りませんが、地力を確認するためにもハクサイも少しだけ作るようにしています。
それが、なんと!この冬、ちゃんと結球して立派なハクサイに育ちました。

このようなハクサイを、この畑で見るのは7年ぶりのことです。
9年前に父が亡くなって1シーズンは慣行農法で栽培したのですが、そのときは化成肥料を使ったため立派なハクサイを収穫できたのです。
ひと掴みの化成肥料を使わずにハクサイを育てるのに、苦節7年・・・。
その分、喜びもひとしおです(^_^)

先に書いたとおりハクサイは収穫に至らずとも毎年育てているため、春になるとトウが立ち開花、そして種ができます。
そのこぼれ種から自生えしたものが下写真ですが、左側のものはなんと!ちゃんとしたハクサイになっています(トンビが鷹を生む!?)。

右側のものがデカイため小さくみえますが、普通に売っているハクサイと変わりません。

これまでハクサイを作るのに苦戦していたのが、種すら播くことなく勝手にハクサイができるようになるとは本当に驚きです。
勝手にハクサイができるのであれば、来年からはダイコンと同様に野草化したくなりますが、ハクサイは交雑したりして下写真で右側のようなものができるため野草化は難しいように思います。

さらに下写真も別の場所のハクサイですが、こちらは巻きが甘いです。

ハクサイの左に写っているホウレンソウの元気が良いことから、地力不足ではなく播種時期の問題(遅い)ではないかと思います(自生えのハクサイはかなり早い時期に発芽していました)。

自然農は無除草でもあるため、ハクサイの周りの地面は雑草や夏の枯れ草で覆われています。
雑草について、以前はカラスノエンドウ(スズメノエンドウ)やヤエムグラが多かったのですが、今は上写真にも写っているようにホトケノザが大半と言った状態になっています。
ホトケノザは田んぼの畦道などで見かけることからも比較的肥沃な土地を好む植物なのだと思います。
地力の回復とともに雑草も遷移しているようです。




里山再生:門松(杉皮を利用)

毎年、自宅裏の里山の竹を使って門松を作っています。
今年のものが下写真になります。

基本的に例年と同じですが、いつも鉢を巻くのに使っている藁コモを入手できず、代わりに杉皮を使っています。
藁コモはホームセンターで購入しているのですが、昨年末はいくつかの店舗を回ってもどこも在庫切れ。店員さんに聞くと、そもそも入荷できない状態だそうで、これもコロナ禍の影響かもしれません(中国製の藁コモ)。
藁コモを入手できず、どうしたものかと思ったのですが、1年前に伐採した杉の木があることを思い出し、その杉皮を使うことにしたのです。
実際、杉皮を使ってみると藁コモよりも高級な感じがしますし、杉皮を使うことで門松の材料のすべてを自ら賄えたことになります(と思いましたが、棕櫚縄が購入品でした)。

また、例年は玄関用に門松を1対(2基)作っていますが、今年は玄関は1基だけとし、もう1基は門柱のところに設置することにしました。

門柱(米搗き臼の再利用)が小さいので、それに合わせて門松も小さいサイズにしています。

昨年はアプローチの敷石(石畳)を門柱のところまで延長できました。
門柱周辺がそれなりに整備されてきたため、門松を設置してもそれほど違和感ないような??

玄関は門松が1基になって寂しくなりますが、その分をカエルが花(パンジー等)を抱えて華やかにしてくれています(^_^)