サイクロン集塵機の自作(13)試運転成功!

自作サイクロン集塵機を改良することにし、前回までで配管関係(インレット管&アウトレット管)が全てできました。

大きなところはできたことになり、あとは細かいところを仕上げていきます。
まずは、インレット管(VU65A)の取り付け部をシーリング(シリコンシーラントを使用)。

同様にアウトレット管(UV40A)の取り付け部もシーリング。

サイクロン装置の底板とダストボックスの蓋とをビス留めしたうえ、両者間をシーリング。

上写真のようにダストボックスの蓋はサイクロン装置とともに取り外す形になります。

今回サイクロン装置を取り外した機会にダストボックス側からサイクロン装置(カラーコーン)の内側を覗いてみます。

インレット管とアウトレット管の配置がよく分かります。
たったこれだけで粉塵を分離回収できるとはスゴイものです。

スゴイとは言え、粉塵の回収率は100%ではなく、特に微細な粉状のものが捕捉されにくくサイクロン装置(集塵機)から排出されてしまいます。
そのままではガレージ内に粉塵が飛散しまいますので、集塵機の排出口に下写真のフィルターを取り付けることに。

当初は適当な布袋でも取り付けておこうかと思っていたのですが、ガレージ内の環境や集塵機への負荷を考えてMonotaROにて高性能フィルター(汎用品)を購入、取り付けることにしました(ホースで屋外に排出するのが一番ですが、ホースの取り回しが厄介です)。

とりあえず、これで運転できる状態になりましたので、下写真のチリトリ一杯のオガ屑を吸い取ってみることにします。

木工用集塵機のパワーは凄まじく、一瞬で吸い取りました。

木工用集塵機の排出口を確認するとフィルターに少し色がついていますが、溜まっている様子はなく、つまり、ほとんどはサイクロン装置で回収されたことになります。

期待通りの集塵能力が得られて、ひと安心です(^_^)
まだ試したわけではありませんが、このパワーと回収率であれば自動カンナ(大量のおが屑が発生)をつないでも全然問題ない感じです。

とりあえずサイクロン集塵機は完成ですが、電動工具側もサイクロン集塵機につなげられえるにする必要があります。

<続きます>

サイクロン集塵機の自作(12)アウトレット管を配管

自作サイクロン集塵機を改良することにし、前回、インレット管を配管するところまでできました。

続いて、アウトレット管を配管します。
アウトレット管は下図のとおりサイクロン装置と木工用集塵機とを結ぶもので、口径40mmの塩ビ管(VU40A)を用います。

とりあえずサイクロン装置側を配管することにします。
サイクロン装置からの取り出し口は以前もVU40Aを使っていたため、そのまま使えます。

塩ビ管(VU40A)を継手(エルボ、ソケット)使って下写真のとおり組みます。

インレット管のときと同様に途中にソケットを入れてアウトレット管を支えられるようにしています。

サイクロン装置に取り付け。

先の支え(ソケットと板)により重力方向については問題ないものの、横方向には安定しません。
そこで、端材を使って下写真の固定具を作製。

インレット管のほうも同様のものを作ります。

これらの固定具をサイクロン装置の蓋(合板)にビス留めして、インレット管及びアウトレット管を固定。

何しろカラーコーンの強度がないため、カラーコーンに余計な力が作用しないようにしておく必要があります。

アウトレット管について、サイクロン装置側ができたため、次に集塵機側を行います。
集塵機側はアウトレット管を集塵機の吸込口(下写真で朱色矢印)接続することになります。

接続には吸込口の内径(76→75mm)から塩ビ管(VU65A:外径76.0mm)を使うことにし、塩ビ管の表面を少し削って薄くし、吸込口に挿し込めるようにします。
また、吸込口の少し奥に横棒が仕込まれているため、それに引っ掛けて固定できるように塩ビ管を加工します。

この塩ビ管(VU65A)をインレット管(VU40A)に繋ぐには下写真で左下の継手(インクリーザー:65A×40A)を使います。

ところで、塩ビ管の継手にはTS継手、VU継手、DV継手の3種類があります。
今回はVU管を使っているためVU継手を使うべきですが、ホームセンターには65A×40AのインクリーザーはDV継手のものしか置いてなく、仕方なくそれを購入しました。
DV継手はVP管用のものですが、VP管もVU管も外径が同じためVU管を接合できます。
ただ、継手の内側にVP管とVU管の肉厚の差(1.8mm)だけ段差が生じるため、その分を削っています(百均の砲丸砥石がここでも活躍!)。

そして、下写真のとおり配管。

こちらもソケットを入れてアウトレット管を支えられるようにしています。

取り付け。

アウトレット管をサイクロン装置側と集塵機側にしているは、ダストボックスに溜まった粉塵を取り出す際にアウトレット管を分割する必要があるためです。

上写真で朱色矢印の長さを正確に測定。
その長さをもとに両端が受け口(ソケット)の脱着可能な配管部を作ります。

これを使ってサイクロン装置側と集塵機側とを繋ぎます(もちろん接着剤は使用しません)。

アウトレット管も完成し、これで全ての配管が完了したことになります。