耕作放棄地の再生(38)タケノコ収穫とシカの出没

長年、耕作放棄状態だった田圃と隣接する山(下写真で朱色線内)については、荒地を開拓するようなハードな作業は昨年までに完了し、今年からは保全的な作業に移行します。

保全的な作業の具体的な内容は次のとおりです。

  • 年2〜3回の草刈り(超高刈り)
  • 薪用に樹木を伐採
  • 竹の伐採(タケノコの段階で全て収穫)

今年もタケノコ(孟宗竹)があがってくる時期になりましたので、山に入って収穫。

タケノコの段階で全て収穫するとともに枯れ竹を伐採することで竹を減らす作戦ですが、この1年で枯れたものはないようで枯れ竹は1本も見当たりません。

せっかくチェーンソーを持ってきましたので、隣地との境界(下写真で朱色線で囲う土手)部分の枯れ竹を切って片付けておきます。

孟宗竹でも枯れ竹のため比較的軽くて作業も容易です(青竹の伐採は大変で危険です)。
ちょっとした作業ですが、風が通るようになり雰囲気が一変するように感じます。

田圃を挟んで反対側の斜面には昨年までにスギやカシを植樹しましたが、枯れることなく順調に成長しています。

こちら側の斜面には田圃への侵入路の跡(下写真で朱色線)があり、そこに生えている雑木を薪用に伐採しています。

上写真はこの冬の伐採時に撮影したものですが、写真中央上に何やら白いものが木に括り付けられています。
たまたま作業しているときに猟友会の方がみえ、これは近くにイノシシを捕獲するための罠(足くくり罠)が仕掛けてあることを標示するものだと教えてもらいました。
どうも、この進入路跡をイノシシが獣道として使っているらしく、道中に罠を仕掛けてあるとのこと。
罠(足くくり罠)がかけてあるところも見せてもらいましたが、もちろん目につくようなものではなく、教えてもらわなければ私が罠にかかるところでした(実際には人間の大きな足はかからないとのこと)。
ところで、その猟友会の方は「この地区でイノシシだけでなく、シカも仕留めた」と言ってみえました。
山と言っても浅い里山ですし、よもやシカが出没するようになるとは本当に驚きです。
3年ほど前にイノシシ、そしてシカ、我が地区は急速に野生動物の来園になりつつあるようです・・・。

閑話休題。

伐採については、比較的細い木で特別に書くようなこともありませんが、伐倒した1本が隣接する木に掛かったためローププーラーで根本を引いて外すことにしました。

伐採した木の大半はアカメガシワです。
薪としては火持ちが悪いですが、その分、薪割りは楽ちんです。

里山再生:スギの植樹と苗木作り

若葉が芽吹く季節になりました。
散策がてら自宅裏の里山に入ってみると、昨年植樹したクヌギも若葉をつけています。

自宅裏の里山は竹を減らす一方、その代わりにこのような樹木を植えています。
昨年はクヌギのほかにもスギも1本を植えましたが、それは残念ながら枯れてしまっていました(下写真で朱色矢印)。

これまでの経験からもスギは容易に根付くものと思っていたのですが・・・。
ただ、スギは僅かの間でも水を切らすと枯れてしまいますので、昨夏の酷暑時に水が切れてしまったのかもしれません。
ちょうど畑に適当な大きさになっているスギの苗木が3本ありますで、それを掘り上げて再挑戦することにします。

3本のうち1本は枯れてしまったものの近くに植え付けます。

竹の伐採により空間ができているところを見つけて残り2本も植え付け。

スギと言えば、昨年12月に伐倒したスギ(3本)の現状は下写真のとおりです。

下写真:昨年12月伐倒時

このスギは製材する予定で、自然乾燥させるため伐倒後、枝葉をつけた状態のままにしてあります(葉枯らし乾燥)。
伐倒後4ヶ月が経過して葉のほとんどが茶色くなったため、そろそろ枝葉を落とそうかと思っているところです。

ところで、今回里山に植樹したものを含め、これまでに植樹したスギの苗木は全て昨年12月に伐採したスギを親にするものです。
つまり、今後はスギの苗木(自生した幼木)を得られにくくなります。
ただ、昨年までに自生した幼木が敷地内に生えていますので、それを苗木にすべく畑に移植しておくことにします(写真を撮っていないことに気づき、先ほど撮影したため夜間です・・・。写真では3本ですが実際には20本程度)。

こんなに小さいものが伐るのも怖いほどの大きな木になるのですから本当に不思議なものです。