井戸の再生(42)立水栓の自作①

前回、踏み石の切断と流し(天然石)の移設を行ないました(石材屋さんに依頼)。

踏み石を長手方向に切断
流しを前方に移動

流しを移設したことにより上写真で流しの右側(井戸の前)に立水栓を設置するスペースができました。
また、近くに庭木の根があるため試掘して確認したところ、根の下を通す形で立水栓までパイプを敷設できることがわかりました。

今春、パイプとともに立水栓も設置することにし、まずは立水栓について検討します。
立水栓は市販されていますがオシャレなものは高価ですし、そもそも今回の流し(水盤)まで届くような吐水パイプが長いのものはないかと思います。
そこで、安価な塩ビ管などを使って自作することにして下図のものを考えました。

塩ビ管(VP13A)の途中にストレート形止水栓(1,000円程度)を入れ、これで立水栓の開閉操作を行う考えです。
塩ビ管だけでは自立しないためメッキパイプ(φ25.4mm)で支え、この下部にコンクリート基礎を設けます。
これで立水栓としての用は足りるのものの、パイプが剥き出しでは味気ないため太い竹で全体をカバーしたいと思っています(塩ビ管の紫外線対策にもなります)。

基礎はコンクリートですが、型枠を作る手間を省くため廃材の塩ビ管(VU150A)を型枠がわりに使うことにし、所定の寸法で切断。

今回、塩ビ管の切断には上写真に写っているようにレシプロソーを使用しました。
レシプロソーには、切れ味が悪くなったゼットソーの鋸刃(孟宗竹の枝払いに使用したパイプソー)を装着しています。
普通だと装着できないのですが、ゼットソーの鋸刃をレシプロソーに装着できるようにするアタッチメントが市販されているのです(下写真で朱色丸印)。

手鋸だとストレスが溜まる切れ味の悪い鋸刃でも、レシプロソーに装着すればまだまだ使えます。

型枠(VU150A)に給水管(VP13A:外径18mm)を通す穴をホールソー(φ20mm)で穿孔します。

次に本体の給水管について下写真の管材を組み合わせて配管します。

止水栓(ストレート形)までは塩ビ管ですが、その先については柔軟性を持たせたいため散水ホースを使っています。

各管材を接合。

続いて、給水管を支えるメッキパイプ(φ25.4mm)を加工します。

メッキパイプのように肉厚があるものでも(2mm)パイプカッターで綺麗に切断できます。

止水栓(ストレート型)の継ぎ手の一方(受け口側)が出っ張っているため、メッキパイプに穴をあけて座りが良くなるようにしておきます。

クイックタイを使って給水管を支柱(メッキパイプ)に固定します。

さらにビニールテープでグルグル巻きにしておきます(塩ビ管×ビニールテープは問題なし。ポリエチレン管×ビニールテープは不可)。

これを下写真のように基礎用の型枠(VU150A)に入れてコンクリートを打つことになります。

ただ、問題はコンクリートの打設や養生中にどうやって支柱を立てておくかです。
ちょうど、支柱のメッキパイプ(φ25.4m)の内径(23mm)が塩ビ管(VP16A)の外径(22mm)より僅かに大きいため、塩ビ管(VP16A)を下写真のとおり合板に固定しておき、コンクリート打設時はここにメッキパイプを立てるようにします。

コンクリートを打つ準備が整いました。

コンクリートを少量練って型枠内に打設します。

しばらく養生して固まるのを待ちます。

庭の整備(61)踏み石の切断と流しの移設

5年前に主屋の改修工事が一段落して少し余裕ができたことから毎年、春の陽気が良いときに庭の整備を進めています。
具体的には砂利敷きのところをで緑化するとともに、人が通るところは昔あった敷石(石畳)を再生しています。
下写真は3年前の状態で、既に主屋側の一部は芝生になっています。

この庭の整備にあわせて上写真に写っている井戸の周辺(笹薮状態・・・)も整備し、将来的にはこの井戸(1号井)も再利用するようにしたいと考えています(2号井は既に使用しています)。

井戸の再利用にはポンプの設置やパイプの敷設が必要になりますが、芝を張るとパイプの敷設が面倒になるため、昨春の芝張り(下写真で青色のネットを被せてあるところ)では井戸側は保留しました。

井戸の再利用はまだ先のこととしても、とりあえずパイプだけは敷設しておかないと庭の整備を進められません(下図で朱色破線内が今春の予定箇所)。

そこで、パイプを含む設備関係の計画を立てることにします。
井戸水を主屋で使えるようにするため、井戸の近くに電動の汲み上げポンプを設置するとともに主屋まで配管します。
また、井戸の隣には天然石の流し(下写真)があるため、配管を途中で分岐させて流しの近くにも水栓を設けることにします。

ちなみに、この井戸と流しを昭和30年代に撮影したものが下写真です(流しの位置が現在とは異なります)。

井戸に蓋はされていないものの、使われている様子はありません。
当地では昭和30年代に簡易水道が供用されていますので、それに伴い井戸が使われなくなった頃のようです。
上写真は亡き父が撮影したもので、わざわざ写真に撮るぐらいですので父もいずれは井戸や流しを再利用したいと思ったいたのかもしれません。
井戸が使われなくなって半世紀以上が経過し、今、再利用に向けて動き出せることを思うと感慨深いものがあります。

井戸と流しの位置関係を示すと下図のとおりになりますが、これだと使い勝手の良いところに水栓を設置できないだけでなく、ポンプの設置場所にも悩みます。

水栓やポンプの設置場所を考えると、下図のとおり流しを前方に移設させたいところです。

しかし、問題は相当な重量がある流しを移動できるかです。
流しの重量は大きさから1t近くあると思います。
とりあえず長い鉄パイプをテコにして試してみると少し上がりました(持ち上げた際、下写真で朱色丸印の石を詰めてみました)。

しかし、人力(1人)ではこれが限界で、流しの移設については業者(重機使用)に頼んだほうが良さそうです。

今春の施工箇所でもう1点検討すべきなのが、通路部の敷石(下写真で朱色点線)です。

既設箇所はゴロタ石を並べて石畳のようにしてあります(下写真は施工時)。

このときは昔あった敷石(埋まっていた)の再生だったため材料のことを考える必要がありませんでした。
しかし、今回は新設になるため材料を準備する必要があります。
ゴロタ石は敷地内にあるものの、手頃な大きさで、しかも敷石用に平らな面をもつものとなると足りそうにありません。
そこで、何か使えないかと考えて思いついたのが下写真の石材です。

これは昔、米倉の踏み石(沓脱ぎ石)に使われていたもので、戦後間もなく米倉を解体して以来、ここに置いてあるのだと思います。
草刈りの邪魔にもなり、なんとかならないものかと思っていたのです。

形は土台の基礎に使われる延べ石に似ていますが、それよりも大きくて(断面:240mm×170mm)重いです。

敷石にするにはこれほど大きい必要がありませんし、何より重くて扱いにくいです。
上写真で朱色点線で示す箇所で挽き割って半分の大きさ(170mm×120mm)にすれば軽くて扱いやすくなりますし、倍の面積を敷石できます。
しかし、こちらも問題は半分に挽き割れるかです。
短手方向であれば、これまでに何度かやっているようにダイヤモンドカッターとタガネを使ってできるとしても長手方向はさすがに無理なので馴染みの石材屋さんに頼むことにします。
実は、このあたりのことは昨春の庭整備後に進めており、昨年中に石材屋さんに切断してもらい、下写真の場所に置いた状態になっています。

半分に挽き割ったことで4個になりましたので、これを下図で朱色のとおり通路の縁に配置することにします。

ちなみに敷石の切断は石材屋さんの工場に持ち帰って作業してもらったのですが、その往復の運搬にユニック(クレーン付きのトラック)が使用されました。
クレーンがある!とのことで、流しを吊って下写真のとおり移設してもらいました(石材屋さんだけあって石の移設もお手の物でした)。

これでパイプを敷設する準備が整いました。
上写真で配管ルートの一部を掘ってありますが、これは庭木の太い根が横断しているため敷設の支障にならないか試掘して確認したものです(結果、根の下に敷設することに)。