古民家の自然換気(39)土壁の修復③エツリ(小舞掻き)

前回、既存の土壁を支える形で新たに貫を設けました。

この貫は、再設する土壁の下地を固定する役割も担うことになります。

土壁の下地は竹を編んで作り、そのことを当地では「エツリ」(小舞掻き)と呼んでいます。
エツリには割竹を用いますが、そのエツリを固定するために「ヒダチ」(間渡し竹)と呼ばれる直径5分程度の丸竹を柱間及び上下間(今回の場合は貫と丸太梁の間)に配置します。

ヒダチは当地では尺5寸(45cm)間隔で配置されていますが、今回は下地自体の強度を上げるため1尺(30cm)間隔で配置しています。

このヒダチを組むことから始めます。
竹材は昨冬に里山で伐採したものを保管してありますので、それを使います。

エツリ用の竹については、既に割って節を取り除いてあります。

ヒダチを必要な長さで切断し、先の図のとおり取り付けます。

ヒダチの取り付けは、垂直方向については貫や丸太梁に釘を打ち、それが竹筒内に入るようにしています。
一方の水平方向(柱間)については、より確実(1箇所当たり大きい力が作用するため)にすべく左右の柱にドリルで穴(直径15mm)をあけ、その穴に竹をしならせて挿し込んでいます。

こうして組んだヒダチに対してエツリを行います。

エツリは、昔は藁縄を使って編むのが一般的だったようですが、手元にないため造園用のシュロ縄(しかも黒染め)を使っています。
エツリ竹同士は指1本分の間隔をあけ、この隙間により壁土がしっかりと食い付くことになります。

出来上がったものを見ると複雑そうに見えますが、意外に簡単で私のような素人にも十分にできる作業です。
ひと昔前まで、建前の後にエツリから荒壁つけまでは自ら(近所や親類での共同作業:結い)で行ったと聞きますが、実際にやってみるとそのことがよくわかります。

たまたま壁の背後にある照明を点けたところ、エツリの網目から光が漏れて良い感じになりました。

竹天井(上写真で右側)もそうですが、日本家屋と竹はやはり相性が良いようです。

<続きます>

古民家の自然換気(38)土壁の修復②貫

前回、20年ほど前のリフォームにおいて一部が切断・撤去された土壁について、その上部の土壁に割れが生じていることから元の形に戻して安定化させることにしました。
元の形に戻すため、下図のとおり土壁が撤去されたところに新たに貫(柱同士を繋ぐ水平材)を設け、これで既存の土壁を支えるとともに再設する土壁の下地(エツリ)を固定する考えです。

この貫のサイズ(断面)は3寸×5分としていますので、手元にある杉の野地板(5分厚)から木取りすることにします。
テーブルソーを使って3寸幅で挽き割ります。

強度的にはこれで問題ないとしても、既存の土壁を受けるためには5分(15mm)の幅では狭いです。
また、下地材のヒダチ(間渡し竹)を固定するために貫の上端に1寸(30mm)幅の角材を付け足すことにします。

この角材用には1寸厚の板材から木取りすることを考えていましたが、手元に30mm×40mmの野縁材が余っていましたので、これを使うことにします。
バンドソーを使って30mm×20mm弱×2本に挽き割ります。

このような角材をテーブルソーで挽き割るのは危険ですが、バンドソーを使えば安全に作業できます。

所用の長さでカットしたうえ、貫に角材を取り付けます。

貫自体は本来であれば両側の柱にホゾ穴をあけて取り付けたいところですが、ノミで柱を叩けば土埃が既存の土壁から雨あられのごとく降り注ぐこと必至です(真下は台所のシステムキッチン・・・)。
このため、貫の柱側にも角材を取り付けて柱にビス留めすることにします。

また、角材には釘を1尺ピッチで打ってヒダチ(間渡し竹)を固定できるようにしておきます(下写真は天地逆になっています)。

釘は念のためステンレス製のものを使っています。
また、横方向のヒダチについては柱に丸穴(ドリル使用)をあけて取り付ける(挿し込む)考えです。

これらの貫を取り付けることになる土壁の現状を再確認。

上写真は下屋側から撮影したものになりますが、下地のエツリが現れていることからも分かるように裏返し(裏面からの荒壁つけ)が行われていません。
このことについて以前、左官屋さんに尋ねたことがあるのですが、建築時の他工事(木工事等)との工程の絡みから、どうしてもこのような場所ができてしまうとのこと。
また、建築士さんによると、こうした半分しか荒壁がついていない土壁は耐震計算上はカウントできないそうです。

20年前のリフォームで一部撤去したところが、たまたま裏返しが行われていない弱い土壁だったことが、損傷(割れ・剥離、下写真)の直接の原因ではないとしても大きな要因になっていたのです。
とは言え、撤去する際に裏返しが行われていない土壁であることは分かっていたはずですが・・・。

既存の土壁やエツリを支えるようにして先に加工した貫を取り付け。

表(母屋)側から。

実は、途中から切断・撤去された土壁を元の形に修復することなんてできるのだろうかと思っていたのですが、こうして貫を設けられたことで一気に先が見えたように感じます。
あとはエツリや荒壁つけ、中塗り、上塗りと手間は要するものの時間さえ掛ければできないことはありません。
そんなわけで気持ちはできたも同然になってしまい、安心しきって作業が一時ストップすることに・・・(ブログ記事は続きます)。

<続きます>

古民家の自然換気(37)土壁の修復①検討

先般、夏季の暑さ対策として天窓(ガラス瓦)にシェードを設けたりしました。

上写真はそのときの写真ですが、よく見ると土壁の一部(朱色矢印)に割れが生じています。

割れの状況は下写真のとおりで、割れに伴って壁土が剥離して下地のエツリ(竹小舞)が見えているところさえあります。

4年前に古民家改修の手始めとして、この厨子二階(小屋裏)の片付けに着手したのですが、そのときにこの土壁の損傷を見つけました。
下写真は作業時のもので、大量に積まれている柴・藁を取り除いたところ土壁の損傷箇所が現れたわけです(朱色丸印付近)。

見付けた当初は「土壁が割れているということは、建物の老朽化によって構造部分がヤバイ状態になっているのではないか!?」と思ったものです。
しかし、その後に原因を調べてみると、老朽化によるものではなく、20年ほど前に行なったリフォームに起因するものであることがわかりました。

このリフォームでは1F居室側について丸太梁を現しにするため(流行?)、その上部の土壁の一部が撤去されました。
土壁の一部が無くなったことで、その上部の土壁が支えを失い、その結果、割れや剥離が生じたのです。

下写真は4年前の改修工事の際に外側から撮影したものですが、朱色線で示す箇所で土壁(下地のエツリを含む)が切断され、その下に新たに吊り天井(石膏ボード+断熱材)が設けられているのがわかります。

土壁は壁内の貫(柱同士を繋ぐ水平材)によっても支えられているため、一部を撤去しても大丈夫だと言う判断があったのだろうと思います。
しかし、この壁は内壁だけでなく外壁にもなっていますので、これ以上損傷が大きくなると大変(雨水の浸入等)です。
このため、土壁を元の形に戻して安定させたいと考えています。

<土壁1:幅1間>

<土壁2:幅3尺>

一刻も早く修復しなければならない状況ではないものの、一つ問題があるのです。
それは下図のとおり壁の一部がないことにより、下屋の屋根裏で熱された空気が居室内に入ってきてしまうのです。

以前ブログ記事で紹介した自然換気や冷風扇の使用時は問題ないのですが、エアコン使用時にこれでは効果半減です。
そこで、盛夏を迎える前に土壁(荒壁部分)を修復することにします(ブログ記事は遡って書いていて実際には6月から作業を始めています)。

土壁はエツリ(小舞掻き)により下地を作ったうえ、そこに壁土をつけて作ります。
エツリ用の竹については、咋冬に里山で伐採して既に準備ができています。

<エツリ竹(小舞竹)>

<ヒダチ(間渡し竹)>

ただ、問題は途中で切断されている土壁に対して、どうやってエツリを行なって土壁を修復するのかです。
一面の土壁を全て撤去したうえで再度作り直す手もありますが、実はこの土壁の下には台所のシンクがあって毎日使わなければならないため、可能な限り施工量を小さくしたいところです。
そこで、下図(断面図)のとおり既存の土壁の下に新たに貫を設けることで、既存の土壁を支えるとともにエツリ(を固定するためのヒダチ)を固定するようにすれば良さそうです。

垂直方向のヒダチ(間渡し竹)は、当地では通常尺5寸ピッチで配置されていますが、今回は下図(立面図)のとおり1尺ピッチにしてエツリ自体の強度を高めることにします。

<続きます>

マキタ充電式クリーナ用スタンドの自作②完成

前回、マキタの充電式クリーナ用にスタンドを自作することにし、前板と側板を組むところまでできました。

続いて、天板を加工します。
天板は、前板を木取りした残材を利用し、その前方にクリーナを固定するための半円形の切り込みを設けます。
クリーナのパイプ接続部の直径を測定すると4cm弱あるため、電気ドリルに自由錐を装着して40mmの穴をあけます。

切り込みにクリーナのパイプ接続部をあてがってみると、ちょうど良い大きさです。

天板を前後に移動させ、クリーナを固定するのに最適な位置を探ります。

しかし、このときクリーナの傾斜具合によっては脚(クリーナのヘッド)が滑ってしまうことが判明。
滑らないようにするためにはストッパー的なものが必要です。

そこで急遽、底板を設けることにし、底板の前方にストッパー(角材30mm×12mm)を取り付けます。

一方の天板は前方の角を斜切りしたうえトリマー(ギンナン面ビット)を使って面取り加工。

天板を取り付けて組み立て完了。

スタンドも、先に作製した棚と同じようにオイルステイン(「バトン」色:オーク)で塗装して仕上げます。

板材の樹種は松で油分を多く含みますが、塗料がオイルステイン(油性)と言うこともあって比較的相性が良いように感じました。

棚の下に据え付けて完成です(床や壁に固定しなくてもスタンドの自重で安定しています)。

棚もそうですが、物を使ったあとに収納すべき定位置があると言うのは案外良いものです(とは言え、棚やスタンドを作るより「不用なものを買わない・持ち込まない」ことのほうが大切なのでしょうが・・・)。

今回のスタンドは、クリーナの現物に合わせながら作ったため事前に図面を準備しませんでしたが、参考になるかもしれないと思い、後になってちゃんとしたものを作りました。

マキタの充電式クリーナであれば、このサイズで大丈夫かと思います。

マキタ充電式クリーナ用スタンドの自作①

先般、冷風扇の設置場所を確保するため壁の前に棚を設けました(棚の下に冷風扇を収納)。

壁の幅が3尺(90cm)あるのに対して冷風扇の奥行きは50cm弱です。
このため、棚の下のスペースをもう少し有効利用できそうな感じになっています。

そんなわけで、空いているところに充電式クリーナと消火器(薪ストーブ用)を置いてみました。

この充電式クリーナ(CL140FD)はマキタ社製のものです。
電動工具のバッテリー(14.4V)を共用できることもあって2〜3年前に購入したのですが、今では電動工具以上に使っていると言って良いほど活躍しています。
ところで、こうしたバッテリー駆動の電動工具はバッテリーが高価(1個1万円程度)な反面、本体自体は比較的安価な価格設定になっているように感じます。
それがメーカーの思うツボとは分かりつつ、ついつい色々なものに手が伸びてしまい、今ではインパクトドライバー、ドリルドライバー、マルチツール、レシプロソー、ヘッジトリマー、そして充電式クリーナーを所有するに至っています・・・。

充電式クリーナの使用頻度が高いことから専用のスタンドを作って使いやすいようにしたいとずっと思ってきたですが、実際には上写真のように壁に立て掛けたり、床に置きっぱなしにしている有り様です・・・。
今回、棚の下にスペースが出来たことから、この機会に専用のスタンドを作ることにします。

スタンドは将来的に置き場所を変えるかもしれませんので、据え置き型として独立したものにします。
クリーナ(重さ1.3kg)を支えるにはスタンド自体にも相応の重さが必要となるため、板厚のある材を用いて組むようにすると良さそうです。
とは言っても、クリーナはいつ壊れるかもしれず、またモデルチェンジする可能性もあります。
そのようなもののために新材を使うのは勿体無いようにも感じます。
そこで、主屋の改修工事で発生した古材(松の板材、厚1寸弱)を再利用することにします(手間を考えれば新材を買うべきなのでしょうが・・・)。

幅方向に反りがあるため、両側の凸部を削ったうえ自動カンナ盤に掛けて製材します。

カンナ掛けの結果、板厚は21mmに。

2枚の板の木表側を合わせて平面の具合を確認します。

2枚のうち1枚から前板と天板を、もう1枚から側板2枚を木取りする考えです。

スタンドは前板を若干傾斜させる形状にすると、側板は1辺がその傾斜角の台形となります。
どれだけ傾斜させるのが良いか定規をあてて確認します。

この結果、傾斜角は6°とし、下図のとおり側板(左右2枚)を木取りすることにします。

木取りした側板にとりあえず前板やクリーナを立て掛けて確認します。

良い具合ですので、傾斜角はこれで決定(6°)。

次に前板を側板の高さ(536mm)に合わせてカットしますが、このとき上・下の切断角度を側板の傾斜角(6°)に合わせる必要があります。
そこで、テーブルソーのブレードを6°傾斜させてカット。

余りの材は天板として利用します。

仮組みして状態を確認。

前板と側板との接合は単純に芋継ぎでも良いのですが、そうすると正面にビス頭が現れてしまいます。
そこで、ビス頭が側面に来るように「包み打ち付け継ぎ」とします。
「包み打ち付け継ぎ」と書くと敷居が高く感じますが、抽斗の前板の接合などに使われているもので、溝切りだけで実現できます。

前板の左右にテーブルソー(自在溝切りカッター装着)を使って溝(幅21mm×深14mm)を切ります。

溝切り加工完了。

接合具合を確認(左右の側板からビス留めすることになります)。

この後、面取りやサンダー掛けしたのちビス留めして組み立てます(写真は撮り忘れ・・・)。

<続きます>

古民家の自然換気(36)古民家風棚の作製②完成

前回、棚受けと棚板の部材を木取りするところまでできました。

棚受けは柱にビス留めしますが、このときビスの打ち込み角度が斜めになることから誘導用の下穴をあけておきます。

ついでにドリル(ビット)の径を替え、ビス頭を隠すための穴(φ10mm)も加工しておきます(この穴にφ10mmの埋め木を施すとビス頭が隠れます。ただし、今回は取り外すことを考慮して埋め木までは行いません)。

面取りとヤリス掛けにより仕上げます。

柱にビス留めして取り付けます。

このとき、棚受けの位置(高さ方向)は棚下に冷風扇を収納することを考慮して決めています。

棚受けの位置が決まったことから両者の間の距離を測定し、それに応じた長さで棚板をカットします。

棚の背後は壁(真壁)でチリ部分がありますので、その柱側を切り欠いています(上写真で朱色矢印)。

棚板の面取りはトリマー(ヒョウタン面ビット)を使って少し凝ってみます。

引き続きトリマー(ストレートビット)を使い、裏面の棚受けとの接合箇所(追入れ接ぎ)に溝を切ります。

サンダーを掛けて仕上げます。

一旦、棚板を仮置きしてみます。

背面の壁は15年程前のリフォームにおいて新設したものです。
下地は石膏ボードで、工場製品ゆえに完璧な平面が出ており棚板との間に隙間が生じません(当たり前とは言え、土壁に慣れていると驚きです)。

棚はオイルステインで塗装して仕上げます。
塗料は3年前の改修工事で用いたものと同じバトン(大谷塗料、色:オーク)を使います。

今回、一斗缶(16L)で購入しましたが、一斗缶でも2万円弱と同じオイルステイン(自然系塗料)のリボスやオスモと言った舶来ものに比べて安価です。

ウエスを使って擦り込むようにして塗装(改修工事で大工さんに教えていただいた方法)。

古民家に白木だとアンバランスな感じがしたりしますが、こうして塗装すると馴染みます。

棚板(上段)と棚受けとの接合は追入れ接ぎにしているものの念のため造作用のビスで留めておきます。

棚には電話の子機を置くため、その電源コードを通す穴を設けてあります(上写真で朱色囲み)。

完成!

古民家に馴染む棚に仕上がりました。

そして、棚の下のスペースを利用して冷風扇を収納できるようになりました。

<続きます>

古民家の自然換気(35)古民家風棚の作製①

前回、夏季の暑さ対策として冷風扇を導入しましたが、そのサイズが想像以上に大きいことが判明。
そこで、冷風扇の置き場所を確保するため、下図の棚を設けることにしました。

<立面図>

<側面図>

まずは棚受け部分を作ります。
棚受けのサイズは上図のとおり100mm×29mm×268mmとしているため、手元にある杉の間柱材(105mm×30mm)から木取りします。
テーブルソーを使って幅100mmで縦挽き。

棚受けの手前側の角は、ぶつかったときに怪我をしないように鈍角にしています。
このため、まずは下端側を60°の角度で横挽き。

このとき、テーブルソーの傾斜定規(マイターゲージ)は30°(=90°−60°)にセットしています。

次に上端側を15°の角度で横挽きしますが、傾斜定規は75°(=90°−15°)にセットできません(45°まで)。
そこで、75°の角度でカットした板を間に挟むことで所定の角度になるようにします(傾斜定規は0°にセット)。

墨線通り切断されます。

精度が求められる箇所ではありませんが、安全にテーブルソーを使うには(途中で材を捻らない)、こうした治具の利用が欠かせないように感じています。

左右ひと組分のカット完了。

次に棚板をカットします。
棚板用の材は、棚受けと同じ杉でサイズが210mm×20mmの板材(プレーナー加工済)をホームセンターで購入してきました(2mもので1,000円弱)。
下写真のとおり表面が相当焼けているところを見ると相当期間売れなかったのでしょうか・・・。

木端の一方に水糸を張ってみると長さ方向に乾燥による曲がりが生じていることが判明。
このため定規を使って真っ直ぐに切り直し、基準を作ります。

真っ直ぐに切ったほうを基準にしてテーブルソーを使って所定の幅(160mm)で縦挽きします。

板の幅が210mmあるところを160mm幅で挽くのは勿体無いような・・・。

先に加工した棚受けを載せ、両者の大きさのバランスを確認します。

棚板の表面が日に焼けて黒ずんでいますので、表面側を自動カンナ盤にかけて1mm程度削っておきます(20mm→19mm)。

1mm削った程度では黒ずみを取りきれませんでしたが、最終的にはオイルステインで塗装する予定ですので、これで良しとします。

ちなみに上写真に写っている自動カンナ盤の集塵フード(サイクロン集塵機接続)ですが、2年程前に自作したものは不十分(角材程度しか集塵できず)でしたので作り直しています(形状を変更するとともにサイクロン集塵機との接続パイプにΦ100mmのアルミダクトを使用)。
これにより板材でも(なんとか)集塵できるようになりました。

棚板の厚み(19mm)が決まりましたので、棚受け側に19mm幅の溝を切ります(深さ9mm)。

溝の深さを9mmとしたことから、棚板(下段)の長さは下図から816mmとなります。

早速、棚板を816mmの長さでカットしたいところですが、棚受けを上図のとおり設置できるとは限りませんので、棚受けを設置したうえで両者の離隔を実測し、その値をもとにカットすることにします(当たり前のことなのでしょうが、先走ってしまうこと多々あり・・・)。

<続きます>