月別アーカイブ: 2017年5月

薪ストーブの導入(53)薪割り開始

昨冬、里山耕作放棄地の整備において樹木(雑木)を伐採しました。
これらの伐採した樹木は薪ストーブの薪として使用するため、自宅敷地内に引き上げてきてあります。

大小様々な約15本の樹木を伐採しましたが、薪として使えるのがこれだけの量になります(昨シーズンの使用実績から1シーズン分はあると思っています)。
伐る木はあったとしても必要量と作業にかけられる時間から、これが良いところではないかと感じています。
まあ、このペースでも20年(薪ストーブの耐用年数)も続けていけば里山や耕作放棄地は変わっていくことでしょう。

さて、これらの原木が十分乾燥して来シーズンの薪として使えるものかわかりませんが、時間が経つほど木が硬くなり薪割りに苦労しそうですので、梅雨明け頃までには薪割りを終えてしまいたいと思っています。
それで薪割りを始めるも、これまで針葉樹(古材)の薪割りで使っていた洋斧(FISKARS X25、下写真で左端)では弾かれてしまい全く歯が立たず・・・。

そこで伝家の宝刀!?(骨董物の和斧)を取り出してきました。

この大きいほうの和斧を使うことで、辛うじて割ることができるようになりました。

ところで柄の長さを見比べると、和斧は洋斧に比べかなり長いです。
また、それぞれの重さを計ると次のとおりです。

  • FISKARS X25:2.4kg
  • 和斧(小):2.4kg
  • 和斧(大):3.2kg

FISKARS X25は軽量のため針葉樹の場合は本当に使いやすいのですが、雑木を割るにはヘッドが軽く打撃力が十分得られないようです。
和斧が大小2本あるのも、針葉樹用と雑木用に使い分ける必要があったのかもしれません。

赤錆で覆われた状態で長年倉庫で眠っていた和斧が、こうして再び活躍してくれると嬉しいものです(実は骨董物の和斧なんてダメダメだと思い込み、洋斧を購入したのですが・・・)。

そんな斧でも太くて節のあるものには歯が立ちませんので、大型のクサビ(ハスクバーナ「薪割り用ねじれクサビ」)も入手しました。

上写真で下のクサビ(薪割り用?)は元々あったものですが、それに比べ随分と大きく重いです(長さ215mm、重さ2.3kg)。

そんなことで、斧とクサビを使って薪割りを始めます。

慣れないこともあるのでしょうが大変!!
私のような軟弱な心身の持ち主には良い鍛錬になりそう(^_^;

そう言えば、以前、地元の長老に「昔はカマドや風呂焚きなどにさぞ雑木(広葉樹)を伐って使ったことでしょうね」と尋ねたことがあります。
ところが予想に反して、マツ(針葉樹)を焚くことがほとんどで、雑木はそれほど使うことがなかったとのこと。
その理由としては、昔はマツの木が多かったことや、マツは火力を得やすいことが大きいですが、雑木は切るにしても割るにしても大変であることも理由としてあったそうです。
今ではチェーンソーを使って切りますので、これまで雑木ということを特段感じることがありませんでしたが、斧で割ってみて初めて雑木ということを実感しています。
さらに雑木でもクヌギやカシは比較的割りやすく、これだけの理由ではないにしても炭作りに重用されたことを納得しているところです。

<続きます>

掛矢の修理

先日、掛矢(木槌の大きいもの、下写真左下)を使っていたところ、ヘッドが割れてしまいました。

この掛矢は昔からある骨董物ですが、使いやすく愛用していたので残念です。

掛矢は今でもホームセンターなどで購入できますが、ちょうど良い太さ(直径φ130mm)の樫の木がありますので、これを使って修理することにします。

この樫の木は2年前に伐採したもので、これまで屋外に放置してあったところ樹皮が自然に剥がれ良い感じになっています。

チェーンソーを使って、既存のもの(下写真左端)と同じ長さで切断します(予備を含め2個)。

残念ながら片面の樹心付近に腐れがあります。
腐れがないほうの面を使うとしても耐久性は劣りそうです。

あと既存のものに比べると材が緻密でなく、重さが軽いのも残念なところです。

柄は既存のもの(樫)をそのまま再利用します。
柄のヘッド側はφ30mmの円形になっていますので、先ほどのヘッドにドリルを使ってφ30mmの穴を開けます。

柄を差し込んで完成。

柄の直径は厳密にはφ30mm以上あったようで、楔を入れなくてもしっかりと固定することができました。

先ほど樫の木を切断するのにチェーンソーを使いましたが、今シーズンの里山整備は終わっていますので、これでしばらくチェーンソーを使うことはないはずです。
そこで燃料を抜いて、簡単にメンテナンスしておきます。

エアフィルターの状態を見ると・・・。

これは酷い!
シーズン途中にも点検・掃除するようにしなければなりませんね。

ダスターで木屑などを吹き飛ばして掃除完了。

チェーンソーと入れ替りで、これから活躍するのが刈り払い機です。
新しい替え刃に交換し本稼動に備えます。

ついでに軸受け部(ギアボックス)も古いグリスを拭き取って綺麗にしました(替え刃の取付後に新しいグリスを注入)。

これで準備万端。

今夏、何時間稼動することやら・・・。

自然農:ソラマメの収穫

モモの花が咲いていた頃(4月中旬)、畑は一面緑の絨毯に覆われていました。

この緑の正体は主にカラスノエンドウ(雑草)です。
上写真のとおりスゴイ勢いで繁茂しますので、昨年は「これ以上増えては大変!」と種をつける前に刈り払い機で刈り取りました。
しかし今年も一面に繁茂していることから、刈り取りは無意味だったことになります。
そこで今年は無謀にもそのままにしておいたところ、種をつける頃になると急激に勢いが落ち(枯れ)、今では畑の良いマルチ材になっています(下写真で畝間の茶色いもの)。

もちろん大量の種を落としていますので来年も繁茂することでしょうが、結果的には「草ボーボー状態」という見た目を除けば特に問題はありませんでした。
強いて言えば、勢いが落ちるときに他の野菜を巻き込んで倒れてしまうことぐらいでしょうか。
その欠点以上に土壌を肥やしてくれたり(マメ科の窒素固定や堆肥化)、マルチ材として夏草の発生を多少なりとも抑制してくれる利点を考えれば、手間をかけてまで刈り取る必要はないと感じています。

さて、マメ科のカラスノエンドウの勢いがあるということは同じマメ科の野菜も元気に育ち収穫時期を迎えました。
こちらはソラマメです。

写真ではこちらも緑の絨毯ですが、実は一面ソラマメです。
昨年10月下旬に箱一杯の種(下写真)を蒔き、そのほとんどが発芽していますので100本以上があります。

不耕起・無肥料・無農薬・無除草、つまり何もしていないのですが、スーパーに売っているものに負けないぐらいのものが実っています。

元々は3年前にホームセンターで購入した1、2袋の種(8個程度)でしたので、カラスノエンドウ以上の爆発的増加かもしれません。

エンドウ(サヤエンドウなど)に至っては種を蒔くのも面倒で、一部を適当な場所にバラまいておいたのですが、それでも発芽してたくさん実っています。

もちろん支柱や棚などはありませんので、上写真ではカラスノエンドウを支えに成長しています。

下写真では種をつけた後の菜花類(これも自生)に這い上がっています。

このような旺盛な成長を見ると、野菜だからと言って必ずしも手間を掛けて管理する必要はないように感じます。
土地や時期にさえ合っていれば、成長するものは放っておいても成長するものなのかもしれません。

ただ、ソラマメやエンドウをこのまま置いておき、来冬にこぼれ種から自生するかと言えば、ほとんどしないと思います。
そう思うとカラスノエンドウは偉大なものです。
もし人間が食用としてカラスノエンドウで満足するならば、種蒔きさえ不要になります。
そうなれば、もはや雑草畑ではなくエデンの園なのかも(^_^)

人間は、さらに美味しいソラマメやエンドウの開発を目指して心身を酷使すべきなのか、それともカラスノエンドウで満足できる健全な心身を手に入れるべく鍛錬すべきなのか、どちらなのでしょうかね?