月別アーカイブ: 2018年8月

古民家の自然換気(43)土壁の修復⑥大直し

前回、下屋に天井(当面、断熱材のみ)を設けました。

土壁については、下屋側から作業がすべて終了し、下図で「2-1裏返し」「2-2貫伏せ」「2-3荒壁つけ」まで終わった状態になっています。

このうち「2-3荒壁つけ」の反対側(母屋側)について、今回、裏返しを行うことにします(上図で「3-1裏返し」)。
「2-3荒壁つけ」では屋根の受け材(垂木掛け)が支障になって既存の土壁に繋げていないのですが、今回の「3-1裏返し」により既存の壁と一体化できることになります。

この下方(天井下)は前々回に「1荒壁つけ」が終わっていますが、居室内に位置するため最終的には中塗り・上塗りまで行って仕上げる予定です。
その準備として、今回、さらに壁土をつけて平面の精度を高めることにします(上図で「3-2大直し」)。

まずは「3-1裏返し」から。
先週末に反対側(下屋側)から荒壁つけを行いましたが、1週間が経過して下写真の状態にまで乾燥が進んでいます。

先にも書いたとおり現状では既存の壁と繋がっておらず、2cm弱の隙間があります。
この隙間を利用してPF管(可とう電線管)を通しておきます。

3年前の改修工事において、電気ケーブル類は点検が可能なように厨子二階(小屋裏)に配線し直しましたので、ここで壁を貫通させて下屋内の照明器具などに配線するようにしたいと考えています。

裏返しは、前回と同様に行なって完了(下写真は1週間後に撮影したもの)。

この場所は厨子二階(小屋裏)のため荒壁で仕上げて問題ないのですが、既存の壁との接続箇所に不安があったため、大直しを行えるように荒壁の仕上げ面を既存壁のツラから2分程度控えてあります(今のところ、その必要はないようです)。

これでようやく、既存の壁から丸太梁までが土壁で一体化されました。

<Before>

<After>

割れや剥離していたところが修復され、見た目的にも安定感が増しました。

次に「3-2大直し」を行います。

現状は、下写真のとおり「1荒壁つけ」までできています。

さらに壁土をつけて平面の精度を高めることで、今後の中塗り・上塗りに備えるわけです。

このように土壁は荒壁つけ・大直し・中塗り・上塗りのように何回かに分けて施工されますが、これはそれぞれに求められる強度や仕上がりを考慮してのことだと思います。
そして、仕上げに近づくにつれ貧配合(砂の割合大)になっていきますので、今回の大直しにおいても砂を混入することにします。

とは言え、素人ゆえに適当な配合量など分かりませんので直感で1/4(体積比)程度としました。
コテに取ってみると、いわゆる「サクい」状態になっているのが分かります。

サクくなるほど私のような素人には扱いづらくなるのですが、なんとか無事完了(下写真は1週間後に撮影)。

上写真の面については、既存の壁と取り合いがありますので、今後、中塗りをすることを考慮し、既存壁のツラから2分程度控えています。

見た目は別にして、土壁の強度面ではこれで当初の目的を達成しました。
今後の中塗り・上塗りについては、荒壁が完全に乾燥した後になりますが、早くても秋以降の予定です(未定)。

古民家の自然換気(42)下屋の天井(断熱)

前回、下図の「①裏返し」「②貫伏せ」「③荒壁つけ」について、下屋側から壁土をつけました。

土壁の作業はまだ残っていますが(翌週末に予定する大直し等)、下屋側からの作業については前回で完了です。

この下屋については、以前のブログ記事にも記載したとおり、屋根裏の熱い空気が居室内に入ってきてしまう状態になっています。

このため、盛夏を迎える前に対応すべく今回の一連の作業を行っているのですが(ブログ記事は遡って書いていて実際には6月から作業開始)、土壁部分についてはとりあえず塞がった状態になりました。

そして、この土壁に係る作業も下屋側から行う分については全て完了しましたので、上図で朱色着色箇所に天井を設けて断熱を図ることにします(天井の設置を先行すると土壁の作業に支障となる)。

天井板を張るためには、その受け材(廻り縁)を全周に廻す必要があります。
こうした受け材には、他の場所のものを見ると7分(21mm)×1寸8分(54mm)程度の角材が使われています。
手持ちの木材を確認すると、1寸5分(45mm)×1寸8分(55mm)の端材がありますので、これを半分に挽き割ることで木取りできそうです。

ちなみに、この端材は昨年に取り付けた付け鴨居(的なもの)に用いたもので、貧乏な我が家にとっては高級な上小・無節です。
ちょうど良い使い道が見つかりました。

バンドソーを使って縦挽き。

自動カンナ盤で7分の厚さに調整。

ビス留め箇所について下穴を加工。

塗装。

この内の1本についてはクロス仕上げの壁に取り付けることになります。
いつもは古色塗りをすることが多いのですが、クロス壁のところに古色塗りはどうにも違和感が生じるため、今回の塗装にはオイルステイン(バトン:オーク)を使っています。

先の木材からは短辺側のものまでは木取りできなかったため、同サイズの垂木材から木取りして塗装(垂木材のため節があります・・・)。

長辺側を取り付け。

石膏ボード下地の壁側(上写真で右側)は間柱の位置でビス留め。
反対の丸太梁側は適当な間隔で釘留めしています。

ちなみに、昔は上写真で右側にさらに下屋が続いていて、そこに風呂がありました。
20年ほど前のリフォームにおいて、この部分を減築して新たに壁を設けたため土壁ではなくて石膏ボード下地の壁になっているのです。

また、上写真で右側には電気ケーブルが写っていますが、これも20年前のリフォーム時に配線したものです。
3年前の改修工事で電気関係は厨子二階に配線して点検できるようにしましたので、いずれはこの電気ケーブルも移設したいと考えています。

短辺側も取り付け。

これで天井板を張れる状態になりました。
天井板は既に手元にあるのですが、天井板を張ってしまうと先に書いた電気ケーブルの移設ができなくなってしまいます。
そこで、当面は断熱材だけを仮置きした状態にしておくことにします。

<続きます>

古民家の自然換気(41)土壁の修復⑤裏返し&貫伏せ

前回、荒壁つけを行いました。

暑い季節のため乾燥・収縮も早く進み、一週間後の週末には下写真の状態にまでなりました。

これは、まだエツリ(竹小舞)の片面(母屋側)しか壁土がついていない状態ですので、反対側(下屋側)から裏返しを行うことで下地と一体化させます(下図で「①裏返し」)。

この上部には貫(新設)がありますので、裏返しに続けて貫伏せを行うことにします(下図で「②貫伏せ」)。
さらに、この上部は土壁が剥離してエツリだけが残っている状態になっていますので、貫伏せに続けて荒壁つけを行います(上図で「③荒壁つけ」)。
このようにややこしく書くと「①裏返し」「②貫伏せ」「③荒壁つけ」のように区分されるものの、コネた壁土をつけることに変わりはありません。

土壁の剥離箇所は下写真の状態で、すべてが剥離しているわけではなくて辛うじて残っているところもあります(下写真は母屋側から撮影)。

このように中途半端に剥離しかけているものは全て取り除いたうえ、新たに壁土をつけ直すことにします。

剥離した壁土が、壁と床との隙間に挟まってしまうため、床板まで取り外す羽目に・・・。
また、上写真で壁の向こう側(下屋側)にブルーシートが写っていますが、これは直下にあるシステムキッチンの養生です。
どのような作業も同じだと思いますが、メインの作業よりもこうした段取りのほうに手間や時間を要するものです。

剥離しかけていた土壁を取り除き、すっきりしました(下写真は下屋側から撮影)。

これから①裏返し、②貫伏せ、③荒壁つけを続けて行うことになりますので、貫伏せに用いるシュロの皮を前もって準備しておきます。

現在では寒冷沙を用いることがほとんどかと思いますが、自然素材にこだわり(<買わなくても済む)、里山にあるシュロの木から採取してきました。

裏返しを行い、それが終わったところで壁土を糊のように使って貫にシュロ皮を貼り付けます。

貼り付けたシュロ皮のうえに壁土をつけたのち、その上部について荒壁つけを行います。

上写真は翌朝に撮影したもので、裏返しを行ったところは表側(母屋側)の壁土に水分が吸収されるため既に亀甲状のひび割れが生じています。

実際、表側は下写真のとおりエツリの形状で紋が浮かんでおり、水分を含んでいるのがわかります。

荒壁つけを行ったところは、反対側(母屋側)のエツリの隙間からヘソが出ていますので、それを撫で返しておきます(裏撫で)。

もう1面の壁(荒壁つけ&裏撫でまで終わっている状態)も同様に作業を行います。

裏返し、そして貫伏せ用のシュロ皮の貼り付け。

貫伏せ、そして荒壁つけ。

今日予定していた作業はこれで完了です。
ところで、こうした左官作業を行うとき、私のような素人は材料の量の見当がつかずに作りすぎて余ってしまうことがあります。
今回も少し余ってしまいましたので、それを使って別の箇所の補修を行なっておくことにします。
場所は小屋裏(厨子二階)で、小さい面積ですが壁土が剥離しています。

壁土を塗りつけます。

荒壁用の土を使っていますので乾燥すれば表面にひび割れが生じますが、小屋裏ですので十分でしょう。
こうした補修が容易に行えるのは土壁の利点ですね。

<続きます>

古民家の自然換気(40)土壁の修復④荒壁つけ

前回、土壁の下地を作るべくエツリ(小舞掻き)を行いました。

このエツリ(竹小舞)に壁土をつけて荒壁を作り、その後、中塗り、上塗りと順に行って土壁を仕上げることになります。
このうち荒壁が土壁の本体となる部分で、作業量も次のとおり多くなります。

  • 荒壁つけ
  • 裏返し
  • 貫伏せ
  • 大直し

このため、数回に分けて行う必要があるのですが、今回は中途半端な状態になっている既存の壁と一体化する必要がありため、これを考慮して作業を進めていかなければなりません。
そこで、まずは先般エツリを行なったところ(新たに設けた貫の下部)に母屋側から壁土をつけることにします(下図で朱色着色箇所)。

作業場所の真下には台所のシステムキッチンがあるため、養生や足場の確保で作業は苦労しそうです・・・。
さらに土壁(垂れ壁)の下屋側にはレンジフードまであり、現状では壁前に立つことさえできません。
そこでレンジフードの前面カバーなどを取り外して最小限の作業スペースを確保しておきます。

レンジフード上部のダクト配管箇所は、石膏ボードで覆いが作られていたのですが(上写真でクロスが貼られていない部分)、今回、養生を行なった機会に解体・撤去しました。
上部のダクト配管が丸見えの状態になったものの、レンジフードの清掃・点検がやりやすくなったのではないかと思います(ダスキンなどに頼まず自ら行いますので、見た目より清掃・点検のしやすさ重視です)。

作業スペースを確保できたところで、次に壁材の準備です。
壁土は3年前の改修工事(減築箇所)で発生したものが残っていますので、これを使います(いろいろと使いましたが、今回で全て使い切る予定)。
スサ用の藁も、屋根裏に断熱用として敷かれていたムシロを再利用します(100年以上前のもの)。

壁土は上写真のとおり茶色く、山で土取りしたと思われる粘性土です。
ネットで壁土の写真を検索すると、田圃の土のような灰色のもの(荒木田土)を見かけることが多いですが、それらとは異なります。
ところで、当地には古代(古墳〜鎌倉時代)に土師器や須恵器が生産されていた古窯趾があります。
また、戦後まで瓦の製造も行われており、当地の名前が入った瓦が京都の寺院などで使われていると聞いたこともあります。
このように製陶が盛んだったのは近くで原料となる粘土が入手できたわけで、同様に壁土用の粘性土も容易に山から採取できたのでしょう。
山裾などで不自然な地形になっているところを見かけることがありますが、ひょっとすると壁土を採取した跡なのかもしれません。

さて、スサ用の藁を刈り込み鋏で短く切って投入し、水を加えてコネます。

土・スサ・水の配合については、コンクリートのように厳密にしなくとも自然素材だけあって感覚で良い具合を掴めます。
と言いつつ、スサを入れすぎてしまいコネづらくて大変・・・。

こうしてコネた壁土を中塗り鏝を使ってエツリにつけて均します。

もう1面も同様に。

「素人にしては上出来ではないか」と満足(^_^)
しかし、以前に左官屋さんから指摘を受けたのですが、荒壁つけの段階で、このように平滑に仕上げる必要はないそうです。
逆にもっとラフにして、次の大直しや中塗りとの結合が高まるようにすべきだとのことでした(^_^;
私のような素人は、やる必要のないところで無駄に綺麗に仕上げて満足し、その一方で肝心の仕上げ塗りでダメダメの結果になってしまうと言う・・・。

さて、最後に裏撫で行うのを忘れてはなりません。
先に作業スペースを確保したレンジフードと丸太梁との間から入ります。
壁土をつけた反対側はエツリの隙間からヘソが出ていますので、それをコテを使って撫で返しておきます。

裏撫でしたことでエツリとの固着がより強固になったことでしょう。

<続きます>

古民家の自然換気(39)土壁の修復③エツリ(小舞掻き)

前回、既存の土壁を支える形で新たに貫を設けました。

この貫は、再設する土壁の下地を固定する役割も担うことになります。

土壁の下地は竹を編んで作り、そのことを当地では「エツリ」(小舞掻き)と呼んでいます。
エツリには割竹を用いますが、そのエツリを固定するために「ヒダチ」(間渡し竹)と呼ばれる直径5分程度の丸竹を柱間及び上下間(今回の場合は貫と丸太梁の間)に配置します。

ヒダチは当地では尺5寸(45cm)間隔で配置されていますが、今回は下地自体の強度を上げるため1尺(30cm)間隔で配置しています。

このヒダチを組むことから始めます。
竹材は昨冬に里山で伐採したものを保管してありますので、それを使います。

エツリ用の竹については、既に割って節を取り除いてあります。

ヒダチを必要な長さで切断し、先の図のとおり取り付けます。

ヒダチの取り付けは、垂直方向については貫や丸太梁に釘を打ち、それが竹筒内に入るようにしています。
一方の水平方向(柱間)については、より確実(1箇所当たり大きい力が作用するため)にすべく左右の柱にドリルで穴(直径15mm)をあけ、その穴に竹をしならせて挿し込んでいます。

こうして組んだヒダチに対してエツリを行います。

エツリは、昔は藁縄を使って編むのが一般的だったようですが、手元にないため造園用のシュロ縄(しかも黒染め)を使っています。
エツリ竹同士は指1本分の間隔をあけ、この隙間により壁土がしっかりと食い付くことになります。

出来上がったものを見ると複雑そうに見えますが、意外に簡単で私のような素人にも十分にできる作業です。
ひと昔前まで、建前の後にエツリから荒壁つけまでは自ら(近所や親類での共同作業:結い)で行ったと聞きますが、実際にやってみるとそのことがよくわかります。

たまたま壁の背後にある照明を点けたところ、エツリの網目から光が漏れて良い感じになりました。

竹天井(上写真で右側)もそうですが、日本家屋と竹はやはり相性が良いようです。

<続きます>