十六ササゲと萩

中日新聞のサンデー版に旬の野菜を紹介する記事が連載されています。
取り上げられる野菜は、奇をてらったようなものではなく、普通に食卓にあがる馴染みのあるものです。
名前の由来や我が国への渡来の歴史など、知らないことも多く興味深く読んでいます。

昨日(日曜日)は「ササゲ」が紹介されていました。
豆科の夏野菜で、今が旬です。

でも豆科の夏野菜と言えば「インゲン」。
ササゲはいまひとつの存在感ですね。

また、当地では「インゲン」のことを「ササゲ」と呼んでおり、名実ともに存在感が無くなっています。
(どうも、ダイズやエンドウ以外の豆類を総称して「ササゲ」と呼んでいるようです
。)

我が畑でも今春に蒔いた「十六ササゲ」が旬を迎えています。
痩せた土地で肥料なしでも雑草を駆逐する勢いで成長しています。

img_3957

枝つきの竹でも転がしておけば、さらに勢いが増します。
こういうのを見ると、野菜と雑草との境界が曖昧に感じられます。

初期につけた実は、サヤが朽ちて種がこぼれ落ちそうです。

img_4047

新聞の記事で「十六ササゲの名前の由来は実が16個あることによる」とありました。
サヤの長さが16寸(48cm)だと思っていたので意外です。
(五寸ニンジンとか、長さを冠する名前は多いです。)

と言うことで、採種して確かめます。

img_4072

容器の長さ(長辺)は30cmですので、サヤの長さは40cmぐらいでしょうか。
16寸(48cm)には少し足りないですね・・・

このうちの1本のサヤから採種します。

img_4073

アズキのような種ですね。

で、数えると20個。
名前の由来は種の数で間違いないです。
(サヤの長さでも通用しそうですが。)

ササゲの根元では、こんな花が咲いているのを見つけました。
(もちろん植えたものではありません。)

img_4016

これは秋の七草の「萩」ですね。
萩も豆科の植物です。

教科書や指導本には「同じ科のものは競合するので避けるように」とあります。
このササゲと萩は競合していることになります。
でも、人間の目にそう映るだけであって、実際のところは共存共栄なのかもしれません。

同じくササゲの下で野良猫が佇んでいます。

img_4020

この写真の一部を切り取ります。

img_4020

「白猫とササゲ」

こちらも共存共栄でしょうか(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。