カテゴリー別アーカイブ: 日常管理

雨水対策(7)排水路の延長

前回、樋を延長し、雨樋の水が建物の東側に排水されるようになりました。

次に、この樋からの水を既設の排水路(昨年、芝庭整備の際に延伸)へ排水するようにします(下図で水色の点線)。

排水路はレンガを使って簡易的に設けることにします(下図で朱色の線。昨年、芝庭を整備した際に設けたものとと同様)。
ただし、通路の横断箇所だけはU字溝を使います(下図で黄色の線)。

最終的には公共の排水路に排水されることになりますが、宅地内はほとんどが土水路ですので、適度に地下水を涵養しつつ排水してくれることでしょう。

排水路の勾配を設定するため、起終点と途中の3箇所に木杭を打ちレベルをとります。

結果、いずれの地盤高も同じということが分かりましたので、水路はゼロ勾配(水平)とします。

まずはU字溝を敷設します。
そのU字溝(U-90)は現在、駐車場と畑との縁石として使われているものを流用します。

この縁石(U字溝)は亡き父が設置したものですが、U字溝を購入して縁石にすることはないでしょうから(U字溝より縁石のほうが安価なため)、これもどこからかの流用かと思います。つまり、今回は流用の流用ということになりますね。
それと、ここの縁石(U字溝)が無くなった分については竹か丸太でも入れようと思っています。

それでは、U字溝を敷設する箇所を掘削します。

U字溝を据え付けます。

均しコンクリートを打つ代わりに、継ぎ目部分でズレが生じないようにレンガ(廃材)を設置しています。

埋め戻して設置完了。

続いて、レンガによる排水路区間です。
砂利が敷いてあるため、ツルハシで崩しながら掘削します。

水糸を張ってレンガを据え付けていきます。

上写真でレンガが抜けているところがありますが、そこは樹木の根が横断しています。

それほど太い根ではないので切っても良いのでしょうが、レンガのほうを切ることにします。

ディスクグラインダーにダイヤモンドカッターを装着し切断。

根の横断箇所も設置完了。

掘削により発生した土ですが、砂利が混じっているため畑などに持っていくことができません。
分別すれば良いのですが、篩うのは大変ですのでネットに入れて雨に晒すことにします。

ネットに砂利だけが残り、その砂利を敷き砂利として戻す目論見ですが、果たしてうまくいくでしょうか?

いずれにせよ、排水路の完成です!

<続きます>

雨水対策(8)枯葉防止ネット設置

菜種梅雨を前にした3月下旬に建物の雨樋を掃除しました。
特に二階建ての離れについては苦戦したものの、二連梯子を使ってなんとか掃除することができました。

このため軒から直接、雨水が落ちることがなくなり、隣接する里山の斜面崩壊を引き起こす恐れも小さくなってヤレヤレです。

しかし、安心するのも束の間、この里山では竹(マダケ)の葉が生え変わる時期(タケノコがあがる頃。竹の落葉期は春)を迎えました。
里山整備で枯れ竹を除去したことで年間を通じた落ち葉は激減しましたが、この時期の落ち葉だけはどうしようもありません。
風が吹くごとに大量の落ち葉が舞い、その一部が樋に溜まっています。

そこで本格的な梅雨を前に今年2回目の樋掃除を行うことにします。
主屋などについては難なく作業できるものの、離れ(二階建て)については手間と危険性から頻繁には行いたくない作業です・・・。

二連梯子を登って樋の状態を確認すると、前回の掃除からそれほど時が経っていないにも関わらず結構な量の落ち葉が溜まっています(前回は落ち葉が朽ちてヘドロ状になっていましたが、今回は乾燥した状態です)。

この箇所の樋掃除を軽減するため、今回、樋を掃除するのにあわせて「枯葉防止ネット」を設置することにします。
「枯葉防止ネット」は形状が異なるものが幾種類か市販されていますが、容易に設置できそうな筒状のもの(下写真)を選びました。

筒の直径はφ80mmで、軒樋(φ105mmの半筒)に中に置くようなイメージで設置することになります。
1本の長さは1.8mで、価格は900円弱です。
とりあえず里山に面する軒(西側、延長10.25m)に設置するとして、6本を入手しました。

樋を掃除しつつ、枯葉防止ネットを設置していきます。

集水器のところも横断するように設置しています(少し設置しづらいです)。

二連梯子を少しずつ移動させて設置完了。

どの程度の効果があるものでしょうか。
良好なら反対側(東側)の軒にも設置するつもりです。
それでもネット上に堆積したり、網目に詰まったりするものがあるでしょうから、なんらかの形で定期的にブロアを使って吹き飛ばしたいと思っています。
それでも数年に1回は取り外して掃除する必要があるのでしょうかね。
いずれにしてもしばらく様子をみたいと思います。

<続きます>

雨水対策(9)枯葉防止ネットの効果と課題

主屋(古民家)の雨漏り被害に懲りたこともあり、降雨時には雨樋が問題なく機能しているかなど、点検するようにしています。
雨樋については、梅雨前に掃除しており、その後は落葉期でもありませんので、それほど心配していませんでした。
しかし、先般の降雨時に、下図(青線が雨樋)に示すA、Bの2箇所で樋から雨水が溢れているのを見つけました。

Aの箇所については、最も落ち葉が溜まりやすいうえ、2階建てで樋掃除が困難であることから、今年6月に樋を掃除した際に枯葉防止ネットを設置したところです。

雨水の溢れ方を見ると、集水器(たて樋との接続箇所)の手前側1mほどの範囲でオーバーフローしているのが分かります。

集水器付近に落ち葉が溜まり、それが流れを阻害しているのだと考えられますが、折角も設置した枯葉防止ネットはどうなっているのだろうかと疑問に感じます。

そこで面倒で危険ですが、二連梯子を登って状態を確認してみると・・・

やはり、集水器付近に落ち葉が溜まっています。

しかし、一体全体、円筒状の枯葉防止ネットのなかにどうやって入り込んだのか??
一旦取り外して確認することにします。

上写真では分かりづらいですが、溜まっている落ち葉の多くは竹の葉です。
竹の葉の中でも小さく細かいものであることから、網目を通り抜けて枯葉防止ネットに入り込んだのだと思います。
そして、枯葉防止ネットの中に入り込んだものの、今後は網目に引っ掛かって、たて樋へと流れることができず、集水器のところに溜まっているわけです。

竹だけではなく、近くには杉の木などもありますので、春に舞う花粉や落ち葉は、とても枯葉防止ネットでは防ぎきれそうにありません。
結局のところ、このような条件下においては定期的に取り外して掃除する必要があると言うことです(広葉樹を含め一定の効果があると思われ、今回、溜まっていたのも集水器付近に限定されています)。

そこで、集水器付近の枯葉防止ネットを定期的に取り外して掃除しやすいように、下写真のとおり分割して設置し直すことにします(1本の長さが2mあるため、今回取り外すのに難儀しました)。

状況によっては、数年おきに全区間の掃除も必要になるかもしれません。

もう1箇所、樋が機能していなかったのが下写真の水色矢印で示す箇所(最初の図で「B」)です。
ここは山から離れていて軒樋に溜まる落ち葉の量も少ないことから、たて樋の掃除はいつも省いていました。

こちらは集水器(大屋根側)から溢れていることから、たて樋が詰まっているようです。

晴れの日に状況を確認します。
たて樋は固定のためにシーリング剤のようなもので屋根に固定されていますので(下写真で朱色矢印箇所)、カッターナイフで切って外します。

写真を撮り忘れたのですが、やはり、たて樋が詰まっており、流出口から10cm以上堆積しているような有り様でした。

こちらも定期的に取り外して掃除できるように、たて樋は屋根への固定はせずにおきます。
とは言え、何らかの形で固定する必要がありますので、銅線を使って固定することにします。

ホームセンターで1.2mm径の銅線を購入(もう少し細いものが良かったのですが、売り切れでした)。

たて樋と、下屋の軒樋を結んで固定します。

その後の降雨時に確認してみると、溢れることなく流れています。

ところで、上写真で玄関の両側に椅子代わりに玉切りした丸太が置いてあるのですが、その上に何ものかが?

よく見ると、野良猫がそれぞれ1匹ずつ座って雨宿りしています。

昔の家は軒が深く雨に濡れることがないので、雨宿り場所としては最高なのでしょうね。

<続きます>

屋外水栓の凍結対策

当地(三重県鈴鹿市)は比較的温暖ですが、それでも冷え込みの厳しい朝には屋外の水栓が凍結するようになってきました。
屋内の配管まで凍結するようなことはないので特段の支障はないのですが、そのままでは水道管の破裂や漏水につながる恐れがありますので、凍結対策を講じることにします。

昨シーズンと同様に、蛇口をパイプカバー(ポリエチレンフォーム)で包み、雨に濡れないようにビニールシートを被せます。

この屋外水栓は冬の間も使いますので(水源が井戸水で暖かい)、ビニールシートを捲ればハンドルを回せるようにしてあります。

一方、下写真の水栓は水源が上水道(自治体運営)で、先の水栓(井戸水)を整備してからはほとんど使わなくなっています。
(排水路に隣接していて夏場に長靴や刈払機を洗うのに便利なため、いずれは水源を井戸水に切り替えるとともに、蛇口の位置を下げようと思っています。)

この水栓の防寒対策ですが、パイプ(立ち上げ部分)は通年カバーを被せてあるので問題ないとして、対策が必要なのは蛇口部分です。
先の水栓と同じようにしても良いのですが、当面使う見込みがないため蛇口自体を取り外すことにします。

量水器内の止水栓を閉じて水が出ないことを確認してから、蛇口をモーターレンチ(パイレン、上写真で朱色と銀色のレンチ)を使って取り外します。

パイプが白管と呼ばれる鉄管(SGP)のため錆びついていて苦労するかと思いましたが、難なく取り外せました。
ところで、蛇口(Pjオネジ)は通常、水栓ソケット(Rpメネジ)に取り付けるように思いますが、この蛇口は上写真のとおりエルボ(Rcメネジ)に直接取り付けてあります。
と言うことは、蛇口のPjオネジはRcメネジにも接合できるわけです(蛇口の位置等の調整は不可)。

  • ◎ Pj(オネジ)——→ Rp(メネジ)
  • ◯ Pj(オネジ)——→ Rc(メネジ)
  • × Pj(オネジ)——→ G(メネジ)

こうすると水栓ソケットが不要になりますので、これを施工した設備屋さんは1円でも安く工事費を抑えようとしてくれたのでしょうね。

取り外した蛇口です。

余談ですが、この蛇口はボイラーの給湯栓(仮設)に流用しました(蛇口を取り外したのは凍結防止の目的もありますが、これに使いたかったのです・・・)。

元の水栓は蛇口を取り外した状態になっていますので、プラグ(白、100円程度)を取り付けて止水しておきます。

配管の一部(エルボ部分)が剥き出しになっていますので保温のために古布を巻きます。

古布が濡れてしまわないようにビニール袋を被せて凍結対策完了です。

最後に井戸ポンプの露出配管部(倉庫内)です。

ボイラーの整備(給水管からの取り出し)においてパイプカバーを取り外してありますので、まずは元に戻します(下写真は昨シーズンのもの)。

倉庫内のため紫外線劣化はないだろうとパイプカバーは剥き出しのままでしたが、「ビニールキャンバス」を巻いて養生しておくことにします。

直線部は容易に巻けますが、エルボやチーズ部分を綺麗に巻くのが難しく、タブついたところはさらにビニールテープを巻いています。

春先の草取り(スズメノカタビラ&カモジグサ)

下写真は現在の畑の様子です。

分かり辛いですが、朱色丸印のところで黄色い菜の花(カラシナ?)が咲き始めています。

春の気配を感じているのは冬野菜だけではありません。
冬草のスズメノカタビラも開花して種をつけ始めています。

スズメノカタビラは踏みつけに強いようで、砂利敷で自動車のタイヤに踏みつけられるようなところにも生えてきます。

スズメノカタビラの独擅場と言った感じで、放っておくと種をこぼして群落を作ります。
この砂利道は我が家(玄関)へのアプローチで、砂利の間に雑草が点在していると荒れた感じがしますので、種をこぼす前に草取りすることにします。

草取りは気乗りしない作業ですが、春めいた日にもくもくと草取りするのはそれはそれで良いものです。

そうは言っても草取りは最小限にしたく、昨秋、このアプローチの擁壁沿いにタマリュウを植栽しましたが、冬の寒さを無事に乗り越えて順調に成長している様子です。

やはり「草は草でもって制する」のが良いようで、タマリュウの近辺には草が生えていません。

抜いたスズメノカタビラは無駄にせず畑のマルチ材とします。

根付くものもあるでしょうが、畑(自然農)ならスズメノカタビラも大歓迎です。

このように畑は基本的に無除草なのですが、下写真のようにイネ科の多年草が蔓延ると、その勢いに押されて野菜が生えにくくなってしまいます(写真左側のタケノコ白菜のように強いものもあります)。

種をつける前に刈り取っているため、草の名前ははっきりしないのですが、おそらくカモジグサだと思います。

根を張り踏み付けにも強いため、最初は畝間(通路部)に点在していたものが瞬く間にこの草一色になりました(種を落とさなくても株で増えていきます)。

畝にまで進出する勢いですので、今のうちに取り除いておくことにします。

取り除いたものは根を上(直接、地面に接しないよう)にして畝のマルチとします。

今年もまた草取り&草刈りの季節がやってきますが、雑草ともうまく付き合っていけるようにしたいものです。

雨水対策(10)自然植生による斜面安定化策

自宅敷地と里山との境界にあるスギが枯れたことから、先般伐採しました。

里山との境界は斜面になっており、この斜面は雨樋の故障や昭和30年代に起きた竹の一斉枯死を引き金として崩れたことがあります(下図で茶色矢印の円弧滑り)。

斜面崩壊の進行を食い止めるべく、亡き祖母が斜面の肩部分にスギの苗木(上図で緑色イラスト)を植えたのですが、その内の1本が先に伐採した木になります。
斜面がその後、再び崩れることはなく、スギが果たしてきた役割は大きかったわけですが、枯れたことで気になるのは今後の斜面のことです。

ところで、私自身は斜面が崩れたことや杉を植えたことは聞いて知っているだけですが、それでもこのエリア(下図で左下。偶然にも裏鬼門に一致します)は注意を払う必要があるように感じてきました。

現在の土木技術からすれば、この程度の斜面(h=8m弱)であればコンクリート製ブロック(間知ブロック)を積んで安定化させるのはそう難しいことではないと思います(ただし、費用は100m2×12千円/m2=120万円:仮設工事や経費を含みませんので、最低でも200万円はかかりますが)。

しかし、コンクリート構造物の強度は短期的には完璧であるものの、長期的に見れば自然には敵わないと思っています。
そこで、祖母がスギを植えたように自然の植生を生かした斜面安定化を図りたいと考えています。
具体的には、斜面の植生を次のようにし、それぞれの根の力を借りると言うものです。

  • 極表層:雑草
  • 表層:竹
  • 深層:雑木

要するに自然の山の状態で、本来はこのようになっても良いはずです。
しかし、剪定屑などの投棄による樹木・竹の倒壊や地盤の軟弱化、除草剤の散布や雨樋の故障による土砂の流出が進んでいることから、少し手助けしないことには上記の状態になってくれそうにありません。


(整備中の写真)


(整備前の写真)

これまでから取り組んでいる、里山整備(竹の間伐)や投棄ゴミの回収雨樋や排水路の整備は、この手助けのひとつだと思っています。

さて、枯死したスギですが、幸いなことに近くにはツバキなどの雑木が大きくなってきていますので、これらの力を期待できそうです。

これらの雑木の力に期待するものの、雨水が山側(斜面)に流れ落ちる際に土砂を流出させてしまう恐れがあります(離れの雨水排水は山側に流れないように昨年に雨樋や排水路を整備済)。

そこで、土砂を流出させないように、肩の部分に土留め(上図で朱色丸印)を施すことにします。

土留めを設置する区間は枯死したスギの木を挟んで南北それぞれ約10m(下図で黄・朱色線)とします。

スギの木の南側(上図で黄色線)については、昨年に既に土留めを設置していますので(下写真)、これを延長する形になります。

<続きます>

雨水対策(11)土留め設置(シュロの木を利用)

前回、斜面(昭和30年代に崩れたこと有り)の安定化策のひとつとして、斜面の肩部分に土留め(下図で朱色丸印)を施すことにしました。

自然を生かして斜面を安定化させたいと考えていますので、土留め材自体もコンクリートなどではなく自然に還るものを使いたいものです。
そうした土留めには丸太が使われることが多く、それで思い出したのが昨年伐採したシュロの木です。

シュロは上写真のとおり網状の皮を有していますが、それが伐倒の手間を取らせることもあって、近年では嫌われるようです(「シュロ」を「城」に掛け、もて囃されていた時期もあったことを思うと、本当に人間は身勝手なものです)。
しかし、土留めに使うのであれば、この網状の皮が土との一体化を促し、耐久性(耐水性)も上がるように感じます。

ちょうど昨年の今頃に伐採しましたので、下写真の状態で1年間置いてあったことになります。

これを土留め設置箇所まで運びます。
3m程度の長さで切ってあり、乾燥が進んで軽くなっていると思ったのですが、重さはほとんど変わっていないようです。
そこで思い出したのが、このシュロの木とは別のものになりますが、伐採後に同様に置いてあったところ、頂上部の葉が2年以上青い状態を保っていたことです。
シュロの生命力は相当強く、地面に接していれば、ある程度は生き続けることができるのかもしれません。

土留め設置箇所に仮置きします。

上写真を見ると、もっと山側(上写真で右側)に設置できそうに思いますが、山側にあるものは以前、投棄していた剪定屑が埋まっているもので、それで地面が続いているように見えるだけなのです。

剪定屑を(焼却)処分できず、この谷に投棄していたわけで、以前は山になって積み上がっていました・・・。

上写真で剪定屑の山で根元が埋もれているのが先般伐採したスギの木です。

スギの樹皮が湿気っていたため、1、2年ほど前に剪定屑の山を撤去したのですが、「時すでに遅し」だったのかもしれません(撤去した剪定屑は畑の堆肥や薪ストーブの焚き付けとして利用しました)。

少し離れた場所から土留めの位置と線形を確認します。

シュロの木を固定するため木杭を打ちます(下写真で朱色矢印)。

(上写真でいきなりツバキの花がたくさん散っているのは、実際には何日かに分けて作業しているためです。)

木杭で固定したシュロの木を足場にし、山側に堆積している腐葉土状の土を引き上げます。
引き上げた土をシュロの木の周囲に盛って一体化させます。

山の中のほうまで見通せるようになり、懸案が解消したかのようにスッキリします。
とは言え、上写真で奥の方に写っている白いものが不法投棄ゴミで、この片付けに数年(十年以上?)はかかりそうですが・・・。

土とともに山側から引き上げた剪定屑です。

投棄してから新しいものでも5年以上が経過していますが、太さや樹種によっては朽ちずに残っています。

これらの剪定屑は畑に運んで堆肥とします。

以前のブログ記事に書いたとおり、生ゴミを畑に還元する際に畝を作っています。
その際、畝の両側に溝ができるのですが、そこにこうした剪定屑や竹などを投入しています。
分解後に肥料分になることに加え、排水性の改良を期待しています。

<続きます>