カテゴリー別アーカイブ: 日常管理

雑草対策

前回、畑の草生栽培について書きました。

田舎では畑のほかにも管理すべき土地が広く、その雑草対策に苦労しています。
今回はその雑草対策について書きたいと思います。

その前に自宅周辺の環境について紹介します。

我が家は小高い丘(標高約30m)のうえにあります。
丘の下には水田(標高約10m)が広がっています。
丘のへり(河岸段丘)は緩やかな斜面で、里山(雑木や真竹の混合林)となっています。

map

上図で朱色で着色したところが我が家の敷地です。

畑を含む敷地面積は約800坪(約2,500m2)です。
その約半分(1反強)が畑となっています。

また、隣接する里山は約3反(約3,000m2)の面積があります。

合計約5,500m2と、田舎でも広いほうだと思います。
(自宅に隣接していない山林や水田は含んでいません。)
昭和初期まではこの3分の1の面積(約1,900m2)だったのですが、昭和初期及び戦後直後に隣家(2戸)が都会へ出たことで現在の面積まで膨れたそうです。

さて、これだけの土地を片手間で除草するというのは現実的に不可能です。
除草剤の使用は避けたいという思いもあります。
畑は草生栽培するとしても、それ以外の土地をどうするかです。

1 徹底的な除草

除草(草取り)するところは最小限としています。
草取りは大変ということもありますが、大地の表面は植物で覆われているのが自然な状態だと思います。
動物の肌が毛で覆われているような感じでしょうか。
そう言えば、人間が毛無し猿だというのは不思議です。
大昔の祖先が雑草に対するがごとく邪魔ものとして抜いてしまったのでしょうか(^_^;

除草箇所は、建物の周囲と、玄関アプローチ及び駐車場です。

除草は基本的に除草剤を使わずに手作業で行っています。

(1)建物の周囲

建物の周囲はさすがに除草せざるをえません。
植物が生えていると湿気がたまり、建物を痛めます。
土間コンや砂利敷きにすれば除草しなくてもすみます。

昨年の主屋の改修工事で減築した箇所です。
軒下でも定期的に除草しないと雑草がはびこります。

img_4083

雨滴の跳ね返り防止のためにも砂利をひく予定ですが、まだできていません・・・
跳ね返りが少しでも減るように、応急的に古瓦を並べてあります。
(妻面で、かつ下屋に樋もありますので、雨滴はそれほど多くありません。)

(2)玄関アプローチ及び駐車場

全面砂利敷きのため、除草しています。

玄関前は特にそうですが、草丈が大きくなったり、ヤブガラシ(通称:貧乏蔓)のような蔓草が生えたりしていると空家(我が家のようなボロ屋の場合は廃墟!?)のように見えてしまうものです・・・

img_3664

玄関アプローチは砂利敷きになっていますが、昔は自然石による敷石だったそうです。
今も砂利の下に埋もれた状態ですので、いずれ再生したいと思っています。

2 他の植生による除草の軽減

畑の草生栽培と同じように、草は草でもって制するという考えです。
その草は、「苔」と「芝」です。

(1)木を植え、苔を生やす

これは現在の里山の中の様子です。

img_4036

草はあまり生えていません。
自然の状態においては、樹木や草がバランス良く共生し、草だけが旺盛に繁茂するということはないようです。
除草は、人間が木を伐り倒し開拓したことによって生じた苦役なのかもしれません。

その山を模倣したものが日本庭園ですが、庭には自然と苔が生え、雑草が生えにくくなっています。

我が家には庭が3箇所(前庭、裏庭、坪庭)ありますが、写真は前庭です。

img_3649

3年ほど前までは笹庭と化していたのですが、叔母にも助けてもらい笹を駆除したところ苔が復活しました。
ときどき除草はしていますが、草の勢いは弱く、除草は(比較的)楽です。

除草は軽減されますが、庭には樹木の剪定作業が付いて回ります。
手間もお金も要しますので、今では新しく庭(特に日本庭園)を作ることはほとんどありません。
昔は、鑑賞としての目的もあったでしょうが、剪定すればそれを肥料や燃料として得ることができ、しかも除草が軽減されるというようにメリットが大きかったのだと思います。
そのため、我が家のように隣が山であるにも関わらず、3箇所も庭を作るようなことをしたのかもしれません。

意外にも苔庭で除草が軽減されるということが分かりましたので、裏庭も苔の再生(=草取り)を始めています。

img_3977

(2)芝を生やす

苔で除草の軽減が図れることが分かったことで、芝生にも興味を抱くようになりました。

主屋と表庭(日本庭園)との間には空きスペース(約15坪)があり、昔は農作業場として使われていたそうです。
その後、自動車を乗り入れるようになったことから、砂利敷きになりました。

主屋の改修工事後には、少し見た目の良い砂利を追加しようと思っていました。
しかし、設計していただいた建築士さんとの話しで、砂利敷きは夏の照り返しがキツイという話しがあったこともあり、芝生にすることにしました。

まだ、この夏前に芝生を張ったばかりです。

img_4043

いまは芝生の勢いが強いこともありますが、砂利敷きのところに比べると除草の手間はかかっていません。
生えてくる草も「コニシキソウ」ばかりで簡単に抜けるような状況です。

3 畑の草生栽培

これは、前回の記事に書いた通りです。

以上が、現時点での雑草への対処方法です。
除草の手間を減らし、土地の力を生かす、まだまだ試行錯誤が続きそうです。

雨水対策(1)雨樋の掃除

当地では冬季、北西の季節風(鈴鹿山脈から伊勢湾に吹き抜ける「鈴鹿おろし」)が吹きます。
そして、我が家は西に里山(防風林を兼ねる)があるため、木や竹の枯れ葉が敷地へと吹き飛ばされてきます。

そんな季節風も、過日の春一番のあとは弱まりつつある一方、間もなく「菜種梅雨」の時期を迎えます。
ということで、落ち葉がたまった雨樋を掃除して菜種梅雨に備えることにします。

まずは主屋の大屋根に掛かる軒樋から。
下屋の屋根に登って作業することになります。

主屋は厨子(つし)二階と呼ばれる形式で、通常の本二階に比べ大屋根の高さが低くなっています。
そのため、下屋の屋根に登るだけで容易に樋掃除ができます。

さて、落ち葉のたまり具合は。

上写真で手前が山側(西側)になりますが、やはり山側ほど堆積量が多くなっています。
たくさんたまっているとは言え、これでも里山整備(枯れ竹の除去や間伐)をおこなう前に比べると1/3程度に減っています(今回の樋掃除は今冬初めてですが、以前は2ヶ月も経たないうちにこのような状態になっていました)。

軒樋の落ち葉を取り除き、続いては、たて樋です(下写真は主屋の裏側)。
特に集水器付近がたまりやすく、棒で引っ掻く程度で取り除けるレベルではありませんので、たて樋をバラします。

たて樋は通常、接着剤を使って接合してあるためバラしにくいかと思います。
しかし、我が家は余りにも落ち葉が多いため、一部を接着剤を使わずに接合し、バラしやすいようにしてあります(たて樋は「でんでん」でも固定されているため、勝手に外れてしまうということはないようです)。

で、たて樋の中は。

なんとか雨水が流れる状態ですが、詰まるのも時間の問題ですね。

他にも土蔵や倉庫の樋を掃除して、ゴミ袋一杯分の落ち葉がたまりました。

本当はこれで終わりではなく、樋掃除ができていない建物が残っているのです。
その建物は最も山に近いところにある離れ(下図で左下)です。

上図には樋の位置と向きを矢印で示してありますが、そのうち赤色と黄色が落ち葉がたまりやすいところです。
離れは最も落ち葉がたまり掃除する必要性が高いのですが、実際には15年ほど前に新築して以来、全くできていない状態です・・・。

と言うのは、離れは2階建てで、所有している二連梯子(7m)を掛ければ届く高さなのですが、下図のとおり山の斜面が迫っていて足場を確保できないのです。

上図で梯子は75°の角度で掛けてありますので、もう少し立てればよさそうなものですが、実際には法肩の土が軟弱でとても梯子を支えられるような状態ではありません。

この斜面は昭和30年代に樋(先代の離れ)の故障から崩壊しており、再び崩れたときには離れ自体の倒壊につながりかねません。
そこで、とりあえずは軒下に板を並べて、樋から溢れ出る雨水の落下により地面が削られてしまうのを防いでいます。

これはあくまでも応急措置であり、ちゃんとしたものとして次のような方策を考えています。

  • 樋カバーの設置
  • 恒常的な足場の設置
  • 樋を撤去し、地面に雨水を受ける側溝的なものを設置

いずれにしても、斜面自体の強化(土留め及び植栽)とともに対策を講じていこうと思います。

<続きます>

雨水対策(2)斜面の現況

前回、春の長雨を前に雨樋の掃除をおこないました。
しかし、2階建ての離れについては、山の斜面が迫っていて梯子の足場を確保できないことから掃除できていません。

約15年前にこの離れを新築してから一度も樋掃除ができていないわけで、堆積した落ち葉で樋が全く機能していない状況にあります。
重量鉄骨造の建物で外壁もトタンですので、樋の詰まりにより雨垂れの跳ね返りがあってもそれほど心配する必要はないのかもしれません。
しかし、昭和30年代にこの場所で同じく樋の故障から斜面崩壊に至った(下図の左下)という過去があるため、特にその心配をしています。

その斜面の断面を簡易的に測量し図示したものが下図になります。

斜面の断面(上図で朱色線)が円弧状になっていますので、樋の故障により流れ出た雨水により、その上部の地面(上図で茶色着色箇所)が円弧状に滑ったのではないかと思います(あくまでも素人考えです)。
しかし、この程度の斜面で、たかが樋の水で地滑りに至るものでしょうか。
おそらく原因は樋の故障だけではなく、昭和30年代に起こった竹の一斉枯死も関係しているように思います。
「地震のときは竹藪に逃げろ」と昔言われていたように竹は根(地下茎)を網目状に張る一方、その根は表層(1m以内)にとどまっています。
その根が竹とともに枯れ、地盤が弱くなったところに樋の故障による水の流れにより地滑りに至ったと考えられそうです。

また、このことから斜面の植生は竹(根が浅い)だけでは十分ではなく、樹木(根が深い)により深層部を固める必要があると言えるかと思います。
現在も竹だけ(+投棄ゴミ!?)の状態ですので、今後、土留め(丸太)とともに樹木を植栽していきたいと思っています。

それはそうと、今この谷に投棄されたゴミの処理に苦慮しているのも元をたどれば樋の故障に行き着きます。

・祖父が亡くなり樋掃除ができず故障(+竹の一斉枯死)
→斜面崩壊
→谷を埋めるため瓦礫を投棄
→瓦礫だけでは足らずゴミを投棄
→ゴミがゴミを呼ぶ事態に・・・

まあ我が家の鬼門(実際に南西角の裏鬼門)とも言え、樋が機能していない状態のままにしておくのはヤバそうです。
さて、どうやって樋に堆積している落ち葉などを取り除くか?

<続きます>

雨水対策(3)二連梯子の固定方法

山の斜面崩壊につながる恐れがあるため離れの雨樋を掃除したいのですが、斜面が迫っていて梯子の足場を確保できないことから掃除できずにいます。

とりあえずは軒下に板を並べることで、樋から溢れ出る雨水の落下により地面が削られてしまうのを防いでいるものの・・・。

そして、対応策(恒常的な足場設置など)をいろいろと考えてみるものの、どれも今ひとつ・・・。
二連梯子を掛けるための安定した足場さえ確保できればよいのだけど・・・と思いつつネットで調べていると労災防止のために作成された次のリーフレットが目に入りました。

「墜落災害防止のための移動はしごの使用方法等について」(リンク先にリーフレット)
一般社団法人 全国建設業労災互助会、独立行政法人 労働安全衛生総合研究所発行

このリーフレットには二連梯子を安全に使用する方法(下図イラスト)についても記載されています。

二連梯子は左右へ転倒しやすいため梯子上方をロープで固定するようにはしていましたが、このリーフレットで梯子下方も固定すべきであることを知りました。

このように下方も固定すれば、斜面が近接していても斜面側に滑ることはなく安全に作業できるのではないか。
そして、梯子を掛ける場所を軒先ではなく壁面にすれば(下図で朱色線)、足場を確保できます。

そこで実際に梯子を掛けてみます。
まずは建物の表側(斜面側の反対)でおこなって様子をみます。
杭を打って、梯子の上・下方4箇所とロープで連結します。

【注】上写真の杭の位置は誤りで、本当は建物側に引く位置にすべきです・・・。

梯子に登り、たて樋を掃除します(高所作業のためヘルメット・安全帯着用)。

軒樋については梯子に登って手が届く範囲が片側1m程度ですので、約2mずつ梯子を移動させて掃除することになります。

建物の表側が無事掃除できましたので、いよいよ斜面側です。

<続きます>

雨水対策(4)雨樋掃除が完了

前回、離れ(鉄骨二階建て)表側の雨樋を二連梯子を使って掃除することができました。

いよいよ、斜面が近接している側(裏側)ですが、二連梯子を使って掃除する前にパイプクリーナーを使えないか試してみることにします(たて樋部分)。

下写真がパイプクリーナーで、本来は排水管の詰まりを除去するためのものです。

コイル状のワイヤーのため曲がりがキツイ箇所も通過できるようになっています。
しかし、樋のように口径が小さく(φ60mm)、しかも材質が脆いものには厳しいようで、取説に樋に関する記載はありません(自己責任で使用)。

ワイヤーの長さが5mですので、たて樋を途中で切断し、そこから上向きに挿入します。

途中2箇所の曲がり(105°)があり、1箇所目は余裕で通過、2箇所目で苦戦するも、なんとか集水器まで到達しました。
しかし、集水器に堆積しているであろう落ち葉類が全く落ちてきません。
落ち葉類が堆積していないということはありえませんので、こうしたパイプクリーナーが通用するのは初期段階の詰まりなのでしょう。

と言うことでパイプクリーナーは諦め、二連梯子を掛けます。

梯子の上下4箇所をロープで固定

このときの足場の状況が下写真になります。

梯子に登って軒樋の状態を見ると・・・。

これは酷い!
軒樋の天端近くまでヘドロ状のものが堆積しています。

このように樋が全く機能していない状態で、雨が降れば溢れた水が垂木や野地板を濡らしていました。
腐っていないか心配でしたが、さすがに15年程度では何ともなっていないようです。

ちなみに築100年を超える主屋は、垂木の先がボロボロになっていました。

そう言えば、なぜか下屋には樋がついていませんね・・・。
この下は土台もボロボロになっていたのですが、これも雨垂れの跳ね返りによる影響があったのかもしれません。
何れにせよ、樋の管理は疎かにできないということですね。

たて樋に続き、軒樋を掃除します(梯子を2mずつ横移動させて)。

樋掃除完了!
気になっていたことがようやく解決し、ひと安心です(^_^)

<続きます>

雨水対策(5)排水計画

前回、離れの雨樋をようやく掃除することができました

ところで上写真を見ると外壁の下方が汚れていますね。
これまでは樋が機能しておらず、軒樋から溢れ出た水の跳ね返りにより生じたものです。

近づいて見ると、土が付着しコケが生えているのがわかります。

このような状態はトタンでもさすがに良くないでしょうから、この機会に掃除することにします。
意外にしつこくこびりついているため、真鍮ブラシで丹念にゴシゴシ。

これで樋の詰まりが解消し、外壁の汚れも落として万事解決のはずですが、そうは問屋が卸しません。
と言うのは、樋の排水口(下写真で水色実線)が谷の近くにあるため、その排水が谷の斜面を削ってしまう恐れがあるのです。
何しろ、この谷の斜面は昭和30年代に樋の故障から崩落(円弧滑り)したことがあるため要注意です。

今考えると、離れの新築時に軒樋の勾配を逆にし(上写真で緑色点線)、樋の排水口を谷から離すようにすれば良かったのですが、後の祭りです。
軒樋の勾配を変えること自体はそう難しくないのかもしれませんが、その施工のためには足場を組む必要があり大ごとになります(さすがに二連梯子でやるのは危険です)。

対応策として、谷の斜面に排水管を敷設し斜面下まで排水させる案が思いつきましたが、どうもスッキリしません。
で、思い至ったのが、山側(西側)ではなく東側に排水する案(下図で青色及び水色の点線)です。

昨年、芝庭を整備した際に離れの近くまで排水路を延伸していますので、ここへ繋げば公共の排水路へ排水されることになります。
具体的には、上図で青色点線区間について樋を延長し、水色点線区間について排水路を延長します。

まずは、樋を延長・切り替え(下写真の点線)し、建物の東側に排水するようにします。

そして、昨年延伸した排水路を延長する形で排水路(下写真の点線)を設け、樋からの水を排水します。

<続きます>

雨水対策(6)樋の延長

前回、雨樋の排水が谷の斜面崩壊を引き起こすことがないよう、その排水先を変えることにしました。
具体的には、これまで谷側(西側)に排水していたものを逆の東側に排水すべく樋及び排水路を延長(下図で青色及び水色の点線)する考えです。

まずは樋の延長から施工します。
下写真の青色点線で示すとおり樋を配管して流路を切り替えます。

建物を横断するような樋の配管なんて見かけたことがありませんが、水は流れるはずです(^_^;
問題は斜め配管部分を建物にしっかり固定できるかです。
たて樋の固定は下画像のような「でんでん」と呼ばれる金具が使われますが、これを必要な間隔で設置できれば良いわけです。


(パナソニック T字デンデン)

この「でんでん」は建物の胴縁などに固定することになりますので、断面図に胴縁の位置を書き加え検討してみます。

上図のとおり配管すれば、斜め配管部分に胴縁が3本ありますので、3箇所固定できることになります。
その間隔は広いところで1.8m程度となりますが、たて樋の施工要領書を確認すると約1m間隔で設置するのが望ましいとあります。
不十分な間隔ですが、自己責任ですのでこれで良しとしましょう。

ちなみに2箇所のエルボ(曲管)は一般的な105°のものを用いています。
105°はエルボの内角ですので、外角表記だと75°(=180°−105°)になります。
一般的には外角表記が多く内角表記に違和感を覚えますが、樋業界の慣習なのでしょうね。

さて、水糸を張って「でんでん」の設置位置に印を付けます。

上写真では梯子に隠れていて分かりにくいですが、右側(東側)の樋の合流箇所に「P型集水器」を設置しています。

斜め配管部分については、左側(西側)の樋の下方を切り取ったものを流用する考えですが、残念ながら長さが不足します。
不足分をホームセンターで仕入れてくるつもりが、少し前まで里山のゴミ回収をおこなっていたゴミなかに樋があることを思い出しました。

モノを調べてみると同じ口径(φ60mm)で色も同じです。
状態も良く、周りに捨てられているゴミに比べて年代も新しいようです(昔はφ55mmの樋が多かった)。
15年ほど前に離れを新築した際に余ったものをここに捨てたものでしょうか?
謎は深まりますが、いずれにしても再利用できますので、これを使うことにします(1,000円程度の節約に^_^)。

「でんでん」を設置し、樋を配管。

これで樋の排水先を谷(建物の西側)から離し、建物の東側に排水できるようになりました。

<続きます>