カテゴリー別アーカイブ: 庭整備

庭の整備(8)散水栓設置

前回、手水鉢の設置と排水管の敷設を行いました。

手水鉢には水道水(井戸水)を給水する計画です。

tsukubai

ここには元々あった外便所用として水道管がきていますので、これを延長することにします。

この水道管を手水鉢専用とするのはもったいないように思います。
他にも使えるよう散水栓を設けることにし、これに水道管を繋ぎます。
(手水鉢を使うときは、散水栓からホースで給水するようにします。)

まずは、散水栓や水道管の敷設箇所を掘ります。

img_2397

水道管(VPφ13)を敷設します。

img_2398

ソケット(TS継手)を使って既設管と接続します。

img_2399

漏水がないことを確認して埋め戻します。

新設した散水栓の蛇口を開きます。
緊張の瞬間^_^

img_2409

無事、水が出ました。
水が張られた手水鉢は涼しげで良い感じです。

<続きます>

庭の整備(9)竹の筧と盆栽棚

前回、給水管を延長し散水栓を設置しました。

散水栓からホースを使って手水鉢に水を張ることができます。
しかし、ホースだけでは無粋ですので竹の筧(懸け樋)を設けたいと思います。

作業経過の写真はなく、いきなり設置完了です。

img_2429

竹は裏山から伐り出してきたものを使いました。
竹筒内の節を鉄の棒を使ってくり抜き、ホースを通してあります。

蹲の全景です。

img_2451

蹲(つくばい)はその名のとおりしゃがんで使うものが一般的です。
これは立ったまま使いますので、蹲と呼ぶのはおかしいのかもしれませんね・・・

立ち位置には踏み石を設けましたが、写真のものでは小さくて足を置きづらいです。
手水鉢の大きさともアンバランスのため、後日、大きいものに変更したいと思います。

とりあえず蹲は完成です。
次は、蹲の右側の空きスペースを利用して盆栽棚を設けます。
敷地内に点在している鉢植えの植物をここに整理したいと思います。
(盆栽を飾るわけではありません・・・)

盆栽棚は、棚板と脚で構成される簡易なものを考えています。

・棚板:コンクリート製の既製品(廃材)を再利用
・脚:主屋の改修工事で出た延べ石(土台を載せる基礎石)を再利用

主屋の改修工事では、シロアリ被害の酷かった下屋部分の一部を減築しました。
その減築箇所に使われていた延べ石の大半は移設していただきましたが、一部が余りました。
この余った延べ石を適当な大きさに切り、盆栽棚の脚とする考えです。

img_1528

それにしても酷いシロアリ被害です。
土台の半分以上が朽ちています。
この前に廃木材を何十年も積んだままにしてしまったのがいけなかったようです・・・

この延べ石の移設は大工さんと左官屋さんに行っていただきました。
移設において延べ石を切断し調整してもらっていますので、後日その方法を尋ねたところ、ディスクグラインダーで周囲に切り込みを入れ、タガネで切断されたとのこと。

同じようにやってみます。
ディスクグラインダーにダイヤモンドカッターを取り付け、延べ石の周囲に切り込みを入れていきます。

img_2422

ネットのうえに置いてありますが、切断はネットのないところで行いました。
ネットのような絡まりやすいものの近くでディスクグラインダーなどの回転する工具を使うのはとても危険です。

切り込みにタガネを入れると、うまく割れます!

img_2423

こんな石を割るのはもちろん初めてですが、割れると何だか感動です!

img_2421

切断した延べ石を据え付ます。

img_2432

石の上にコンクリート製の板を載せて完成です。

img_2433

<続きます>

庭の整備(10)砂利のほぐし

前回で蹲が完成しました。

今回の庭整備で残すところは芝張りです。
芝生で夏の照り返し防止と雑草対策を図りたいと思っています。

芝は下図の朱色着色部(2箇所)に張る予定です。

location_grass

右側の着色部は、外便所の解体工事において山土で埋め戻してもらいましたので、芝張りは容易です。

問題は左側で、砂利敷きとなっているため、砂利を撤去する必要があります。

img_0606
(写真は主屋改修工事前)

上の写真では砂利敷きの厚さは薄いようにみえますが、長年にわたり自動車を乗り入れていたため深くまで砂利が沈んでいます。
スコップではとても掘り返せないぐらいよく締まっています。

ところで、砂利敷きの周囲に苔のようなものが生えているようにみえますが、これは苔ではなく「イシクラゲ」と呼ばれる藻の一種です。

このイシクラゲは雨などで水分を含むとワカメ状になります。

img_4094

見た目も良くありませんが、ヌルヌルしていて、玄関アプローチに生えていると滑って危険です。

イシクラゲには除草剤(ラウンドアップ系)が効きません。
このため、除草剤を使い続けるとイシクラゲがはびこるようになります・・・

閑話休題

芝を張るためには砂利を撤去する必要があります。
固く締まった砂利をほぐすことさえできれば、あとは何とかなりそうです。

人力の場合、ツルハシを使って地道に行うのだと思いますが、結構な面積(約50m2)があります。
重機のユンボ(バックホー)なら一気にできるのでしょうが、このためだけにわざわざ重機を呼ぶのもどうか・・・

と考えていたところ、隣家でユンボを使って擁壁工事が始まりました。
隣人を通じて請負業者にお願いしたところ、別途工事として砂利をほぐしてもらえることになりました。
(重機の輸送費が不要となり、安価に施工していただけました。)

ユンボのバケット(爪)を使って、深さ20cmを目処に砂利をほぐしてもらいました。

img_3064

周囲にネットが張ってあるのは、野良猫のフン対策です・・・
ネットを張るために杭を打ちましたので、その杭にレベルをとっておきました。

<続きます>

庭の整備(11)芝張りの計画

前回、ユンボを使って固く締まった砂利をほぐしてもらいました。

img_3064

この砂利を撤去することになりますが、その前に芝張りの計画を立てることにします。

芝は湿気を嫌うそうです。
また、雨天時に玄関アプローチに水が溜まるため、排水を良くしたいと考えています。

niwa

上図で排水路やU字溝の敷設までは完了しています。
このU字溝へ雨水が流れるように地面の勾配をつければ排水が改良されるはずです。

主屋と離れの犬走りの高さ(高:起点)とU字溝の高さ(低:終点)は固定されます。
起点と終点を繋ぐように南北方向および東西方向の勾配を設定します。

grass_level

南側への勾配をつけるとともに、東側にも勾配をつけています。
机上での絵は描けますが、実際に施工できるものでしょうか・・・

施工は次のように進めると良さそうです。

(1)計画高の10cm下まで砂利混じり土を取り除く(現況地盤からの深さは場所によって異なり10cm〜20cm)。
(2)山土(購入)で7cm埋め戻す。
(3)土付きの芝(高さ約3cm)を張る。

このなかで一番大変で時間がかかるのは(1)の砂利混じり土の撤去です。
朝の1時間程度しかできませんので、時間がかかります。
このままだと雨が降るごとに地が固まり、元の木阿弥になってしまいかねません。

そこで畝を作っておくことにします。

img_3109

<続きます>

庭の整備(12)砂利の再利用

前回、芝張りの計画を立てました。

砂利混じりの土を撤去することになりますが、問題はこの撤去した土をどうするかです。

img_3109

砂利と土とに分けたうえ、砂利だけを主屋の改修工事で減築した箇所に敷きたいと思っていました。
しかし、フルイを使って少しやってみましたが、粘性土のためとても篩分けできません・・・
当初の考えはあきらめ、他の用途で砂利混じりの土のまま使うしかありません。

良く締まるので通路に敷き均してはどうかとも思いますが、無闇にばら撒くわけにはいきません。
刈り払い機で除草するところだと、砂利があると疲れますし、石をはねて危険です。

土蔵まわりの土が雨で流されてしまっているので、まずはここに敷き均すことにします。

img_3235

良く締まりますが、土が混ざっているため雨が降ると建物に土を跳ね返してしまいます。

そこで、敷地のあちこちに落ちている石を集めて、このうえに置くことにします。

img_4081

敷地内に落ちていた石も片付き、スッキリしました(^_^)

砂利混じりの土は他にもいろいろと使っていますが、まだまだ撤去しなければなりません・・・

img_3168

<続きます>

庭の整備(13)芝張り(東側)

前回、芝を張る箇所の砂利を撤去し始めました。

相当な量(50m2×15cm=7.5m3)があるため、時間がかかりそうです。

庭整備の記事は最初から順を追って書いていますので、現時点でも半年ほど遡っています。
実際に砂利を撤去し始めたのは今年の4月です。
毎日1時間程度しか作業できませんので(早起きしての朝の1時間ですので、これも話題の「朝活」!?)、砂利を撤去し終わる頃には夏になっているかもしれません・・・

芝張りの適期は春と秋です。

蹲を設置した東側(外便所跡地)は砂利がありませんので、既に芝を張れる状態です。
練習を兼ね、東側を先行して芝張りすることにします。

location_grass

新しく入れた山土ですので、肥料分が全くありません。
肥料として、腐葉土を投入します。

img_3118

この腐葉土の原料は、主屋の厨子(ツシ)二階(≒屋根裏)に長年上がっていた柴や松葉を2年前に下ろしたものです。
膨大な量があり、1反(1,000m2)の畑に全面的にばらまいたほか、積みあげて堆肥化してありました。

img_0048

img_0603

この厨子二階の片付け後、建築士さんに調査と設計、そして大工さんに改修工事を行っていただきました。
現在は、この厨子二階で薪ストーブの煙道を作っています。

img_4196

いろいろ大変でしたが、以前の乾燥しきった柴や松葉がある状態では危険すぎて薪ストーブの導入どころではありませんね。

閑話休題

栄養分が全くない山土ですので、腐葉土だけでは少し寂しいような・・・
気持ち程度に牛糞(とオガ屑)を振っておきます。

img_3119

目土用として、山土の一部を取っておきます(写真の奥に写っている一輪車)。

写真をみると手水鉢の上に野良猫が登っています!
野良猫の水飲み場になってしまっています。困ったものです・・・

鍬で混ぜ込み、レーキで土を均します。

img_3120

こちらは狭いので特に勾配はつけませんが、凹地にならないようにだけ気をつけます。

いよいよ芝を張ります。
張り方は目地の間隔を設ける「目地張り」です。

img_3127

芝は少量のためホームセンターで購入しました。
1束(約1m2分)約700円の姫高麗芝4束です。
本当は剛健な「野芝」が欲しかったのですが、ホームセンターには「姫高麗芝」とトヨタ自動車が開発したという高級芝しかありませんでした。

目土で目地を埋めるとともに、表面全体に目土を被せます。

img_3128

水やりします。

野良猫がいたずらしないように、芝が根付くまでネットで囲んでおきます。

img_3154

<続きます>

庭の整備(14)砂利の再利用

前回、東側の芝を張りました。

西側は砂利混じり土を撤去していますが、まだ半分も終わっていない状態です。

img_3168

まだまだ残っているこの土をどうしたものかと思案しているとき、集落排水(下水道)の接続工事が始まりました。

当地では今年4月1日から集落排水が供用されました。
供用開始に伴い、集落排水への接続工事と、これまで使用していた合併浄化槽の撤去工事を地元の設備屋さんにお願いしてありました。
ちなみに、この設備屋さんは明治44年に主屋を建てた棟梁のご子孫に当たります。

昨年の主屋の改修工事において棟梁の名前などが分かりました。

img_1554

合併浄化槽は撤去しなくても良いのですが、合成樹脂などの材料で土に還るものではありませんので撤去をお願いしました。
撤去後は山土で埋め戻すとのことです。
その埋め戻しに現在撤去している砂利混じり土を使ってもらえば、他所から山土を持ってくる必要はありません。
また、山土よりもよく締まるはずです。
設備屋さんに確認したところ、近くに積んでおけば使ってもらえるとのこと。

砂利混じり土を再利用する目処は立ちましたが、集落排水の工事はすぐに始まるので急がなければなりません。
でも、こういうことでもなければダラダラしてなかなか進まないものです。

集落排水への接続工事が始まりました。

img_3287

排水管は、合併浄化槽(撤去予定)を突っ切る形(最短ルート)で配管していただきました。
まず排水管を排水枡へ接続し下水を使えるようにしたのち、合併浄化槽を撤去していくそうです。
(ブロック塀に囲まれた狭小地のため重機が使えず、すべて人力での作業です・・・)

左側に積んであるのが、芝を張るために撤去した砂利混じり土です。
これで一輪車約30杯分です。
これだけあれば十分のように思いましたが、設備屋さんに確認したところ、後この2倍必要とのこと。
計一輪車100杯分・・・

合併浄化槽の中を覗くと、何やらたくさんのものが入っています。
(既に汚泥の引き抜きや清掃が終わっています。)

img_3288

深さもかなりあるようです。
埋め戻しに一輪車100杯もの土が要るはずです。

一輪車100杯分の土を運びます。

img_3311

合併浄化槽を撤去していただいているときに、誤って水道管を破断してしまったとのこと。

img_3317

まさか水道管があるとは思わなかったので、設備屋さんに伝えていませんでした・・・
ちょうど良い機会なので、水道管の位置と高さを記録しておきます。

この水道管の位置は、後に行った井戸ポンプの配管の際に役立ちました。

井戸1

合併浄化槽の撤去が終わりました。

img_3323

芝張り予定地のほうも砂利の撤去が終わりました。

img_3493

芝生の計画高より10cm下まで掘り下げた状態となっています。

現在6月上旬(ブログの記事は遡っています)。
とても夏までには砂利の撤去が終わらないと思っていましたが、集落排水の工事のお陰で早く進みました。

梅雨が明けるまでに芝張りをやってしまいたいと思います。

<続きます>