庭整備」カテゴリーアーカイブ

庭の整備(68)酷暑でタマリュウが・・・

前回、畑の通路などに播き芝をおこないました。

こうして芝生にするのは見た目を良くするとともに、芝生でグランドカバーすることにより除草の負担を軽減するためです。
グランドカバーには芝生(日向かつ人が通行する箇所)だけでなく、場所によってシバザクラ(日向)やタマリュウ(日陰)も用いています(下図で緑色が芝生、ピンク色がシバザクラ、青色がタマリュウ)。

シバザクラ(上図でピンク色)も挿し芽により増やし、少しずつ植栽しています。
今春に挿し芽したものが無事活着して下写真の状態にまで成長していますので、今回、植え付けることにします。

植え付ける場所は主屋への進入路沿いです。
2年前の春から少しずつ植え付けてきていて、今回が最も公道側の最後の区間(下写真で朱色線)になります。

上写真は今春に撮影したもので、今回植え付ける区間(上図で朱色線)は緑で覆われていますが、これは笹が密生しているのです。
特にここの密生度は高く、これは公道近くで人目につくため他の場所より除草剤を多く散布した結果だと思います。
笹の根を掘り起こして除去しようにも、ここまで密生すると難しいです(隣接する槙垣の根も混在しています)。

そこで、止む無く除草剤を使うことにし、今夏(酷暑が予想される日の朝)に笹の葉っぱ一枚一枚に除草剤を塗布して枯しておきました。
そして、現状が下写真です。

除草剤の威力は恐ろしいほどです。
槙垣の根の近くなど除草剤を塗布できなかったものが辛うじて生き残っているほかは完全に枯れています。

地球の未来を予感させるものがあるような・・・。

笹とは対照的に、今春に植え付けたシバザクラは青々としています。

春からあまり大きくなっていないように見えますが、苗と比べると随分大きく成長していることがわかります。

いつものように植え付けます(@30cm)。

これで進入路沿いのグランドカバーが完了したことになります。
2年前、試しに植え付けたときは土地が痩せているうえ笹が蔓延っているため無理かもしれないと感じたのですが、全くの杞憂で、それほどシバザクラは剛健です。

垣根はこの先も続いていますが、東や北に面するため今回シバザクラを植え付けたところのように日当たりが良くありません。
そこで、日陰に強いタマリュウ(下図で青色)でグランドカバーすることにし、今春に200株近く植え付けました。

植え付け直後

植え付けた時期(梅雨の合間)も良く、近所の方とも「まず間違いなく活着する」と話していました。
しかし、8月に入ると酷暑のうえ雨も降らず・・・。
垣根の北側に位置するものは問題なかったものの、東側で朝日に当たるところ(上写真の場所)で枯れるものが現れてきました。

下写真は現状で、朱色丸印のところに植え付けたものが枯れて無くなっています。

ポット苗もたくさん作ってありますので、これを使って補植しておくことにします。

10株程度枯れていたように思ったのですが、大半はその後復活したようで、実際に補植したのは2株だけで済みました。

下写真は別の場所(アプローチの隅切り部)のタマリュウですが、こちらも今夏の酷暑の影響を受けました。

酷暑の影響で葉の一部が茶色く枯れています。

秋になって復活してきましたが、一時は株全体が茶色くなっていました。
例年このようになることはありませんので、それだけ今年の酷暑は厳しかったわけです。

庭の整備(67)タマリュウとヒメツルソバ

今夏に設置予定の第3号薪棚について、梅雨の間に材料の加工ができました(ブログ記事は遡って書いています)。

梅雨明けとともに棟上げする予定ですが、今年は長雨で一向に梅雨明けしてくれません。
週末の天気予報も土日ともに雨マーク。
しかし、実際にはずっと雨が降っているわけではなく、雨が止んでいる時間もあります。
こうした雨の合間や雨前に行うのが良いことと言えば、植物の植え付けです。
植え付け後の水やりも不要ですし、活着率も上がります。

植物の植え付けと言えば、今年6月にタマリュウ(2年前にポット苗を植え付け)を株分けして下写真の通路沿いに植え付けました。

このとき株分けした20株程度を植え付けましたが、もとは1株半です。
それがまだ10株以上残っていますので、株分けして150箇所以上に植え付けられることになります。
一気に150株を植え付けるのは大変ですし、分けて作業できるので雨の合間に少しずつ植え付けていくことにします。

しかし、150株以上ものタマリュウをどこに植えるのか。
植え付け間隔を20cmとしても30m(=150×0.2)以上!
その場所として考えているのが下写真の槙垣の下です。

アプローチ沿い(上写真で水色線)の一部は既にシバザクラを植栽してあります。
公道沿いも植栽する考えですが、東及び北に面するため日向を好むシバザクラは厳しいように感じ、日陰にも強いタマリュウを植栽しようと思うのです。
実際、槙垣の下にリュウノヒゲ(タマリュウの原種)が生えているのを見かけますので、タマリュウにとっても適地のことでしょう。

シバザクラやタマリュウを植栽するのは除草の負担軽減のためで、現状は下写真のとおり雑草で覆われています(これでも定期的に草取りをしています)。

実は今年6月に槙垣を剪定する際、植栽の作業をしやすいように垣根の裾を45°で内側に刈り込んでおきました(こうすると角度の変化点でエッジが生じて槙垣の印象が少し変わりました)。

上写真の箇所から植え付けていくことにし、タマリュウ1株を掘り上げて株分けします。

20株以上に株分けできました。

これらを20cm間隔で植え付けていきます(2列)。

笹も生えていますので、植え付けの際に掘ったところだけでも笹の根を除去するようにしています。
笹や雑草は厄介ですが、土の流出を防いでいてくれています。
見た目が悪いと言って笹や雑草を除去するだけでは土が流出してしまいますので、笹や雑草に代わってタマリュウを植栽するわけです。

第1弾として、下写真で朱色線の区間に植え付け完了(手前側は笹が密集しているため、今回はペンディング)。

上写真で奥側の槙垣開口部は敷地側に芝を張っているためタマリュウは植栽しません。
開口部を飛ばし、さらに植え付けていきます(下写真は後日、晴天時に撮影したものです)。

垣根の下で姿勢を屈めなければならないため大変なのですが、1回当たり20〜40株、延長にして5m程度のためそれほど負担にはなりません。

今シーズンはここまでできれば十分と思っていたのですが、梅雨の長雨によりどんどん進んでいくことに(薪棚のほうはストップしていますが)。

そして槙垣沿いはほぼ完了し、残る公道沿いは下写真の区間のみに。

ここは土留め(コンクリート製柵板)があるのですが、側溝との間にわずかなスペースがあり、そこに雑草が生えてきます。
なかなかここまで草取りする余裕がないのですが、隣家にとってはアプローチの道沿いになりますので、少しでも見た目が良くなるようにタマリュウを植栽することにします(土留めの上はシバザクラを植栽しています)。

長い梅雨のため、期せず公道沿いのほぼ全てにタマリュウを植栽することができました。
今回、植え付けたタマリュウの数は200株近くになると思います。
株の間が埋まるまでには2年程度かかり、それまでは除草する必要があります。
しかし、タマリュウが生えている分、雑草の勢いが落ちますし、何より闇雲に除草するのに比べてモチベーションが上がります。

グランドカバープランツ関係で、写真は以前にも紹介した排水路のヒメツルソバ(ミゾソバの仲間)です。

ヒメツルソバのグランドカバーによりほとんど雑草が生えてきません。

しかし、その上流部はヒメツルソバがほとんど生えておらず、ドクダミ等の雑草が蔓延っています。

ここもヒメツルソバでグランドカバーできないものかと思い、ヒメツルソバを株分けして植え付けみることに。

梅雨の間(7月上旬)に植え付けたのですが、その直後の写真は撮っていませんでした。
下写真は現在の様子ですが、ヒメツルソバが旺盛に成長してドクダミ等の雑草を抑えつつあります。

これからの季節、ドクダミの勢いは落ちますので、秋にはヒメツルソバの花で一面覆われそうです(^_^)