網戸のメンテと手掛けの取り付け

1年前の今頃、勝手口に手すり(竹を利用)を設けました。

今の時期(夏)、勝手口は下写真のとおり網戸で開閉していますが、勝手口は出入りすることが多いこともあり、この網戸にいくつか不具合が生じてきました。

不具合のひとつが開閉がスムーズでないことです。
原因を調べたところ戸車の摩耗していることがわかったため、新しい戸車をホームセンターで買ってきました(下写真で上側が旧、下側が新。1組2個で1,000円程度)。

戸車はサッシメーカー独自のもののため取り寄せになるだろうと思っていましたが、ホームセンターに普通に売っていました。
しかも、LIXIL(トステム)系列のホームセンター(ビバホーム)で三協アルミ社の戸車です。

戸車を交換してスムーズに開閉できるようになりました。

あと、網戸の網(防虫ネット)について、開閉する際に手が触れやすい箇所が破れ始めています(下写真で朱色矢印)。

この網戸は20年ほど前に行ったリフォームにおいて設置したものですが、今まで一度も網を張り替えたことがなく、全体も経年劣化しているでしょうから、この機会に張り替えることにします(網は想像以上に長持ちするものです!)。

張り替え用の資材を、これまたホームセンターで調達。

古い網を外した状態で、枠の直角を確認すると僅かに歪んでいます(網を張っていない状態では枠はぐらつきます)。

立て付けにも影響しかねないため、枠をクランプで固定して直角を確保した状態で網を張ります。

張り替え完了。

ところで、網が破れた始めていたのは網戸を開閉する際に手が触れやすい箇所でした。
この網戸には手掛けがないため開閉する際にどうしても枠の縁に手を掛けやすく、それで網が傷んだわけです。

そこで、網戸の枠に手掛けを取り付けることにします。
手掛けは様々なものが市販されていますが、その多くは鉄や真鍮、ステンレス製です。
一方、網戸の枠はアルミ製のため、両者間での異種金属接触腐食が気になります(風雨にさらされる環境)。
木製のものを自作する手もありますが、その場合でも取り付けるのに鉄やステンレス製のビスを使うことになります。
全てアルミ材を使うことはできないものかと考えて思い浮かんだのが、アルミ製のアングルをアルミ製のブラインドリベットで取り付けることです。

アルミ製のアングル(建材用)については、いくつかのサイズの端材が手元にあるため適当なサイズのものを選び、ブラインドリベット用の下穴をあけます。

この下穴と同じ配置で網戸の枠にも穿孔。

ハンドリベッターでリベットをカシメて取り付けます。

完成!

実際に使ってみると、これが便利で、開け閉めするのが本当に楽になりました。
昨年は手すりが敬老の日のプレゼントでしたが、今年はこの手掛けをプレゼントにしましょう(製作費用0円!)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。