手押しカンナのメンテナンス(4)カンナ刃研磨

メンテを行っている手押しカンナについて、前回、異音なく動作するようになりました。

動作するようになったものの、カンナ刃や安全カバーなどの部品が欠けているため、このままでは使えません。
そこで、不足の部品を注文しておいたのですが、それらが届いたことからメンテ作業を再開することにします。

これらの部品を取り付けていきます。
そのうちの一つが下写真で朱色矢印で示す金具です。

この金具はカンナ刃を取り付ける際、カンナ胴を一時的に固定するのに使われるものです。
簡単にはずれるものではないのに、これが無くなっていました。
おそらく、前所有者はこの金具でカンナ胴を固定したままスイッチを入れてしまい、金具が破損するとともに、その衝撃でカンナ胴のベアリング(異音の原因)が逝ってしまったのではないかと思います。

ほかの部品も取り付けていきます。
部品はボルト1本からメーカーから取り寄せられますが、ホームセンターで売っているような一般的なボルトであればホームセンターで買うほうが安価です。
下写真のノブスター(ボルト部が損傷)も普通に売っているもので、メーカーから取り寄せずにMonotaro(資材通販サイト)で購入しました。

ノブスターは普通ノブとボルト(またはナット)が一体化されていますが(上写真で左側)、今回Monotaroで購入したのはノブとボルト(またはナット)を組み合わせて使うタイプのものです(上写真で右側)。
これなら必要な長さのボルトと組み合わせられて便利です(価格も一体のものよりも安価)。

あと、肝心のカンナ刃(研磨式)も無かったため購入しました。
カンナ刃の長さは5寸(150mm)と短いため、新品を買っても1組(2枚)3,000円強と比較的安価です。
ネットショップで新品を買うつもりだったのですが、たまたまUSED品があったため、それを入手しました。

このカンナ刃は研磨して繰り返し使えるものです。
ただ、こうしたカンナ刃の研磨は自分でできるものではないと思い、これまでは近くの研ぎ屋さんに頼んでいました。
しかし、以前、素人大工さんのブログで、水研ぎ機に下写真のアタッチメントを装着すれば研磨できることを知り、私も購入しました。
今回の5寸程度の長さのものであれば十分に研磨できます。

このカンナ刃の刃角は30°ですが、このアタッチメントを使えば下写真のとおり正確に研磨できます。

ただ、機械を使うと言っても相当手間がかかります。
私は研いだりすることが好きなので自分で行っていますが、機械も高価ですし、普通は研ぎ屋さんに頼むのが良いように思います(5寸ものだと研磨料金は1,000円もしないと思います)。

そして、カンナ刃もセットしてメンテ完了です!

試しに2枚の厚板の木端をカンナ掛けして、2枚を合わせてみると隙間なくピッタリと合います(→定盤の精度も問題なし)。

さて、今回の機械の購入及びメンテに要した費用をまとめると下表のとおりです。

合計2万円になります。
新品(6万円程度)を購入することに比べれば安価ですが、2万円ならメンテしなくても済む状態の良いものを買えそうです・・・。
それに今回購入したような状態の悪いものは修理できずにゴミになる可能性が高く、そう考えると安価なジャンク品を買っても必ずしも得するものではないわけです。
ただ、今回自分でメンテしたことで手押しカンナの構造がよくわかり、結果、安全に使えるように思います。
あと、自分でメンテした機械はやはり大事に使おうと言う気持ちになります(^_^)

3 thoughts on “手押しカンナのメンテナンス(4)カンナ刃研磨

  1. ハイハイ

    こんにちは、修理成功おめでとうございます。とかく人は、修理総額について、色々言いますが、私は其処ではないと思っています。修理によって得た、技術、知識はお金では買えがたい経験になるからです。私もチェーンソーのジャンクを修理した事で、使用する前の機械の不調等は、10分程度で調整できるようになりましたし(それまではググって調整、数日かかることも)、別の修理で以前の知識が役立ったりと、蓄えた技術はプライスレスです。ところで、ぼたんやさんyoutube結構前からやってらしたんですね、びっくりです、旋盤加工の技術もお持ちなようで、技術的なチャンネルに移行すれば、再生回数がもっと伸びそうな気がします。
    追伸、管理人さん、このコメント欄での文章で、時々文字化けを起こしているようです。(おそらく、絵文字ではないかな)

    返信
    1. 里山古民家 投稿作成者

      こんばんは!
      自分の手で行うことで得られるものは多いですよね。
      DIYは経済的合理性だけで判断できるものではありません。
      もし、他人から「どうしてこんなボロい機械を修理するのか?」と問われれば
      究極的には「そこに壊れた機械があるから」となるでしょうか。

      文字化けについて、当方の環境(Mac+Safari)では特に問題ない状況です。
      コメントに絵文字も使われていないようですので、おそらくCMSとして使っているWordPress側のバグかと思います。
      WordPressのアップデートにより改善すると良いのですが。

      返信
  2. ぼたんや

    ハイハイさん
    ミニ旋盤ですが、趣味やら、仕事の機械の修理やらで使っています。
    放電ワイヤカット機も同じく趣味やら仕事で使うボタン切削用のバイト(超硬の切削刃物)を切るのに使います。
    仕事よりも趣味が前に来る・・・突っ込まないで下さい。
    話題にして頂きありがとうございます。

    管理人さん、紙面をお借りしました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。