里山再生:シロダモの萌芽更新と伐採

自宅に隣接する里山について、例年この時期に竹の間伐等の整備を行っています。
整備が進むにつれて年々作業量が減ってきていることもあり、林内については既に今シーズン分の作業を終えることができました。

そこで、作業箇所を林縁部(畑との境界)に移し、風通しが良くなるように下草を刈ったり木々の枝を払っていきます。

既に林内の整備が終わっていることもあり、少し手を入れるだけで風が通って気持ち良い雰囲気の場所に変わります(以前は真っ暗で幽霊が出そうな感じでした・・・)。

とは言え、やり過ぎると夏に草や蔓が蔓延って草刈りに苦労する羽目になりかねませんので、この程度に留めておくのが良さそうです。

林縁部の樹木は、竹の勢いに押されて著しく前傾しているものがあります。
下写真のシロダモもそのひとつです。

3年前にも同じように前傾していたシロダモを伐採しましたが、その切り株からは新たに萌芽し、今度はまっすぐ上に向かって成長しています(更新させるため芽欠きをしています)。

元気よく成長していることから、先のシロダモも同じように伐採して萌芽更新させることにします。

チェーンソーで根元から伐倒。
伐倒方向にナシの木(昨冬に植え付け)があり、巻き込まれたものの無事でした。

ロープで牽引して伐倒方向を変えることも考えましたが、傾きが大きいため私の技術レベルでは危険と判断しました。
当然、ナシの木(1,000円弱)より安全第一です。

あと、木が大きく傾いていることで注意したのが、追い口を切る際に幹が裂け上がらないかと言うことです(非常に危険。バーバーチェア)。

こうした場合、突っ込み切りにより追い口を切ると安全とされていますが、今回は突っ込み切りをするには径が小さいことと、シロダモは粘るため瞬時に裂ける可能性は小さいと思い、受け口の上部にロープを巻くだけに留めました。
結果的には上写真のとおり裂けることはありませんでしたが、細心の注意と対策が必要であると感じています。

先にシロダモは粘ると書きましたが、それがデメリットとして現れるのが薪割りです。
以前、玉切り後3ヶ月ほど経ってから薪割りして苦労したことが脳裏に浮かびます・・・。
しかし、伐採直後の生木であれば容易に割れますので、他の作業を中断してでも薪割りを実施。

上写真で左側が今回割ったシロダモ(右側はクヌギ)です。
名前のとおり白い木肌を見ても分かるようにスパッと気持ち良く割れています。
こうなると薪割りは苦痛どころか最も楽しい作業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。