薪ストーブの導入(34)屋内部の煙突設置

前回、屋内部の煙突を設置しました。
しかし、支え脚(下写真でシルバー色の金具)では煙突がしっかり固定されないため、より強度のある固定金具(朱線で加筆のもの)を追加することにしました。

stove1-21

chimney_fittings

固定金具は、上図のとおり煙道の柱部分を利用して取り付けます。
ここで板材(750mm×160mm、厚みが1寸程度)を使いますが、同じ主屋で使われていた古材を再利用することにします。

その古材は、先に行った天井の張り替えで発生したものです。

img_0540

マツ材で白太部分に虫食いがあり処分したものも多いのですが、比較的状態の良いものは倉庫に保管してあります。

反りがあるため、電気カンナで削って、ある程度平らにします。

img_4441

img_4442

表面を削ると、虫食いは白太部分に集中していることがわかります。

img_4444

木取りします。

img_4449

端材が生じたので、さらに丸ノコ盤の傾斜定規(マイターゲージ)の当て板として利用しました(マツよりケヤキなどの硬木のほうが良いのでしょうが・・・)。

img_4446

まさか100年以上昔の天井板がこのように使われるとは、当時のご先祖様は思ってもいなかったことでしょう!

煙道の柱部分に取り付けます。

img_4480

念のため、棚受け金具で補強しています。

煙道の内側から先の板に対して煙突固定金具を取り付けます。

img_4471

固定金具に煙突を取り付け、配管していきます。

img_4478

以前の支え脚に比べ、しっかり固定されるようになりました。

img_4476

<続きます>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。