サイクロン集塵機の自作(5)自動カンナ盤接続

前回、集塵用フードの展開図を描きました。

集塵

材料のトタンは、ホームセンターで最も小さい3尺四方のものを購入してきました。
1枚約700円と安価です。

図面通りに罫書きます(「鉄板なので「墨付け」と言うより「罫書き」と言ったほうが良いのかな?)。
img_3952

罫書き線に沿って切り取ります。

img_3953

本来なら金切り鋏で切るところですが、手入れ悪く錆び付いています・・・。
ゴミ処分用に購入した万能鋏を使ったところ問題なく切れます。

角材を当てて折り曲げていきます。

img_3956

板厚が薄いため、金床や金槌を使わなくても容易に曲がります。

すべて曲げて、仮組みします。
ここまで順調です!

img_3958

ところが仮組みしたものを自動カンナ盤の排出口にあてがったところ、サイズはピッタリですが、取り付けできません。
取り付け部分のことを考えていませんでした・・・。
一からやり直しです。

写真上が当初作製したもの。
下が再作製したものです(取り付け部があります)。
(展開図は修正したものを掲載しています。)

<続きます>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。