カテゴリー別アーカイブ: 2017整備

里山整備2017(1)今シーズン開始

自宅に隣接して約3反(3,000m2)の里山があります。

map

里山と言うものの竹やぶと化しており、3年前から冬季の週末を利用して竹の間伐を中心に整備しています。
これまでに1シーズンにつき1,000m2程度の整備をおこない、竹に関しては昨年までに一巡することができました。

整備前の状況です。

img_0220

竹の勢いに押されて樹木が弱り、その樹木が倒れることで竹もなぎ倒されるという悪循環に陥っています。
人の進入を拒んでいるかの様相ですが、小動物すら生息できる状況ではありません。
遭遇するのはマムシだけといった有り様です・・・
(とは言え、作業中に何度かタヌキを目撃しました。なお、当地にはイノシシやシカは今のところ進出してきていません。)

これを、枯れ竹や老竹を中心に坪1本程度の密度になるように間引きました。
その結果、現在は下写真のとおり山のなかにも光が差し込むようになっています。

IMG_3047

竹やぶ対策として、タケノコのときに切り倒すと良いと言われています。
これを続けると山のなかは老竹ばかりが残り、いずれは消滅することになります。

竹はやっかいですが、この里山の竹や木は防風林の役目も果たしていますし、竹も木もなくなれば土砂崩壊に繋がる恐れもあります。

そこで、今年からは春にタケノコで収穫するほか一部は残すようにし、残した竹と同数程度の老竹(竹齢5年以上)を冬に伐ることにしています。
こうすれば、竹齢5年程度までの竹が坪1本程度の密度で維持されることになります。

ということで今シーズンの作業開始。
チェーンソーで伐って、鉈で枝を払っていきます。

img_4851

3年前に同じ場所を撮影したものが下写真です。

r0012544

竹は密集していますが、そのほとんどは稈(茎の部分)の表面が白く老竹です。

枝を落とした稈は山状に積んでおきます。

img_4853

枝葉部分は地面にバラまいておきます。

img_4854

間伐により光が差し込むようになり、その結果、草が生えやすくなります。
竹の枝葉を地面に被せておけば天然のマルチシートとして防草されます。

伐った竹のうち太さが1寸(3cm)程度のものは、使い勝手がよいため、後日まとめて倉庫に保管することにします。

img_4852

<続きます>

ツバキの剪定と枝葉の利用

先日、小・中学校の同級生のお母様(同じ町内に在住)から、自宅敷地内のツバキが大きくなったので切ってほしいと頼まれました。

同級生は結婚し街で暮らしていますので、実家にはお母様がひとりで住んでいます。
私が住む地域はそれほど田舎というわけでもないのですが、過疎・高齢化が進んでおり、特に近頃このお母様のような単身世帯が増えているように感じています。

ともあれ、幼い頃、この同級生のご両親にはスキーやスケートに連れていってもらった思い出があります。
大したことはできませんが、少しでも恩返しになればと思い、ノコギリと脚立をもって向かいました。

切ってほしいというツバキは、樹高約4〜5m、胸高直径30cm程度の大きさです。
表鬼門にあたる木で、昔から大切にされてきたようです。
ということで、根元から伐倒するのではなく、枝を落としてコンパクトに収めてほしいとのこと。

ほとんどの枝は手鋸で切り、特に太いものだけチェーンソーを使うことにしました。
かなりの強剪定になりますので、要所に葉を残して、少しでも木への負担が小さくなるようにしました。
枯れることなく春には新芽を出してほしいものです。

切り落とした枝葉も処分してほしいとのことでしたので、軽トラに積んで引き上げてきました。

IMG_4970

軽トラで4車分です。
以前であれば、これらの枝葉の処分に困り、市のゴミ焼却場に持ち込んでいたことと思います。
しかし、昨年伐倒した木の枝葉を1年野ざらしにしておいたところ、枝は薪ストーブの焚き付けに、葉は畑の堆肥に無駄なく使えることが分かりました。

<枝 → 薪ストーブの焚き付け>
img_4765

<葉 → 畑の堆肥>
img_4845

そこで、今回切ったツバキの枝葉も同じように使うことにします。
さすがにそのままでは場所を取りますので、鉈で細かい枝葉を払って比較的太い枝と分けます。

IMG_4982

このままの状態で1年程度放置します。
枝葉の山は、うまい具合に葉だけが落ち堆肥に。
そして、枝には風が通り、腐ることなくカラカラに乾いて良い焚き付けになってくれることでしょう。

里山整備2017(2)雑木林と竹林

今シーズンの里山整備を昨年末からおこなっています。
(と言っても週末のみの作業で、また耕作放棄地の整備も平行しておこなっているため、ほとんど進んでいません・・・)

竹の間伐については、昨シーズンまでに一通り終えることができましたので、今年からは新しい竹へ更新する作業(前年に新しく生えた竹と同数程度、古いものを伐採する)をおこなっています。

さて、これまでの作業を踏まえ、今後、下図のように里山を整備していきたいと考えています。

現在は、竹が全域に広がっており、そのなかにクヌギやスギが点在するような状態です。
ただ、上図で色分けしているとおり、黄色と緑色の区域では少し様相が異なります。

黄色の区域は、竹の勢いが緑色の区域に比べ弱いです。
また、クヌギは黄色の区域にしか生えていません。
この近くには昔、炭焼き窯があったと地元の長老から聞いていますので、その原料としてクヌギが保護育成されていたのかもしれません。
また、その当時は黄色の区域には竹は生えておらず、その後、緑色の区域から竹が侵入したのではないかと思っています。

一方、緑色の区域は竹の勢いが強いです。
クヌギ(落葉樹)は全くなく、常緑の雑木や針葉樹が生えています。
自宅の西側に位置するこの里山は、冬の季節風「鈴鹿オロシ」を遮る防風林としての役割も担っています。
このため、自宅側(緑色の区域)は常緑樹や竹を配置し、畑側(黄色の区域)に落葉樹を配置してあったのかもしれません。

また、里山と畑の境界(上図で橙色の区域)には果樹が植えられていたようです。
現在は既に果樹はなく、ツバキやカシなどの照葉樹や竹が侵入してきています。

整備の方針をまとめると次のとおりです。

【黄色の区域】落葉樹を中心とした雑木林
・侵入している竹を伐採(最終的には竹を無くす。)

【緑色の区域】竹と常緑樹の混合林
・竹の間伐を継続

【橙色の区域】果樹
・果樹の植栽

ということで、今シーズンは竹の伐採とともに、橙色の区域で大きくなっている木を伐採することにします。

橙色の区域の現況は次のとおりです。

<西側>

ヤブツバキやシロダモ、ヤマビワなどが自生し、畑側にせり出してきています。

<北側>

手前側にミミズバイ、ウラジロガシ、ヤマビワ、ネズミモチなどが生えています。

木を伐倒する前に、これらの木の根元に積んである庭木の剪定枝などを片付けることにします。

これまでは燃やすに燃やせなかったため、このようなところに積んであったわけです。
このようにしておくと、ササやツル草がはびこっても刈り払い機で草刈りできないため苦慮していました。

取り出してみると、3年以上前のものにも関わらず腐ることなく残っています。

積んだ状態では風通しがあるためか腐りにくいのかもしれません。
カラカラに乾燥していますので、薪ストーブの焚き付けに使えます(^_^)

細かい枝と少し太いものに分けて集めます。

敷地が片付くだけでなく、ストーブの燃料にもなって一挙両得です。

<続きます>

里山整備2017(3)樹木の伐採

里山と畑との境界(下図で橙色の区域)には果樹を植える計画としています。
このため、ここにある既存の樹木のうち、大きくなって畑側にせり出してきているものを順次伐採していきたいと考えています。

まずは、畑の西側にあるシロダモの木を伐倒することにします。

写真では手前にあるヤマビワの木に隠れてよく分かりませんが、樹高は10m程度です。

根元の直径は約25cm、胸高直径で20cm程度あり、結構な大きさです。

斧が立てかけてありますが、この斧で伐るわけではありません(チェーンソーを使います)。
危険な作業ですので、作業は心を落ち着かせてから。

畑側に伐り倒します。

畑側にせり出していたにも関わらず幹は真っ直ぐです。
こう見ると薪として使うのはもったいないぐらいですね。

シロダモは当地ではよく見かける雑木で、特徴として下写真のとおり葉の裏が白くなっています。

「葉の裏が白いタブノキ」から「シロタブ」「シロダモ」と名付けられたとか。
常緑のクスノキ科の樹木で、切り口を嗅ぐと僅かにクスノキ(樟脳)のような香りがするように感じます。

玉切りなどは追い追いおこなうとして、引き続き、シロダモと同じく畑の西側にあるヤマビワを伐倒します。

ヤマビワは自然生えしたものがたくさんあり、下写真で木肌が白いものはすべてヤマビワです。
小さいものを残し、上写真のように大きくなったもの(樹高6〜7m)を伐採することで更新を図っていきたいと思っています。

伐倒完了。

畑の南側にも大きくなったヤマビワがありますので、これも伐倒します。

ビワの木と言えば、開心形(平べったい形)の樹形をイメージしますが、上写真のものは円錐形で、しかも樹高は10m近くありそうです。

伐倒完了。

1本伐った程度ではほとんど変化はありませんね。
ちなみに、上写真で中央にある大きな木(常緑樹)がウラジロガシで、その背後のさらに大きい木(落葉樹)がクヌギです。

<続きます>

里山整備2017(4)伐採木の利用

前回、畑側にせり出している樹木の一部を伐倒しました。

上写真は樹高10m程度のシロダモです。

このシロダモの幹を薪用に玉切りしたのが下写真です。

太いもので直径25cm。
これだけ太くなるには長い年月がかかっているのでしょうが、薪ストーブの薪としてアッという間に無くなってしまうのでしょうね。

枝葉については、薪用と、細かい枝葉に分けてバラします。

1本の木からこんなにたくさん(一輪車の大きさと比較)の枝葉が発生しました。

細かい枝葉も、このまま置いておけば1年後には自然と枝と葉に分かれ、枝部分は薪ストーブの焚き付けとして使えます。
ただ、今シーズンは柿の木を大規模に剪定していることから、細かい枝の焚き付けは十二分に確保できる見込みです。

そこで、細かい枝葉は畑の畝に被せ、被覆材(天然のマルチシート)にすることにします。

雑草を(ほどほどに)防いでくれ、腐れば堆肥になって土に還るわけです。

作物の種を播いたばかりの時期だと発芽・成長の支障になりかねませんが、今の時期だと秋に播種した冬野菜や豆類は既に大きくなっているため、それらを囲うように枝葉を被せることが可能です。

<ビフォー>

<アフター>

ソラマメが霜のためにグッタリしています(早朝に撮影)。
しかし、こうすることで地面がむき出しになっている状態よりも霜の影響が小さくなることでしょう。

ところで、ほとんどの人はこの畑を見ても、とても作物を栽培しているとは思わないでしょうね・・・(私自身も、このような畑を見たことがありません)。
樹木の枝葉を利用する場合でも、普通はシュレッダーによりチップ化するかと思います。
しかし、これまでの3年ほど剪定屑をこのように被覆してきたところ、地力は年々増しているように感じています(化学肥料のような即効性はありません)。

3年前に化学肥料をやめたときは、ダイコンさえも育たない状態でした(発芽するものの、すぐに黄色くなって消滅)。
それが少しずつ地力が回復し、現在では下写真のとおりダイコン程度であれば育つようになっています。

肥料分が少ないためか、葉が小さいですね。

葉を見る限りあまり期待できませんが、引き抜いてみると十分食用になるレベルです(^_^)

<続きます>

里山整備2017(5)樹木&竹の伐採

畑側にせり出してきている雑木を、これまでに5本(シロダモ、ヤマビワ×2、ネズミモチ、ヤブツバキ)伐採しました。

また、これとは別に果樹園(自家用)を再生すべく果樹も伐採しており、下写真で9番のカキの木も伐採しました。

9番の木の伐採によりスペースができましたので、山側のヤブツバキを伐採することにします(スギも伐採する予定ですが、今シーズンはとりあえずツバキのみ)。

横から見ると、前方にせり出しているのがわかります。

下写真は3年前に撮影したもので、矢印で示す木が上写真のヤブツバキになります。
この頃は竹の間伐をしていなかったため、背後の竹の勢いに押されて、前方にせり出していたわけです。

ちなみに、上写真はシュロ(和棕櫚)の木を伐採しているところですが、この辺りにはシュロの木が林立し、さながら南国?のような感じでした。
温暖化の影響もあり、我が家だけでなく全国において自然生えのシュロが急増しており、「ノラ猫」ならぬ「ノラジュロ」と呼ばれ問題化しているそうです。
また、シュロ皮を剥がさないとノコギリを使えないため、植木屋さんはシュロの伐採を嫌う(別料金)と聞いたこともあります。
一昔前は家の新築時にシュロ(唐棕櫚)を植栽するのが喜ばれましたが(城持ちになったとして「城」と「シュロ」をかけています)、時代によって変わるものですね・・・

閑話休題

伐倒完了。

目通りで約20cm弱の太さがありますので、良い薪となります。

今回伐採したヤブツバキに隣接して同じくらい大きさのツバキがもう1本あったのですが、それは3年前に伐採しました。
その切り株から萌芽し、現在、下写真のようになっています。

ツバキも大きくなれば伐採して更新させていくのがよいのかもしれません。

里山内では、竹の伐採を進めています。

上図で黄色で着色の区域(下写真)は将来的に竹を無くす予定ですので、間伐を強くおこなっています(写真では分かりづらいですが、3坪に1本程度の密度)。

緑色で着色の区域(下写真)は坪1本程度の密度で、古い竹を伐採しています。

林内に光が差し込み、更新を図ることで竹のほとんどが青々とした若い竹になってきました。

<続きます>

里山整備2017(6)竹の燃料

薪ストーブの焚き付けは、杉の葉、小枝、少し太めの枝を使ってオーソドックスに下から着火しています。

これらの焚き付け材のうち杉の葉については、敷地内の杉の木(4本)から落ちてくるもの(下写真)を拾って、ちょうど過不足がないくらいです。

小枝や少し太めの枝については、昨シーズンに樹木を伐採し野ざらしにしてあったもの(下写真)を使っていますが、先日、小枝のほうを使い切りました。

処分に困っていたほどですが、毎日使っていればいつの間にか使い切るものですね。
敷地内も片付き本当にスッキリです(^_^)

そこで、里山内に焚き付け材を拾いにいくことにします。
里山内には樹木の小枝も落ちているのですが、竹の枯れ枝を集めることにします。
と言うのは、3年前から竹を伐採していますので、伐採の際に枝払いしたものが地面にたくさん落ちており、竹の枝のほうが集めるのが容易なのです。

竹の枝は枯れ竹のものでも弾力があるため、焚き付け用に短く切ったり折ったりするのが面倒に違いないと思っていました。
しかし、2年程度地面に撒かれていた枝は枯れが進んで、手でポキポキと折ることができます(昨年伐採し1年程度しか経っていないものは、まだ折りづらいです)。

そんなことでアッという間にポリペール(120L?)1杯分を集めることができました。

この竹の枯れ枝を使って焚き付けをおこなってみます。

下から順に、杉の枯れ葉、竹の枯れ枝、少し太めの枝です。

杉の葉に着火。
すぐに燃え広がります。

さすが竹だけあって樹木の小枝に比べ火勢が強いです。
バーナーのごとく「ボー」と音を立てて勢いがあるのはよいのですが、煙突のダンパー全開では煙突内に付着した煤を吹き飛ばしてしまいそうです・・・。

何はともあれ、竹の枯れ枝がよい焚き付けになることがわかりました。
薪ストーブのシーズンが残り少なくなってきて寂しい限りですが、今シーズン中は竹の枯れ枝を使っていこうと思います。

ところで、次の冬までに竹を燃料にできる温水ボイラーを導入したいと考えています。
青竹をそのまま燃やすと破裂するため、燃料として使う場合、事前に割るなり、節間を切断する必要があります。
そのため、竹を燃料にする場合は伐採後数年経過し、ある程度朽ちたものを使うことが多いようです。

昨シーズンまでに伐採し山の中に積んであるものを観察すると、2、3年で自然に割れが生じています。
そこで、ボイラーの燃料にすることを見越し、今シーズンに伐採するものは、昨シーズンまでに伐採したものとは別の山にして積むようにしています(同じ山に積むと、下にある古いものを取り出せないため)。

竹は中空で通気があるため、腐りにくく、伐採後も山の中に野ざらしにしておけます。
このことは乾燥し軽くなってから運搬できるというメリットにもつながります。

しかし、竹は火力は強いものの、すぐに燃え尽きてしまうため、薪ストーブの燃料としては使い勝手が悪いです(実際に使ったことはありません)。
しかし、ボイラーであればその欠点は小さくなるのではないかと思っています。
今の世では竹は邪魔者に過ぎず、燃料にするにしても手間暇がかかるに違いありませんが、身近にあるものを大切に使えればと思っています。

<続きます>