自然農」カテゴリーアーカイブ

農園の整備(1)畑の通路を芝生化

今年の8月は酷暑に加え雨が全く降りませんでしたが、9月に入った途端、雨天が続くようになりました。
植物の播種や移植の適期到来と言うことで、まずは年内にできるだけ成長させておきたい播き芝から行うことに。

播き芝はここ2年ほど、春と秋に少しずつ行っています。
今春、主屋の表(南側)に行ったところ(下写真)は今夏の酷暑にも耐えて生育し、現在ほとんどの面積が緑で覆われるようになっています。

<今春:播き芝直後>

<現在>

主屋の裏(北側)も播き芝を行っており、既に下写真のとおり全面にターフが形成され、ほとんど草取りをしなくて良い状態になっています。

建物の北側であることもあって以前は空気が淀んでいる感じがあったのですが、緑があることで雰囲気も良くなりました(水槽の中に水草があると水が腐らないのと同じような感じでしょうか)。

上写真の場所に続く土蔵前(昨秋に播き芝)の芝も生え揃ってきました。

今春、播き芝をし直した箇所(下写真)は雑草(主にドクダミ)と混在していますが、来年から芝刈りすることでドクダミの勢いが落ちてくると思います。

こうしてこれまでに芝生でグランドカバーしたところが下図で緑色着色箇所になります。

主屋周りのグランドカバーは完了しましたが、まだ芝生によりグランドカバーしたいところがあります。
それが上図で①、②の緑色点線で囲う箇所です。

①については、公道と畑との間で、畑の通路として使っているところです。
畑は自然農(無除草)により耕作しており、草茫々(自然豊かな)状態なので、せめて公道沿いは見映えを良くするとともに除草の負担を減らそうと言う考えです。
同じ理由から最も公道に近いところは既にタマリュウ(下写真でピンク色)やシバザクラ(下写真で青色)を植栽してあります。

畑の通路も公道から目につくため草刈りをするのですが、草刈りをすればするほど根を張るイネ科の多年草(チワラ等)が蔓延ってきます。
こうした草が蔓延ると草刈りが大変になりますし、また畑にも侵入するようになって厄介です。
かと言って草刈りしなわけにもいかず・・・。
そこで思うのが、中途半端に草刈りするのがいけないのであって、雑草よりも芝が優勢になるぐらい草刈りをすれば良いのではないかと言うことです。
芝なら見た目が良く、草刈りも容易です。
ただ、心配なのが芝が畑に侵入してしまわないかです。
この点が心配で、これまで実行に移すことができずにいたのですが、自然農の畑や芝庭を管理するようになって感じるのが、芝は本来弱い植物で、自然農の畑のように除草しなければ、芝よりも雑草が優勢になる(畑に侵入できない)だろうことです。

この直感を信じて、畑の通路部にいつものように播き芝を行います。

雨天の間に行っていますので、ランナーが良い具合に土(粘性土)に張り付いてくれます。

この播き芝を実際行ったのは9月上旬のことで、それから1ヶ月近く経った現在の様子が下写真です。

上写真では雑草(スギナやドクダミ)だけが生えてきているように見えますが、芝も活着して成長し始めています。
ここは日当たり、水はけともに良いため、来年の今時分には芝生になっていると思います。

もう1箇所、芝生によりグランドカバーしたいのが下図で②の箇所です。

ここは庭でも畑でもない中途半端な状態になっているところで、現状は下写真のとおりです・・・。

以前は除草剤により草が生えていなかったのですが、除草剤を止めてから笹やイネ科の雑草が蔓延り荒れ地化しています(上写真で奥側は庭で、6年ほど前に笹を駆除して現在綺麗な苔庭になっています)。
笹や雑草だけでなく、タマリュウも生えてきていますので、昔は樹木周りにタマリュウが植栽してあったようです。
この場所も日当たりが良いため芝生をメインにし、樹木周りの日当たりが悪いところをタマリュウでグランドカバーしたいと思っています。

今シーズンはとりあえず全体の1/3程度の面積に対して播き芝を行うことにします。
ざっと耕起して笹などの根を除去したうえ播き芝。

あとは芝の成長力に期待して寝て待つことにします(^_^)

自然農:竹の枝葉の利用(園路整備)

学生のとき、学校(農学部)の附属農場が農業が盛んな地域にあり、実習のためにバスに乗って通ったことがあります。
そして、バスの車窓から見える畑の土がどこも真っ黒であることに驚いたことを覚えています。
そこは我が家から10km程度しか離れておらず、自宅周辺の畑の土は黄色いのに対し、さすが農業が盛んなだけあって土地が肥えているものだと思いました。
後に、この地域の土は火山由来の黒ボク土であり、それで土が黒いことを知りました。
黒ボク土自体が肥えているわけではありませんが、基本的には肥えた土は有機物の腐食量が多く、よって黒い色をしているものだと思います。

ところで、我が家の畑は5年前から自然農法(不耕起、無肥料、無除草)に切り替えましたが、この5年で土の色に変化があるか、スコップで掘り起こして確認してみます。

地表から3〜5cm程度のところが黒変しています(地山は粘性土)。
慣行農法ではこうしたことは生じないことから、不耕起や無除草の効果が大きいのではないかと思います。

このように我が家の畑は基本的には不耕起ですが、生ゴミを畑に還すときは下図のとおり畝立てしています。

そして、このとき両側にできる溝には竹などを投入しています。

竹は中空で腐りにくいことから、竹を入れることで畑の排水性や土壌構造が改善されることを期待しています。
もちろん、こうして竹を入れると耕耘機などを使って耕せなくなってしまいますので、この方法は不耕起が前提となります(慣行農法については既にありとあらゆる方法がなされて出尽くし感がありますが、不耕起と言う根本が変わることで可能性が広がるように感じています)。

こうして竹の稈の部分は有効活用できるようになったものの、枝葉の部分も何かに使えないものかと思ってきました。

一時期、竹の枝葉を裁断せずにそのまま畝上に被せてマルチにしたことがありますが、竹は枝も腐りにくく、(1〜2年)作業の支障になってしまうため止めました(裁断すれば良いですが、手間が掛かります)。
この反省を踏まえて思いついたのが、上記で畝立てする際に竹の枝葉をすき込むことです。

実際にやってみると、竹の枝葉は平面状に広がっているため設置しやすく、層状に積み重ねれば相当量の有機物をすき込めることになります。


これに樹木の枝葉を使おうとすると樹木の剪定時期に限定されますが、竹の枝葉であればいつでも容易に入手できます(里山で必要な分だけ伐採)。
しかも、枝払いするだけで使えますので、樹木の枝葉を使う場合より省力です。
単純なことですが、これまで何百本の竹を伐採しておきながら気づきませんでした・・・(慣行農法のやり方や、竹を畑の有機材料として使うにはチッパーやシュレッダーにかけて裁断する必要があると言う固定観念に縛られていました)。

ちなみに、竹の枝葉は少量であれば家庭用のガーデンシュレッダー(電動)を使って裁断することができます。

上写真に写っているガーデンシュレッダーはインターファーム社のLSG-2100(ギア式)です。
ガーデンシュレッダーは裁断方法の違いによりギア式とディスク式があり、ギア式のほうが多少高価ですが、竹の枝葉の裁断にはギア式が向いていると思います。

ガーデンシュレッダーにかけるとちょうど良いサイズに裁断されます(ディスク式の場合はもっと細かく裁断されます)。

こうして裁断したものは畑のマルチ材として使っても良いですが、今回は畑の通路に敷き詰めて抑草(腐れば堆肥)を図ることにします。
既に通路には抑草目的で廃材の板が敷いてあります(下写真は敷設時のもの)。

4年前、主屋の改修工事で発生した古材(天井板)を流用したのですが、元々、虫喰いが酷かったこともあり、朽ちた隙間から草が生えるようになってきています。
この板の代わりに竹の枝葉を裁断したものを敷き詰めます。

抑草を図るべく、ある程度の厚さに敷き詰めるため、両側に土留め状のものが必要となります。
その用途として丸太を使ってみましたが(上写真)、ほかに良いものがあることを思いつきました。
昔、米倉があった場所に、その基礎として使われていたゴロタ石が残置されており、夏の草刈り時(刈払機使用)に邪魔になるため移動させたいと思っていたのです。
このゴロタ石を通路の両側に据え、その間に竹の枝葉を敷き詰めます(下写真は施工後、ひと月ほど経ってから撮影したもので、既に竹の枝葉が乾燥して白くなっています。今のところ草も生えてきていません)。

ゴロタ石が通路の縁石にもなり、見た目的にも良い感じになりました。
上写真で手前側は駐車場になっていますので、その境界にも区切りが欲しいところです。
ちょうど主屋の基礎に使われていた延べ石(盆栽棚の土台にした残り。下写真で朱色矢印)がありますので、それを埋めて境界とします。

自然農の場合、無除草で草ボウボウになるため一見すると荒地!?のように見えてしまいがちですが、こうした通路や縁石のようものがあると締まりがついて良いものです。

同じ理由で、駐車場に接する箇所(上写真で手前側)には昨年、シバザクラを植栽しました。
その後、順調に生育しており、このところの陽気に誘われてピンク色の花が咲き始めました。

後ろの黄色は自生のダイコンの葉ですが、これもしばらくすればトウが立って白い花を楽しませてくれることでしょう。