カテゴリー別アーカイブ: 耕作放棄地再生

耕作放棄地の再生(8)樹齢45年木の伐採

先般、山裾部分の竹(ほとんどが立ち枯れ)を伐採しました。

その結果、倒れている竹がなくなり、幾分スッキリしました(下写真)。

さらに、上写真で朱色の線で囲んだ箇所(2箇所)の竹も伐採していくつもりですが、左側については樹木(上写真で矢印)と交錯し竹を倒せない状態になっています。

この木は前方にせり出し、樹冠がお隣りの田を覆っていることもあり、この機会に伐採することにします。

樹高は10m程度ですが、竹の勢いに押されて、前方に光を求め幹が湾曲しています。
見てのとおり落葉樹ですが、樹種はエノキ(ニレ科)かと思います。

根元の直径は30cmと結構太いですが、エノキだとまだまだこれから大きくなるのでしょう(しかし、主幹の湾曲により余計な力がかかっているため、寿命は短いかもしれません)。

伐倒の際の障害物はなく条件が良いとは言え、私のような素人にとってはこの程度(樹高10m、根元直径30cm)が限界のように感じます。
そう考えると、ちょうど伐り時なのかもしれません。

昔の里山には、土地の筆界となる木や、御神木、暴風林などの特別なものを除き、それほど太い木はなかったと聞いたことがあります。
昔は人力で伐るしかなく、雑木でこのように太くなると伐るのが大変ということもあったのではないでしょうか。

今の世はチェーンソーを使ってアッという間に伐倒&玉切り完了。

細かい枝も大量に発生します。

このまま放置すれば、草刈りができず、草や蔓が繁茂して大変なことになってしまいます。

面倒ですが、バラして、少し太いものは焚き付け用に持ち帰り、さらに細かいものは草刈りの支障にならないように田面にバラまいておきます。

玉切りしたもので年輪を数えると、樹齢45年以上あります。

そうすると昭和40年代半ばから成長し始めたことになりますが、ちょうどその頃から里山に手が入らなくなったのかもしれません。
いずれにしても私の年齢以上に時間をかけて成長した木ですので、ストーブの薪として大切に使いたいと思います。

<続きます>

耕作放棄地の再生(9)竹の伐採

前回、下写真で矢印で示す樹木(エノキ)を伐採ました。

これで、さらに竹の伐採(上写真で丸で囲む2箇所)を進めることができるようになりました。

写真手前側に伐倒していきます。

チェーンソーを使っているのですが、孟宗竹は高さ(15m超)があるので倒れるときの勢いもスゴイです。

稈も太いです。
下写真に写っている鉈の刃渡りが6寸(18cm)ですので、直径15cmはあります。

真竹だと最も太いものでこれぐらいですが、孟宗竹はこれが普通サイズですので伐るのも運ぶのも大変です。
しかし、何より面倒なのが枝払いです。
というのも、真竹だと鉈の背を枝の付け根に打ち込むことで枝を落とせるのですが、孟宗竹の場合は枝の付け根も固く上手くいきません。
仕方なく、ノコギリを使ったり、節に刃をあてないように(刃こぼれするため)気をつけて鉈で切ったりしているのですが、手間も時間もかかります。
自宅裏の里山の竹は真竹なのですが、もし孟宗竹だったらと思うとゾッとします・・・

払った枝は今後の草刈りの支障にならないようにバラまき、稈は早く腐るように田面に並べます。

田に水を張れば、水面に浮かぶ竹筏のようにみえるかもしれません(^_^)
この竹筏があるところ(2畝程度)は草の成長が抑えられ、草刈りが楽になることを期待していますが、さてどうなることやら?

作業後の様子です。

ちなみに、今シーズンの作業前の状態が下写真(丸囲みの箇所が枯れ竹の倒壊箇所)です。

上写真よりさらに1年遡った当初(整備前)の状況が下写真です。

<ビフォー>

<アフター>

変われば変わるものです・・・

竹の伐採については一区切りつきましたので、今シーズンの竹の伐採はこれで終了とします。
来シーズン以降については、竹を伐採した箇所の今後の推移をみて決めたいと思っています。

<続きます>

耕作放棄地の再生(10)世古道の現状

前回で竹の伐採が一区切りつきました。

その竹の伐採作業中のことですが、山の斜面に築堤状になっているところがあることに気づきました。
そして、そこは人が通れる程度の通路(下写真で点線)として使われていたような感じです。

昔はこの山の上に世古道が通っていたと同じ町内の方から聞いたことがありますので、その道から田への進入路(下写真で点線)なのかもしれません。

以前、田の南側の山裾を草刈りしたときに同様の進入路跡(下図で下側の点線)が見つかりましたが、北側にも進入路(上側の点線)があったようです。

ところで、上図は公図(旧土地台帳の添付図)ですが、田の北側に赤道(あかみち、≒公道)が描かれています。
同じ町内の方がおっしゃってみえたように確かに昔は山の上に世古道が通っていたのです。

ついでに、この周辺の古地図(下図)を確認しても、やはり世古道が描かれています。

ちなみに、この古地図は明治19年に当時の三重県が旧町村ごとに測量・作図したものです。
地図と言えば現在の国土地理院発行の地形図が歴史も古いですが、当地域では古いものでも大正です。
それより古く、かつ詳細に描かれていますので、当時の様子がよくわかる貴重な資料です(長年、県庁の土蔵に保管されていたとのこと。現在は県立博物館で閲覧可能)。

この世古道が現在どうなっているのか確認するため、今回見つけた進入路跡を通って山の上(山と言っていますが高低差7m程度の丘陵地)に登ってみることにします。

下写真は道中ですが、竹と樹木が絡み合っています・・・

さらに進むと平坦になりましたので、山(丘)の上に出たようです。

倒木があり、孟宗竹で鬱蒼としているものの、意外にも整然としています。
人の手が入らない自然だけの状態へと戻りつつあるのかもしれません。

その奥(下写真)は篠竹が密集し、立ち入ることができません。
まるで自然が人の侵入を拒んでいるかのようです。
世古道跡らしきところがありますが、かつて人が往来していたとはとても思えない状況です。

<続きます>

耕作放棄地の再生(11)ハゼの木の伐採

前回、竹の伐採が一区切りついたことから、既に廃道になっている世古道の現状(下写真)を確認しました。

こんな悠長なことをしていると今シーズンの作業が終わったかのようですが、まだ続きます・・・。

竹と樹木の伐採により、とりあえず上流側の隣地(下写真で手前側)には迷惑がかからない状態になったように思います(とは言え、まだ樹木の樹冠が隣地の上空にかかっているところがありますね・・・)。

隣地の方には何十年もの間、境界から我が家の耕作放棄地側に幅3m以上、草刈りをおこなっていただいていました。
本当にご迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした。

上流側(下図で左側)に続いては下流側です。

上図で「整備2」とある箇所の現状は下写真のとおりです。

説明するまでもありませんが、上写真で右側(上流側)が我が家の土地です。
土手に笹や灌木が生い茂り、そのうえ樹木の樹冠が隣地に大きくせり出しています。
現在は落葉していますが、夏になれば田面にまで影を落としているに違いありません。

7m程度の樹高がありそうですが、樹種は何でしょうか?
葉がないので見分けづらいですが、枝の様子を窺うと・・・。

この枝の付き方は、ウルシ科(ヤマウルシやハゼ等)のような。
しかし、ウルシ科であれば、この時期、枝先にブドウの房状の果実がぶら下がっていても良さそうなものですが、見当たりません。
というのもの、ヤマウルシやハゼは雌雄異株で、これは雄株のようです。

そして、ヤマウルシがこんなに太く大きくなることはないためハゼでしょう。
さらに細かくはハゼには「ハゼノキ」や「ヤマハゼ」がありますが、これは冬芽に芽鱗(下写真)があることから「ハゼノキ」のようです(素人判断ですので間違っているかもしれません)。

当地では、これらのウルシ科植物を(かぶれることから)「カブレ」と呼んでいます。
近所のおばあさんから「カブレは小さいうちに切っておけ」と聞いたことがありますが、ここまで大きくなってしまいました・・・。

こんなに大きいカブレの木を伐ったことはありませんが、意を決して!?切り屑を浴びながら伐倒することにします(私自身はこれまでにハゼでかぶれたことはありません)。

根元で伐っても、蔓が隣のカシなどに絡んで倒れてきません。

更に木屑を浴びて、ようやく伐倒完了。

根元付近で二股になっていたものの結構な太さがあります(鉈の刃渡りが18cm)。

この耕作放棄地は平成の初め頃までは町内の方に耕作していただいていましたので、それ以降に大きくなったのだと思います。
ハゼがここまで大きくなるのも驚きですが、成長の速さもスゴイものです。

伐倒したまま放っておくわけにはいきませんが、玉切りや枝のばらしなどの後始末は翌週末におこなうことにします。
ひょっとするとかぶれてしまっているかもしれませんので、念のため(^_^;

<続きます>

耕作放棄地の再生(12)ハゼの木の薪

前回、隣地にせり出しているハゼの木(下写真中央の落葉樹)を伐倒しました。

<伐倒前>

<伐倒後>

このままでは夏に草刈りができず草や蔓がはびこってしまいますので、玉切りや枝をバラして片付けます(処理したものは薪ストーブなどの燃料として利用します)。

まずは玉切りから。

切り口の中心が黄色くなっていますが、ウルシ科であるハゼなどの樹木は樹心が黄色(赤身ならぬ黄身!?)という特徴があります。
黄色の樹心を確認できたことで、この樹種はやはりハゼで間違いないようです。

さらに黄色(樹心)の様子を見てようと割ってみるものの、樹心が小さい・・・。

ところで「黄色(きいろ)」という名は「木色(きいろ)」から来たのだと思いますが、実際にこのような黄色の樹木は少ないように思います。
冬に赤い実をつけるナンテンも切り口が黄色いことを思い出しますが、身近なところではこれぐらいではないでしょうか(ネットで調べると「グミ」も黄色とのこと)。

さて、ウルシ科のハゼであることがほぼ確定したわけですが、ウルシ科の樹木は薪として使えるものでしょうか?
ネット上には「ウルシは燃やした煙を吸うだけでかぶれる」との情報もあります。
まあ、ハゼはウルシほどは毒性が強くなく、また生木を燃やすわけではありませんので大丈夫だとは思いますが、念のため他の薪とは区分して保管・使用したほうがよさそうですね。

そんなことで玉切り完了。

ある程度太さのある枝も焚き付け用にするため持ち帰ります。

細い枝は草刈りの邪魔にならない程度にバラして、田面にばら撒いておきます。

これで隣地にせり出していたハゼの木の伐採が完了しました。

ところで、このブログ記事は遡って書いており、伐倒したのが3週間前、今回の記事の玉切りや枝のバラシが2週間前になります。
3週間前の伐倒後はなんともなかったのですが、玉切りや枝のバラシ作業の数日後に両手首が痒くなりました(下写真で少し赤くなっているところ)。

まさにかぶれてしまったわけで、身をもってウルシ科のハゼであることが確認できました・・・。
私は生まれてこのかた(約40年)山の中!?で育ったようなもので耐性がありますが、酷い症状になる場合がありますのでくれぐれもウルシ科の植物にはご注意を。

<続きます>

耕作放棄地の再生(13)古人の仕事

前回、隣地にせり出していたハゼの木を伐採しました。

続いて、隣地との境界部分に生えている篠竹や蔓植物などの下草を刈ります。

うっそうとしていたのが、明るくなり、風通しが良くなったように感じます。

下写真が同じ場所を2年前(冬)に撮影したものです。
隣地に迷惑をかけていましたが、これで、ある程度はましになったかもしれません。

同様に我が家の敷地側の下草も刈っていきます。

下草を刈ったところ、上写真で朱色着色部について土手が削られていることがわかりました。

以前、この近くで世古道からの進入路跡らしきもの(下写真)を見つけましたが、その進入路を設けるために土手が削られているのかもしれません。

そこで、さらに進入路跡付近に生えている篠竹も刈ります。

今度は不法投棄されたゴミ(上写真で矢印)が出てきました・・・。
耕作放棄地には不法投棄ゴミが付きものですね・・・。

篠竹を刈ると進入路跡がはっきりわかるようになりました。

先ほどの土手が削られていたのは、上写真で進入路2を設けるために加工した跡のようです。

また、この進入路の延長線上を世古道側から確認すると、進入路への出入口らしきところも見つかりました。

これらの痕跡をみると、古人はよくも人力だけでこのような土木工事をおこなったものだと感心します。
作業を終え帰宅するときに当地区のお墓の前を通るのですが、ここに眠る人たちが何十年、何百年のときをかけて地区の土地を開墾していったのだと思うと、感慨深いものがあります。

<続きます>

耕作放棄地の再生(14)お宝発見!

前回、斜面(田への進入路跡)に密生している篠竹を刈ったところ、投棄ゴミ(下写真の矢印)がいくつか出てきました。

そこで、これらのゴミを回収することにします。
まずは大物から。

タイヤにペール缶、そして米の貯蔵缶?でしょうか。

小さいものは可燃物と不燃物に分別して回収します。
ゴミを集めていると「宝」と書かれた干支?の置物を発見!

ゴミのなかに「宝」がありました(^_^)
綺麗に洗って年末まで我が家の神棚に安置させていただくことにしましょう。

世古道沿いに捨てられているゴミも集めたところ、なんやかやで軽トラ1車分です。
いつもは薪用の樹木を積んで帰っていましたが、今回はゴミの持ち帰りになります。

投棄ゴミと言えば、自宅裏の里山もそうですが、見えないだけで田舎の山間には大量のゴミが散乱している状態なのかもしれません。
もちろん田舎だけの問題ではなく、豊洲市場や森友学園用地問題の根本部分にゴミが関わっているように都会でこそ問題が大きく顕在化しつつあるように感じます。
「瑞穂の国」を記念するつもりが「ゴミの国」となり果て、若い世代の重荷になることがなければよいのですが・・・。

閑話休題。

時間的にもう少し作業ができそうですので、前回に続いて篠竹を刈っていきます。

刈り払い機が使いにくいところを手鎌で刈っていると何やら動くものが・・・。

マムシです!
今年初見参。
冬眠から覚め日向ぼっこをしていたらしく、まだ思うように身体が動かないようです(秋なら噛まれていたかもしれません)。
いずれにせよマムシが出る時期になってきましたので、今シーズンの作業はこの辺りにしておいたほうが良さそうです。

篠竹を刈ったことで、まだ邪魔をしている樹木はあるものの進入路跡を通って田へ降りことができるようになりました。

世古道沿いも写真手前側は篠竹を刈ったことでスッキリしました。
しかし、奥側はジャングル状態のまま・・・。
本来、世古道沿いは(夏場の)共同作業前に各隣接地権者が草刈りしておくというルールがありますので、来シーズンにはなんとかしたいものです。

その世古道から、これまでは見えなかった我が家の田を望めるようになりました。

もちろん田からは世古道(一部)が見えるようになりました。

<ビフォー>

<アフター>

昨年末からおこなっていた今シーズンの耕作放棄地の作業もこれで終了となります(田面の草刈りは年内に3回おこなう予定です)。
来シーズンは3シーズン目になりますが、今シーズンと同様に樹木・竹の伐採や下草刈りを継続するつもりです。

<続きます>