カテゴリー別アーカイブ: 果樹園再生

果樹園の再生(8)ビワの剪定&伐採

前回でカキの木の剪定が終わりましたので、続いてビワの木を剪定することにします。

ビワの木(下図で7番)は昭和50年代に植え付けたもので、老木が多い我が家の果樹のなかにあっては若い木(と言っても樹齢は40年近く)です。

40年で大木(樹高4m程度)になるとともに、不定期の剪定により樹冠内部で枝が密集&混乱してしまっているため、なんとかしたいと思っていました。

ところが3年前に積雪があったとき、雪の重さに耐えかねて主枝のひとつが根元付近で折れてしまいました(下写真は折れた主枝の切断・除去後)。

そして、その半年後にはさらに別の主枝(下写真で左側)が同様に根元付近で折れてしまいました。

なぜか、写真向かって左側ばかりが折れています。
さらに不思議なことに、この木(7番)の左側にもう1本、ビワの木(8番)があるのですが、こちらは右側の枝が衰弱しているのです。
おそらく、この2本の木の間に除草剤や農薬の濃いものが散布され、根が弱ったのではないかと思っています。

8番の木は、その後、枯死してしまいました。
一方、7番の木は外側に広がっていた主枝が折れて無くなったことで、樹冠の中央付近から芽生えた新しい枝(下図で黄色破線)を中心に勢いが回復しています。

樹勢が回復したため、外に広がり過ぎている主枝(上図で朱色破線)を落とすことでコンパクトに仕立て直すことにします。
ビワの開花期は冬で、現在、花が咲き終わり、結実し始めています。
このような果樹はいつ剪定するのか?と疑問に思いますが、今回のような強剪定の場合(結実のことを考えない)は春に向かって樹木の活動が活発になる今時分が良いように思います。

ということで、バッサリ剪定。

ついでに、山側からせり出してきているビワの木(自生)を伐採することにします。

さきほど剪定したビワも結構大きい(樹高4m程度)のですが、自生のものに比べると小さくみえます。

伐採完了。

ビワの木(自生)は今シーズン、3本目の伐採となりました。
自生のビワも新たなものが生えてきていますので、どんどん更新していきたいと思っています。

<続きます>

果樹園の再生(9)ミカンの植え付け

今冬にモモスモモクリの苗木を植え付けました。
これらの果樹は落葉樹ですが、3月も下旬になりましたので常緑樹の果樹を植えることにします。

常緑樹の果樹と言えばミカンです。
ミカンは昨シーズンに3本(温州、伊予柑、デコポン)植えているのですが、今シーズンさらに2本(宮川早生、デコポン)追加します。

先般、近隣で自家栽培されている方から頒けていただいたミカンが美味しく、その品種が「宮川早生」(早生の温州ミカン)でした。
その方曰く、売り物のような肌ツヤの良いものにするには消毒しないと難しいとのことでしたが、当地の気候にも適しており、自家用なら無消毒でも十分ではないかと感じ「宮川早生」を選びました。

この「宮川早生」を植える場所は下図で38番です。

昨シーズン、この近くに「伊予柑」(32番)、「デコポン」(33番)を植えています。
ミカン同士を近接させていますが、ミカンは自家結実性があるため特段このような配慮は不要かと思います。
この場所は(冬の)風下側にお隣りの住居がありますので、落葉樹を避け、常緑樹のミカンを配置しているわけです。
しかし、風上側に防風林(竹)があるとは言え、風当たりが強いためミカンにとっては余り良い環境ではないのかもしれませんね。

では、穴を掘って苗木を植え付けます。

周囲が、伐採木の枝葉をバラしたもの(来シーズンの薪ストーブ等の焚き付けに使用)で山になっています・・・。
いずれ使って無くなりますし、とりあえず苗木への日当たりに影響はないでしょう。

腐葉土(らしきもの)で埋め戻して植え付け完了。

抑草&乾燥防止を期待して、表面を枯れ葉で覆ってあります。

ところで、上写真で奥に写っているのは、昨シーズンに植えた「デコポン」ですが、葉が黄色くなっています。
実は、早くも結果し、欲どしくも収穫しようとそのまま大きくしたため、果実のほうに栄養がいったようです(既に収穫済)。
栄養補給のため、薪ストーブで生じた灰をふり撒いておくと良さそうですね。

その「デコポン」ですが、オレンジのように甘く、しかも温州みかんのように袋ごと食べられるので大好きです。
そこで、今シーズンも1本追加することにします。

植え付ける場所は下図で39番です。

クローバーが生い茂っているところに植え付け完了。

これで今シーズンの果樹の植え付けは終わりです。
結局、今シーズンはモモ、スモモ、クリ、ミカン×2の計5本の苗木を植え付けました。
一方、カキの老木を中心に4本伐採しましたので、(苗木が枯れることなく成長すれば)トータルでは1本の増となり、多少は樹種の多様化と若返りを図れたように思います。

<続きます>

果樹園の再生(10)ビワの収穫

今年3月にビワの木を大きく剪定しましたが(下写真は剪定前のもの)、そのビワの収穫時期を迎えました。

このビワの木は樹勢が弱っていたため、何年もの間、花がついて着果するものの直ぐに落果してしまい収穫できずにいました。
それが、今年は見事に収穫できるようになりました(^_^)

特に新しく生えてきた枝での実つきが良いです。

摘果や袋掛けなどの管理は一切やっていませんが、市販のものに遜色ありません。

神がかった剪定技術だと思いたいところですが、林縁部に自生しているビワもこのとおり大豊作です。単に今年はビワの生り年のようです。

ところで、自生しているいくつかのビワの木を観察すると、木によって果実の大きさやつきかたが異なっています。
下写真は上写真の木のものですが、果実の大きさは栽培品種の半分程度です。

その隣の木のものはさらに小さいですが、ブドウの房状にたくさんの果実がついています。

それぞれの果実の大きさを比較すると下写真のとおりです(右が栽培品種のもの)。

自生(実生)のものなんてダメダメだと思っていましが、一定の果肉はあり、これはこれでジュースなどの材料として使えそうです(ジュース用にバケツ一杯収穫しました)。

ところで、栽培品種に対して山に自生しているものを「山ビワ」と呼ぶものと思っていましたが、これは誤りで「ヤマビワ」(葉の形がビワに似ていて、果実は食せない)という種が別にあることを最近知りました・・・。
これまでのブログ記事でも自生のものを「ヤマビワ」と書いていますが、恥ずかしながら間違いです。

実生と言えば、デコポン(ミカンの品種のひとつ)の種子をポットに播いておいたところ先ごろ発芽しました。
野菜用のポットでは窮屈でしょうから畑に移植してあげます。

実生だと何が出てくるのか分からないという博打に似た楽しみがあっていいかも(それとも台木にする)!?

その点、接木苗は確実です。
昨年植えたモモは早くも10個の実をつけています(まさに桃栗三年です)。

摘果するのがセオリーですが、欲張りなので10個の収穫を目指します(^_^)

<続きます>

果樹園の再生(11)モモの収穫

モモの苗木を昨年、今年と1本ずつ植えていますが、昨年に植えたもの(品種:大玉白鳳)は早くもたくさんの花や実をつけました。

<4月中旬:開花>

<6月初旬:結実>

そして果実が紅く熟し、いよいよ収穫時期になりました(^_^)

10個結実したのですが、大きくなる前に自然落下するものなどがあり(自然の摘果?)、最終的には7個が残りました。

小ぶりですが、色艶とも文句なしです。

実際に食べてみると「甘〜い^_^」
売っているものに勝るとも劣らずの甘さです。

モモの木を植えたものの、実際には余り期待しておらず、桃花を楽しめたら良いぐらいにしか思っていませんでしたので驚きと嬉しさで一杯です。
しかも、無肥料・無農薬です。
土地が肥えておらず、野菜だと(無肥料では)豆科のものぐらいしか満足にできないことを思うと本当に驚きです。
1枚目写真で桃花がカラスノエンドウ(豆科)のなかで咲いているように、案外、雑草によるアシスト(緑肥)があるのかもしれませんね。

このモモと同時期に植えたクリ(品種:ポロタン)も結実し始めました。

まさに「桃栗三年」ですね。

ナシも元気よく育っていますが、こちらはもうしばらく時間がかかるようです。

<続きます>

果樹園の再生(12)クリの収穫

一昨年の冬から果樹の苗木を自宅敷地内に植えています。
その内のひとつであるクリ(品種名:ポロタン)が早くも実をつけ、収穫できるようになりました。

同時期に植えたモモも既に収穫できていますので、本当に「桃栗三年」です。

とは言え、まだまだ小さい木ですので収穫できたのは4個のみ(モモは7個でした)。

1枚目の写真に写っているナシも同時期に植えたものですが、こちらはまだ花も実もつけていません。
しかし、元気良く成長しており、期待できそうな感じです。
つい最近のことですが、当地(我が家から3km程の距離)でナシを生産・直売されているところがあることを知りました。
苗木を植え付けたときは当地でナシの栽培は難しいのではないかと思っていたのですが、意外にも当地の気候や地質に合っているのかもしれません。
そんなことで、今冬はナシの苗木を更に植え付けたいと思っています。

一方、樹齢40年近くのビワは、先日の台風で主枝の一つが根元から折れてしまいました。

このビワは数年前から台風や積雪がある度に主枝が折れ続けているため、昨冬、コンパクトに仕立て直しました(下写真で朱色点線から黄色点線に)。

それでも側方に広がる主枝は暴風には耐えられなかったようです。

折れた主枝は、今シーズン初稼働のチェーンソーを使って片付けます。

薪、焚き付け、畑のマルチ材として余すことなく利用します。

側方に広がる主枝がほぼ無くなり、主幹が直立するスッキリとした樹形(自然形に近い)になりました。

果樹は開心形(主枝が側方に広がる)で仕立てることがほとんどですが、人為的なものですので、どうしても無理がかかっているのかもしれません。

このビワの根元では野草化しているダイコンが既に大きくなっています。

樹木の下で野菜は育たないように感じますが、案外、野菜も雑草並み(以上?)に強いものなのかもしれませんね。

<続きます>

果樹園の再生(13)ミカンの防寒対策

冬の寒さ本番で底冷えする日が続いています。
この寒さに、温暖地が原産のミカン(常緑樹)は葉を丸めて凌いでいるようです。

上写真のミカンは2年前に苗木を植え付けたものですが、ほとんど大きくなっておらず、夏でも葉が少なく今ひとつ元気がない状況です。
同じ時期に植え付けた梨や桃、栗などの落葉樹は既に身長を超える程に成長しているに比べると、何か悪いのではないかと思わざるをえません。

このミカンは下図で32番(伊予柑)に位置し、風上に防風林があるとは言え、冬は西風(季節風)に晒されます(風下に隣家があるため、常緑の蜜柑を配置)。

冷たい西風に晒されるのがマズイのではないかとも思い、風が当たらない場所へ植え替えることも考えていました。
しかし、近くで美味しいミカンを作ってみえる方に話しを伺ったところ、自分のところも西風に晒されているが全く問題ないとのこと。
風よりも、特に苗木のうちは寒さに弱いため(葉から分泌する油分が少ない)、冬の間だけコモで囲うなどして防寒対策を講じてはどうか、との助言をいただきました。

コモならちょうど門松に使っている藁コモがあります。

松の内(1/15)が明けるのを待って、門松を解体、そしてコモを蜜柑の防寒対策に使うことにします(鉢の中の山砂は春になってから芝生の目土に使う予定)。

まずはコモを掛ける支柱を竹で組みます。

そこに藁コモを掛けて完成です。

コモの掛け方までは教えてもらわなかったのですが、頂部を少し出して日差しを受けられるようにしています。
また、写真では分かりづらいですが、根元には枯れ葉類を布団状に積み重ねてあります。

この場所にはミカンの木が3本のありますので、同様にコモを掛けておきます。

下写真は少し離れたところにあるミカン(温州、位置図で31番)です。

先のものに比べると大きく成長していますので、品種や土壌の状態によっても成長具合が違ってくるようです。

こちらも同様に防寒対策。

少し成長しているだけあって下枝が広がっていますので、一部の枝がコモからはみ出しています。

下写真はさらに違う場所のミカン(デコポン、位置図で39番)です。
昨年に植えたものにも関わらず、ミカンではこれが一番元気が良いです。
やはり場所の違いが大きいようです。

ところで上写真で朱色矢印で示す幼木はスギです。
スギは常緑樹ですので、枯れて茶色くなっているように見えます。
しかし、実際には枯れておらず春になれば青々としてきます。
冬の間は光合成を休んでいるようです。
スギもミカンと同じように幼木のうちは寒さに弱いのかもしれませんね。

<続きます>

果樹園の再生(14)ナシの植え付け

2年前から、この時期に果樹の苗木を植え付けていますが、今シーズンも1、2本植えたいと考えています。
その候補として考えているのがナシです。

ナシは好物と言うこともあって2年前に2本植えたのですが、その時は当地での栽培は難しいのでないかと余り期待していませんでした。
ところが2本とも旺盛に成長し、既に身長を超える高さになっています。


(写真は昨年7月時点)

後になって知ったことですが、実は自宅から車で10分ほどのところに梨園があることからも、どうやらナシの生育に適しているようなのです。
土地や気候にあってさえいれば放任栽培も可能でしょうから、ナシをさらに植えることにします。

苗木を植え付ける場所は下図で40番の位置にします。

以前ここにはビワの木があったのですが、一昨年、枯死してしまいました(隣のビワの木も一時期弱っていたのですが、こちらは復活しました)。
枯死後、何かを植えようと思っていたのですが、隣接する里山に大木があったため、植える前に伐採しておいたほうが良いと考えて昨冬に伐採しました。

と言うことで、いよいよ苗木を植え付けることができます。
植え付ける場所は上写真で少し山状に高くなっているところです。
ホームセンターで買ってきた苗木を穴を掘って植え付けます。

何の工夫もしていませんが、余り深植えしないようにだけ気をつけています(接木苗ですので、少なくとも接木箇所は地上部に)。

落葉樹で休眠中とは言えども寒い時期ですので、根元に枯れ草をかけておいてあげます(夏草防止の目的も)。

ちなみに上写真で左側に写っているのは立木ではなく、昨年伐採した木を焚き付け用にバラして積んであるものです。

<続きます>