果樹園再生」カテゴリーアーカイブ

果樹園の再生(22)スモモ&キンカンの植え付け

先日、畑の通路をゴロタ石と竹の枝葉を使って整備しました。

この通路沿いにはモモやスモモの木があります。
果実はもちろんのこと、花も楽しめるようにと3〜2年前に苗木を植え付けました。
モモもスモモも旺盛に成長し、モモは既に収穫できるようになっています。

(昨年6月末)

一方のスモモは木が大きくなるばかりで結実しません・・・。
スモモの木は1本しかありませんが、少し離れたところにスモモと同じバラ科サクラ属のウメの木があります。
その花粉と受粉することを期待していたのですが、開花期も異なり、そうはうまくいかないようです。
やはり、もう1本は必要なようですので、近くに異なる品種のスモモの苗木を植え付けることにします。
既存の木の品種は「貴陽」で、桃のような大玉がなる一方、そもそも結実しにくいそうです。
そこで、次はオーソドックスな品種の「大石早生」にし、ホームセンターで苗木を購入。
「貴陽」の隣接箇所に植え付けます。

果樹が増えて畑か果樹園か分からなくなりそうですが、春には果樹や野菜の花が咲き乱れて桃源郷のようになることでしょう!?

3年前から他の場所にも果樹を植えており、下写真は里山に隣接する箇所の様子です。

順調に成長していますが、ミカンだけは調子が良くありませんでした。
土地に合っていないのではないかと1年前に下写真の場所に移植したところ、今度は土地に合ったようで復活してきました(移植したのは「宮川早生」と「伊予柑」。最初からここに植えた「デコポン」は大きく成長しています)。

上写真で奥側にあるユズの木との間(朱色丸印)にもう1本植えられるスペースがあります。
ミカン科のもので何か良いものがないかと考えていると、母がミカンのように大きな実がつくキンカン(ミカン科キンカン属)が欲しいと言います。
スモモで大玉の品種を選んで結実せずに後悔しているところですが、これに懲りず「大実金柑」の苗木を購入。
穴を掘って植え付けます(継き木箇所が埋まらないように注意)。

こうして果樹を植えることで、カキばかりだった自宅敷地内の果樹がバリエーションに富むようになりました。

先日、我が家で生まれ育った叔母と話しをする機会があり、叔母の幼少時(昭和20年代)にはカキだけでなくナシやブドウ、ミカンなど様々な種類の果樹があり、果物に困ることはなかったと聞きました。
確かに、数年前に主屋(古民家)の片付けをしていた際、屋根裏から果樹の苗木のカタログや栽培に関するテキストが出てきましたので、叔母の父(私の祖父)がマメに手を入れて栽培していたようです。
しかし、祖父が早くに亡くなって手が入らなくなると、実らないようになり、そのうちに樹自体も枯れて無くなっていったそうです。
手を入れて栽培すれば立派な果実が期待できる一方、庭木と同じように途中から放任すると混乱してしまうのでしょう。
このため、新たに植えた果樹(里山側にあるもの)は基本的に剪定を行わず、自然のままに木を大きくするつもりです。

果樹園の再生(21)ミカンの移植(実生木&接ぎ木)

前回、モモなどを接ぎ木する際の台木にしたいと考えてウメの種を播きました。

同じようにミカンの台木とするため、今春(4月初頭)にはユズの種を播きました

このユズはその後発芽して現在、下写真の状態にまで成長しています。

このポットは野菜用の小さなものですので、より大きい竹製ポットに移植することにします。

ところで、接ぎ木してまでミカンの苗木を作ろうとしているのは、一昨年と昨年に植え付けたミカンの成長が芳しくないためです。
幼苗時のミカンは寒さに弱いとのことで、咋冬は藁コモで囲って防寒対策を講じました。
その甲斐もあって今春にはたくさんの若葉が出たのですが、それも束の間、すぐに虫に喰われてしまいました。
そして、遂には最も弱っていたものが枯れてしまいました・・・。

この枯死したミカンは下図で33番のデコポンになります。

ここは風下(冬季)に隣家があるため、落ち葉のことを考慮して常緑樹のミカンを3本配置してあります。
枯死したもの以外の2本についても、やはり樹勢が弱くて若葉が虫に喰われている状態です。

実は一昨年にミカンの苗木を植え付けた直後から、同時期に植え付けた落葉果樹に比べて樹勢が弱いことを感じていました。
このため、昨年は違う場所(上図で39番)にもミカンを植え付けてみました。
そして1年経過後の現在、39番のミカンは樹勢が強く、既に一昨年に植え付けたものより大きく成長しているのです。

若葉もたくさん出て、しかも全く虫に喰われていません。

このことから、枯死したミカンがあったところはミカンの生育に適していないに違いありません。
そこで、辛うじて生き残っている2本(上図で32番、38番)を、梅雨が明ける前に39番の近くに移植することにします。
配置は下図のとおりとし、西側(左側)からデコポン(39番、H29)、伊予柑(32番、H28)、宮川早生(38番H29)の並びになります。

まずは伊予柑を移植。

移植した伊予柑は若葉が虫に食われてほとんど無い状態です。
木の大きさも一昨年の植え付け当初からほとんど変わっています。
今回の移植により樹勢を回復してくれるのを祈るばかりです。

続いて宮川早生を移植。

ちなみに上写真に写っている白いボール玉のようなものはニンニク(野草化)の花です。

宮川早生の根元からはトゲのある枝が伸びています。

このトゲのある枝はカラタチですので、やはりミカンの台木にはカラタチが使われているようです(昔はユズやナツミカン)。
このままではカラタチの木になってしまいますので、挿し穂側(宮川早生)に栄養が行くようにヒコバエを切除しておきます。

今回のことで、同じ敷地内であっても適地・不適地がありえることを痛感しました。
ちなみに、枯死したミカン(下写真で朱色矢印)があったところの近くに今春、サトイモを移植したのですが、ミカンとは対照的にすこぶる調子が良いのです。

また、付近には雑草のミゾソバが生えてきていることからも、ミカンにとっては水分過多の土壌だったようです。
直下流に馬小屋跡があり、その土間コンが排水を阻害しているようにも思えますが、これを逆手にとって湿潤なところを好む?イチジクを植えてみると良いかもしれませんね。

果樹園の再生(20)モモの収穫とウメの採種<バラ科>

今年の4月初旬、モモの木(2年前の冬に植え付け)は下写真のとおり満開になっていました。

その後、結実(下写真は5月中旬撮影)。

木はまだ小さいにも関わらず、たくさんの実をつけていました。

摘果などの管理は一切行わずに放置したところ、自然による摘果が行われ、残ったものが大きく成長するとともに熟してきました。

昨年に収穫したものと比べると、木が大きくなった分、果実も大きなものができています。

少し早いかもしれませんが、待ちきれず収穫することにします。
1本の木から下写真の量を収穫。

冷蔵庫で冷やして食べみると、まさに桃と言う感じで美味しかったです(^^)
自然農に倣って無肥料・無農薬・無除草・無剪定としていますが、自家用にする分には十二分のレベルです。
モモは土地に合っているのかもしれませんので、木を増やして鳥などの動物にも果実を残してあげられるぐらいにしたいものです。

ところで、モモはバラ科(モモ属)の落葉樹です。
同じバラ科のウメ(サクラ属)も今年は生り年だったようでたくさん収穫できました(梅ジュースに使用)。
たくさん収穫できたこともあり、2本ある木のうちの1本については収穫せずに小動物の餌用に残してあげました(実際には手が回らなかっただけですが・・・)。
このため、熟したものが地面にたくさん落ちてきています。

モモもウメも同じバラ科の樹木ですので、このウメの種を実生させればモモの台木にすることができるかもしれません。
そこで、熟したものを拾ってきて採種することにします。

果肉を取り除いたうえ乾燥・保管し、来春に播種することにします。

ところで今年4月に採種・播種したユズ(ミカンの台木用)がひと月ぐらい前に発芽し大きくなってきています。

これならウメの種も今から播いても大丈夫かもしれません。
そこで、一部の種を育苗ポットに播いておきます。

収穫までの道のりは長そうですが、慌てず気長にいくことにします。

<続きます>