カテゴリー別アーカイブ: 果樹園再生

果樹園の再生(1)モモの植え付け

我が家の敷地には多くの果樹が植えられています。
(下図は果樹について取りまとめたものです。)

fruits_location

しかし、ほとんどは柿で、しかも老木(樹齢不明ですが少なくとも70年超)です。
昔はいろんな果樹があったと聞きますが、柿以外のものは寿命を迎え、寿命の長い柿だけが残っているようです。

老木で実つきが悪いものを更新するとともに樹種を増やしていきたいと思い、昨冬から新たに果樹を植えています。

昨冬は、栗、梨、桃、みかんで計7本の苗木を植え付けました(下写真は栗)。

IMG_2743

苗木は植木屋やホームセンターで購入したもの(ポットに入っているもので、接木の2年生)です。
梨の1本が少し元気がないときがありましたが、今のところ全て枯れずに育っています。

特に桃(品種は「大玉白鳳」)は、昨春に花が咲いたのち結実し、初夏には早くも小さいながら1つ収穫することができました(^_^)

IMG_3410

「桃栗三年柿八年」と言うだけあり、さすが早く実るものですね!

IMG_3574

小さいながらも、食べると水々しくとても甘かったです(^_^)

この桃の木はその後も元気に育っていることからも、当地の気候や土壌は意外と桃に合っているのかもしれません。

昨年は「白鳳」という品種の桃を1本植え付けのですが、桃は異なる品種を混植すると結実しやすいと言われています。
そこで今回、隣接して「白桃」の苗木を植え付けることにします。

ホームセンターで「白桃」の苗木(800円程度)を買ってきました。

IMG_5008

穴を掘り、ポットから取り出した苗の根を優しくほぐして植え付けます。
堆肥(3年ほど前に屋外に積んでおいた古いムシロが腐熟したもの)があったので、それを土に混ぜて埋め戻せば完了です。

IMG_5009

桃花に春を感じ
初夏に甘い桃を頂き
秋の落葉が畑を肥やしてくれます。
老木になってさえも、伐って薪として暖を与えてくれることでしょう。

<続きます>

果樹園の再生(2)スモモの植え付け

前回、モモの苗木を植え付けました。

モモは初春に咲く花も楽しめますので、畑の通路(?)に沿わせて植えました。

この通路沿いには、もう1本植えることができます。
そこで、モモと同じように花も楽しめるものとしてスモモを思いつき、ホームセンターで苗木を買ってきました。

スモモにも様々な品種があるようですが、購入したものはホームセンターに唯一あった「貴陽」という品種です。
「貴陽」は、スモモの代表的な品種「太陽」から交雑実生で生まれたもので、果実はモモほどの大玉になるとのことです。
スモモは自家結実性がありませんので、本来であれば異なる品種のものをもう1本を植える必要があります。
しかし、「スモモモ/モモモ/モモノウチ」と言う早口言葉があるようにスモモもモモと同じ系統だろうと、とりあえずはモモの花粉に期待することにします(^_^)

ということで、モモの隣に植え付けます。

ところで、早口言葉のとおりスモモもモモも同じ「バラ科」の樹木ですが、さらに詳しくはモモが「モモ属」なのに対して、スモモは「サクラ属」になります。
モモよりも同じサクラ属のウメやアンズに近い系統ということになりますね。

そのウメですが、早くも春の気配を感じ開花してきました。

上写真ですが、ちょうどこの時、iPhoneのタッチパネルの感度が悪く、肝心の花にピントを合わすことができませんでした・・・

このウメの木は数年前まではほとんど花が咲かず、実がつくこともありませんでした。
老木だからと諦めていたのですが、2年前から結実するようになり、昨年はたくさんの実を収穫できました(下写真は別の木ですが、このような感じです)。

結実しなかったのは剪定時に枝先を切り詰め、花芽を落としてしまっていたのだと思います。

まだ今シーズンの剪定をおこなっていませんでしたので、剪定することにします。
枝先を切り詰めるのは最小限にし、徒長枝(下写真で矢印)や交差枝を中心に根元から切り取っていきます。

しかし、花が咲くなか剪定とは情けないですね・・・
それでも、今時分になると既に花の蕾が膨らんでいますので、葉芽と間違って花芽を落としてしまうことがないので良いかもしれません(言い訳です)。

剪定後の写真です。

良い感じに剪定できたはずなのですが、写真でみると背後のカキの木などと合わさってよく分かりませんね。

カキもこの冬の間に剪定しておきたいものです。

<続きます>

果樹園の再生(3)カキの剪定

前回、ウメの木の剪定をおこないました。

果樹に多い落葉樹は、今の時期は葉が落ちて剪定しやすいこともあり、剪定の適期とされているものが多いです。
ということで、ウメに続き、カキの木も剪定することにします。

カキの木は敷地内に16本もあります(これでも昨年までの伐採により4本減っています)。
そのうち下図で14番のものはご近所に隣接しているため、昨秋の落葉前に既に剪定を終えています。
従って、剪定対象は15本になります。

ところで、カキは隔年結果しやすいとされていますが、我が家のカキは特に隔年結果が顕著で、表年には枝が折れるほど実る一方、裏年にはたった一つも収穫できないということがあります。
この隔年結果を抑えたいと思い、裏年の昨年は一切の剪定をおこなわなかったところ、多少は収穫することができました。
そして、今年は表年となりますので、成らせすぎないようにするため逆に剪定が有効になります。
さらに、枝の交差など樹形が乱れていますので、強い剪定をおこなうことで樹形を整えたいと思っています。
とは言え、16本全てをおこなうのは時間的に無理そうですので数年計画でおこなうつもりです。

まずは、上図で21番、22番を剪定します。
公衆道路に面していますので、収穫云々よりも道路に出てしまわないように樹形がコンパクトに収まることを第一目標とします。

下写真が21番のカキの木です。

赤・青・緑色の線で示すとおり太い枝が複雑に交差しています。
自然状態では余程のことがない限りこのようなことにはなりませんので、人為が木を混乱させてしまっているのでしょう。
荒治療ですが、交差している太い枝を落とすことにします。

また、全体的に外側に広がり過ぎており、上図で黄色の点線内に収めたいところです。
しかし、先のウメの木と同じように切り詰めると結実しませんので、特に広がっているものだけを根元から切り落とすことにします。

剪定完了(下写真で左側の木です)。

続いて、上写真で右側の木(22番)も同様に剪定します。

2本の剪定で発生した剪定枝です。

これらの剪定枝は、来シーズンの薪ストーブの焚き付けとして使うことにします。
カキの木は野ざらしにしておくと、コケ状のものが生えたり、腐りやすいように感じています。
細枝は野ざらしにしておくとしても、太いほう(上写真で左側)は屋根のあるところに保管しておこうと思います。

<続きます>

果樹園の再生(4)カキの剪定

前回、敷地内に16本あるカキの木の剪定を始めました。

前回は、上図で21、22番の2本を剪定しました。
今回は、15、17、18番の3本を剪定することにします(16番は3年前の伐採により欠番)。

下写真が現況です。

17番の上空にはケーブルテレビの引込線があり、このままだと今年中には接触しそうな感じです。

ところで、これらの柿の木は当地で「リョウノタマ」と呼んでいる種類の柿です。
甘柿ではなく、ほとんど食べることもないため、4年前の冬に亡き父が丸坊主に剪定しました(下写真は丸坊主にしてから1年後の状況です。強剪定により樹勢が弱ったのか、幹に苔がたくさんついています)。

一時は根元から伐倒することも考えたのですが、柿渋の仕込みに使えることがわかりましたので、再度、結実するように仕立て直したいと思っています。

4年前の強剪定後はごく弱い剪定をおこなうに留めました。
ほぼ自然に伸びるに任せた結果が先の写真です。
枝の混乱は少なく、上部の樹形が綺麗な半球を描いています。

このまま自然に任せたいところですが、これ以上樹高が高くなるとケーブルテレビ(架空線)の支障になりますし、収穫もしづらくなります。
このため次のとおり剪定することにします。

  • 上方に伸びる勢いのある枝を切り詰め、樹高を抑える(目処にする樹高は収穫時に10尺の脚立を使うとし、3m+1m=4m程度)。
  • 側方に伸びる枝は交差しているものを中心に間引く。
  • 側方に伸びる枝で残すものについては、結果させるために切り詰めない。

上記により剪定。

今後については、樹高はこれで抑え、スペース的には余裕があるため側方の枝を充実させていきたいと思っています。

続いて、1〜5番のカキの木(下写真)を剪定する予定です。

ところで、上写真には写っていませんが、この付近に古井戸があります。
以前から気になっていたことから現状を調べました。
テーマ(カテゴリー)が変わりますので、次のブログ記事に記載したいと思います。

<続きます>

果樹園の再生(5)カキの木の伐採

先日来、自宅敷地内に16本あるカキの木の剪定をおこなっています。

下図で1〜5番の木は、自宅裏に位置していることもあり、長く放任状態で枝が混乱し、樹形が崩れてしまっています。

この場所は昔は隣家の土地でしたが、昭和初期に町に移住されたため、祖父がカキなどの果樹を植えたようです。
このため、これらのカキの木の樹齢は少なくとも70年以上になります。
ただ、カキの木の寿命は200年、あるいは300年とも言われますので、人間で言えばまだ30代ぐらいなのかもしれません。
現に我が家のカキの木のなかでは若手の部類です。

さて、下写真は5番の木になりますが、枝が千手観音様の手のように伸びて、その手どうしが絡まっているような有様です。

3年前、お隣の方と「一度、大きく剪定すると良くなるのではないか」と話したことを覚えていますが、ついつい後回しになり、ようやくの剪定です。

太い枝も混乱しているものは思い切って根元から切り落とし、剪定完了(下写真で左側、5番の木)。

あまりにも強く剪定すると樹勢が落ちるかもしれませんし、先祖返りして渋柿になってしまうと聞いたことがあります。
今シーズンはこれが限界かもしれません。

枝をバラして、薪用と焚き付け用に分けます。

1本の木(5番)で、これだけの剪定枝が発生しました。
剪定よりも後片付けのほうが手間がかかりますが、薪ストーブの焚き付けになると思えば朝飯前です(^_^)

ところで、上写真の太い枝にはコケ状のものがたくさん付いています。
カキは元々こうしたものが付きやすい木ですが、樹勢が落ちると特に付きやすいようです。
今回の強剪定がカンフル剤になって元気になってくれると良いのですが。

ちなみに灰色のものは、ウメの古木などでよく見られる「ウメノキゴケ」です。
ウメノキゴケは大気汚染地域では発生しないと言われていますので、当地の空気はまだ大丈夫ということでしょうか。

引き続き、同様に2、3、4番の木を剪定。

もっとも山側にある1番の木(下写真で中央)については、枝が高位(3m以上)にしかないことから伐採することにします(人間だと、まだこれからの30代なのかもしれませんが・・・)。

伐倒完了。

近くのヤブツバキも畑側にせり出していますので、この際、伐採することにします。

樹高6〜7m、根元の直径20cm程度です(下写真中央)。

伐倒完了。

それほど大きくない木でも1本伐るだけで相当な量の枝葉や幹が発生するものです。
その処理に手間はかかるものの、薪ストーブのお陰で樹木の伐採・更新が進みます(^_^)

陰気だった山側の様子も明るくなってきました。

下写真が同じ場所(撮影の方向は異なります)で2年前にカシの木を伐採する前に撮影したものになります。

<続きます>

果樹園の再生(6)クリの植え付け

前回、カキの木(下図で1番)を伐採しました。

その近くには、昨年、苗木を植えたクリの木があります(上図で26番)。
クリの品種は、果樹園を経営している叔父が良いと言っていた「ぽろたん」というもので、その苗木を1本だけ植え付けました(下写真)。
ちなみに「ぽろたん」は近年の品種で、鬼皮とともに渋皮が「ぽろっ」と剥けるそうです。

結実をよくするためには1本だけではなく異なる品種のものを複数植えると良いのですが、ちょうどお隣の方の畑にクリの木があるため、その花粉に期待したのです・・・
しかし、さすがに他人任せというのも横着ですので、伐採したカキの木の後にクリをもう1本植えることにします。

剪定枝や伐採した木の片付けがまだ終わっていない状態ですが・・・
クリを含む落葉樹の植え付け時期は待ってくれませんし、片付けは追い追いおこなうことにします。
ちなみに、ミカンなどの常緑樹の植え付け時期は少し遅く、新芽がでる前の3月頃が適期とされています。

苗木はホームセンターで購入した「銀寄」です。

腐葉土(らしきもの)で埋め戻して植え付け完了。

落葉樹については、今シーズンの苗木の植え付けはこれで終了です(モモ、スモモ、クリの計3本)。
常緑樹については、3月になってからミカン(品種は「宮川早生」?)を2本程度植えようと思っています。

ところで、果樹の栽培に関して私は全くの素人です。
剪定や苗木の植え付けについて、全く見当違いのことをしているかもしれませんのでご了解ください。
大学生のとき、いずれは自宅敷地内に果樹園(自家消費用)を設けたいと思い「果樹園芸学」の単位を取得したものの、恥ずかしながら何一つ身についていません・・・

<続きます>

果樹園の再生(7)ウメ満開

1月下旬、ウメの花が咲き始めるなか剪定をおこないました。


(手前の木が剪定したウメの木ですが、背後のカキの木などと合わさってよく分かりません・・・)

そのウメの木が満開となりました。

以前は片隅にわずかの花しかつけなかったのですが、一昨年から花の量が増え、今年は全体に咲くようになりました。
剪定時に枝先の切り詰めをほとんどしていないのですが、それが良いようです。
この様子だとウメの実もたくさん収穫できそうです(^_^)

カキの木の剪定もおこなっているところですが、16本のうち残すところ3本(下図で8、9、10番)です。

下写真は上図で8番の木です。

(ビフォー)

この木は、亡き父が4年前に丸坊主に剪定しました。
その後は弱い剪定に止めていましたが、勢いが戻っているようですので枝の間引きを中心に剪定します。

(アフター)

続いて、9、10番の木です。

9番のカキは品種名は分からないのですが、果実は小粒です。
豆柿ほどは小さくないのですが、豆柿と同様に渋が強く柿渋用なのかもしれません。

枝が高いところにしかなく収穫しづらいため、例年ほとんど収穫することはありません。
また、近くにあるスギを来年以降に順次伐採する予定で、その際、上写真で手前側に伐倒する考えですが、このカキの木が支障になります。
このため、この機会に9番の木を伐採することにします。

伐倒&玉切り完了。

老木なので切り株から萌芽するかどうかわかりませんが、萌芽すれば更新させようと思っています。
先祖帰りで渋が強くなっても、柿渋用としては最適です!
しかし、萌芽更新の場合でも結実まで8年かかるのでしょうかね。

続いて、10番の木を剪定し、カキの木の剪定完了!

今シーズンに全てできるだろうか?と思っていましたが、「案ずるより産むが易し」でした。

今シーズン2本の木を伐採したことによりカキの木の本数は14本となりました。
もっとも多いときは21本ありましたので、そのときの2/3になったことになります。
それでも自家用としては十分過ぎますので、来シーズン以降も他の果樹への更新を図っていきたいと思っています。

<続きます>