薪ストーブの導入(63)窓ガラスの結露対策

一年で最も寒い時期を迎え、薪ストーブがフル稼働しています。

薪ストーブのお陰で、20畳の広さがあるLDKも暖かく過ごせるようになっています。
ただ、室内の温度が高くなれば、当然、屋外との温度差が大きくなり、結露が生じやすくなります。
壁や天井、床は断熱材等によって結露が抑えられているはずですが、窓ガラスの一部が結露するため、どうにかしたいと思っています。
結露するのは、システムキッチン前方の窓ガラスです。
お湯を使うことと、この窓は20年ほど前にリフォームした際に設置したアルミサッシで、シングルガラスのため結露しやすいようです。
根本的な対策としてはペアガラスに取り替えれば結露しにくくなるものの、今のアルミサッシもまだ状態が良くて取り替えるのは勿体ない感じです。
と言うことで、ホームセンター等で市販されている「窓ガラス用断熱シート」を貼って簡易的に結露対策を講じることに。
断熱シートをガラスのサイズにあわせてカットし、ガラスを水で濡らして貼り付けるだけです。

断熱シートは透明度の高い、少しだけ高価なもの(1,820×910mm:1,000円程度)を選びましたが、屋外はほとんど見えなくなりました。

断熱シートを貼ってみるとガラス部分での結露は生じなくなりました。
サッシ(金属)部分は依然結露するものの、量が少なく、溜まった水はサッシのレールを通じて屋外に排出されるため問題はないでしょう。

意外と効果があることが分かったことから、もう1箇所、断熱シートを取り付けることにします。
その窓ガラスがある場所は脱衣室です。
脱衣室も暖房により室温が高くなるうえ、風呂から出たあとの水蒸気により先のキッチンよりも結露しやすいです。
ただ、キッチンと違って脱衣室のガラスは型板ガラスで透明度を求めないため百均の安価な断熱シート(910×910mm:100円。プチプチの片面に糊を付けただけ?)で十分でしょう。
キッチンと同様にガラスのサイズでカットして貼り付け。

断熱シートを貼ったことで、結露はほとんど気にならない程度になりました。
また、冷たい印象のあるガラスが断熱シートで覆われることで、見た目に暖かく感じます(実際にも室内の熱は窓で最も奪われるため、断熱シートの効果はあるのだと思います。)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。