アンティークな照明器具を設置

倉庫に電気を引き込みたいと考えており、その材料を確保するため、前回、主屋のスイッチ&コンセントを更新しました(古いものを倉庫で再利用する考え)。

前回のブログ記事には載せていませんでしたが、下写真のとおり新しいコンセントから食洗機やファンヒーターの電源をとっています。

ちなみにファンヒーターはキッチンの足元用で、下写真のようなキャスター付きの台を作って移動させやすいようにしてあります(火災につながる可能性が無きにしも非ずでお勧めはしません)。

さて、倉庫用にスイッチやコンセントを確保できたものの、ほかにケーブルや照明器具も必要になります。
ケーブルは100m巻で買ってあるものを使うとして問題は照明器具です。
新たに購入するとしても、見た目は問わないため、先のスイッチやコンセントと同様、主屋のものを更新し、古いものを倉庫で再利用することにします。

更新したいと考えている主屋(古民家)の照明器具は玄関に隣接する四畳間(下写真)に使われている照明器具です。

昭和時代に流行した和風のプラスチック製シェードのもの。
プラスチック製のものは時の経過とともに化けの皮が剥がれてしまうのか、流行遅れだけでなく安っぽく感じます。
古民家に合う照明器具として、大正モダンを感じさせるガラス製のものが良いと思っているのですが、こうしたものはオークションサイトなどでも人気があり、指をくわえて見るだけ・・・。
そうしたなか、送料+α程度の価格で下写真のものが出品されているのを見つけて購入しました。

シェードはガラス製ですが、もちろん大正時代のものではありません。
東芝製のもので、下写真の傘マークのロゴが使われていることからも昭和の終わり頃に製造販売されたものではないかと思います。

ソケット(E26)や引掛シーリング(角型キャップ)は現行規格のもので、そのままLED電球を使えるところが決め手になりました。

ただ、問題は今ついている照明が器具付属のプルスイッチ(キャノピースイッチ)で点滅させるのに対し、これは壁スイッチで操作するタイプです。
新たに壁スイッチを設けるのは手間がかかるし、どうしたものかと思っていると、玄関の埋込みスイッチのなかに使っていないもの(下写真で「廊下」)があることに気づきました。

玄関とLDKの間に廊下のようなもの(延長1.8m)があり、その天井にダウンライト(下写真で朱色矢印)があるのですが、未だかつて使ったことがありません。

そこで、このダウンライトを廃止し、今回更新する照明器具のスイッチに転用することにします(壁が土壁でケーブルが埋め込まれているため、ケーブルやスイッチの増設は現実的には不可能)。

配線を確認すると下図のとおりです。

ダウンライトの配線と切り替えますが、四畳間の照明の電源は別の系統(下写真で黄色線)から来ています。
そこで、下写真で黄色・太線のケーブルを撤去し、それに代わって朱色・太線のケーブルを敷設します。

朱色線の系統は20年ほど前のリフォームにおいて施設されたものですが(黄色線の系統は5年前の改修工事)、ジョイントボックス(上写真で朱色丸印)が床上にあります。
なぜこんな邪魔になる場所にあるかと言うと、当時、この厨子二階は柴などが満載状態で、ここにしかジョイントボックスを設置できなかったのだと思います。

いずれはジョイントボックスの位置もきちんとした場所に移したいと思っていますが、とりあえず今回はダウンライトのケーブルと切り替えるだけにします。

スイッチを点滅させると、問題なく四畳間の照明が点灯・消灯します。

これらのスイッチも20年ほど前に設置した古いタイプ(上写真:パナソニック フルカラーシリーズ)のものですので、この機会に新しいもの(下写真:パナソニック コスモワイドシリーズ)に更新することにします。

スイッチは3個(四畳間。玄関内。玄関外)あり、いずれも片切りスイッチです。
ただ、玄関外の照明用のものは遅れ消灯機能付きのものにしました(普通のスイッチ:約150円が20個買える価格設定です・・・)。
玄関外の照明については、夜に来客者が帰られる際、足元を明るくするため、しばらく点けた状態にしていますが、消し忘れてしまうことがあります。
この遅れ消灯機能付きのスイッチを使えば、OFF操作を行った後、一定時間(30秒〜5分の間で設定)経過で自動消灯するようになります(風呂やトイレの換気扇と同様)。

スイッチ間を先の配線図のとおり渡り線で接続(下写真で左側が旧。右側が新)。

ケーブルと結線。

カバー等を取り付けてスイッチの更新完了。

最後に照明器具を購入したものに付け替えて完成です!

天井板や梁の色が黒いため白いシェードが映えて、なかなか良い感じです。
四畳間と言えども電球1個の照明では暗いのではないかと思いますが、玄関のほうに大きな照明器具があるため、これで十分なのです(無くても良い!?)。

これで、倉庫で使う照明器具(古いものを再利用)も確保できました。

アンティークな照明器具を設置」への2件のフィードバック

  1. ぼたんや

    特に下から1枚目、2枚目の写真・・
    良いですなぁ、古民家。
    あ、私からは解らぬ苦労もあると思いますが。
    因みに、家は殆どLED化しました。
    工場もほぼLED・・・C国製の蛍光灯ですが、まだ壊れていません。
    とにかく、スイッチオンしてすぐに点くのが嬉しいし、明るいです。

    返信
    1. 里山古民家 投稿作成者

      こんばんは!
      我が家も電球形のものは全てLEDに交換してあります。
      直管や丸形の蛍光灯については、器具が壊れたらLEDのものに置き換えていこうと思っています。
      蛍光灯に比べ消費電力は大差ないものの、やはりすぐに点灯するのが良いですよね!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。