井戸の再生(50)軒裏がスッキリ!

前回、CD管(井戸ポンプ電源用のケーブルを収納)を井戸から主屋に向かって敷設し始め、主屋の犬走りを横断させるところまでできました。

犬走りを横断させた後は、下写真(施工前に撮影)のとおり主屋の外壁内にケーブルを通して厨子二階(屋根裏)へと引き込むことになります。

ところで、上写真で朱色矢印に示す箇所にスイッチがありますが、これは5年前に解体撤去した外便所の照明を点滅させるためのものです。
既に外便所はありませんので、この機会にスイッチ及び配線を撤去することにします。

まずはスイッチをケーブルから外します(ケーブルは既に死線状態)。

ひとつの照明を点滅させるだけにも関わらず、なぜか3芯のケーブルが使われています。
この配線は20年ほど前のリフォーム時に施工したものですが、何か拡張する計画でもあったのでしょうか?

外壁のトタンの内側は土壁になっており、その一部を削ってケーブルを通してあります。
しかも、柱を貫通させてあったりします。

この先にジョイントボックスがあり、そこで電源及び照明に分岐させています(埃まみれになっているのは外便所解体時に私がジョイントボックスを外したためです)。

そして、軒裏に添わせて電源(分電盤)へとケーブルが延びています。

5年前に改修工事を行うまでは、ほかにも軒裏に様々な電線(電気、電話、ケーブルTV)がぶら下がっていて目障りでした。
なぜ、このように屋外に配線してあったかと言えば、以前は屋根裏(厨子二階)が下写真の状態で、とても電気の配線などできるような状態ではなかったからです。

これを改修工事において片付け・整備するとともに先のケーブルを除く全てを厨子二階に配線し直してもらいました。

そして、今回、最後まで残っていたケーブルを撤去。

見た目だけでなく心もスッキリした感じです(^_^)

既設のケーブルを撤去してスッキリしたところで、新しいケーブルを配線していきます。
壁内に配線しますが、外壁のトタン(胴縁)と土壁の間にちょうど隙間がありますので、そこを通していきます。

軒桁のところまで上がりましたので、面戸(垂木の間を埋める板)に穴をあけて厨子二階へケーブルを引き込みます(今回の配線はここまで)。

トタンを元に戻したところ、地中から立ち上げたCD管がトタンと干渉するため、下写真のとおりトタンを切り欠いて対処することに。

配線ができたため土間コンを打って犬走りを復旧します(撤去した際のコンクリート殻を骨材として再利用)。

ところで、先にトタンを切り欠いたところですが、CD管との間に隙間があって雨水が入る恐れがあります。
隙間を簡易的にパテで埋めれば雨水の侵入は防げるとしても見た目、耐久性ともに良くありません。
あと、CD管(材質:PE、PP)は耐候性がないため紫外線で劣化してしまいます。
そこで、エアコンの配管カバーとして使われるウォールコーナー(下写真でベージュ色のもの。300円程度)を使ってカバーしておくことにします。

そのままでは延べ石(土台の基礎)やトタンの角波部分が干渉してうまく取り付けられないため切り欠いておきます。

SUS製ビスで取り付けたうえ周囲をシーリング。

これで、今回の配管&配線が完了です。

1号井の再利用はまだまだ先になると思っていましたが、今年に配管&配線ができたこともあり、早ければ来年にもポンプを設置して1号井を再利用できるようになればなあと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。