薪棚設置(11)屋根は杉皮葺き?

前回、仕口を刻みました。

梅雨明けとともに棟上げする予定ですが(ブログは遡って書いています)、棟上げ時には屋根も張りたいと考えています。
屋根は下図(側面図)のとおり片流れ(2寸勾配)にしています。

屋根の葺き材についてはポリカーボネート製の波板が安価で、施工も容易です。
しかし、ポリカは塩ビに比べて耐久性があると言っても屋根に使用する場合10年もてば良いほうかと思います。
そして、張り替えの度にゴミが発生することになります。
今回は薪棚で採光の必要がないため、耐久性やリサイクルのことを考えるとガルバ鋼板製にするのが良さそうです。
費用については、そもそも屋根の面積が小さい(1坪半)ためガルバにしても大して変わらないすが、であれば一般的な建築物のように下地(垂木+野地板)を作ったらどうか?
(垂木は廃材を再利用するとし、野地板の購入費として3,000円程度のUP)
下地があれば、屋根葺き材は波板に限定されず選択肢が広がります。
ちょうど今秋に杉を伐採する予定のため、その杉皮を葺き材として使えば面白そうです!

そこで、屋根の下地を作ることにし、その準備を行います。
垂木は廃材の野縁材(38mm角)を再利用することにします。

これを設計寸法より少し長めに切りますが、そのとき棟側がガレージ(鉄骨造)につくように傾き(2寸勾配:tan-110/2=78°)をつけておきます。

垂木を載せることになる母屋には垂木掘りを施しておきます。

屋根の勾配が2寸のため、端が7.5mm(=75/2×2/10)の深さになるように掘れば良いことになります。

垂木のピッチは1尺6寸(@484mm)にしています。

屋根に関して事前に準備しておくのはこれぐらいでしょうか。

ところで、薪を載せることになる桁について、中央の2本(下図で朱色)は75mmの母屋材を半分に挽いたもの(75×35mm)を用いることにしています。

平面図(当初)

しかし、十分な強度があるかどうか疑問に感じ、実はまだ半分に挽いていないのです。
まともに構造計算すればoutでしょうし、実物を見ても厳しい感じがします。
そこで、母屋材をそのまま使うことにし、下図のとおり変更することにします。

平面図(変更後)

75mm角の母屋材を1本追加購入し、加工。

これらの桁や土台は地面に近いところに位置するため、防腐塗料(クレオトップ)を塗布しておきます。

クレオトップ(瀝青系。クレオソートのような刺激臭なし)には色付き(ブラウン)のものがあったため、それを購入しました。
上写真のとおりオイルステインのように意外と良い感じに仕上がります。
オイルステインのようにと書きましたが、瀝青系のオイルに顔料を配合してあるわけで、これもオイルステインに違いありませんね。

こうした塗装は上棟後に行っても良いのですが、今年は梅雨がなかなか明けず、手待ちになっているため先に塗装を行いました。
あと、薪棚の側面に設置するストッパー(下図で朱色)も上棟後に適当に設置するつもりだったのですが、これも手待ちの間に準備しておくことにします。

相欠きで梁や土台に取り付けられるように加工します。

こうした加工も上棟後にできるものの、やはり事前に行う方が容易で正確に加工できます。
私はせっかちな性格なこともあって、ろくに準備しないまま先走ってしまいがちなのですが、今回は長雨のおかげで珍しく準備万端で上棟に臨めそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。