里山再生:倒木(クヌギ)を造材

自宅裏の里山整備について、前回のブログ記事のとおり、年末から作業を開始し1月のうちに竹の間伐を終えられました。

上写真で中央に太いクヌギの木が写っていますが、この里山にはクヌギの大木が点在してあり、これらのクヌギは昔、木炭を作るため植えられたようです(斜面を上がったところに地域の炭焼き窯もあったとのこと)。

この冬、竹を間伐するために里山に入ったところ、そのうちの1本が倒れていることに気づきました。

昨シーズン、この周辺にクヌギの太い枝が落ちていましたので、衰弱していたところを、昨年の台風により倒れたのかもしれません。
太いクヌギですので、これを造材すれば良い薪が入手できます(^_^)
ただ、竹や木の枝を巻き込んでいるため、慎重に作業しなければなりません(上写真ではかかり木になっているようにみえますが、実際には頭部が着地しています)。

ちなみに、下写真は6年前に里山を整備し始めたときに撮影したものですが、写真中央の倒木(スギ)が周囲の竹などにかかり、かかり木の状態になっています。

これでは危険なため周辺で作業できませんし、倒木を薪などとして利用することもできません。
里山の恵みを得るには、やはり一定の管理(3,000m2で1〜2日)が必要であるように感じます。

倒木したクヌギを薪用に造材することにします。
作業は倒木が斜面の下流側に転げ落ちる可能性があることから上流側で行うことにし、その際、支障になる下写真の朱色矢印で示す枝を取り除くことにします。

それほど太くない枝のため、サクッと切り落とせば良いように感じてしまいます。
しかし、倒木により押さえつけられ、枝自体に相当大きな引っ張り力が作用していることに要注意です(スプリングポール)。
そこを安易にチェンソーを使って切れば、一気に力が解放されてチェンソーもろともはじき飛ばされかねません。
幸い、今回の場合は枝の付け根で折れているため、ある程度、力が解放されているようです。
とは言え、浅い切り込みを入れて少しずつ引っ張り力を解放するようにして切断します。

これで倒木の上流側に作業場所が確保できました。

次に幹の中ほどで浮いた状態になっているところを切ることにしますが、両端が支えられているため、幹の上側に圧縮力、下側に引張力が作用しているはずです。
と言うことは、伐倒時のように受け口を作る形で①上切りしたうえ、②下切りするようにすればチェンーソーのガイドバーが挟み込まれることなく切断できそうです。

無事切断でき、全体が地面に着いた状態になったため、薪の寸法(35cm程度)で玉切りしていきます。

こうして玉切りしたものを背負子を使って運ぶことになります(上写真は一部)。
距離は20m程度なのですが、何しろクヌギは密度があるため重たいです・・・。

太いものは2玉を積むのが精一杯です。
果たして、この冬の間に運び終えられるだろうかと重たい気分になりつつ、少しずつ時間をかけて運ぶことに。
ところが、意外にも早く運び終えられ、その運んだ一群を見みると、あの大木のクヌギを運んだことに正直感心しました。
私自身、心身ともにひ弱なため、やる前から機械や道具に頼ることを考えてしまうのですが、人力のパフォーマンスは私が思い込んでいる以上に高いのかもしれません。

こうして運んだものを薪割りします。

クヌギは重く硬い木ですが、太いものでも斧だけで気持ちよく割れてくれます(もっと割りたい気持ちになるぐらいです)。
クヌギが薪炭材として重宝されたのは火持ちの良さに加えて割りやすさにもありそうです。

里山再生:倒木(クヌギ)を造材」への2件のフィードバック

  1. ハイハイ

    作業お疲れ様です。クヌギ大変でしたね!
    1つ質問があるのですが、当方も薪燃料の風呂釜(長府製)ですが、竹を燃料にするのはメーカーから高温になりすぎる為、禁止されているのですが、ウッドボイラーは竹が燃料でも本体に影響がないものでしょうか?

    返信
    1. 里山古民家 投稿作成者

      こんばんは!
      竹を燃料にすることについてはウッドボイラーを購入する際にメーカー(ATO)に問い合わせて問題ないことを確認しています(SUSの板厚が十分にある?)。
しかし、構造的には問題ないとしても運用面において火力が強すぎると煙突から煤が飛びかねず問題です。
      それに竹は薄板を燃やしているもので火持ちがとても悪いため、竹だけを燃やすとボイラーにつきっきりにならなければなりません。
      このため山で拾ってきた雑木(火持ちは良いが火力がない)と一緒に燃やすようにしています。
そうするとお互いの短所を補い合って良い感じで運用できています。
      量的には雑木3:竹1と言った感じです(自宅の裏山も竹を減らして、その程度の割合になればと思っています)。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。