遊休農地の活用(12)果樹の植え付け

前回、スギ(昨冬に植え付け)植栽箇所の下草を刈りました。
そして、スギが元気良く成長していることから、今シーズンから下図のとおり果樹も植え始めることにしました。

今シーズンはモモ2本(異品種)とクリ1本を植え付けます(残り1本は来シーズン以降)。
まずはモモ(品種:川中島白桃)から。

穴を掘って植えるだけですが、篠竹が根を張っているため穴を掘るのに苦労します・・・。
ただ、竹が根を張っているのは表層部だけですので、スギが旺盛に成長しているように樹木とは競合しないのかもしれません。

隣接してもう1本、モモ(品種:大久保)を植え付けます。

モモは自家受粉しますが、品種の異なる受粉樹を配置することで結実しやすくなることを期待しています。

ところで、モモは自宅に隣接する畑にも2本植えてあります。
その内の1本を昨夏に撮影したのが下写真です。

たくさん結果し、その重さで折れそうになっていたため支柱を立ててあります。
結局は主幹のひとつが折れてしまったのですが、病虫害に遭うこともなく、美味しい桃が実ることから当地の環境にあっているようです(逆に摘果して木に負担をかけないようにしなければなりません)。
そうしたこともあってモモを選びました。

3本目はクリ(筑波)です。

クリを選んだのは特段の理由はなく、たまたまホームセンターで安売りしていたからです。
通常価格798円のところを半額の398円です(^_^)

安いのには当然ワケがあり、上写真のとおり昨年に伸びた枝が弱々しく枯れているようにみえます・・・。
これは夏に水分が不足しただけだと思い、地植えすることで元気が回復するものと見込みましたが、いかがでしょうか?
回復しても定価販売のものに比べて1年程度成長が遅れるでしょうが、ゆっくり待つことにしましょう。

あと、下写真の朱色矢印で示す場所にカブレの木(ハゼノキ)がありますので、カブレないように休眠期の今のうちに伐採しておくことにします。

カブレと言えば、昨夏、木工の漆塗りでカブレて痒い目に遭いました・・・。

この件でカブレやすい体質に変わり、今回、カブレの木に触れるや否やアナフィラキシーショックでも起こったらどうしようかとビビりながら作業しましたが、特にカブレることなく伐採を終えられました。

果樹の植え付けもでき、これで夏の辛い草刈りも果樹の成長を楽しみにして勤しむことができそうです。
将来的には草刈りにかかる労力削減と地力向上を目論んで、現在の笹からクローバー草生に移行させたいと考えています。
まだ篠竹の勢いがあるため時期尚早とは思いつつ、昨秋、試験的にクローバーの種を所々に播いておいところ、下写真のとおり発芽成長しているものがあります。

下写真は同じ地区にあるもうひとつの畑(果樹園)の現状で、こちらはここまでクローバーが広がっています。
春になったら、ここから株分けして笹のなかに植え付けると良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。