庭の整備(34)芝庭の拡張方法

前回、地中に埋もれていた敷石(石畳)を掘り起こし、当初とは少し線形を変えて再設しました。

ところで先日、祖母の法要をつとめるに際し、祖母の写真を見ていたところ、元々の敷石が写っているものがありました。


(左が祖母)

祖母の年恰好から昭和30年代に撮影したものだと思いますが、敷石の一部が沈んでいる様子が見て取れます。
祖父が早くに亡くなったことから、とても敷石の補修などやっていられる状況ではなかったのでしょう。
とは言え、敷石の手前側は綺麗好きの祖母だけあって草一本生えていません。
それが今や一面の芝で、祖母が見たら気絶するかもしれませんね(^^;

さて、敷石が設置できたことから、この敷石の高さを基準にし、下図の朱色線で囲む箇所について芝庭を拡張することにします(敷石の高さに合わせることで、雨水は下図で水色矢印のとおり排水されることになります)。

当該箇所は砂利が敷かれていますが、先般のブログ記事に書いたとおり全面的に砂利を撤去して客土するようなことはしません。
それではどうするかと言えば、既に芝が侵出してきているところ(下写真で「A」の範囲)については、目土入れのようにして山砂を入れます。
これにより既存の芝生の面と高さを合わせるほか、芝の生育が促されることを期待しています。

一方、上写真で「B」の範囲については、表面の砂利を取り除いたうえ、客土(山砂)して高さを合わせます。
砂利は表面しか撤去しないこともあり、客土の厚みはせいぜい30mm程度です。
このようなところに市販されている芝(張り芝用)を張るのは無理がありそうですし、かと言って芝が侵出してくるのを待ってもいられません。
野芝であれば播種することもできそうですが、今回は(姫)高麗芝のため、その手は使えません。

芝は、笹やドクダミなどと同様に匍匐茎(ランナー)を伸ばして増えますので、匍匐茎の一部を切って植えれば良いのではないかと思って調べてみると、実際に可能で、こうした方法を「播き芝(植え芝)」と呼ぶそうです。
もちろんターフが形成されるまでには時間を要し、それまでの間の雑草対策等に手間を要することになりますが、費用も安価に抑えられそうですので、「B」の範囲については播き芝で施工することにします。

早速施工していくことにしますが、まずは敷石の左側(西側)を対象にします。

砂利敷きの表面部分で、かつ土が混ざっていないところを平スコップですくい取ります。

「A」の範囲(芝が侵出しているところ)では、匍匐茎が砂利を抱き込んでいますので、そうした砂利を可能な限り取り除きます。

「B」の範囲は、表面に現れている砂利(土混じり)をフルイ(粗目)を使って取り除きます。

手間は掛かりますが、こうすれば砂利だけを回収できるため再利用しやすくなります(砂利敷きの駐車場に補足するのに利用)。

下写真で敷石の左側(西側)について、砂利(表面部分)の撤去ができました。

軽トラに乗って地元の建材屋さんへ行き、客土用の山砂を1車分購入。

敷石の高さに合わせて山砂を敷き均します。

これで播き芝を行う準備が整いました(「A」の範囲については目土入れとなり、これで完了)。

<続きます>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。