薪ストーブの導入(55)雑木の枝を薪として利用

11月から焚き始めた薪ストーブですが、12月に入り早くも朝・晩の2回焚いてフル稼働状態になっています。

しかも朝はお湯を沸かすだけでなく、朝食作り(土鍋で味噌汁)にも貢献しています!

さて、薪ストーブのフル稼働に伴って忙しくなるのが燃料の準備です。
焚き付けに使っている杉の葉も在庫が少なくなってきましたので、週末、裏山に入って拾い集めることにします。

この時期、杉の葉は至るところに落ちています。
以前は、このような光景を見てゲンナリしたものですが、今では宝探しのような感じです。
これも薪ストーブのお陰です。

同じく焚き付けに使う小枝は、昨シーズンに伐採・バラしたものを山にして積んでありますので、そこから取り出します。

山の上部は乾燥して良い焚き付けになりそうですが、下部の土に接しているところは既に腐り始めています。

腐りかけているものはもちろん、畑に運んでマルチ材&肥料として利用します。

これらや剪定の枝葉などで畑(約1反)の地表面のほとんどが覆われている状態(地表面が剥き出しになっているところがほとんどない状態)になっています。

同じく昨シーズンに伐採・バラしたもので少し太めの枝は別の山にしてあります。

これらは薪ストーブの燃料としては向かないというイメージがあり、ボイラー(現在、導入に向け作業中)で燃やすつもりでいました。
しかし、ほとんどが広葉樹(雑木)で案外良い燃え方をするのではないかとも感じますので、薪ストーブで焚いてみることにします。

1年間雨ざらし状態でしたので内部は乾燥していると思いますが、表面の濡れを乾かすため軒下に一時置いて乾かします。

玄関先から下写真のように見えますが、薪ストーブ・ライフを送っているのが分かって良いかも(^_^)

まあ、少なくとも下写真の状態(今年3月頃、裏山の投棄ゴミを回収)よりはマシですね(^^;

薪もゴミも同じ裏山から集めてきたものですが、片や自然が作ったもの、片や人間が作ったものです。
自然に無駄なものはないと言うことを実感させてくれるのも、薪ストーブのお陰かもしれません。

さて、雑木の枝(太め)を薪ストーブで焚いてみます。

杉の薪とともに焚いていますが、枝の火持ちは広葉樹だけあってそれほど悪くもありません。
しかも、針葉樹と違って熾がたくさんできますので、昨シーズンに松(古材)を焚いていたときに比べれば投入頻度が少なくて済みます。
また、炉内に熾がたくさんあるため、火の勢いが弱くなっても炉内の温度が一定に保たれるのも針葉樹のときとは違います。
前面ガラスがほとんど曇らないのも同じ理由からなのでしょう。

広葉樹なら少し太めの枝でも薪として十分に使えることが分かりましたので、まだ多く残っている松(古材)はボイラーの燃料とし、広葉樹の枝を薪ストーブで使ったほうが良さそうです。

<続きます>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。