自然農:ソラマメの種播き

ひと月前(10月上旬)、畑はコスモスが満開になっていました。

花が散り始めた頃から、コスモスを刈るとともにソラマメの種を播いています。
ソラマメは昨シーズン豊作で、採種したものだけでも段ボール箱3箱分にもなりました。

一部をご近所や知り合いに貰っていただいたものの、全て播けば約1反(1,000m2)の畑がソラマメ畑になるような感じです。

コスモスを刈って畝の両側に置き、ソラマメの種を挿していきます。

コスモスだけではなく、庭木の剪定で出た枝葉や落ち葉も畝に積み重ねます(マルチ材→堆肥)。

コスモスの刈り取りや庭木の剪定にあわせて断続的に種を播いていますので、最初に播いたものは既に発芽してきています。

結局、ソラマメの種は播ききれていませんが、11月に入ったことから今後はエンドウの種播きに切り替えようと思っています。

畑ではダイコンなどの冬野菜が成長しています。

上写真で奥側に写っているのは夏野菜のオクラですが、まだ花が咲いています。

ブッシュ化しているミニトマトも同様です。

キュウリも結実しているものがありますが、霜が降りるまでに大きくなるでしょうか。

カボチャは随分前に枯れていますが、実が腐熟しつつあります。

こうして腐熟しながら周囲の土を肥やし、来春に種子が成長する際の栄養となるのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。