柿渋の仕込み(ミキサー使用)

4年前から、この時期(8月最終週の週末)には自家製の柿渋を仕込んでいます。
そして、昨年は3回目にしてようやく使いものになる柿渋に仕上げることができました。

昨年までの経験を踏まえ、今年も柿渋を仕込むことにします。
とは言え、1年に1度のことですので昨年の記憶も曖昧です・・・。
その点、自身のブログも備忘録としては役に立つことがあるようで、昨年のものを読み返すとポイントらしきことを書いています。

  • 柿の採取&仕込みの時期は8月末。
  • 渋柿を使う(上記時期に採取の甘柿では失敗する)。
  • 仕込み後、少なくとも1ヶ月間は毎日撹拌する。

と言うことで、渋柿(青柿の状態)を収穫します。

上写真のとおり3つの品種のものを採取しましたが、いずれも渋柿です。

これらの柿を破砕・加水することでタンニンを溶出させることになります。
このうちの破砕について、昨年まではビニール袋に入れた柿を木槌で叩いていたのですが、ビニール袋が破れて無駄になってしまうことが多くありました。
そこで、今年はミキサーを使って砕くことに。

ミキサーを使ったところ、昨年までのもの(下写真)とは大きく異なり、ジュース状に粉々になってしまいました・・・(適当な大きさのときにスイッチを切れば良いと思っていたのですが、実際にはできるものではありませんでした)。

4年前に参加した「柿渋仕込みWS」で、加水は砕いた柿がヒタヒタになるぐらいと教えていただいたのですが、ジュース状だと見当がつかず適当な水加減になっています。
ミキサーで細かく砕くことでタンニンが溶出しやすくなるだろうという目論見もあったのですが、果たして結果は吉と出るか、凶と出るか?

柿渋の仕込み(ミキサー使用)」への4件のフィードバック

  1. お久し振りです。
    実は私も今週作ろうと思ってたのですが、ミキサーを持ってくるのを
    忘れてしまい、来週作る積りです。
    私も最初は木槌で叩きましたが、ミキサーの方が簡単ですね。

    以前TVで商売として柿渋を作ってるのを見たことがありますが、
    一種のプレス機で丸のまま押し潰してました。

    1. コメント、ありがとうございます。
      本職が機械でもプレス機を使っているということは、やはり押し潰すのと切り刻むのとでは結果が違ってくるのでしょうかね。
      毎日、様子を見ているのですが、すぐにケーキのように膨らんでくるので、水を足して撹拌するのが欠かせないような状況です。
      これが発酵が進んでいる証であれば良いのですが・・・。
      素人大工さんも作られたらブログにアップしてください。
      今後の参考にさせていただきます^_^

  2. 女房に聞いたところ、我が家で使っているのはミキサーじゃなく、
    フードプロセッサーと言うらしいです。回転する刃物で微塵切りに
    するような感じです。ミキサーよりも粒が大きい感じです。
    来週は実家に持って行く予定なので、ブログで紹介出来ると思い
    ます。

    1. フードプロセッサーだと、良い大きさぐらいになりそうですね。
      ミキサー、フードプロセッサー、ミルサー、ジューサー、、、と調理器具も工具に負けず劣らずいろんなものがあるものです。
      いずれにしてもジュース状のものから、どのような柿渋ができるのか試したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。