古民家の自然換気(18)付け鴨居の取り付け

前回、付け鴨居(的なもの)を設置する準備として、束柱に欠き込みを施しました。

付け鴨居のサイズは下図のとおり4寸×1寸5分としています。

杉の荒材(5寸×1寸5分)から木取りします。

DIYでは「節有り」の木材ばかり使っているのですが、今回は「上小無節」と少し奮発!しました。

加工したものを、束柱の欠き込み(深さ15mm)にはめ、壁との間に生じる隙間を確認すると、最小で8mm、最大で14mmです(設計時の下図と多少異なります)。

そこで、今度は付け鴨居側を8mm切り欠くことで、壁との隙間を6mm(=14mm−8mm、1回の中塗りで埋まる厚さ)に収まるようにします。
丸鋸の刃の出を8mmにして櫛状に刻みます。

欠き込みに加え束柱にビス留めしますので、ビス頭を隠せるように下穴をあけます(埋め木まではしないつもりです)。

柿渋で顔料を溶き、古色塗りします。

付け鴨居の設置場所は元々カマドがあったところに近く、周囲の丸太梁は黒に近い色になっていますので、顔料の割合は黒95%:朱5%程度としています。

取り付けます。

周囲の丸太梁などに近い色合いで、それほど違和感はないような。

ところで、付け鴨居は、束柱(壁)の線形に合わせるため、2分割して途中で突き合わせています。

僅かですが切り口に傾斜をつけて表面に隙間が生じないようにしています(と言っても、よく見ると継ぎ目が全然分かりますが)。

また、壁との隙間は、調整の甲斐あって6mm未満になっています。

この壁は荒壁(大直し)ですが、昔は荒壁までは地域の共同作業(結い)で施工したそうです(中塗り、上塗りは本職)。
確かに壁をよく見ると(特に上写真で左上)、膨らみや窪みがあり、本職ではなく素人による施工であることがわかります。
こうした凸凹やコテ痕は、現在の施工管理においては欠陥となってしまうのでしょうが、こうしたところに人間味を感じ、家というものが自然と人間の合作であることを思い起こさせてくれるようにも思います。

<続きます>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。