庭の整備(21)手動式芝刈機

昨春、主屋南側の砂利敷きだったところを芝庭に変えました(夏の照り返し防止と雑草対策のため)。
ちょうど1年前の今頃は下写真の状態でした(まだ生え揃っていないところがあります)。

【2016年7月下旬】

冬は茶色く枯れた状態(休眠期)に。

【2017年3月中旬】

そして今春(5月連休前)、全体的に緑がかってくるとともに、部分的に緑の濃い箇所が現れてきました。

【2017年4月下旬】

この緑の濃い部分は最初、雑草が生えているのかと思いましたが、その部分の芝をよく見ると穂をつけているのです。

芝はイネ科の植物ですので当然と言えば当然なのですが、なんとなく意外な感じ。

そして現在、再び緑の絨毯になっています。
旺盛に成長していますので、あまり伸びてしまわないうちに芝刈りをすることにします。
芝刈機を使って全体を刈る前に、土間コンとのキワを刈込鋏で刈り込みます。

全体を芝刈機で刈って完了。

芝刈機は、昨年は電動式のもの(下写真)を使っていたのですが、手動式のものに買い換えました。

と言うのは、電動式と言っても安価な家庭用ですので、女性でも簡単・安全に使える一方、動作がチンタラ・・・
全く問題なく芝を刈れるものの、エンジン式刈払機などのハイパワーな機械に慣れてしまっている身にはどうにも使い心地が悪いのです。
それに電源コードの準備や取り回しも面倒です。

そこで、電源コードが不要で、自分の体力次第でハイパワーな運転も可能!?な手動式のもの(下写真)を購入しました。

購入した機種はミナト電機工業の刈り込み幅300mmのもので、価格は約6,000円。
ネットで薪割り用の楔を購入する際、送料を無料にするため一緒に購入したのですが、この価格では安物買いの銭失いになることも覚悟・・・。
また、替え刃などの交換部品はなく、切れなくなれば買い換えるしかないというのも不満です(マキタやリョービのものでも同じです)。

実際に使ってみると電動式に比べて早く刈れます。
手動式のほうが刈り込み幅が広い(電動式:230mm、手動式:300mm)こともあって所要時間は半分以下です。
さらに、さほど力を要さず軽快に動作します(芝が伸びているところでは重くなります)。

これでは電動式の存在価値がありませんが、実は手動式は刃(リール刃×固定刃)のセッティングに微妙な調整が必要で、調整がまずいと全然刈り込めないのです。
刃の調整には危険も伴いますので、こうしたことに慣れていない方向けに電動式のものがあるのかもしれません。

<続きます>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。