大豆の箕選&炒り豆

昨年、自宅敷地内の畑で超粗放的に栽培していた大豆を収穫し、軒下で乾燥させてありました。

年内に箕選するつもりが、遅れに遅れ、ようやく先日終わったところです。

虫食いがあり、収量も少ないように感じます。
ご近所の方も、今シーズンは大豆が不作だったと話してみえました。
昨夏は降雨が例年になく少なかったですが、その影響もあるのかもしれません。

さて、この収穫した大豆をどうするか?

ここ3年ほど自家製の味噌を仕込んでいますので、今回も味噌の仕込みに使いたいと思っています。
味噌は寒仕込みが良いとされていますので、立春を迎えたこともあり近いうちに仕込むつもりです。

ところで、今年の立春は先週末(2月4日)でした。
その前日(3日)は節分ということで、収穫した大豆で炒り豆を作ることにしました。

今年は薪ストーブがありますので、その天板で炒ってみました。
浦田農園」さまのサイトを参考にさせていただき、炒る前に1時間ほど(2時間との説明ですが、時間がなく短縮・・・)熱湯に浸したところ、柔らかく食べやすいものに仕上がりました。

香ばしさを感じ、つまみ食いをしつつ炒るのは愉しい時間でした(^_^)
ごちそうさまででした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。