井戸の再生(14)凍結対策

昨年、井戸を再生(再利用)しました。

井戸水を汲み上げるポンプは倉庫内に設置してあり、その前後の配管は露出配管(VPφ20)になっています(その他は地中埋設)。

IMG_3738

これから最も寒い時期を迎えることから、この露出配管について凍結対策を施したほうがよさそうです。

当地(三重県鈴鹿市)は比較的温暖で、屋外で水道管が凍るのは年に数回と言った程度です。
さらに、この露出配管部分は倉庫内(一応は屋内)ですので最低限の凍結対策で十分だと思います。
そこで、ホームセンターで安価(100円程度)なパイプカバー(内径φ20×2,000)を買ってきました。

パイプカバーを適当な長さで切り、塩ビ管(VPφ20)に被せます。
そして、外れないようにビニールテープで巻きつけます(ビニールテープ付きのものも市販されています)。

img_4938

パイプカバーが余りましたので、これを使って屋外の蛇口にも凍結対策を施すことにします。

蛇口にパイプカバーを被せます。
パイプカバーの材質は発泡ポチエチレンですので、雨に濡れると吸水して凍結に繋がります。
そこでビニールシートを被せて雨よけとします。

img_4941

ビニールシートが被さった状態(上写真)でも蛇口は回せますが、邪魔なときは下写真のようにシートをめくれるようにしてあります。

img_4942

ちなみに自作立水栓のなかの水道管は、作製時にパイプカーバーを被せています。

IMG_3686

これで気温が氷点下になっても井戸水を使えます。
しかし、井戸水用の水栓は屋外のこの1箇所だけですので、井戸水を使うには外に出なければなりません(^_^;

<続きます>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。