古材再利用」タグアーカイブ

文机の再生(1)天板を取り替え

前回、新たに購入したテレビ(19インチ。スタンドが欠品の訳あり商品)のスタンドを自作し、ミシンテーブル上に配置しました。

もともとミシンテーブルに置いてあったテレビ(36インチ)は畳の間に移し、そのテレビ台として古い文机を再利用することにしました。

この文机は、祖父が学生のときに勉強机として使っていたものです。
祖父(明治37年生まれ)が学生だったのは大正時代に当たりますが、この古机もそれとなく大正ロマンを彷彿させるデザインです。

ただ、残念なのは天板の傷が酷いことです。
この机が野口英世のような偉人のものであれば机の傷も苦学の痕跡になるかもしれません。
しかし、祖父はボンボンの道楽人だったと聞きますので、傷や汚れはヤスリで削るなどして無くしてしまいましょう^_^

ところで、亡き父も同じような勉強机を持っていました。
しかし、父の勉強机は倉庫に置いてあったため(祖父のものは土蔵内)、下部が虫にやられて使える状態ではなく、天板だけは工作の材料として使えるかもしれないと残してあります。
父は勉強には興味が無かったとみえ、天板については祖父のものより傷が少なく良好な状態です。
天板のサイズは同じぐらいですので、天板だけを父のものに取り替えると良さそうです。

祖父のものより良好と言っても、細かい傷が無数にあるうえ汚れてもいます。
そこで、傷が目立たない程度までサンダーをかけます。

サンダーがけにより塗装(摺り漆)が剥がれたことで、無垢の一枚板であることが良くわかるようになりました。
たかが子供の勉強机に、このような一枚板(幅約50cm)を使えるほど昔は太い木があったわけです。

天板には小さい穴(釘を抜いた跡)がいくつかあるため、それらを木工用パテで埋めておきました(下写真はヤスリがけ前の状態)。

また、辺材部は虫喰いがあり、天板のサイズがひとまわり小さくなることを承知の上で4辺をカット。
カットした4辺を面取りするため、トリマーを使って飾り加工を施します。

こうして虫喰い部分をカットしたものの、それでも一部に虫喰い跡が残ります(これ以上のカットは、脚のサイズに対してアンバランスになってしまうため難しいです)。

パテ補修を試みるも、こうした場所はなかなかうまくいきません。
とりあえず、これで良しとします・・・。

パテは速乾性のためシンナーで濡らしながら作業しているのですが、シンナーで濡らしただけで木肌に毛羽立ちが生じているのが上写真でもわかります。
樹種は不明ですが、毛羽立ちがとても大きい樹種のようです。

仕上げの塗装は元々と同じく摺り漆にて行いたいと考えていますが、毛羽立ちが大きいため、この段階で一度柿渋を塗布して毛羽立ちを抑えることにします。

2年前に仕込んだ柿渋(上写真)を使ってみようと取り出してきましたが、少し色が薄いため市販のものと混合して全面に塗布。

生じた毛羽立ちを、乾燥後に軽くヤスリ(400番手)をかけて取っておきます。

父の机(天板)のほうの作業は一旦置いておき、祖父の机の作業に移ります。
まずは傷が酷い天板を取り外します。

下写真が取り外した天板ですが、裏面中央の隠れる部分は塗装されていません。
その境界部を見ると、多分「柿渋+摺り漆」で仕上げられているようです。

釘が錆びて効いていないところがありますので、この機会に打ち直しておきます。

天板と脚とは釘留めにより固定されており、釘頭が表面に現れないように埋木が施されていました。
同じ方法で天板と脚を固定することにし、補修した天板に埋め木用の下穴(φ6mm)をあけます。

この下穴のなかに釘を打ち込んで脚と固定します。
そして、埋木として丸棒(φ6mm)を叩き込み、飛び出した部分をアサリ無し鋸を使って切り取ります。

ヤスリをかければ凹凸が無くなって、見た目も目立たなくなります。

パテ埋めしたところ(当初の埋木箇所)のほうが目立ちますね。

とりあえずこんな感じになりました(柿渋を塗布してあるため徐々に色がついてきています)。

天板の下には2つの抽斗がありますが、その取っ手が無くなっていたので、適当なサイズのもの(12×77×16mm)をホームセンターで買ってきて取り付けました。

ところが、抽斗を開け閉めしてみると閉める際に奥に入り込んでしまうことが判明。
取り外した天板の裏面を確認してみると、抽斗のストッパーなどの細工が施されています。

同じものを新しい材で作り直して取り付けます。

抽斗がスムーズに開閉してピタリと収まると気持ち良いものです。

あとは、塗装などの仕上げ作業です。

テレビスタンドの自作

先般(ブログ記事では前回ですが、実際には6月)、DIYにて下写真(左上角)のエアコンを設置しました。

今夏も猛暑日が続いたため、このエアコンが活躍してくれました。
古民家のつくりは夏を旨としているものの、酷暑には敵わず、7月下旬から8月一杯は正午頃にエアコンのスイッチを入れて夜まで常時運転するようにしていました。
それでも部屋が狭いため(6畳間、断熱材有)、すぐにエアコンが効きますし、以前のように室外機のコンプレッサーがフル稼働するようなことも無くなりました(電力消費量も比較的少ないはず)。

しかし、この避暑部屋を主に使う母にとって重大問題が発生!
実はこの部屋にはテレビがないのです。
テレビフリークの母にとってはエアコンよりもテレビのほうが大切なほどですでので、急ぎテレビを設置することに。
テレビを設置するなら上写真の壁の前が良かろうと、そこにアンテナ線(天井から下がる黒い線)を引き込み、小型(19インチ)のテレビ(東芝レグザ)を購入しました。

ところで、テレビと言えば昨年、祖母のミシン台を再生させてテレビ台(LDKに設置)として使っています。

現在、このテーブルには36インチの液晶テレビが置いてあるのですが、馬鹿デカイため、せっかくのミシンテーブルがその影に隠れてしまっているのです。
そこで、新しく購入した19インチのテレビを、このミシンテーブルに置き、36インチのものを先の避暑部屋に移すことにします。

避暑部屋は畳敷きで、テレビ画面を目線の高さに合わせるためにはテレビを座卓程度の高さの台に載せる必要があります。
そこでテレビ台を自作するつもりでいたところ、ちょうど良い高さの文机が土蔵内で目につき、これをテレビ台として利用することに。

埃まみれなっていた文机を掃除していたところ、裏面に祖父の名前が書かれているのを見つけました。
どうやら、この文机は祖父が学生のときに使っていた勉強机のようです。
祖父は当時としては珍しかった旧制中学(富田中学校)に進学し、さらに上の学校も目指していたようですが、遅刻常習の末、退学処分!になったと聞いています。

机の天板に多く残る傷を見ると、遅刻するほど夜遅くまで勉学に励んでいたことが偲ばれます^^;

天板の傷が残念ですが、全体的には凝った作りでオシャレな感じです。
この勉強机も、祖母のミシンテーブルと同様、いずれ再生して祖父の思い出の品として使っていくと良さそうです。

一方、今回購入した小型の液晶テレビは、祖母のミシンテーブル(LDKに設置)に置くことにしますが、実はテレビ本体に付属の専用スタンド(脚)が欠品なのです。

と言うのは、私自身はほとんどテレビを見ないこともあってテレビなんて映れば十分と思い、フリマアプリで訳アリ商品を格安で購入したからです。
スタンドが無いのにどうするかですが、現在市販の液晶テレビのほとんどはVESA規格(国際標準規格、今回購入のテレビはVESA100)に準拠しており、壁掛け設置などができるようにテレビの背面にネジ穴が設けられています。

サンワサプライ株式会社:VESA規格とは」より

壁掛けにするつもりはありませんが、このネジ穴を使えば、適当な台をスタンド代わりにできるわけです。
そこで、スタンドを自作することにしますが、ネジの接続箇所を自作するのは面倒なため下写真のブラケットを購入。

パッケージからして?な感じがしますが、AliExpress(中国Alibabaの海外向け通販サイト)で送料込み300円弱で購入しました。
同じようなものが日本だと10倍の値段で販売されていますので、送料込み300円弱と言うのは破格です(ただ、中国から発送されるため到着まで1ヶ月程度!要します。まあ、それ以上に私の仕事のほうが遅く、今回も届いてからしばらく手付かずだったのですが・・・)。

スタンド本体の材料には、主屋(古民家)の天井板として使われていた古材(松)を再利用することにします(プレーナーにかけて7分厚)。

この1枚の板から部材を木取りすることを考慮してスタンドの設計図を描きます。

正面図

柱と台座だけの単純な構造です。

とは言え、テレビを支えきれず転倒してはスタンドとして役に立ちませんので、柱の位置と台座の大きさの設定が肝心です。
スタンドには、支点を中心にして①転倒させる方向と②安定させる方向に力のモーメント(回転力)が作用するため、それぞれの大きさを算出するなどして①<②になるようにすれば良いことになります。
しかし、細かい計算をするのは面倒ですので、とりあえず台座の先(支点:下図で青色丸印)をテレビよりも前に出しておくことにします(これで転倒することはないはずです)。

側面図

こうして描いた設計図に従って木取り。

白太部分の虫喰い跡を避けて木取りしています。

せっかくなので、面取り箇所をトリマーを使って装飾加工(柱:カク面、台座:ギンナン面)。

軽くヤスリをかけて部材の完成です。

柱の上部にブラケットを取り付けます。

柱と台座を金具(金折)を用いて接合。

金折の1辺が台座からはみ出していますが、背面で見えないところなので、このままにしておきます(金折は不等辺のものもありますが、安価な等辺のものを購入しました・・・)。

と言うことで、自家製スタンドの完成です。

木目が良い感じで、木肌も松の油分でシットリしていますので塗装はせずにこのままにしておきます。

ところで、台座の前方部(テレビ画面下に位置)が広くなっているため、この場所を飾り台として利用できるのではないかと思って、画面の取り付け位置を純正品のスタンドより高くしてあります。
ここに季節のものでも飾ると良いのですが、めぼしいものがないため、とりあえず折り鶴(姪が作ったもの)を飾ろうと思います
折り鶴の止まり木を端材と竹ひごを使って作ります。

さらに端材を使って、こんなものも作ってみました。

板の前方部に15°傾斜させた溝を切ってあります。

これを何に使うかと言うと色紙立てです。

菩提寺の本山(天台真盛宗)のトップが近頃替わられたとのことで、その記念として檀家1軒ごとに色紙を頂きました。
色紙にしたためられた「戒称和光」の意味は無学ゆえに分かりませんが、有り難いお言葉に違いありませんので、こうして飾っておくことにしましょう(そのうちアイドルのサイン色紙に替わっていたりして!?)。

ちなみに、この色紙を飾ってあるのは以前に再生させた茶箪笥の上です。

テレビ(スタンド)のほうは、これまた再生させたミシンテーブル上にセットします。

以前はミシンテーブルに対してテレビが大きすぎましたが、テレビが小さくなったことで(36インチ→19インチ)バランスが良くなりました。

上写真のとおりテレビ画面下にスペースがあるため、ここに折り鶴を飾っておきましょう。

折り鶴の数に対して空いている止まり木がありますが、そこには花や木の実でも挿しておくと良いかもしれませんね。

遊休農地の活用(5)道普請と古瓦のリサイクル

今春から新たに管理することになった畑(約3畝半)は自宅から少し離れているため(400m程度)、草刈りなどを行うときは軽トラに刈払機など積んで行くようにしています。

そして、畑に隣接する道は未舗装で、しかも私がここで軽トラを方向転換をさせるため、雨が降ると道がぬかるんで酷いことになります。
自転車やバイクだと乾燥後に残る轍にハンドルを取られかねませんので、酷くなる前に手当しておいたほうが良さそうです。

こうした道普請は地域の共同作業で砂利を置いたりしているのですが、面積が広いため水田のほうを優先せざるを得ず、畑のほうまでは時間的にできない状況になっています(今年は有志で後日実施)。
今回の場所は私にも責任がありますので、自宅から砂利を運んで轍を埋めておくことにします。

砂利は昨年、排水路を整備した際の残土をネットに入れて雨晒しにしてあるものがあります。

雨で土が流れ、ネット内に砂利だけが残るだろうと言う目論見です。

ところが、現地に運んで敷き均してみると、目論見は外れて土が混ざったままです。

このため、降雨後には元の木阿弥に・・・。

砂利は買わなければありませんし、何か身近にある材料を使えないかと思いついたのが古瓦です。
古瓦を細かく砕けば、砂利の代わりになりそうです。

今回使った古瓦は自宅敷地に長年放置されていたもので、おそらく昔の納屋に使われていたものだと思います。
納屋が建てられた当時(明治or大正)は町内で瓦の製造が行われていましたので、この古瓦の原料である粘土も町内で採土されたものであるはずです。
今回、道普請用の材料として使えば、再び町内の土として還してあげられることになります。

軽トラで運び、敷き均します。

軽トラはダンプ仕様なのですが、こうした場合に便利です。

降雨後に確認すると、今度はしっかり締め固まって良い感じです。

せっかく畑まで来ましたので、ひと作業してから帰ることに。
今春、山側から畑に侵入していた笹を刈りましたが、再び成長しているため低い位置で刈っておきます(3年程度続けると後退するはずです)。

刈払機を用いるため邪魔になる枯れ枝は前もって1箇所に集めておきました。

これもそのままにしておけば来夏には蔓草が絡みついて厄介なことになってしまいますので、持ち帰ってボイラー(ATOウッドボイラー)の燃料として焚くことにします。

瓦を土地に返しに行ったら、その代わりに柴を貰って帰ってきたと言ったところでしょうか。