古材再利用」タグアーカイブ

マガジンラックの自作

昨夏、昔ながらの木製梯子を作りました。

この梯子は厨子二階(電気配線等の管理スペース)への昇降用として作りましたが、木製梯子は味があって古民家とも馴染むため常設してあります。

梯子の踏み桟を利用してお気に入りの写真やポストカードでも飾れば良いのかもしれませんが、これと言うものもなし・・・。
ほかの利用法を考えて思い浮かんだのが、マガジンラックを踏み桟に掛ける案です。
ダイニングテーブルのうえに、いつも新聞紙が置いてあるのですが、私自身新聞を読まない(ネットで見出しだけチェック)こともあって邪魔に感じています。
マガジンラックを作り、そこに収納するようにすればテーブルの上が片付いてスッキリしそうです。

マガジンラックを作ることにし、梯子及び新聞紙(折り畳んだ状態)のサイズから下図を考えました。

板の上部に梯子(踏み桟)に掛けるためのフック、下部にポケットを設けただけの単純な構造です。
同じものを2個作り、適当な高さの踏み桟に掛けることにします。

使用する材は板材(500mm×300mm程度)と角材(野縁材程度)です。

板材には、解体・ストックしてあった「もろぶた」の底板を再利用。
角材も、何かの工作に伴う端材です。

再利用の板材には傷や汚れがあるためサンダーで除去。

それを所定の寸法で切断します。

フック部分の角材をボンドで接着。

同様にポケット部分の角材を接着。

百均の安物クランプが活躍しています。

ここで一旦、梯子に掛けて問題ないか確認してみます。

特に問題ありませんが、少し素っ気無さすぎるような・・・。
絵心があれば、ポケットの前板にでも絵を描きたいところです。

絵の代わりに前板に少し飾り(三角の切り込み)を施したうえ取り付け。

フック部分にも板(合板)を取り付けます。

正確に木取りしたつもりでも、どうしても目違いが生じます。

手鉋で目違いを払うとともに角を面取りして仕上げます。

そして、完成です!

荷重がかかるフックの取り付け部について、接着剤だけでは少し不安に感じたため釘留め(真鍮釘)も行っています。

完成したマガジンラックを梯子に掛けてみます。

テーブルのうえに置いてあった新聞や自治体の広報誌を収納。

テーブルのうえがスッキリ片付くだけでなく、昔の「もろぶた」をマガジンラックとして再利用できました(^_^)

種子保管箱の作製

自宅敷地内にある畑(計1反弱)の耕作は自然農により行っています。

そして、長年の化学肥料の使用等により土地が痩せた状況にあるため、収穫よりも土地を再生させるほうに力点を置いています。
土地を再生させるためには土地の状態にあった作物に力を発揮してもらうのが良く、とりあえず様々な作物の種子を播くようにしています。
ただ、種子の整理・保管が不十分なため在庫があるのにダブって買ったり、自家採取したものを播き忘れたりすることが多々あるのです。
種子自体は購入時の種袋や封筒(再利用)に入っていますが、問題はそれらを適当な段ボール箱に放り込んであるため混乱しているだけでなく一覧性にも欠けることです。
そこで、種袋をキチンと整理すべく保管箱を作ることにします。

市販の種子の袋は基本的に同じサイズです。
自家採取した種子を入れている封筒(再利用)も統一して長形3号のものを使うようにしています。
サイズ(横幅)は長3の封筒のほうが若干大きいため、これにあわせて下図の保管箱を考えました。

単純な木箱で、封筒の幅120mmに対して箱の内寸を130mmにしています。
また、保管箱は冬野菜用と夏野菜用に分けて2個作ることにし、ひとつの箱の奥行きを180mmにしています。

それでは作っていきます。
材はいつものように古材を再利用します。

この板材(杉、厚さ7mm前後)は祖父の箪笥を解体したもので、以前にもこれを使って木箱(下写真。土器保管箱)を作りました。

これを作ったときは自動カンナで板厚を揃えたり、サンダーをかけて綺麗にしたのですが、今回は農作業で使うものですので、そのまま使うことにします。

所定の寸法で各部材を木取り。

テーブルソーを使っているため精度はバッチリと言いたいところですが、角度定規(マイターゲージ)の設定を確認し忘れて下写真のとおりカネ(90°)が出ていません・・・(1mm程度)。

今回はとりあえず箱として用をなせば十分なので修正せずに進めます。

組んだら隙間などが生じるのではないかと思っていたのですが、そのようなこともなく意外とキッチリ組めました(全て同じ角度でズレているためかもしれません)。

とりあえず箱ができました。

ところで、先日当ブログにコメントをいただいた釦屋さまのブログを拝見したところ木箱(椿皿の収納箱)を自作されたときの記事を見つけました。
側板を相欠きのような形で組んでみえ、なるほどこうすれば頑丈にできると勉強になりました。
もう少し早く知っていれば、今回の木箱の作製で試せていたのにと惜しくもなります(このブログ記事は遡って書いています)。

種子保管箱は冬野菜用と夏野菜用のふたつを作ったため、どちらのものかわかるように箱に文字入れしておくことにします。
文字入れは例のレーザー彫刻機を使います。

このレーザー彫刻機は小型で一度に彫刻できるエリアは狭いものの、上写真のように機械を据えられれば彫刻できるので使い勝手が良いです。

玩具レベルの代物ですが、文字だけならサッと彫刻できるので悪筆の私にとっては頼もしいアイテムです。

早速、手元にある種袋を収納してみます。

これまでの段ボール箱と違って、これならキチンと整理・保管できそうな気がしてきました(^_^)