タグ別アーカイブ: 古材再利用

マキタ充電式クリーナ用スタンドの自作②完成

前回、マキタの充電式クリーナ用にスタンドを自作することにし、前板と側板を組むところまでできました。

続いて、天板を加工します。
天板は、前板を木取りした残材を利用し、その前方にクリーナを固定するための半円形の切り込みを設けます。
クリーナのパイプ接続部の直径を測定すると4cm弱あるため、電気ドリルに自由錐を装着して40mmの穴をあけます。

切り込みにクリーナのパイプ接続部をあてがってみると、ちょうど良い大きさです。

天板を前後に移動させ、クリーナを固定するのに最適な位置を探ります。

しかし、このときクリーナの傾斜具合によっては脚(クリーナのヘッド)が滑ってしまうことが判明。
滑らないようにするためにはストッパー的なものが必要です。

そこで急遽、底板を設けることにし、底板の前方にストッパー(角材30mm×12mm)を取り付けます。

一方の天板は前方の角を斜切りしたうえトリマー(ギンナン面ビット)を使って面取り加工。

天板を取り付けて組み立て完了。

スタンドも、先に作製した棚と同じようにオイルステイン(「バトン」色:オーク)で塗装して仕上げます。

板材の樹種は松で油分を多く含みますが、塗料がオイルステイン(油性)と言うこともあって比較的相性が良いように感じました。

棚の下に据え付けて完成です(床や壁に固定しなくてもスタンドの自重で安定しています)。

棚もそうですが、物を使ったあとに収納すべき定位置があると言うのは案外良いものです(とは言え、棚やスタンドを作るより「不用なものを買わない・持ち込まない」ことのほうが大切なのでしょうが・・・)。

今回のスタンドは、クリーナの現物に合わせながら作ったため事前に図面を準備しませんでしたが、参考になるかもしれないと思い、後になってちゃんとしたものを作りました。

マキタの充電式クリーナであれば、このサイズで大丈夫かと思います。

マキタ充電式クリーナ用スタンドの自作①

先般、冷風扇の設置場所を確保するため壁の前に棚を設けました(棚の下に冷風扇を収納)。

壁の幅が3尺(90cm)あるのに対して冷風扇の奥行きは50cm弱です。
このため、棚の下のスペースをもう少し有効利用できそうな感じになっています。

そんなわけで、空いているところに充電式クリーナと消火器(薪ストーブ用)を置いてみました。

この充電式クリーナ(CL140FD)はマキタ社製のものです。
電動工具のバッテリー(14.4V)を共用できることもあって2〜3年前に購入したのですが、今では電動工具以上に使っていると言って良いほど活躍しています。
ところで、こうしたバッテリー駆動の電動工具はバッテリーが高価(1個1万円程度)な反面、本体自体は比較的安価な価格設定になっているように感じます。
それがメーカーの思うツボとは分かりつつ、ついつい色々なものに手が伸びてしまい、今ではインパクトドライバー、ドリルドライバー、マルチツール、レシプロソー、ヘッジトリマー、そして充電式クリーナーを所有するに至っています・・・。

充電式クリーナの使用頻度が高いことから専用のスタンドを作って使いやすいようにしたいとずっと思ってきたですが、実際には上写真のように壁に立て掛けたり、床に置きっぱなしにしている有り様です・・・。
今回、棚の下にスペースが出来たことから、この機会に専用のスタンドを作ることにします。

スタンドは将来的に置き場所を変えるかもしれませんので、据え置き型として独立したものにします。
クリーナ(重さ1.3kg)を支えるにはスタンド自体にも相応の重さが必要となるため、板厚のある材を用いて組むようにすると良さそうです。
とは言っても、クリーナはいつ壊れるかもしれず、またモデルチェンジする可能性もあります。
そのようなもののために新材を使うのは勿体無いようにも感じます。
そこで、主屋の改修工事で発生した古材(松の板材、厚1寸弱)を再利用することにします(手間を考えれば新材を買うべきなのでしょうが・・・)。

幅方向に反りがあるため、両側の凸部を削ったうえ自動カンナ盤に掛けて製材します。

カンナ掛けの結果、板厚は21mmに。

2枚の板の木表側を合わせて平面の具合を確認します。

2枚のうち1枚から前板と天板を、もう1枚から側板2枚を木取りする考えです。

スタンドは前板を若干傾斜させる形状にすると、側板は1辺がその傾斜角の台形となります。
どれだけ傾斜させるのが良いか定規をあてて確認します。

この結果、傾斜角は6°とし、下図のとおり側板(左右2枚)を木取りすることにします。

木取りした側板にとりあえず前板やクリーナを立て掛けて確認します。

良い具合ですので、傾斜角はこれで決定(6°)。

次に前板を側板の高さ(536mm)に合わせてカットしますが、このとき上・下の切断角度を側板の傾斜角(6°)に合わせる必要があります。
そこで、テーブルソーのブレードを6°傾斜させてカット。

余りの材は天板として利用します。

仮組みして状態を確認。

前板と側板との接合は単純に芋継ぎでも良いのですが、そうすると正面にビス頭が現れてしまいます。
そこで、ビス頭が側面に来るように「包み打ち付け継ぎ」とします。
「包み打ち付け継ぎ」と書くと敷居が高く感じますが、抽斗の前板の接合などに使われているもので、溝切りだけで実現できます。

前板の左右にテーブルソー(自在溝切りカッター装着)を使って溝(幅21mm×深14mm)を切ります。

溝切り加工完了。

接合具合を確認(左右の側板からビス留めすることになります)。

この後、面取りやサンダー掛けしたのちビス留めして組み立てます(写真は撮り忘れ・・・)。

<続きます>

竹ボイラーの導入(7)ボイラー基礎設置

前回、床下点検口及び換気口を設置するとともに床下の状況を把握することができました。

この結果、下図のとおり配管し、ボイラー(倉庫内に設置)からのパイプを主屋に引き込むことができそうです。

配管ルートの決定により、ボイラーの設置位置(上図)も確定することができます。
そこで、ボイラーの設置箇所に基礎を設けることにします。

ところで、基礎はどのような構造にするか?
基礎にかかる荷重を調べるため、ボイラー(ATOウッドボイラー N-200NSB)の仕様のうち重量に関係する部分を確認すると次のとおり記載されています。

  • 本体乾燥重量:約80kg
  • 貯湯容量:200L(=200kg)

これに配管や燃料などの重さを加味すると、基礎にかかる荷重は300kg程度になりそうです。
300kg程度であれば、下写真のように簡易的に建築用ブロックを並べて基礎にすることができるのでは?

ブロックであれば、将来撤去する際にも再利用が可能で、コンクリート殼の処分に困ることもないでしょう(さらに1個80円程度で購入できて財布に優しいです^_^)。
ただ、気になるのは本来、建築用ブロックは縦置きにして使うものです(設計強度も縦置きでのもの)。
横置きにする場合、ブロックの空洞部分の扱いが問題になりそうです。
地震時には単なる荷重以外の力が作用しますし、さらには貯湯槽内の水が複雑に動くことも考慮しなければならないとなると必ずしも安全だとは言えないように思います。
あまり気乗りしないものの安全を重視し、正攻法でコンクリートを打設して基礎を作ることにします。

基礎の大きさはボイラーの底版サイズ(969mm×510mm)より四方とも70mm大きくします(下図で緑色着色箇所、1,110mm×650mm)。

コンクリート厚は最小限(30mm程度)とし、コンクリートの天端が地面から20mm高くなるようにします。

コンクリート部分の体積を求めると、次のとおり0.022m3(22L)となります。

1.1×0.75×0.03=0.022m3

これから材料(セメント、砂、砕石)の配合量を求めます(均しコンクリートのようなもので適当で良いのですが、手持ちの材料で足りるかを確認するため)。

  • セメント:7kg
  • 砂:16kg
  • 砕石:22kg

※ 体積比率で1:3:4程度

算出根拠はネットで見掛けた次の配合設計(レミコン屋さん)です。

設計強度21N、1m3当たり

  • セメント:320kg
  • 砂:720kg
  • 砕石:1,040kg

それでは、施工にかかります。
まずは型枠の材料から。
廃材の合板を幅60mmで切って型枠とします。

型枠を固定する杭は、以前、井桁形照明を作るに使った角材の余り(100年以上前の古材)を用いています。

地面を40mm程度掘って、型枠を設置します。
たかが40mmですが、100年以上、土間(粘土)のところなのでカチカチに固結していて一仕事(配管時にさらに深く掘ることになりますが、先が思いやられます・・・)。

型枠がコンクリートを均す際の定規(型枠の天端=基礎の天端)にもなりますので、位置と高さを正確に出します。

型枠ができれば、30mm程度の厚さで砕石を敷きます。

砕石と書きましたが、実際には、昨年に井戸ポンプを設置した際に発生したものを再利用しています(自家製RC-40!?)。

先に求めた配合量でコンクリートを練り、型枠内に打設します。

養生後(1週間後)に型枠を外し、ボイラー基礎の完成です。

この基礎の位置を基準として、今後、配管やボイラーの設置を行っていくことになります。

<続きます>

古民家の自然換気(27)井桁形照明3

前回、井桁形の照明カバーを作りました。

照明本体は電球ソケット(LED)ですが、これを竹天井に取り付けるための配線方法を検討します。
竹天井には一定間隔で根太を入れていますので、そこに引掛シーリングを設置すれば、施工が容易で見た目も良くなりそうです。

しかし、この根太は、厨子二階の管理時(掃除等)に合板を置いて作業できるようにするために設置したものです。
このため、根太(45mm角)に引掛シーリングを設置するための穴(10mm程度)をあけることは強度的にできません(根太を設置する際には照明のことは考えていませんでした・・・)。

そこで、下図(断面図)に示す位置に引掛シーリングを設置することにします。

この場合、上図のとおり照明器具の電源コード(丸打ちコード)に1m程度の長さが必要となりますが、市販のもの(50cm程度)では長さが足りません。
このため、引掛シーリング(ソケット)、丸打ちコード(0.75mm2)、電球ソケット(E26)、LED電球(40形)の各部品をそれぞれ購入し、組み立てます。

電球ソケットはキーのないもので良かったのですが(壁スイッチで操作するため)、パナソニックのものは既に生産中止になっていました。
このようなソケットは今時、需要がないのでしょうね。

照明器具側はこれで完成ですので、テストとして電源につないで点灯(竹天井の場所ではありません)。

良い感じです(^_^)
ここの元々の照明器具はプラスティック製カバーのものなのですが、自作のもののほうが部屋の雰囲気に合っているように感じます。
こんなことなら、もう1個余分に作っておくべきでした。

本来の竹天井のほうに取り付けられるようにします。
電気ケーブルは元々の照明器具用のもの(壁スイッチ式)が使えますが、引掛シーリング(ボディ)を取り付けるための架台が必要になるため端材を使って作ります。

この架台を厨子二階の床板に設置し、電気ケーブル(下図でVVF1.6×2C)を接続します。

スイッチON!

今回の照明により、丸太梁(黒色)と漆喰(白色)とのコントラストが際立つように感じます。

今回の照明器具を追加したことで、この部屋(LD)の広さ(15畳)に対して十分な明るさになりました。

古民家の自然換気(26)井桁形照明2

前回、井桁形の照明カバーを作るため、古材(松の板材)から角材(8分×6分)を取りました。

照明カバーの形や大きさは下図のとおりです。

上図に基づき、2組分の作製に必要となる材を木取りします。

  • 上下枠(長さ238mm):8本×2組=16本
  • 柱部分(長さ180mm):4本×2組=8本

上下の枠は井桁に組みますので、溝(相欠き)を切ります(テーブルソーを使用)。

同じものを組み合わせると、正方形の井桁になります。

2組(上下)の井桁を柱で繋ぐため、井桁側にホゾ穴、柱側にホゾを加工します。

組み立て、骨組みの完成です。

ホゾ組みによりしっかり固定されるのですが、高所に設置するものですので念のためボンドも併用しています。

続いて、骨組みの側面に障子を貼るため、障子紙と糊を準備します。

糊は自家製(小麦粉に水を加え熱したもの)です。
障子の貼り替えは、貼るのは楽しい作業ですが、その前段の剥がす作業に苦労するものです。
将来の貼り替えを考慮し、極力粘着力を弱くしておくのが良いように思っています(途中で剥がれてくるかもしれませんが)。

ところで、障子は骨組みの内側に貼ることになり、上下の枠には問題なく糊付けできますが(下図で緑色の囲み)、柱のほうには糊代があるのか?
実は、角材の縦横寸法を異なるもの(今回の場合、8分と6分)にすることで、糊代(下図で水色の囲み。今回の場合、8-6=2分)を設けているのです。

これらの糊代に糊付けし、障子紙を貼ります。

骨組みの内側は狭いため、うまく貼れずシワが寄ってしまいがちですが、直後に霧吹きしておけば綺麗に仕上がります。

古民家の自然換気(25)井桁形照明1

前回、冷暖房時に竹天井を断熱するためのプラダンを設置しました。

この竹天井の居室側には、照明器具を設けたいと考えています。
と言うのは、この部屋(LD)は15畳の広さがあるのですが、その広さに対して現在の照明では少し暗く感じるのです。

  • 直管蛍光灯:40W×1(部屋全体用)
  • 電球型LED:60形×3(食卓用)

部屋の広さに対する明るさの標準値があるそうで、下記サイトを参照すると、この程度の広さの部屋だと約6,000lm(ルーメン)となっています。

・家づくりを応援する情報サイト

一方、現在の照明器具の明るさを算出すると、次のとおり5,430lmとなります。

3,000(直管蛍光灯40W)×1+810(電球型LED60形)×3=5,430lm

先の標準値よりは小さいものの、もっと暗いのではないかと思っていたので意外です。
以前は直管蛍光灯(40W)3本と丸形蛍光灯(30W)2本がついており、次のとおり10,600lmもあったため、それに慣れて暗く感じるのかもしれません。

3,000(直管蛍光灯40W)×3+1,600(丸形蛍光灯30W)×2=10,600lm

そこで、不足分(約600lm)を補う形で、この竹天井部分に下写真のとおり電球形LEDを2箇所追加すると良さそうです。
電球形LEDの種類(明るさ)は、先の計算結果から消費電力の小さい30形(325lm)や40形(485lm)で十分そうです。

その電球形LEDは、そのままぶら下げるのもシンプルで良さそうですが、竹天井に似合うような照明カバーがないものか?

ところで、竹天井自体は一年ほど前に作った井戸の竹蓋から思いついたものです。

この竹蓋を掛けるために、その下には木材で井桁を組んであるのですが、これに倣い、今回の照明には井桁形のカバーを被せれば竹天井と似合うのではないでしょうか。

(井戸)           (主屋)
 竹蓋 ←--------→ 竹天井
 井桁 ←--------→ 井桁形照明

どうでも良いことですが、この関係を拡大すると下図(断面)のとおり、居室が井戸の中に相当することになります。

居室から竹天井を見上げれば、井の中の蛙が外界を見上げたときのように太陽光が射し込むのを感じられるかもしれませんね。

この井桁形の照明カバーは、井桁を作ったときと同様に相欠きとホゾで組んで作ることにします。

材のサイズは8分×6分としていますが、どのような材を使うか?
天井材が「竹」ですので、「松」を使うと縁起が良さそうです。
松なら、ちょうどのこの部屋の天井に使われていた松の古材をストックしてありますので、これをリユースすることができます。

この板材(厚7分程度)から角材(8分×6分)を取ります。

まずは2面を手押しカンナにかけて直角の基準面を作ります。

この基準面に対して自動カンナ盤にかけて、板厚を6分にします。

続いて、テーブルソーを使って8分強の幅で挽き割ります(先に自作した拡張テーブルがここでも活躍!)。

これらを8分の高さで自動カンナ盤にかけます。

これで8分×6分の角材ができました(3尺×12本)。

虫喰い箇所もありますが、100年以上の古材とは思えません。
ただ、手間と時間がかかりますので、古材の再利用にこだわらなければ、ホームセンターでプレーナー加工済みの角材を買ってくるほうが手っ取り早いですね(角材の寸法は限定されてしまいますが)。

<続きます>

動物侵入防止ネットの作製(2)

前回、古い建具を再利用して動物侵入防止ネットを作りました。

img_4794

今回はこれを取り付けます。
取り付けるのは下写真の箇所(厨子二階の外壁)です。

img_4824

現状では、ここからしか厨子(ツシ)二階へ上がることができません。
所有者の長老ご自身はもう上がることはないとおっしゃってみえますが、修繕工事などの際に入る場合があるかもしれません。

そこで、丁番をつけて開閉できるようにします。

img_4823

狭いところなので手間取りますが、なんとか取り付け完了。

img_4825

このように開閉できます。

img_4827

しかし、間口の高さは実質1尺(30cm)程度ですので、成人がここから入るのはかなり難しそうです。
長老ご自身は入ったことがあるとおっしゃってみえましたが、小柄なので可能だったのかもしれません。
なんらかの修繕時に厨子二階へ上がる必要がある際は、天井を破ることになるのかもしれません。

ちなみに我が家も同じように厨子二階への出入り口が塞がれていました。
主屋の改修をどうするか悩んでいたとき、まずは雨漏りする屋根裏(=厨子二階)の状態を確認せねばと考えました。

そこで、天井に穴をあけて入ることにしました。

img_0542

雨漏りで天井板が腐っているので、穴を開けるのは簡単です・・・

しかし、藁のムシロが敷かれて、その上にも藁のようなものが積まれているようです。

img_0544

1.5mほど掘り上がり?ようやく頭だけ出すことができました。

img_0561

すさまじいホコリと藁クズのなかに入っての作業ですので、合羽に防塵メガネ・マスクを着用して完全防備です。

この家にウン十年暮らしてきましたが、厨子二階に上がるのは初めてです。

藁や柴が大量に、しかも身長程度の高さまで積まれています。
まさか、こんなことになっているとは!

img_0564

その後、朝活(朝の1時間を利用)でこれらの藁や柴を片付けました。
片付け途中の状態でしたが、建築士さんにも上がっていただき、調査そして改修工事へと繋がりました。

下写真は、上写真とほぼ同じ場所の現況です。

img_4453

以前の状態では、危険すぎて薪ストーブどころではありませんね。