カテゴリー別アーカイブ: ブログ

井戸の再生(8)ポンプ運転

前回、ポンプを設置しました。

あと、井戸内の吸込管を設置すればポンプを運転させることができます。

井戸内の吸込管(塩ビ管φ20)は約3mです。
先端にストレーナ(ポンプ付属品)を取り付け、元側に吊りバンドを取り付けます。

IMG_3729

この吸込管は、以前配管した井戸側面の貫通部に接続します。

井戸

接続箇所は、井筒の天端から約70cm下です。
井戸の上から覗き込んで作業するのは危険ですので、井戸内にハシゴを掛けることにします。

ハシゴを掛けると井筒に力がかかります。
しかし、井筒(厳密には陶製の井筒を覆っているコンクリート)の一部に亀裂が生じていて危ない状態です。

IMG_3703

事前にコンクリート用接着剤を使って手当てしました。
コンクリート用接着剤のなかでも衝撃に強いタイプ(セメダイン車止め用)です。
接着剤硬化後に力を入れてみましたがビクともしません。
これで安心して作業できます。

IMG_3704

井戸内に入る前に、ハシゴを綺麗にし、盛り塩にてお清めをします。

IMG_3730

井戸内に入り水面をみると、濁りはなく、グリーンっぽい色をしています。
井戸の内壁は、礫混じり土で堅固にみえます。

IMG_3732

吸込管の繋ぎ込み完了です。

IMG_3734

井戸の上に渡してある塩ビ管は、吸込管を吊るためのもの(仮)です。
吸込管(塩ビ管φ20)自体は軽いですが、充水するとそれなりの重さになるため上部から吊るようにしています。

これでポンプを運転させることができます。
いざポンプのスイッチ・オン!

IMG_3735

しばらくすると、蛇口から勢いよく井戸水が出てきました!
感動!!
無色透明で、冷たくて気持ち良いです。
「井戸水は、水道水に比べ夏は冷たく冬は暖かい」と言いますが、これほど冷たいとは思いませんでした。

しかも、ポンプ(倉庫内に設置)の動作音は静かで、倉庫内にいてもほとんど気になりません。
倉庫の外では耳を澄まさないと聞えません。

しばらく使いながら漏水などの不具合がないか様子をみることにします。

<続きます>

井戸の再生(9)土間コン復旧

前回、ポンプを無事運転させることができました。

その後、不具合なく良い感じで動いています。
配管からの漏水もないようです。

IMG_3828

ただ、自信のなかった、バルブの雄ネジ(R)と塩ビ管ソケットの雌ネジ(Rp)と接合部を触ると、結露しているかのように少しの濡れがあります。
酷くなるようなら、やり直しです・・・
埋設部ではないので比較的容易とは言え、酷くならないことを祈るばかりです。

埋設部分での漏水はありませんでしたので、ハツった土間コンの復旧です。
その前に・・・

コンクリートは、打設するのは楽しい作業です(あくまで小規模の場合ですが)。
一方で解体するのは大変な作業で、そのうえ処分に困るコンクリート殻が大量に発生します。
土間コンを復旧する前に将来のことを少し考えます。

井戸水は、いまのところ質・量ともに良好です。
将来的には宅内給水にも使うことを視野に入れたいと思います。

IMG_3753

ちょうど今回配管した井戸水の給水管を直交する形で、上水道の給水管が通っています。
ここで切り替えれば、宅内で井戸水が使えることになります。
(井戸水の給水管と上水道の給水管を接続することはしません。これは「厳禁」です。)

ただ、全て井戸水というのは不安ですので、別系統で上水道を宅内に引き込むことになります。
その場合、今回土間コンを復旧するところに再度配管することになります。
そこで、その部分だけは解体しやすいように薄い(15mm程度)モルタル敷にとどめることにし、その分を砂利でかさ上げします。

では、コンクリートの打設です。
土間コンをハツったときに発生したコンクリート殻を砂利の代わりに使います。

IMG_3754

コンクリートを打設します。
(モルタル敷にとどめるところは除いています。)

IMG_3755

モルタルを全面に打設します。

IMG_3757

井戸の井筒(陶製)はコンクリートで包まれていますが、一部がむき出しになっています。
コンクリート作業のついでに、この部分も直します。

IMG_3758

型枠を組んでコンクリートを流し込めば良いのですが、上部が張り出しているため流し込めません。
面倒ですがモルタルを塗り重ねることにします。
横着して、無謀にも今回5cm(下のレンガが隠れるぐらい)を目標に塗り付けます。
(普通は1.5cm程度かと思います・・・)

なんとか塗りつけできました。

IMG_3760

上部の張り出しまでは、さらに5cm程度塗り重ねしなければなりません。
次のモルタルの付きがよくなるように櫛目を入れておきます。

シートで養生して本日の作業終了。

<続きます>

井戸の再生(10)井桁作製

前回、土間コンを復旧しました。

井戸にはコンクリート製の蓋があるのですが、結構な重量があります。
しかし、あまり状態の良くない井筒に負担がかかるのではないかと思い、使っていません。

IMG_0050

井筒に負担をかけないように軽い竹蓋(和風の庭園で見かけるもの)を作りたいと思います。

井筒が円形なのに対して、通常みかける竹蓋は四角形です。
円形の竹蓋もアリかもしれませんが、使い勝手が良くないように感じます。
そこで、円形の井筒と四角形の竹蓋の間に木製の井桁を挟もうと思います。

まずは井桁を作製します。
材料は廃材の角材(1.8寸角)を再利用します。
相欠きやホゾ組みで継ぐのですが、ホゾ組みとなると簡単なものでも図面なしでは全く自信がありません・・・
前もって簡単な図面を作り寸法を出します。

井戸蓋

角材が余るため、真ん中に桟を1本入れて転落防止用としています。

丸ノコとノミを使って相欠きを加工します。

IMG_3764

真ん中の桟は、胴付きホゾで継ぎます。
加工が面倒です・・・

IMG_3789

継手が加工できたので組み上げます。
これは楽しい作業です!

IMG_3791

組み上がった井桁を一旦、井筒にのせてみます。

IMG_3797

わざわざ設計図を作っただけはあり、大きさもあっています。

井桁の上におく竹蓋は開閉ができるようにしますが、井桁が動くようでは困ります。
井桁の裏側に角材を取り付け、井筒の内面で固定するようにします。

IMG_3823

写真の赤丸が井筒の内面になります。
角材を取り付けるビスは、錆びないようにステンレス製のものを使っています。

井桁の設置場所は屋外で、しかも井戸上です。
塗装しておいたほうがよいのですが、あいにく塗料を切らしています・・・
塗装はひとまずおいて、次に竹蓋の作製にかかりたいと思います。

<続きます>

井戸の再生(11)竹蓋作製

前回、井桁の取り付けまでできましたので、竹蓋の作製にかかります。

竹蓋には、昨冬に里山から伐り出した竹を使います。

この里山は、自宅に隣接し広さ約3,000m2です。
その2/3がマダケの竹林(竹やぶ!?)、残りがクヌギなどの雑木林となっています。
とくに竹やぶのほうは中に入ることすらできないような状態であったため、3年前の冬から竹の間伐を中心に整備を行っています。

IMG_3047

現在、坪(3.3m2)当り竹1本程度の密度で、光が入る状態となっています。
間伐で1,000本以上の竹を伐りましたが、そのほとんどは持ち出さずに山のなかに積んであります。

マダケは直径5寸(15cm)もある太いものから篠竹のような細いものまでが混在します。
直径が1寸(3cm)程度のものは特に唐竹(ガラダケ)と呼ばれ、竹垣などの用途に最適とされています。
根元が太い竹でも上部の細い部分を使えばよいと思われるかもしれません。
しかし上部は先細りであるため、どうしても元と末の太さが異なる竹材となってしまいます。
そこで根元で1寸程度の竹の下部を採ると、元と末の径がほぼ同じで、なおかつ節のない竹材を得ることができるわけです。

IMG_3046

これらが根元で直径1寸程度の竹の下部4mを伐り出したものです。
元と末の径はほぼ同じで、節もあまりありません。

倉庫内でこのように保管しています。

IMG_3157

伐り出したときはもちろん青竹ですが、半年以上の自然乾燥でサラシ竹のようになりました(本来のサラシ竹は、青竹のうちに炭火などで炙って油分を抜きます)。
木材のAD(自然乾燥)材ならぬ竹のAD材ですね!
ただ、自然乾燥ですので、青みが残っているものから白いものまでさまざまです・・・。

井桁の大きさにあわせて切り揃えます。

IMG_3804

黒染めのシュロ縄で編みます。
編み方はこちらの動画を参考にさせていただきました。
シュロ縄は、1列につき、編む方向の長さの7倍程度(3.14×2+α)を用意すると良いです。

IMG_3813

まっすぐに編んだつもりでも、いつの間にか横にそれてしまっています・・・。

井戸桁のうえに被せて完成です!

IMG_3825

まだ立水栓や井筒のモルタル塗りが残っていますが、それらは追い追いやることにして、とりあえず井戸の再生は完了です。

井戸水は、農具を洗ったり、芝生の水遣りなど、思っていた以上に活用しています。
そのうえ、盛夏のこの時期は本当に冷たくて気持ち良い!
外での作業を終えて井戸水で顔を洗うと疲れが吹き飛ぶほどです。

ブログで書くと長くなりましたが、最低限のポンプの据え付けは考える以上に簡単です。
もし活用できそうな井戸をお持ちなら、ぜひとも再生させていただければと思います。

<続きます>

倉庫の整理(1)農具掛け作製

前回、竹蓋(井戸蓋)を作製しました。

竹蓋には自宅に隣接する里山から伐り出した竹を使いました。

竹は、我が家の里山だけでなく日本全国であり余るような状態です。
竹を少しでも使いたいと思い、これまでに門松や竹のそうめん流し、土壁の竹小舞などに使ってきました。

門松です。

IMG_1004

投稿の内容に関係ありませんが、写真に写っているネコは野良猫です・・・
ワラのうえは暖かくて気持ち良いのでしょう。

こちらは竹のそうめん流しです。

IMG_0628

土壁の竹小舞(エツリ)です。

IMG_2844 (1)

これらは竹を使ったものの定番でしょうか。
ちょっとしたところでも竹を使えないか、そう考えています。

そこで、今回は竹を使って農具掛けを作りたいと思います。

我が家には倉庫が二つあるのですが、荷物で満員御礼の状態でした・・・
ようやく荷物の処分(3年で軽トラ100台分!!)が終わり、これから整理していこうと思っています。
鍬や斧などの農具も使えそうにないものは処分しましたが、それでもたくさん残っています。

鉄骨倉庫の胴縁に農具を掛けたりしていますが、農具にも胴縁にも良くありません。

IMG_3131

そこで、ここに農具掛けを作ります。

○竹は、農具を掛ける竹竿として使います。
○竹竿の支えは木材(角材)で作ります。
○この支え(角材)を倉庫の胴縁(Cチャンネル)に取り付けます。

竹竿の支えは苦手のホゾで継ぐため、図面を描いて寸法を出します。

農具掛け

<続きます>

倉庫の整理(2)農具掛け作製

前回、農具掛けの設計図(のようなもの)を作りました。

農具掛け

図面のとおりにホゾを加工します。

IMG_3243

材料には1寸角のスギを使いました。
残材利用のため仕方ありませんが、本当はもう少し太い角材にしたかったです。

ホゾは斜めに挿さります。
大工さんなどの本職の方だと指矩一本で墨付けするのでしょうが、素人には到底無理です。
そこで図面の出番です。
図面はCADで描いていますので、どの寸法も拾い出せます。
その寸法だけで(指矩の技術は使わずに)墨付けしました(邪道!)。

組み立てます。

IMG_3245

ホゾ組みの接合部です。

IMG_3246

細部をみると素人感がありますね・・・
昨年の改修工事で大工さんが加工したものをみる機会がありましたが、これとはレベルが違い過ぎました。
まあ、これでも用は足してくれるでしょう。

倉庫の胴縁(Cチャンネル)にタッピングビスで取り付けます。
そして少し切り込みを入れておいたところに竹竿を載せます。

IMG_3254

試しに農具を掛けてみます。

IMG_3263

竹竿が二段になっているのは、上段の竹竿に掛けるだけでは安定しないためです。
下段の竹竿で農具が回転して転落するのを防いでいます。
(上段だけだと半数ぐらいの農具が安定せずに転落するような感じです。)
農具の柄を下段の竹竿の内側に入れるか外側に出したほうが安定するかは、農具(の重心位置)によって異なります。

鍬や斧などは竹竿に掛けることができます。
しかし、スコップやツルハシを掛けることができません。
スコップなどを掛けられるように角材を追加します。

IMG_3440

かなり多くの農具を掛けるようになり、胴縁(Cチャンネル)に負担がかかります。
縦に2本の角材を追加して重さを分散させました。

スコップはこのように掛けます。

IMG_3442

ツルハシもうまく掛かりました。

IMG_3443

全て(まだ他にもあるような・・・)の農具を掛けます。

IMG_3445

サビの酷いものがありますね。
農具の手入れもしないといけません。

<続きます>

柿渋の仕込み(1)

柿渋を仕込む時期がやってきました。

柿渋は時代遅れの過去のものになっていましたが、ここにきて復活の兆しがあるようです。
古民家再生や田舎暮らしをしている方で柿渋を自前で仕込んでいる方は多いと思います。

私も2年前からこの時期に柿渋を仕込んでいます。
写真は2年前に初めて仕込んだときの様子です。

IMG_0666

柿渋は2年以上熟成させるのが良いと言われています。
2年が経過した現在、このような感じになっています。

IMG_3841

保存のためペットボトルに移し変えます。
色などの見た目は市販のものと変わりません。
匂いは市販のものに比べると弱いです。
果たしてちゃんとできているのでしょうか?

IMG_3843

昨年は柿の生り年でしたので、バケツ4杯分の柿を仕込みました。

IMG_2093

左から
○オテラ
○(豆柿のような小さい柿)
○(干し柿用の渋柿)
○リョウノタマ
という種類の柿です。

4種類の柿を別々に仕込みました。

IMG_2096

現在も熟成中ですが、昨年は仕込んだあと撹拌するのをサボってしまい、コンニャク状にタンニンが固まったものができてしまいました。
今年は注意しなければ!

さて、今年の仕込みです。
まずは柿の収穫です。
今年は「リョウノタマ」という種類の柿を使うことにします。

IMG_3884

今年は生り年ではないのですが、意外と実っています。
(青柿の状態で落下して、秋まで残るものは少なくなるのだと思います。)

IMG_3883

まだ大きくなるとは言え例年に比べ小さいように感じます。
この夏は雨が少なかったので、その影響でしょうか。

IMG_3885

柿は、結果枝に翌年結実することはないので、枝ごと取ると剪定代わりにもなります。

井戸水で軽く汚れを落とします。
こうしたところで井戸水が大活躍しています。

IMG_3887

<続きます>