カテゴリー別アーカイブ: 里山再生

里山整備2017(3)樹木の伐採

里山と畑との境界(下図で橙色の区域)には果樹を植える計画としています。
このため、ここにある既存の樹木のうち、大きくなって畑側にせり出してきているものを順次伐採していきたいと考えています。

まずは、畑の西側にあるシロダモの木を伐倒することにします。

写真では手前にあるヤマビワの木に隠れてよく分かりませんが、樹高は10m程度です。

根元の直径は約25cm、胸高直径で20cm程度あり、結構な大きさです。

斧が立てかけてありますが、この斧で伐るわけではありません(チェーンソーを使います)。
危険な作業ですので、作業は心を落ち着かせてから。

畑側に伐り倒します。

畑側にせり出していたにも関わらず幹は真っ直ぐです。
こう見ると薪として使うのはもったいないぐらいですね。

シロダモは当地ではよく見かける雑木で、特徴として下写真のとおり葉の裏が白くなっています。

「葉の裏が白いタブノキ」から「シロタブ」「シロダモ」と名付けられたとか。
常緑のクスノキ科の樹木で、切り口を嗅ぐと僅かにクスノキ(樟脳)のような香りがするように感じます。

玉切りなどは追い追いおこなうとして、引き続き、シロダモと同じく畑の西側にあるヤマビワを伐倒します。

ヤマビワは自然生えしたものがたくさんあり、下写真で木肌が白いものはすべてヤマビワです。
小さいものを残し、上写真のように大きくなったもの(樹高6〜7m)を伐採することで更新を図っていきたいと思っています。

伐倒完了。

畑の南側にも大きくなったヤマビワがありますので、これも伐倒します。

ビワの木と言えば、開心形(平べったい形)の樹形をイメージしますが、上写真のものは円錐形で、しかも樹高は10m近くありそうです。

伐倒完了。

1本伐った程度ではほとんど変化はありませんね。
ちなみに、上写真で中央にある大きな木(常緑樹)がウラジロガシで、その背後のさらに大きい木(落葉樹)がクヌギです。

<続きます>

里山整備2017(4)伐採木の利用

前回、畑側にせり出している樹木の一部を伐倒しました。

上写真は樹高10m程度のシロダモです。

このシロダモの幹を薪用に玉切りしたのが下写真です。

太いもので直径25cm。
これだけ太くなるには長い年月がかかっているのでしょうが、薪ストーブの薪としてアッという間に無くなってしまうのでしょうね。

枝葉については、薪用と、細かい枝葉に分けてバラします。

1本の木からこんなにたくさん(一輪車の大きさと比較)の枝葉が発生しました。

細かい枝葉も、このまま置いておけば1年後には自然と枝と葉に分かれ、枝部分は薪ストーブの焚き付けとして使えます。
ただ、今シーズンは柿の木を大規模に剪定していることから、細かい枝の焚き付けは十二分に確保できる見込みです。

そこで、細かい枝葉は畑の畝に被せ、被覆材(天然のマルチシート)にすることにします。

雑草を(ほどほどに)防いでくれ、腐れば堆肥になって土に還るわけです。

作物の種を播いたばかりの時期だと発芽・成長の支障になりかねませんが、今の時期だと秋に播種した冬野菜や豆類は既に大きくなっているため、それらを囲うように枝葉を被せることが可能です。

<ビフォー>

<アフター>

ソラマメが霜のためにグッタリしています(早朝に撮影)。
しかし、こうすることで地面がむき出しになっている状態よりも霜の影響が小さくなることでしょう。

ところで、ほとんどの人はこの畑を見ても、とても作物を栽培しているとは思わないでしょうね・・・(私自身も、このような畑を見たことがありません)。
樹木の枝葉を利用する場合でも、普通はシュレッダーによりチップ化するかと思います。
しかし、これまでの3年ほど剪定屑をこのように被覆してきたところ、地力は年々増しているように感じています(化学肥料のような即効性はありません)。

3年前に化学肥料をやめたときは、ダイコンさえも育たない状態でした(発芽するものの、すぐに黄色くなって消滅)。
それが少しずつ地力が回復し、現在では下写真のとおりダイコン程度であれば育つようになっています。

肥料分が少ないためか、葉が小さいですね。

葉を見る限りあまり期待できませんが、引き抜いてみると十分食用になるレベルです(^_^)

<続きます>

里山整備2017(5)樹木&竹の伐採

畑側にせり出してきている雑木を、これまでに5本(シロダモ、ヤマビワ×2、ネズミモチ、ヤブツバキ)伐採しました。

また、これとは別に果樹園(自家用)を再生すべく果樹も伐採しており、下写真で9番のカキの木も伐採しました。

9番の木の伐採によりスペースができましたので、山側のヤブツバキを伐採することにします(スギも伐採する予定ですが、今シーズンはとりあえずツバキのみ)。

横から見ると、前方にせり出しているのがわかります。

下写真は3年前に撮影したもので、矢印で示す木が上写真のヤブツバキになります。
この頃は竹の間伐をしていなかったため、背後の竹の勢いに押されて、前方にせり出していたわけです。

ちなみに、上写真はシュロ(和棕櫚)の木を伐採しているところですが、この辺りにはシュロの木が林立し、さながら南国?のような感じでした。
温暖化の影響もあり、我が家だけでなく全国において自然生えのシュロが急増しており、「ノラ猫」ならぬ「ノラジュロ」と呼ばれ問題化しているそうです。
また、シュロ皮を剥がさないとノコギリを使えないため、植木屋さんはシュロの伐採を嫌う(別料金)と聞いたこともあります。
一昔前は家の新築時にシュロ(唐棕櫚)を植栽するのが喜ばれましたが(城持ちになったとして「城」と「シュロ」をかけています)、時代によって変わるものですね・・・

閑話休題

伐倒完了。

目通りで約20cm弱の太さがありますので、良い薪となります。

今回伐採したヤブツバキに隣接して同じくらい大きさのツバキがもう1本あったのですが、それは3年前に伐採しました。
その切り株から萌芽し、現在、下写真のようになっています。

ツバキも大きくなれば伐採して更新させていくのがよいのかもしれません。

里山内では、竹の伐採を進めています。

上図で黄色で着色の区域(下写真)は将来的に竹を無くす予定ですので、間伐を強くおこなっています(写真では分かりづらいですが、3坪に1本程度の密度)。

緑色で着色の区域(下写真)は坪1本程度の密度で、古い竹を伐採しています。

林内に光が差し込み、更新を図ることで竹のほとんどが青々とした若い竹になってきました。

<続きます>

里山整備2017(6)竹の燃料

薪ストーブの焚き付けは、杉の葉、小枝、少し太めの枝を使ってオーソドックスに下から着火しています。

これらの焚き付け材のうち杉の葉については、敷地内の杉の木(4本)から落ちてくるもの(下写真)を拾って、ちょうど過不足がないくらいです。

小枝や少し太めの枝については、昨シーズンに樹木を伐採し野ざらしにしてあったもの(下写真)を使っていますが、先日、小枝のほうを使い切りました。

処分に困っていたほどですが、毎日使っていればいつの間にか使い切るものですね。
敷地内も片付き本当にスッキリです(^_^)

そこで、里山内に焚き付け材を拾いにいくことにします。
里山内には樹木の小枝も落ちているのですが、竹の枯れ枝を集めることにします。
と言うのは、3年前から竹を伐採していますので、伐採の際に枝払いしたものが地面にたくさん落ちており、竹の枝のほうが集めるのが容易なのです。

竹の枝は枯れ竹のものでも弾力があるため、焚き付け用に短く切ったり折ったりするのが面倒に違いないと思っていました。
しかし、2年程度地面に撒かれていた枝は枯れが進んで、手でポキポキと折ることができます(昨年伐採し1年程度しか経っていないものは、まだ折りづらいです)。

そんなことでアッという間にポリペール(120L?)1杯分を集めることができました。

この竹の枯れ枝を使って焚き付けをおこなってみます。

下から順に、杉の枯れ葉、竹の枯れ枝、少し太めの枝です。

杉の葉に着火。
すぐに燃え広がります。

さすが竹だけあって樹木の小枝に比べ火勢が強いです。
バーナーのごとく「ボー」と音を立てて勢いがあるのはよいのですが、煙突のダンパー全開では煙突内に付着した煤を吹き飛ばしてしまいそうです・・・。

何はともあれ、竹の枯れ枝がよい焚き付けになることがわかりました。
薪ストーブのシーズンが残り少なくなってきて寂しい限りですが、今シーズン中は竹の枯れ枝を使っていこうと思います。

ところで、次の冬までに竹を燃料にできる温水ボイラーを導入したいと考えています。
青竹をそのまま燃やすと破裂するため、燃料として使う場合、事前に割るなり、節間を切断する必要があります。
そのため、竹を燃料にする場合は伐採後数年経過し、ある程度朽ちたものを使うことが多いようです。

昨シーズンまでに伐採し山の中に積んであるものを観察すると、2、3年で自然に割れが生じています。
そこで、ボイラーの燃料にすることを見越し、今シーズンに伐採するものは、昨シーズンまでに伐採したものとは別の山にして積むようにしています(同じ山に積むと、下にある古いものを取り出せないため)。

竹は中空で通気があるため、腐りにくく、伐採後も山の中に野ざらしにしておけます。
このことは乾燥し軽くなってから運搬できるというメリットにもつながります。

しかし、竹は火力は強いものの、すぐに燃え尽きてしまうため、薪ストーブの燃料としては使い勝手が悪いです(実際に使ったことはありません)。
しかし、ボイラーであればその欠点は小さくなるのではないかと思っています。
今の世では竹は邪魔者に過ぎず、燃料にするにしても手間暇がかかるに違いありませんが、身近にあるものを大切に使えればと思っています。

<続きます>

里山整備2017(7)剪定屑などのゴミ投機

里山内の竹の間伐・更新により、林内に光が射し込むようになっています。

竹の間伐・更新に加え、今シーズンからは樹木の伐採(林縁部)も始めました(下写真はその内の1本)。

その結果、これまで陰気だった自宅裏の様子が明るくなってきました(里山は自宅の裏手)。

下写真は、上写真と同じ場所を3年前に撮影したものですが、林内が暗く薄気味悪い状態でした。

裏庭がちょうど里山を借景?にする位置にあるのですが、里山が明るくなったことで、庭も明るくなったかのようです(下写真のビフォー・アフター)。

<ビフォー:2013年12月>

<アフター:2017年3月>

また、畑側から見ると、病気(テングス病)にかかった竹が密集し、いかにも荒廃した感が強かったのが、若々しい緑で覆われてきました(冬は竹にとっては夏のような季節で本来は元気があります。下写真のビフォー・アフター)。

<ビフォー:2014年1月>

<アフター:2017年3月>

以前は里山内で作業をしていると白昼でも薄気味悪く、お化けが出そうで怖いぐらいでしたが、今では逆に林内のほうが清々しさを感じるほどです。
ただ、今でも薄気味悪く感じる場所が1箇所残っています。
それは下図で朱色破線で囲む箇所です。

ここは谷状の地形になっています。
もともと谷状の地形だったところへ昭和30年代に斜面が崩れたことで、谷の法肩がさらに自宅側に近づいています。

谷状になっているためゴミを捨てやすく、またゴミで谷を埋める?目的もあり、3年前まではここを藪と呼んで剪定屑や草を投棄していました。
その結果、山のなかでは上から投棄されるゴミに押されて竹が倒れ、凄まじい状態になっていました・・・。

そこで3年前に剪定屑などのゴミを捨てるのをやめるとともに、倒壊している竹の整理をおこないました(下写真は3年前に整理した後の状況)。

上写真で斜面上部にある大きな塊がこれまでに捨てていたゴミです。
相当な量があり、剪定屑だけでなく丸太なども混じっているため、途中で引っ掛かって下まで落ちてきません。
竹や樹木を押し倒しながら、3年が経過した現在、斜面の中腹まで落ちてきています。

ところで、剪定屑などのゴミを谷に投棄すると、一見、谷が埋まった(盛土した)ようにみえます。
しかし、当然いずれは腐って体積がほとんど無くなるため、(現実的に)谷が埋まることはありません。
逆に、投棄され続けるゴミが覆いになり草や樹木が生える余地がなくなるとともに、土が肥える(軟弱化する)ことにより、斜面の強度は弱くなると考えられます。
ちなみに、道路や河川の土手は定期的に草刈りがおこなわれていますが、それは草を生やしつつも、土が肥えすぎて軟弱になるのを防いでいるのであり、それと真逆のことをやっていたわけです・・・。

自己弁護になりますが、このように山に捨てるようになったのはダイオキシン規制により田舎でも剪定屑などを野焼きしづらくなったことにも一因があるように思います。
そう思うと、田舎においてこそ剪定屑などの木質資源を有効利用できる薪ストーブやボイラーなどの必要性が高まっているのかもしれません。

閑話休題

今後、剪定屑などは山ではなく畑に捨て?畑の肥やしにしたり、燃やして燃料とするつもりです。
既に捨てられているものも、そう遠くない将来、自然に土へと還っていくことでしょう。
実はこの谷には、自然に還らないゴミ(本物のゴミ!)も投棄されているのです。
これがこの一帯を薄気味悪くさせているほか種々の問題を起こしています。
これについては次のブログ記事に記載したいと思います。

<続きます>

里山整備2017(8)本物のゴミ投機

里山の整備により山の中にも光が差し込むようになり、特に今の季節、山中を歩くと本当に気持ち良く感じます。
しかし、こうして整備した今でも薄気味悪く感じる場所が残っているとして、前回のブログ記事においてその箇所(下写真、剪定屑などのゴミを投棄していた場所)の現状を紹介しました。

上写真は3年前の整備後の状況ですが、斜面の上部にある大きな塊が剪定屑などのゴミです。

「ゴミ」と言っていますが、もちろん剪定屑は自然のものですので徐々に腐り早晩、跡形も無くなるものです。
下写真が現在ですが、3年の歳月で下方に落下するとともに体積が減っているのがわかります(剪定屑が腐ったものは腐葉土になっています)。

ところで、上写真には剪定屑などのゴミ(緑色)だけではなく、それ以外のゴミ(朱色)も写っています。

その部分を拡大すると・・・大量のゴミが!!

先の剪定屑などは本来、ゴミと呼ぶのは相応しくないものですが、こちらはまさに「本物のゴミ」です。

なぜこのように大量のゴミが投棄されているのか疑問に思いますが、聞くところによると、ひと昔前まで田舎ではゴミの回収がなかった(真偽不詳)ため、不燃物は山に投棄していたそうです。
こうした背景があるなか、昭和30年代にこの谷の斜面が崩れ(下図)、それを埋めようとして?亡き父が瓦礫や不燃物を捨て始めたのをきっかけにしてゴミがゴミを呼ぶ事態になってしまったようです。

ゴミが投棄されていても谷で目につかないため特に構わないように思いますが、実はヤブ蚊の大量発生の原因になっていて困っているのです。
大量に捨てられている缶やビン、各種容器(下写真)に雨水が溜まっており、夏に見るとボウフラがウジャウジャ(それ以前にヤブ蚊の猛襲があるため雨合羽で完全防護です)。

上写真には自動車のバッテリーも写っていますが、容器が劣化し電解液が漏れるとヤバそうです(バッテリーは既に6個回収)。

下写真の箇所は斜面の中ほどから地下水が湧出していますが、湧水がその下にある空き缶などに溜まることになります。
そして溜まった湧水が腐り、異臭が発生しています。

これは尋常ならざる状態だと感じ、とりあえずは湧水が出ているところだけでもゴミを撤去してみようと少し取り除くと・・・。

地表に転がっているだけではなく、相当な深さまで埋まっている模様です・・・。

ここまで酷い状況だと、もはや個人の手に負えるものではなさそうですし、こうした問題をひとりで抱え込んでいてもろくなことはありません。
そこで、市の担当部署に相談することにしました。

<続きます>

里山整備2017(9)ゴミ処理の方針

前回のブログ記事で里山に投棄されているゴミの状況について書きました。

ゴミの量が半端なく多く、とても個人の手に負えるものではないと感じ、市の担当部署に相談することにしました。

その結果、結論としては「個人敷地内の投棄ゴミ(家庭ゴミ)は地権者が処理せざる得ないが、条例の規定に基づき許可を得れば市の処理施設への搬入が可能」とのこと。

幸い軽トラを所有していますので、それで運搬できます。
それと、以前、主屋や倉庫の片付けで出たゴミを軽トラ100往復!して処理施設に運んだ経験(下写真)がありますので、ゴミの分類・搬入には慣れています。

ところで、そのときは約3年をかけて毎週末、軽トラで処理施設まで1往復して運んだのですが、一時は次々と出てくるゴミにキリがないのではないかと感じたものです。
しかし、軽トラ100車に達しようとする辺りで、それまでは軽トラ満載で運んでいたが急に減り、片付けが終了しました。

これまでに、古民家再生に取り組んでいる多くの方のブログを拝見しましたが、そのほとんどの方は最初の試練として膨大なゴミの処理に苦労されてみえるようです。
そして、処分したゴミの量は我が家と同様、軽トラ100車分にのぼったというブログ記事を散見します。
100年の古民家とすれば1年に軽トラ1車分のゴミが溜まっていった計算になりますが、実際には昭和30年代(高度成長期)以降に激増したモノが大半を占めている状況です。

現在では自治体によるゴミ回収がおこなわれていることから、こうして大量生産・大量消費されたモノのゆく末を知らずにすみます。
しかし、モノを溜め込むことの是非は別として、こうしてモノで溢れゴミ屋敷化してしまう状況に接すれば大量生産・大量消費の世の中の危うさを感じるものかもしれません。

閑話休題

里山に投棄されているゴミについて、市の処理施設に搬入すべく許可申請をおこなうとしても、今後どのように作業を進めていくか。
このゴミが投棄されている場所はヤブ蚊やマムシの巣窟になっているため、夏場は危険で作業できません。
このため冬季(の週末)のみ作業することになりますが、これまでの経験!?とゴミの量から少なくとも3年(シーズン)は要すると感じています。

そこで特に状態が悪い箇所を優先するとして、湧水が空き缶などに溜まり異臭を発しているところ(下写真)を今シーズンに片付けることにします。

今シーズンにできる時間は残り少なくなってきましたので、市の処理施設へは夏にでも運べばよいとして今はゴミの回収に注力します。
具体的には市指定のゴミ袋を持って谷へ降り、ゴミを拾って引き上げてくるだけです(上から捨てるのは楽チンですが、谷底から引き上げてくるのは大変です・・・)。

千里の道も一歩からと言うことで、朝活(早起きしての1時間)で3袋を回収(ブログ記事は遡って書いており、実際には3月頭から作業しています)。

長い道のりになりそうですが、果たしてゴミ袋何袋分、軽トラ何車分になることやら。

<続きます>