遊休農地活用」カテゴリーアーカイブ

遊休農地の活用(14)バチ鍬が活躍!

ちょうど2年前の春に我が家に戻ってきた3畝(3a=300m2)程度の畑。
ただでさえ管理すべき土地が多いのに、これ以上増えてどうする!と正直なところ思ったのですが、放っておけば荒れ地化して手がつけれられなることは嫌と言うほどわかっています。
そこで、果樹園として活用することにし、果樹を植え付けるとともに下草としてクローバー(シロツメクサ)を播種しました。
そのとき播種したクローバーはほとんど発芽しなかったものの、秋に播き直したものがうまくいき、現在、下写真のとおりクローバーで覆われた状態になっています。

遊休農地は、今頃に今年最初の草刈りを行うことが多いと思いますが、この畑はクローバーのお陰で草刈りしなくても済み、クローバーを見るたびに本当に有り難く感じます。
ただ、クローバーが生え揃っていないところがあり(上写真で朱色破線内)、そうしたところは雑草が繁茂してきます(手鎌で刈り取っています)。
今、クローバーが活発に生育する時期ですので、株分けしてクローバーが生えていないところに植え付けておくことにします。

バケツ山盛り一杯分のクローバーを採取。

適当な大きさにちぎって植え付けます。

クローバーはそれほど横に広がっていきませんので、少し離して何箇所かに植え付けるのが良さそうです。

この地区にもう1箇所、我が家所有の畑(約3畝)があり、こちらは何十年もの耕作放棄により篠竹やノイバラのジャングル状態になっていたのを1年前の冬に全て刈り払い、現在、下写真の状態になっています。

こちらもクローバーを下草にした果樹園にしたいと思い、昨秋、時期尚早とは思いつつ試しにクローバーを播種してみました。
その結果、下写真のように生えているところもありますが、笹の勢いが強いため播種ではなかなか難しいように感じます。

そこで、先に株分けしたものを植え付けることにします。
とは言え、地中は篠竹などが根を張っていて簡単には植え付けられません。
そこで、活躍するのが下写真に写っているバチ鍬(タケノコ掘り用の鍬をゴツくした感じの鍬。先端の形状が三味線のバチに似ていることから命名)です。

バチ鍬の柄に、高祖父由来の屋号(∧やま源)が焼印されているため相当古いものだと思います。
バチ鍬なんて使うことはないと思いつつ、捨てるのも勿体なかったため、2、3年前に錆を落としたうえ油を塗布して保管してあったのです。
実際使ってみると、相当体力を要するものの篠竹の根でさえ切っていきます。
この農地も、先人がこうした道具を使って気の遠くなるような作業を行って畑にしたのに違いありません。
現代にあってはお荷物的存在の農地ですが、本質的にはコンピュータや自動車などよりも人類にとって大切なもののはずです。
未来の世代のためにも、ここはクローバーに頑張ってもらい、いつでも農地として使える状態にしておくのも悪くはないでしょう。

ところで、にモモ2本とクリ1本の苗木を植え付けましたが、そのうちモモがピンク色の花を咲かせています。

市販の苗木に1年保証が付いているように、どんなところに植えても1年程度は調子良いものですが、それでもこのモモは調子が良いように感じます。

一方、クリ(半額の処分品を購入)のほうは購入時の状態のままです・・・。

完全に枯死しているわけでなく、芽吹いてくれるのを期待していたのですが。
処分品だから1年保証も無いだろうし、ウーム・・・。

根元にクローバーを植えて応援部隊(窒素補給)を送り込むことにしましょう(^_^)

遊休農地の活用(13)クローバーの広がりと果樹の植え替え

2年前から管理(定期的な草刈り等)を行わなければならなくなった畑について、果樹を植えるとともに、草刈りの負担軽減を図るためクローバー草生にすることにしました。
一昨年の秋にクローバーの種を播き、昨年3月には下写真のとおりクローバーが生え始めした。

その後、株分け・補植を行ってクローバーの陣地を拡大し、今年2月には下写真の状態にまで広がっています。

クローバーで覆われているところ(全体の7割程度の面積)はほとんど雑草が生えてこないため、草刈りの負担が随分と減っています。
さらに草刈りの負担軽減だけでなく、クローバーは豆科の植物で土地も肥やしてくれるのが素晴らしいところです。
まだクローバーが生えていないところ(雑草が生えているところ)がありますので、今春も株分け・補植を行うつもりです。
全体が覆われれば、クローバーの中からわずかに生えてくる雑草を手で抜き取るぐらいで済み、もやは刈払機の出番が無くなるかもしれません?

一方、これまでに植えた果樹のほうはクリとビワが順調で、ミカンが元気ありません。
このうちのビワ(2本)については、2年前、自宅裏の里山に自生していたものをここに移植したものです。

ちょうど接ぎ木を行うのに良い大きさになっています。
当初は、この場所で接ぎ木を行おうかと思っていたですが、後のことを考えると一旦、鉢上げしたうえ接ぎ木したほうが良さそうです。
そこで、台木用として鉢上げして自宅に持ち帰ります(下写真で駄温鉢の2本)。

ビワの接ぎ木と言えば、昨春に行ったものがうまく活着して元気よく育っています(下写真で朱色矢印が接ぎ木箇所)。

これを今回鉢上げしたものと入れ替わりで畑に植え付けると良さそうです。
ただ、鉢上げしたものが2本に対して接ぎ木苗は1本しかありません。
そこで、果樹の配置を変更することにし、ビワを2本から1本減らす一方、クリを1本から2本に増やすことにします。

実は、現在植えてあるクリは利平と言う品種のもので、この品種は自家結実しにくく受粉樹が必要であることを後になって知りました。
近くにもクリの木が無いような感じですので、品種の異なるもの(筑波)をビワの替わりに配置することにしました。
また、先述のとおりミカンの生育状況が良くないため、ミカンは自宅畑に移植することにし、その替わりにスモモの苗木を購入して植え付けることにしています。

と言うことで、ビワの接ぎ木苗(自家製)を植え付けます。

続いて、クリ(品種:筑波)の苗木を植え付けます。

最後に、スモモ(品種:サンタローザ)を植え付けます。

スモモはミカンの替わりに配置しますが、弱っているミカンは3月になってから移植したほうが良さそうですので、とりあえずミカンに隣接して植え付けています(ブログは遡って書いており、一連の作業は2月に実施)。