カテゴリー別アーカイブ: 什器類

古民家流?掛け時計の作製(1)

ずいぶんと時間と手間がかかりましたが、無事、薪ストーブを導入できました

薪ストーブが入ったことで、部屋の雰囲気も古民家の良さがほんの少しは出たように感じています。

img_4474

とは言え、ボロ古民家ゆえに手入れするところに際限はありません。
上写真に矢印で示した箇所の掛け時計も古民家と馴染んでいませんね・・・
時計自体は問題なく動いていますので、買い換えるのは勿体無いです。

時計自体は再利用し、ガワ(盤面など)だけを取り替えるようなこと(時計のリフォーム)ができないものでしょうか?

とりあえず分解してみます。

img_4539

時計の心臓部分がひとつのユニットになっており、その部分だけを取り外すことができました。
この時計部分を再利用して、古民家にも馴染むような時計を作ってみたいと思います。

まずは、時計のガワ(盤面など)をどのようなものにするか考えます。
時計を掛ける場所は、当地で「ちょうもん(丁物)」と呼ばれる差し鴨居です。

img_0766

ところで、この差し鴨居は家の構造を支える大切な部材ですが、昔の田舎では尺二寸(約36cm)幅のものを使うことが家のステータスとなっていたと地元の長老から教えてもらったことがあります。
今やボロ古民家となり果てていますが、この差し鴨居をみると我が古民家も建築当時は立派なものだったのかもしれません。

差し鴨居には、曲げ強度の強い松材(赤松)が使われています。
この松の差し鴨居に掛ける時計として、同じ松の一枚板で作ると面白そうです(^_^)

松の板材は、天井板の張り替えで発生した古材が保管してありますので、それを再利用することにします。

img_07662

雨漏りや虫食いでボロボロになっていたものは処分しましたが、比較的状態の良いものは再利用できそうです。

img_4548

この板は約33cmの幅があります。
差し鴨居の幅と同じぐらいで、差し鴨居に掛ける時計のサイズとしてはちょうど良いかもしれません。

虫食い部分を切り落とし、表面を削って反りや汚れを取り除きます。

img_4556

表面を削ると木目が良くわかるようになりました。
目が荒いということでしょうが、ダイナミックな木目のデザインが案外良いかも(^_^)

切ったり削ったりしたことで、大きさ540mm×310mm、厚み18mmの板となりました。
それでも右上に虫食い箇所が残っています・・・

で、肝心の時計のデザインをどうするか?
センスはありませんので、とりあえずは、この板を最大限使うデザインを考えてみます。

clock_design

右上の虫食い部分を除くため、四隅をカットするデザインにしました。
時計の針などの大きさは決まっていますので、そのまま配置しています。
0、3、6、9時の位置に鋲を打ち、その他の時間は小さな穴を掘ってサインとします。
盤面に彫刻刀で数字を掘ると良いのですが、鋲や穴で省力(手抜き)です・・・
鋲や穴だけではデザイン的に寂しいかもしれませんので円形の溝を入れていますが、どうなることやら?

<続きます>

古民家流?掛け時計の作製(2)

前回、掛け時計(盤面)のデザインらしきものを描きました。

clock_design

図面だけでは完成イメージが掴めませんので、とりあえず作っていきます。

板材(古材)の四隅をカットします。

img_4556

次に、時計のユニットを取り付けるための穴を裏面に掘ります。
このユニットを取り付けるためには、取り付け箇所の厚みを3mm(時計針とユニット部分の離隔)にする必要があります。
板厚は18mmですので、15mm掘り、3mm残すことになります。

clock_detail

しかし、私の拙い技術ではノミを使って3mm残して穴を掘ることはできそうにありません(突き破るに違いありません)。

そこで、トリマーを使います。

img_4558

事前に合板で型(テンプレート)を作っておき、それに沿わせてトリマーを動かすことで掘っていきます。

中心に時計の軸を通す穴を開けます。

img_4560

試しに時計のユニットを取り付けてみます。

img_4559

穴の深さ15mmに対して、時計ユニットの厚みも15mmです(たまたまです)。

釘などに引っ掛けるための穴も設けます。

img_4568

丸穴だけでは滑り落ちるかもしれません。
釘頭が引っ掛かるように、大きめの穴を掘り、そこに上写真のようにカットしたトタン板を被せました。
三角形の切り込み箇所に釘頭が引っ掛かる塩梅です。

表面の加工を行います。
・トリマー(ギンナンビット使用)を使って外周を面取り(飾り面)加工します。
・同じくトリマー(ストレートビット使用)を使い、時計軸を中心とする円形の溝を掘ります(盤面のアクセントのつもりです)。
・さらにトリマー(V溝ビット使用)を使って時刻を示す箇所に穴を掘り、0、3、6、9時には飾り鋲を打ちます。

img_4562

亜麻仁油で拭きあげ、針を取り付けます。

img_4565

濡れ色となり、少しムラになってしまいました・・・
松材はオイル仕上げは向いていないかもしれません。

差し鴨居にところに掛けてみます。

img_4569

差し鴨居の幅に対しては良い大きさに感じますが、時計(針)に対して大きすぎて(特に横幅)、バランスが悪いような・・・

<続きます>

古民家流?掛け時計の作製(3)見直し

前回で掛け時計は一応完成しました。

img_4569

しかし、時計(針)の大きさに対して盤面が大きく(特に横幅)、バランスが悪いように感じます。

そこで、横幅を小さくする方向でいくつかの見直し案を考えます。

clock_comparison

左上が当初のものです。
なんとなく下段の真ん中が良いように感じますので、これで作り直すことにします。

せっかくの木がもったいないですが(と言っても元は古材です。)、カットします。

img_4593

当初は、0、3、6、9時だけに飾り鋲を付けていましたが、すべての時刻に付けることにしました。

img_4594

差し鴨居のところに掛けてみます。

img_4595

時計(針)の大きさとのバランスも良くなったように感じます。

古民家や薪ストーブとは馴染んでいるでしょうか?

img_4596

まあ、こんなものでしょう(^_^)

神棚の移設(1)

薪ストーブを使うようになり、屋内に祀ってある荒神様(火の神様)を毎日、拝むようになりました。

また、井戸を再生(再利用)させてからは、毎朝、仏壇にお水をお供えするようになっています。
水道水やガスだけを使っていたときは、そのような気持ちになることは一度もありませんでした。
身近にある水や木(火)を使うことで、自然とそうした気持ちが生じてくるのかもしれません。

このように書くと、さも神仏を大切にしているようですが、実は、荒神様の神棚を仮置きしている有り様なのです。

と言うのは・・・

昨年の主屋の改修工事において、それまでは別室になっていた台所と居間の床高さを同じにしていただき、ひと部屋として使えるようになりました。
台所と居間との仕切りになっていた垂れ壁の背面側(台所側)に神棚が設けてありました。

stove1-23

ひと部屋になった現在では、この垂れ壁は不要であり、また玄関の格子戸(上写真で奥側)を分断しておりスッキリしませんでした。

そこで、改修工事後にDIYで垂れ壁などを撤去しました(下写真)。

stove1-24

ちなみに、台所側は十数年前のリフォームで洋風?になっているため、ひと部屋のなかに和風と洋風が混在する状態になっています。
もともとは同じ形式(天井は「大和天井」)であったため、今後、元に戻す方向で和風に統一したいと考えています。

脱線しましたが、この垂れ壁の撤去により神棚の設置場所がなくなったわけです。

現在、大変失礼ながら脚立のうえに仮置きしてあるような状態です・・・

img_4519

神棚をどこに設置(移設)すればよいか?

十数年前、まだカマドが残っていたときはカマドやガスコンロの近くの柱に荒神様が祀られていました。
現在、火を扱うのはガスコンロと薪ストーブですので、その中間ぐらいに神棚を設けると良さそうです。

良いところに、南に向かって神棚を設置できそうな柱があります(下写真)。

stove1-25

柱には、以前は垂れ壁がついていたため欠き込みがあります。
この欠損箇所は、ちょうど神棚を設けると隠れて見えなくなりそうですが、神様に失礼があるといけませんので埋めておくことにします。

柱は桧ですので、埋め木も桧を使ったほうが良さそうです。
ちょうど薪ストーブの炉壁(見切り材)に使った桧の端材がありますので、それを使うことにします。

img_4616

欠損部に埋め木を施します。

stove2-17

埋め木をした周囲は先に書いたとおり垂れ壁がありました。
そのため、柱や桁はその部分だけ煤けることなく表面が中途半端に汚れた状態になっていました。
そこで、古色塗り(柿渋に弁柄や黒顔料を配合)して周辺とあわせています。
濃い色ですので、適当な配合でも色を合わせやすいです。

肝心の埋め木は遠目で見るとそれなりですが、近づいてみるとボロがでますね・・・

img_4618

昨年の主屋の改修工事で大工さんはいとも簡単かつ綺麗に埋め木をされてみえましたが、実際にやってみるとそうは綺麗にできません。

埋め木にも古色塗りします。

img_4654

img_4659

<続きます>

神棚の移設(2)

前回、神棚を設けることになる柱の欠損部に埋め木を施しました。

stove2-17

神棚(社、当地では「オスヤ」と呼びます。)は既存のものを使いますが、神棚を置く棚板を設ける必要があります。

以前は棚板を上から吊っていましたが、今度は柱に設けますので下から支えるほうが良さそうです。
柱(4寸5分=135mm)や神棚の大きさを考慮して、棚板の大きさを検討します。

kamidana

絵を描いても、適当な大きさなのか見当がつきません・・・

ところで、棚板には何の木を使えば良いのでしょうか?
伊勢神宮をはじめ神社は檜の白木というイメージがありますので、やはり檜でしょうか。

檜の板材をホームセンターに買いにいくと、工作用に加工されたものが売っていましたが意外と高価です。
それ以前に板厚が小さいもの(9mm程度)しかありません。
そこで、檜の間柱(105×30×3,000)を買うことにしました。
支え部分に使うだけでかなり余りますが、また何かに使えるでしょう。

台部分に使えそうな幅広のものは売っていませんでしたので、これまでのもの(下写真で手前側のもの)にカンナを掛けて再利用することにします。

img_4649

木取りします。

img_4650

台と支えはビスで打ち付けますが、ひと手間かけて台のほうに溝を掘り追入れ接ぎとします。

img_4651

下から見えるところですので、下手に掘ると隙間ができてみっともないですので、トリマーを使いました。

支え部分を柱にビス留めしますので、ビス頭が隠れるように下穴をあけておきます。

img_4652

柱に取り付けます。

img_4658

これなら重いものを載せても大丈夫そうです(^_^)
とは言え、ここに置く神棚は小さくて軽いものですが・・・

<続きます>

神棚の移設(3)

前回、棚板を柱に取り付けました。

img_4658

神棚の前には榊立て(花瓶)や燭台などを置きますが、その燭台がくすんでしまっています。

img_4663

小さい燭台ですので、500円ぐらいで新しいものを買えます。
しかし、真鍮製ですので磨けば新品のように蘇るはずです。

ひと昔前までの神具や仏具は真鍮製のものが多く、日常のお手入れとして「ソフトアルボン」という研磨剤で磨いて、最後に新聞紙で拭き取るのが定番であったかと思います。
ただ、ここまでくすんでしまうと「アルボン」だけ綺麗にするのはかなり大変です。

そこで、ドリルにバフを取り付けて一気に磨きます。

img_4664

研磨剤は「青棒」や「白棒」などと呼ばれるバフ用研磨剤を使っています。

あとは「アルボン」で仕上げます。

img_4679

今回は小さい燭台ですが、ちょうど2年前には大きさのある仏具の手入れを行いました。

<当初>

img_0805

<前処理後>
大きさがあるため、バフ掛けの負担が小さくなるように前処理(酸性溶液に浸す)を行ないます。

img_0798

<バフ掛け後>

img_0799

<「アルボン」で仕上げ後>

img_0802

真鍮製は磨くと光沢が蘇りますが、日常の手入れが欠かせず大変です。
昨今はこのように手間がかかるのを嫌い、メッキの仏具や神具が多くなっているようです。

閑話休題

神棚や燭台などを棚板において無事移設完了です。

img_4788

上写真で、神棚に電線を下ろしているようにみえますが、これは後ろの壁に取り付けてあるインターフォン用のものです。
仮配線なのですが、電線は古民家と馴染まないですね。
後ろのエアコンも、ウーム・・・

門松の作製(1)竹の伐り出し

先日から、今シーズンの里山整備を始めました(と言っても週末のみのため、これまでにおこなったのは2日程度です・・・)。

img_4853

間も無く新年を迎えますので、伐った竹を使って門松を作ることにします。

門松を作るのは今年で3年目です。
下写真は初めて(一昨年)作った門松です。

img_0461

ちなみに、門松と一緒に写っている猫は野良猫です。
藁が暖かくて気持ち良いのか、ここに寄ってきていました。

このときは1個しか作りませんでしたが、少し慣れてきたところで今年は1対(2個)作ることにします。

まずは、山から竹の伐り出しです。

門松は比較的太い竹を用います。
家庭用の場合、直径3寸(90mm)程度のものがちょうど良いように思います。

現在、整備している山の竹は真竹(マダケ)です。
真竹は孟宗竹のように太くはありませんが、それでも直径3.5寸(105mm)以上のものもあります。

太いものを選んで伐ります。

img_4887

同じ真竹の山でも、山の奥側は太いもの(親竹)が多い一方、里側(竹の前線)は細いのもの多くなっています。
上写真の箇所は山の奥側で、直径3.5寸(105mm)以上の太いものがほとんどです。
チェーンソーが写っていますが、竹でもこれだけ太いものになると手鋸では結構大変です。

1個の門松には、大中小の3本を1組として使います。
竹は元(地側)から末(天側)に向かって細くなっていますので、1本の竹から大中小の竹を採ることができ、竹によっては1対(2組)分を採ることができます。

このことを考慮して山で適当な長さに切ったうえ運びます。
(青竹は水分を含むため結構重いです。)

img_4888

<続きます>