カテゴリー別アーカイブ: 主屋再生

祝「民家再生奨励賞」受賞

昨年、建築士さんや大工さんをはじめ多くの方にお世話になり、主屋(古民家)を改修しました。

思い返すと約3年前の今頃は、老朽化が進む主屋をどうしたものか悩んでいました。
10数年前に水回りを中心に行ったリフォームにより日常の使い勝手は良い一方、雨漏りやシロアリ被害で屋根や床下はボロボロの状態・・・
いち早く手を打たなければと焦りはするものの、既に人間でいうところの「危篤状態」なのかもしれませんし、仮に直るとしても多額の費用を掛けてまで改修する必要があるのだろうか?と悩みは深まる一方でした。

r0012356

img_1428

そんな中、藁にもすがる思いで問い合わせたのが「日本民家再生協会」さまです。
その後、日本民家再生協会さまのお陰で、素晴らしい建築士さん(ほその建築設計室さま)や地元の腕の良い大工さん(池田建築さま)とのご縁に恵まれ、古民家は見事に生き返ることができました。

その日本民家再生協会さまには「民家再生奨励賞」という制度があり、毎年公募されています。
我が家の古民家も、建築士さんから応募していただいたところ、晴れて今年度の「民家再生奨励賞」を受賞することができました(^_^)

img_4804

下画像は日本民家再生協会HPから一部抜粋

screenshot

受賞の記念として設計者・施工者・施主に対して賞状が贈呈されるほか、なんと建物にはプレートが贈られました!

年末の忙しい時期にも関わらず建築士さんや大工さんにご来宅いただきましたので、三者でプレートを取り付けることにしました。

取り付けは、やはり本職の大工さんにお願いします。

img_4778

img_4780

ボロ古民家が蘇り、そしてこのように賞までいただけとは、3年前の今頃は想像すらできなかったことです。
本当に感謝しても感謝しきれない思いです。

建物もどこか誇らしげなように見えます。

img_4812

プレートのほかに賞状(額入り)もいただきました。

玄関に古い梯子を再利用した飾り棚がありますので、そこに置こうと思います。

img_2770

そこで、飾り棚に置けるように端材を使って額立てを作ることにします。

部材を揃えます。

img_1197

傾斜角は30°にしています。
トタン板の小片は、額が滑り落ちないようにするためのストッパーです。

ビス留めして組み立てます。

img_4802

額を立ててみると、ちょうど良い感じです。

img_4803

梯子の飾り棚に設置します。

img_4800

多くの方のお世話になり再生された古民家ですので、今後も大切にしていきたいと思っています。

古民家の自然換気(1)天井の換気口

梅雨らしくない天気が続いていますが、しばらくすれば蒸し暑い夏がやってきます。
冬の寒さに対しては薪ストーブを導入して快適になった主屋(古民家)ですが、夏の暑さもどうにかしたいものです。
本来、古民家は先人が長い年月をかけて、その土地の気候に応じたものを築き上げたものであり、特に夏の暑さに対しては様々な工夫が施されていると聞き及びます。
とは言うものの、我が古民家の夏は暑いです・・・。
エアコンの生活に慣れて心身が軟弱になったのか、それとも地球環境が昔より厳しくなっているのでしょうかね。

ところで、主屋の改修工事を設計・監理していただいた建築士さんは、古民家に精通しているだけでなく、建築物とその周囲の気候(微気候)との関係にも詳しく、いろいろと教えていただく機会がありました。
そして、夏の防暑手法として、建物だけでなく周囲の環境も重視すべきであることを教えていただき、昨年、主屋南側の砂利敷きだったところを芝生に変えたところです(建物南面への照り返し防止等)。

また、建物に関する防暑手法のひとつとして自然換気を重視してみえました。
もともと古民家は自然換気がうまく働くようになっているが、その後に行った改修などが妨げになっていることがあるため、その場合はその機能を復活させるようにすると良いと。
興味深く感じる一方で、受動的な自然換気では大した効果が得られず、気休め程度ではないかと思うところもありました。

ところが、その思いは後にDIYで天井に採光用の開口を設けたことで変わりました。

この開口の第一目的は採光用(ガラス瓦からの日射を取り入れる)ですが、建築士さんの助言により障子窓を開閉できるようにしています。
つまり、冬季は暖房のために閉めておきますが、夏季は開けることで室内の暖かい空気を屋根裏へと自然に排出させるわけです。
実際に屋根裏(厨子二階)側でこの障子戸を開けると、かなりの勢いで暖かい空気が上がってくるのが実感できるのです。

スゴイものだと感心するとともに、以前、天井にあった謎のもののことを思い出しました。
主屋の天井の一部は「大和天井」という形式のものですが、その一部分が開いており(下写真で水色枠線内)、厨子二階(屋根裏)と通じていたのです。
(「大和天井」では、一階の天井がそのまま二階の床になっています。)

この厨子二階側がどうなっているのか長年わからなかったのですが、改修工事前に片付けのために登ったところ、箱状のものが造作されており、その上部も開いていることがわかりました。


(床から外して箱部分のみを撮影)

この箱状のものは、厨子二階が柴などを保管するのに使われていたため、その柴やゴミなどが部屋側に落ちないようにするため、また作業時の人の転落を防止するためのものだと思います。

それはそうと、そもそも、ここまでして開口を設けた目的は?
当地でもこのような開口があるという古民家は聞いたことがなく、長年不思議に思っていたのですが、一階から二階への上昇気流を実感したことで、これは換気のためのものだと思い至りました。
主屋を建てた曽祖父が、夏の暑さを少しでも和らげようとして大工さんにお願いして設けたのかもしれません。

しかし、実際にはこの換気口は機能していなかったようです。
と言うのは、片付けのために厨子二階に上がった際には、この箱状のものの上にも大量の柴が積まれており(下写真)、実質的には塞がれた状態だったのです・・・。

冬季に部屋の暖い空気が逃げてしまわないようにしたのかもしれません。
ところで、排気先となる厨子二階は下図のとおり、真ん中の壁で仕切られた2つの大きな空間(24畳、16畳)で構成されています(実線が壁、破線は下屋を含む階下の間取り)。

先ほどの開口は上図で「換気口A」(24畳間側)と示すものになります。
この24畳側には、「換気口A」とは別に、階下(土間)から柴などを運び入れるための開口(上図で「開口部」)がありますので、「換気口A」を塞いでおいても十分に換気できたのかもしれません。

一方の16畳側(簡易的な居室として使われていた)にも開口(上図で「換気口B」)が設けられていました(下写真。こちらは塞がれていませんでした)。

厨子二階の2つの空間にそれぞれ開口が設けられていることから、階下の部屋の換気だけではなく、厨子二階(屋根裏)側にも空気の流れを作り、淀むことがないようにしてあるのかもしれません。

さて、主屋の改修後も構造は異なるものの開口を設けました(冬季及び冷房時は閉)。
このため夏季には室内の暖かい空気は厨子二階へと上昇し、自然換気されることになります。

厨子二階に排出された空気は、さらに屋外へ排出する必要があります。
そこで、このための換気口を設けることにします。

<続きます>

古民家の自然換気(2)外壁の換気口

夏季、天井に設けた換気口(採光窓兼用)を開けておけば、室内の暖かい空気が厨子二階(屋根裏)に排出されることになります。


(1F部屋側、夏季は障子窓を開)


(2F厨子側)

しかし、このままでは厨子二階に暖気がこもってしまいますので、さらに屋外へと排出するための換気口が必要になります(まあ、古民家は高気密住宅の真逆なので、数多ある隙間から排出されるのでしょうが)。

改修前の主屋の写真を確認すると、大屋根の妻面上部に換気用の開口(下写真で朱色線の囲み)があったことがわかります。

この開口には合板が張られ、塞がれた状態になっていますが、亡き父が鳥や小動物、あるいは台風時の雨が入るを防ぐために取り付けたのだと思います。

換気用に大きな開口を設けると同様の心配がありますので、改修工事において建築士さん大工さんと相談の結果、全面にシブキ板(外壁用の板)を張ってもらい、後にDIYにて換気口を設置することにしました。

ここに換気口を設けると、暖気は下図(厨子二階の平面図)及び写真のとおり排出されることになります。

外壁に取り付ける換気口は様々な種類のものが市販されていますが、一般的な丸型のガラリ(SUS)を用いることにします。
木材を使って少し凝ったものを自作するのも面白いのですが、設置箇所が東面(台風時の暴風雨が当たる)になるため実用性を重視することにします。あと価格が安価(1,000円×2個)なのも大きな決め手ですね(^_^)

設置作業は屋内側からでは高所作業となり危険ですので、屋外側(下屋の屋根上で作業可)から行うことにします。
ただ、換気口は梁や母屋(もや)を避けて設置する必要がありますが、屋外側からは梁などの位置を確認できません。
そこで屋根の断面図に梁や母屋の位置を落とし、換気口の設置位置(下図で朱色丸印、φ150×2箇所)を割り出します。

上図に従って外壁に穴(ガラリに取り付ける塩ビ管の外径φ165)を開けます。

穴が開くと、屋内側から暖い空気が出てくるのがわかります。

ガラリを取り付け、防水のため周囲をシーリング材で充填しておきます。

2箇所とも設置完了。

古民家に色がシルバーのガラリを設置すると違和感が出るのではないかとも思いましたが、遠目にはほとんど目につきません(手前の架空線=ケーブルTVのほうが目障りですね)。

屋内側の状況です。

ガラリの先に塩ビ管が取り付けてあるため、多少の雨が入ったとしても梁を濡らすことはありません(こう書くと、さも配慮が行き届いているようですが、実は大工さんに教えてもらいました)。

古民家の自然換気(3)外壁の換気口

前回、外壁に換気口(下写真及び図で「換気口A2」)を設けたことで、夏季、室内にこもる暖気を自然換気するとともに、厨子二階(屋根裏)に空気の流れが生じることを期待しています。

換気されるようになったのは上図(厨子二階の平面図)で24畳側になりますが、この24畳側と土壁で仕切られた16畳側についても同様に換気口を設けることにします。

ところで、この16畳側の北側半分(下写真で手前側)は他の所よりも床高(差し鴨居の天端位置)が低くなっており、その分、天井が(相対的に)高く、居室として使いやすいようになっています。


(改修工事前の写真)

厨子二階は本二階とは異なり二階は物置き的な用途になりますが(「厨子」には仏具のほかに収納という意味があります)、一部は簡易的な居室として使われることもあったようです。

実際、ここは居室として使われていたらしく、ここにのみ採光用の窓や吊り天井が設けられています。


(改修工事前の写真)

この窓ですが、昔は雨戸が入っていたのだろうと思いますが、既に見る影も無く、特に敷居は浸入した雨でボロボロでした。
幸い構造部分には達していませんでしたが、雨が入るような状態ではマズイと改修工事において大工さんがうまい具合に壁板を張れるようにしてくれました(最後の壁板張りのみDIY施工)。

<工事前の外観>

<工事後にDIYにて壁板張り&塗装>

この結果、建物の内側は現在、下写真の状態になっています。

ようやく本題の換気のことに話が戻りますが、この窓だったところには壁土がありませんので、ここなら容易に換気口を設けることができそうです。
(本来は、24畳側と同じように妻面の最上部に換気口を設けたいところですが、設置には足場が必要となり厄介なのです。)

換気口は丸型のガラリ(φ100×2箇所)を利用しますが、設置するのに窓の侵入防止柵(鉄の棒)が邪魔になります。

ちなみに、この鉄の棒の間隔(120mm)では小動物は入れるでしょうから、人間(盗人)の侵入防止用でしょうか。
昔でも用心深かったものですね。

鉄の棒はサビサビですし、構造には関係ありませんので(鴨居を外して)撤去します。

ボロボロの敷居にはいずれ柿渋を塗布するつもりです(下写真は未塗布の状態)。

換気口の設置箇所に建物の内側から穴を開けます。

この16畳側には採光窓(ガラス瓦)がありませんので、照明がないと真っ暗なのですが、穴を開けたことで幾分明るくなりました。
今回開けた穴にはガラリを取り付けますが、同様にして小さい窓(船の客室にあるようなもの)を取り付けてみるのも面白いかもしれませんね(^_^)
そして、エツリ(竹木舞)をして壁土をつけて完成させます(99%やらないと思います・・・)。

外側からガラリを取り付け、シーリング剤を充填します。

設置完了です。

この換気口の設置により下図のとおり自然換気されることを期待していますが、効果のほどは??

<続きます>

古民家の自然換気(4)換気口の更新

自然換気を図るため、前回までに厨子二階(屋根裏)に換気口(下図でA2、B2)を設けました。

<換気口A2>

<換気口B2>

これらの換気口を設置したついでに、従来からある換気口(既製品のガラリ)のうち劣化しているものを取り替えることにします。
もともとの主屋(古民家)にはもちろん既製品のガラリなどありませんが、15年程前に水周りを中心に行ったリフォームにおいていくつか設置されています。
このうち洗面所用のもの(自然換気)が下写真のとおりボ劣化し、フード上部から雨水が入る恐れがある状態になっています。

15年で更新と言うのは短いように思いますが、実際には材質がプラスティックですので、これでも長持ちしたほうなのかもしれませんね。

更新するため、まずは既存のものを取り外します。
このガラリには鍔があり、その鍔部分をビスで取り付けてあるようです。
しかし、鍔部分は外壁材(トタン)で覆われているため、周囲のトタンまで剥がす必要があり苦戦しつつ撤去。

考えてみると、ガラリ(プラスティック製)の耐久性がトタンに比べ大幅に小さいため、このような手間が生じることになります。
両者が同程度の耐久性であれば、一緒に交換すれば良いわけですから。
そこで、新しいものはプラスティック製ではなくステンレス製にします。
プラスティック製が約700円なのに対してステンレス製は約2,500円と高価になりますが、ここはケチらずにいきましょう(^_^)
サイズは角型ガラリが規格化されているのか、同サイズのものがホームセンターで販売されていました。

取り付け自体は簡単(ビスでとめて、外周をシーリング剤で充填)。

実はちょうど2年前にトイレ用の換気口を同じステンレス製のものに取り替えました(下写真)。

まだ2年ですので当然と言えば当然ですが、劣化等はみられません。

<続きます>

古民家の自然換気(5)断熱材の鼠害

夏季、室内にこもる暖気を自然換気するとともに、厨子二階(屋根裏)に空気の流れが生じることを期待し、これまでに換気口を整備しました。

下図は厨子二階(屋根裏)の平面図になりますが、水色着色の24畳側には換気口(A1)とは別に開口部があります。

厨子二階は柴(カマドなどの燃料)などを保管するために使われていたのですが、その柴をこの開口部から出し入れしていたわけです。

この開口部は15年程前のリフォームにおいて塞がれており、厨子二階側から見ると下写真の状態になっています。

この開口部をうまく使えば、換気口や採光窓(トップライト)として生かすことができるのではないかと、改修工事の設計において建築士さんから提案をいただきました。
そして、この上部の屋根に採光用のガラス瓦を設置していただいています。

開口部自体の造作は改修工事後にDIYにて行うことにしていましたが、15年前のリフォームで設けた天井を早くも壊すことになることもあって未だできていない状況です。
ただ、少し気になっていること(次の2点)があり、それを確認するためにも重い腰を上げ着手することにします。

  • 断熱材の状態
  • 土壁に割れが発生

15年程前のリフォームでは既存の天井(=厨子二階の床)を隠す形で新たな吊り天井を設け、既存の天井との隙間に断熱材(グラスウール)を設置しています。

当時は厨子二階に大量の柴が置かれた状態でしたので、このように一階側から施工せざるを得なかったのだと思いますが、設置した断熱材がどのような状態になっているのか気になります。

また、厨子二階側の土壁に割れが生じ落ちかけているため、その下部がどうなっているのかも知りたいと思っています。

これらの状況を確認するため、厨子二階側から床板(=昔の天井板)を撤去します。

ちなみに、こららの床板(厚1寸弱の松材)は雨漏り等で痛みが激しいため(踏み抜きそうになるものも有り)、新しくする予定です。

床板を撤去すると・・・

ネズミが断熱材(グラスウール)を食い散らかして酷い状態です・・・。

断熱材が湿気らないように防湿材で被覆されているのですが、これでは意味がありません・・・(断熱材自体は乾燥した状態)。
以前、厨子二階には大量の柴や藁があったためネズミにとって天国だったのでしょう。
良否は別として柴や藁が撤去された今ではネズミの気配すらしません(まさかグラスウールを食べて死んでしまった??)。

この隙間には電気ケーブルも配線されていますが、それにもネズミによる被害を発見!

よく見ると芯線まで傷が達しています。
このケーブルはインターフォンの通信線のためまだしも電気ケーブル(VVF)だったと思うとゾッとします(そのVVFケーブルの表面部にも齧った痕があるのが怖いところです・・・)。
我が家のようなボロ家では、電気ケーブルはいつでも点検可能なところに配線すべきということですね。

そして、割れが生じている土壁の下部はどうなっているのか・・・

土壁の途中から切断・撤去され、土壁が宙ぶらりんの状態になっています。
このため上部の土壁に割れが生じ落ちかけているわけです。
15年前のリフォームで丸太梁を現しにするため土壁が一部撤去されたのですが、さすがにこのままではマズそうです(この壁は外壁にもなっています)。

とりあえずは断熱材を撤去し、掃除しておきます(下に見えているのは吊り天井の下地と石膏ボードです)。

<続きます>

『民家』誌の民家再生事例に!

日本民家再生協会(JMRA)の情報誌『民家』を購読されている方なら既にお気づきのことと思いますが、最新号(7/1夏号)の民家再生事例に我が家(主屋)が取り上げられています。

記事は一昨年の改修工事を設計・監理していただいた建築士さん(ほその建築設計室)さまによるもので、A4サイズで見開き4ページに渡って紹介されています。

著作権の関係などがあると思いますので詳細は記載しませんが「伝統的な構法を評価し 暮らしやすい民家に」とのタイトルで、設計コンセプトや具体的な工事内容(減築・補強・新設・DIY)などが写真やイラストを交えて説明されています。

過去の『民家』誌や協会HPにおいて、いくつかの再生事例を見たことがあるのですが、いずれも由緒がありそうな立派な建物であるばかりか、その再生工事も大規模で新築以上の費用を投じているのではないかと見受けられるものがほとんどでした。
一方、我が家の場合は部分的な工事で低予算、しかも屋根や床下と言った見えにくいところの工事がメインであるため、見た目の変化やインパクトは大きくありません。
そんなことで今回の話があったときには「我が家で大丈夫なのだろうか?」と思ったほどです。
しかし、記事において「伝統構法の評価」や「耐震に対する考え方」、そして「概算工事費」と言った、私自身が再生を決断する際に最も悩み、知りたかったことが説明されているのを読んで、我が家のような事例も参考にしていただける場合があるように思っています。

ちなみに、記事には「建主からの声」として私の駄文のスペースまで設けていただきましたが、まさに蛇足(個人的なブログに書き散らしておくべき内容)でした・・・。

思い返すと、ちょうど3年前の今頃、雨漏り等で酷い状態の主屋をどうすべきか悩んだ挙げ句、日本民家再生協会さまに相談したのが始まりです。

その後、素晴らしい建築士さんや誠実で腕の立つ大工さんとのご縁に恵まれ、一昨年、無事工事が終わりました。
他人に見せるのも憚られた主屋が再生し、このように再生事例として全国の方の目に触れる機会が得られるとは夢にも思っていなかったことです。
お世話になりました日本民家再生協会さま、建築士さん、大工さんに改めて感謝するとともに、大切に住まい続けたいと思っています。